ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「家賃」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「家賃」に関する情報が集まったページです。

キャリアビジョンを明確にする1日:
PR:アフターコロナ。IT業界は、エンジニアの働き方は、どう変わる?
プロジェクトをハブとしたプロ集団、全国規模のリモートチーム――アフターコロナのエンジニアの働き方はどう変わるのか、そしてエンジニアはどう変わらねばならないのか、仲間たちと共に考えてみよう。(2021/7/26)

心霊現象で入居者ゼロのマンション→いっそ幽霊を住まわせよう オーナーの開き直りが楽しいホラーコメディ漫画
度胸満点でアフターサービスまで完璧な有能オーナー。(2021/7/23)

コロナ禍における移住と働き方:
直近3年間で移住を経験した人、課題に感じていることは?
直近3年間で移住を経験した人はどのくらいいるのだろうか。ビジネスSNSを利用している人に聞いたところ、移住した人は20%だった。(2021/7/22)

助成金・補助金の一覧も:
サテライトオフィス選び、6つのポイント メリット・デメリットまとめ
サテライトオフィスを導入するケースが増えています。自宅でのテレワークがうまくいかない従業員が救済されるほか、家賃の削減も可能となります。中小企業が導入するメリット・デメリットについて検証します。(2021/7/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「はま寿司」のデータを欲しがった? 「かっぱ寿司」転落の背景は“伝統の否定”
「かっぱ寿司」の運営会社が不正競争防止法違反の容疑で刑事告訴された。「はま寿司」の日次売り上げデータを受け取っていた。かつてイケイケだったかっぱ寿司はなぜ追い込まれたのか。(2021/7/13)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(5):
本当に日本は「デフレ」なのか、「物価」から見る日本の「実質的経済」の実力
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第5回目は「物価」に焦点を当て、解説していきます。(2021/7/12)

「極楽とんぼ」山本圭壱、“めちゃイケ”時代の家賃に後輩芸人が感嘆 「うわーっすごい!」「芸能人っすねー」
山本さん「劇場ギャラをすべて家賃に使う」(2021/7/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
まだ「30兆円」を使っていない 日本経済をよくするには、何に投資すればいいのか
新型コロナの感染が広がって、経済的なダメージを負った人は多いはず。そんな状況の中、日本政府は次にどんな手を打てばいいのか。(2021/7/1)

家賃滞納で追い出される→服を購入 ビームスの“うっかりOL”1週間コーデ記事にツッコミ殺到 攻めた企画の狙いを聞いた
賛否両論を巻き起こすマイコ。(2021/6/28)

現地を取材:
オープン1週間で満室! 在宅勤務の20代がソーシャルアパートメントを選ぶワケ
グローバルエージェンツが5月末にオープンしたソーシャルアパートメント「ネイバーズ鷺沼」が人気である。開業2カ月前から集客を開始したところ、約180件の問い合わせを集め、オープンして1週間後には全60室が満室に。住民の多くは20代のリモートワーカーだ。(2021/6/27)

「緊縮財政」路線からの転換点:
「格差の是正」へ舵 経産省の“画期的”提言が「コロナ禍で生まれた希望」といえるワケ
長引くコロナ禍によって多くの人が疲弊するなか、一筋の希望の光ともいえるような変化があったことを共有したい。経済産業省が「経済産業政策の新機軸」という資料を発表した。これまでは経産省といえば、グローバル化や構造改革を推進してきた印象を持つが、今回の提唱内容は今までの戦略とは一線を画す内容となっている。(2021/6/25)

「この人、家賃を滞納しそう?」AIが予測 入居審査を45分→16分に
賃貸物件に申し込んだ人のデータから、家賃を滞納する可能性がどれぐらいあるかを判断するAI「滞納予測AI」が実用化へ。(2021/6/22)

大東建託が調査:
富山県の「住みここちランキング2021」発表 富山市、滑川市を抑えて1位になったのは?
大東建託が「住みここちランキング2021」を発表した。県庁所在地の富山市は3位にランクイン。2位はホタルイカで有名な滑川市だった。そんな2つを抑えて1位になったのは?また、住みここちTOP3の共通項は?(2021/6/22)

我慢の限界:
「これ以上は耐えられない」 沖縄「緊急事態」延長の初日に営業再開した飲食店
沖縄県で新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の延長初日となった21日、飲食店の休業要請は続くが、那覇市内では営業再開に踏み切る店も。(2021/6/22)

産業動向:
注文住宅を検討する理由を調査、最多は「家賃を払い続けるのがもったいない」
NTTデータ・スマートソーシングは、オンラインで専門アドバイザーに無料で相談できるサービス「HOME4U家づくりのとびら」を利用し、注文住宅を検討するユーザー139人を対象にWebアンケートで、注文住宅を検討する年齢や理由を調査した。リサーチの結果によれば、注文住宅を検討する理由で最も多かったのは、全体の30.9%が答えた「家賃を払い続けるのがもったいない」だった。(2021/6/16)

【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」
残念ながらそんな場所はない。(2021/6/15)

コロナで撤退が続く:
観光客頼みのビジネスモデルはどうなる? 沖縄「国際通り」の動き
新型コロナウイルスの感染拡大で人通りが減り、閉店や休業が相次ぐ那覇市の国際通りで、新規出店の動きが出ている。(2021/6/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
今、いきなり!ステーキが「大復活」の兆しを見せている理由
いきなり!ステーキは、にわかに”大復活の兆し”を見せている。これはペッパーフードサービスにおける半年間の株価推移を見れば明らかだ。同社の株価は、5月半ばから上昇に転じ、今では1月の安値から2倍以上となる512円で推移している。(2021/6/11)

総務のための「オフィス」再考:
総務も“勝手にジョブ型”を実践する 「リモートワークに向いていない」からの卒業
社内で“何でも屋”といわれる総務。「どの部門にも当てはまらない業務が回ってくる」上に、業務内容もさまざま。結果的に「出社してしまったほうがいい。頑張っていることも伝わるし、成果も見えやすい」となりがちです。どうすればいいのでしょうか。(2021/6/7)

審査や入金遅れ:
緊急事態宣言再延長に飲食店悲鳴「もう限界」 1月分の振り込みは、まだ
東京、大阪など9都道府県の新型コロナウイルス緊急事態宣言は、沖縄県の期限に合わせて6月20日まで再延長された。昨年以来、飲食店への休業要請や時短要請も長期化しているが、頼みの協力金も審査や入金が遅れ、資金繰りに窮する店も少なくない。(2021/5/31)

撤退は今後も:
沖縄のSC、コロナ禍の消費低迷でテナント流出がとまらない
沖縄県内の大型商業施設でテナントの撤退が止まらない。新型コロナウイルスのまん延による消費低迷が長引き、運営が持ちこたえられなくなった店舗が増えているようだ。(2021/5/28)

大東建託が調査:
新潟県の「住みここちランキング」 3位「新潟市江南区」、2位「新潟市中央区」、1位は?
大東建託は、新潟県に住む成人男女が対象の居住満足度調査をした。「住みここち(自治体)ランキング」と「住みたい街(自治体)ランキング」をそれぞれ発表した。(2021/5/28)

タイムアウト東京のオススメ:
ウェス・アンダーソンの代表作に登場したあの家がレンタル可能に
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/5/25)

日本初のサービス:
外泊した日は家賃が減額、どんな物件なのか?
外泊数に応じて家賃を減額する「リレント機能」のあるサービスアパートメント「Re-rent Residence 渋谷」が登場する。どんな仕組みなのかというと……。(2021/5/20)

先が見えない:
稼ぎがわずか3000円の日も 時短せず満員の居酒屋を見て「泣きそう」
新型コロナ対策で、沖縄県が緊急事態宣言や酒類提供自粛要請を模索している。これまでも営業時間の短縮要請に応じてきた飲食店は、どう受け止めるのか。(2021/5/20)

コロナでキャンセルになった仕事のキャンセル料は消費税がかからない?
消費税が課税となる場合と不課税となる場合があります。(2021/5/16)

前向きなのは20代:
「地方転職に興味あり」29.2%、「給与面」で不満の声も
新型コロナ感染症が広がる中で、地方で働くことに興味を持っている人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/5/16)

1カ月以上かかるケースも:
飲食店「いちるの望み絶たれた」 煩雑な申請、繋がらぬ電話、届かぬ給付金
新型コロナウイルスの感染拡大防止で時短営業の要請に応じた飲食店へ支払われる協力金。申請が煩雑で分かりにくく、問い合わせのためのコールセンターに電話がつながらないなど、飲食店への負担が大きい。(2021/5/14)

実現が近づく「給与デジタル払い」とは何か 得をするのは誰なのか
給与を「○○Pay」などのキャッシュレス決済サービスで支払う「給与デジタル払い」。政府は2021年度の早期に給与デジタル払いを制度化する方針だが、事業者、雇用者、労働者にはどんな影響があるのか。(2021/5/14)

続けられない:
国際通りの入り口の土産品店「おきなわ屋」が閉店 コロナ禍で一等地の家賃が支払えず
国際通りの入り口に立地し、親しまれてきた土産品店「おきなわ屋泡盛蔵 スクランブル交差店」が閉店した。(2021/5/12)

警戒感:
73.6%の不動産業「コロナの影響が出た」 廃業を考えているのは?
東京商工リサーチが2021年4月に実施したアンケート調査によると、不動産業で「コロナの影響を受けた」のは220社中162社で、全体の73.6%に達していることが分かった。(2021/5/7)

21年3月期:
ワールド、最終赤字171億円 家ナカ需要への対応遅れ「大きく舵を切れず」苦戦
アパレル大手のワールドが2021年3月期通期の連結業績を発表。純損益は171億円の赤字(前期は80億円の黒字)に転落。コロナ禍での店舗休業、外出着需要の減少が影響した。(2021/5/6)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第4回 1年の半分以上はワーケーション、「自宅はどうしているの?」「収入・支出は変わった?」
Amazonなどで「ポチった」品物はどうやって受けとるのでしょう。(2021/5/2)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(12)ブロックチェーン(6):
「バンクシーの絵を焼き、NFT化する」という狂気
「ブロックチェーン」シリーズの最終回となる今回は、ここ数カ月話題になっている「NFT(Non-Fungible Token)」を取り上げます。バンクシーの絵画焼却という衝撃的(?)な出来事をきっかけに広がったバズワード「NFT」。これは一体、何なのでしょうか。いろいろと調べて考察した結果、「バンクシーの絵画を焼いた奴はバカ」という結論に達した経緯とともに解説します。(2021/4/27)

PR:そのマンション、30年後はいくらで売れる? “いつか売るもの”として買う時代に「マンション将来価格予測サービス」のすすめ
気になるマンションの口コミや偏差値がわかる「マンションレビュー」が便利です。(2021/4/23)

会社を辞めて田舎暮らしを始めた元編集者が“自信と安心感”を得た理由
講談社の新刊『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』の原作者&担当編集にインタビュー後編。(2021/4/23)

「田舎暮らしは異世界」 限界を迎えたサラリーマンが退職して移住したら人生が変わった話
講談社の新刊『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』の原作者&担当編集にインタビュー。(2021/4/22)

調査レポート:
賃貸物件に関する意識調査、騒音トラブルなどを理由に半数以上が賃貸契約で後悔
Alba Linkは、賃貸物件を借りたことがある男女500人を対象に、「賃貸物件を借りて後悔する瞬間についての意識調査」を行った。結果、対象者のうち、349人が賃貸契約で後悔した経験があることが判明した。(2021/4/19)

地方局のオフィス改革【前編】:
TBSと地方局、「放送業界初」の狙いは? JNN系列地方局の約半数が東京支社をシェアオフィスに移転
コロナ禍で企業の在宅勤務が進む中、港区赤坂に完成したシェアオフィスに、地方の放送局の東京支社が相次いで移転した。移転しているのはTBSをキー局とするニュースネットワークであるジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)系列の地方局。その狙いに迫った。(2021/4/19)

特別定額給付金10万円の使い道調査 食費以外で消費が増えたのは?
マネーフォワードは、2020年に日本政府が支給した特別定額給付金10万円の家計消費に与える影響を研究した論文を発表した。(2021/4/16)

無料参加者を募集:
月額2万4800円で多拠点にセカンドハウス 誰でも何度でも利用可能
ワークスペースのシェアリングサービス「テレスペ」を運営するテレワーク・テクノロジーズは、多拠点セカンドハウスサービス「SECOND HOUSE by テレスペ」の事前登録と、無料で実施する実証実験参加者の募集を4月12日に開始した。(2021/4/13)

自分が受け取る場合は:
「給与のデジタル払いに反対」40.9%、理由は
政府が制度化を目指している「給与のデジタル払い」について、どのように考えている人が多いのだろうか。全国の男女に聞いた。(2021/4/9)

首都圏の私立大学:
新入生への仕送り額は月8万2400円、過去最低 1日の生活費は?
2020年度に首都圏の私立大学に入学した自宅外通学者への仕送り額は、いくらくらいなのだろうか。新入生の保護者に聞いた。(2021/4/8)

不動産市況:
約半数は実家が空き家になったら売却、Alba Linkが意識調査
Alba Linkは、全国の男女803人を対象に、インターネット上で、「空き家の活用方法についての意識調査」を2021年2月12〜19日に行った。調査結果では、全体のうち48.9%が実家が空き家になったら、売却する意向があることが判明した。(2021/4/7)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かる機械学習(ML)
機械学習をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、機械学習の概要、統計学との違い、機械学習の作業フローと学習方法、回帰/分類/クラスタリング/次元削減に使える手法、次の一歩を踏み出すための参考情報を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介する。(2021/4/5)

研修も実施:
パソナ、仕事が減った他社の若手社員を支援 働く場所は淡路島、給与を支払うのは所属企業
コロナ禍の影響で、自宅待機や休業を余儀なくされている若手社員がいる。パソナは、そうした社員に淡路島で働く機会を提供する。給与は所属企業が支払う。(2021/4/1)

協力金支給率たったの18.9%:
「時短要請に応じたのに協力金が支給されない!」 東京都の支払い遅延に憤る外食企業
緊急事態宣言中に東京都からの時短要請に応じた飲食店への感染拡大防止協力金が「まだ支払われていない」と各所から悲鳴が上がっている。1店舗あたり1日6万円がが支払われることになっている。さらに、12月から1月にかけての営業時間短縮要請に対する協力金が支払われていない店舗もあるという。その結果、飲食店の資金繰りは厳しさを増していて、東京都内の繁華街では午後9時以降も営業する店が散見される状況だ。緊急事態宣言解除後の飲食店の現状と、協力金の支給の現状を取材した。(2021/3/31)

あらゆる手段を講じる:
コロナ禍で経営難のホテル業界 識者「あと1年をどう持ちこたえるかが正念場」
コロナ禍の長期化で最も厳しい状況に追い込まれているのがホテル業界だ。国内旅行者や出張者の大幅減少に加えて、2019年まで増加してきた外国人訪日客(インバウンド)が期待できないため、軒並み業績悪化に見舞われている。ホテル業界に詳しいPwCコンサルティング、リアルエステート&ホスピタリティの澤田竜次パートナーに、現状と今後の見通しを聞いた。(2021/3/30)

調査レポート:
空き家所有者の意識調査、全体の60%は活用を望むも、40%は「何もしていない」
クラッソーネは、空き家を所有する30歳以上の男女331人を対象に、インターネットを用いて、「所有する空き家」に関する意識調査を行った。結果、対象者の約60%は活用を望むも、全体の約40%は「何もしていない」実態が明らかになった。(2021/3/30)

ブランド力の強化課題:
公示地価 大阪・ミナミ、インバウンド蒸発で地価急落
令和3年の公示地価では全国の商業地下落率トップ10に大阪市中心部の繁華街「ミナミ」から8地点が入る結果となった。近年、ミナミは国内のほかの地域よりインバウンドの恩恵が大きく地価が急上昇。だが……。(2021/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。