ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「銀行」に関する情報が集まったページです。

10万円以下の無料送金サービス「ことら」10月スタート メガバンクほか36行参加
みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行の3メガバンク、そしてりそな銀行、埼玉りそな銀行の5社が進める多頻度小口決済インフラ「ことら」が10月11日にサービスを開始する。(2022/8/9)

SBIと新生銀行の提携本格化 アプラスカードによる投信積立9月開始
SBI証券と新生銀行の業務提携が本格化している。SBIはTOB(公開買付)により新生銀行を傘下に収め、7月29日にはリテール分野での全面的な業務提携について発表した。8月9日、その具体的なサービスが明らかになった。(2022/8/9)

楽天ペイ、セブン銀行ATMチャージ開始記念キャンペーン 1000万ポイント山分け&最大全額還元
楽天ペイメントと楽天Edyは、8月8日〜9月8日に「楽天ペイアプリ セブン銀行ATMチャージ開始記念ダブルチャンスキャンペーン!」を開催。1000万ポイントの山分けやセブン-イレブンでの利用で最大全額ポイント還元を行う。(2022/8/8)

「銀行ができなかった金融を」Biz Forward、ファクタリング強化で目指す道
三菱UFJ銀行とマネーフォワードが合弁で設立した「Biz Forward」。2021年8月2日の設立から1年が経ち、主力事業の1つであるファクタリングサービス「SHIKIN+」の事業開発が加速してきた。(2022/8/8)

Payments Dive:
FinTech企業と銀行の争いは不要だ
FinTech企業は銀行にとってディスラプターなのか、それとも助けなのか。サンフランシスコに拠点を置く決済企業Modern Treasuryのディミトリ・ダディオモフCEOは「銀行とFinTech企業は競争するのではなく、提携するようになっている」と話す。同氏がFinTech企業と銀行の現在地と未来を解説した。(2022/8/8)

社長の会見対応は一部で絶賛も:
KDDIとみずほ銀行、2つの障害に3つの類似点 根幹にある問題とは
KDDIで発生した大規模通信障害。みずほ銀行で発生したシステム障害と比較し、類似点とともに背景にある問題を考察した。(2022/8/7)

PayPay、ミニアプリ「PayPay銀行」を順次提供 口座開設や残高照会などが可能に
PayPay銀行とPayPayは8月4日、PayPayアプリ内からPayPay銀行のサービスが利用できるミニアプリを、同日より順次提供すると発表した。ミニアプリはPayPayのパートナー企業が提供する、サービスの予約や商品の注文、支払いなどがPayPayアプリからスムーズにできる機能。PayPayユーザーはミニアプリ上で口座開設や残高照会、取引明細の確認、振り込みなどの銀行サービスが使えるようになる。(2022/8/4)

オリコン調べ:
満足度の高い「住宅ローン」ランキング、2位は「ソニー銀行」、1位は?
oricon MEは、満足度の高い「住宅ローン」ランキングを発表。昨年総合2位だった「auじぶん銀行」が、今回初の1位を獲得した。(2022/8/3)

47種類の絵柄:
『僕のヒーローアカデミア』のオーダーメイドはんこ発売、銀行登録ほぼOK
岡田商会は、人気アニメ『僕のヒーローアカデミア』のイラストに名前や文字を入れて作るオーダーメイドはんこを発売。全国ほとんどの金融機関で登録できる木彫りタイプのほか、黒水牛タイプ、セルフインクタイプの3種類を提供する。(2022/8/2)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
シェアハウス不正融資で終わらない、スルガ銀行が抱えるもう1つの爆弾
スルガ銀行は、かつてはその収益性の高さから「地銀の優等生」と評されていました。しかしご存知の通り、18年初頭に「かぼちゃの馬車問題」からはじまるシェアハウス向けの不正融資が発覚します。こちらの訴訟は収束が見えてきましたが、実はもう一つ、一棟不動産ローンが火種としてくすぶっています。(2022/8/3)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
御三家から新々御三家まで! 高級ホテル「外資VS.日系」の歴史
日本政策投資銀行関西支店が、関西で新型コロナウイルスの収束後、1泊10万円超の高級ホテルの客室が約1300室足りなくなるとの試算を公表している。ところで、ラグジュアリーホテルとは何を指すのだろうか。ホテル評論家の瀧澤氏によると……(2022/8/1)

金融業界を揺るがす可能性:
SMBCとSBIの“似たもの提携”、見え隠れする「力技」と「したたかさ」の戦い
三井住友フィナンシャルグループが、SBIホールディングスに約800億円を出資し、業務提携すると発表した。この発表は、単純に銀行、証券それぞれの業界をリードする企業同士の業務提携成立という事実にとどまらず、各業界内の序列や既存の提携関係にも影響を及ぼし、再編につながる可能性がある。(2022/7/31)

東京ドーム、宿泊などに使えるユーティリティートークン発行 三菱UFJ信託の「Progmat UT」利用
東京ドームは7月29日、宿泊や入場券として利用できるユーティリティートークン(UT)の発行を開始した。三菱UFJ信託銀行のブロックチェーンプラットフォーム「Progmat UT」上で発行し、利用者はβ版のウォレット「Token Wallet」にて管理を行う。(2022/7/29)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
利益倍増の琉球銀行、そのカラクリは?
沖縄といえば合計特殊出生率は日本最高で、コロナ以前は人口も増加が続き、経済も盛り上がりを見せていた地域です。一方で主力産業は観光業であり、最もコロナの影響を受けた地域の1つでもあります。(2022/7/28)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
苦しいといわれる第二地銀の実態は? 福島銀行の業績ポイント
決算書といえば投資やビジネス視点で見るイメージがあると思いますが、より一次情報に近い経済ニュースでもあります。「決算書で分かる日本経済」ということで、4回連続で地方銀行の決算を取り上げていきます。(2022/7/27)

楽天キャッシュ、セブン銀行ATMで現金チャージが可能に
オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」が、7月25日に「楽天ペイ」アプリを通じてセブン銀行ATMでの現金チャージが可能となった。8月には本機能の導入キャンペーンも実施する予定。(2022/7/26)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
銀行は斜陽産業? 千葉銀行の業績を左右するポイント
決算書といえば投資やビジネス視点で見るイメージがあると思いますが、より一次情報に近い経済ニュースでもあります。「決算書で分かる日本経済」ということで、地方銀行の決算を取り上げていきます。今回取り上げるのは千葉銀行です。(2022/7/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
変化の時代のセキュリティ対策で重要なのは、情報収集と分析、コミュニケーション、人材の確保――オリックス銀行 鈴木智之氏
コロナ禍でテレワークが常態化する中、サイバーセキュリティのリスクはさらに増大し、一般的な境界防御型のセキュリティでは対策が困難になりつつある。より実践的で効果的なサイバーセキュリティを追求するためのヒントとは。(2022/7/26)

電動化:
三菱自の軽EVを三菱UFJ銀行から法人向けに提案、ミニキャブミーブも対象
三菱自動車は2022年7月22日、三菱UFJ銀行との協業を発表した。三菱UFJ銀行の顧客基盤やネットワークを通じて、法人の取引先に電気自動車(EV)の「eKクロスEV」「ミニキャブ・ミーブ」を紹介する。また、三菱自動車の脱炭素化に向けたさまざまな取り組みを、三菱UFJ銀行が持つソリューションで支援する。(2022/7/25)

auじぶん銀行調べ:
お金の教育を任せたい有名人 3位「北川景子さん」、2位「芦田愛菜さん」、1位は?
auじぶん銀行は、小学生の子どもを持つ30〜50代の男女に、「子どもの夏休みと金融教育に関する調査」を行った。家庭内で自身の子どもに金融教育を「行ったことがない」と答えた割合は80.4%にも上った。(2022/7/22)

住宅ローンの新規借入先で人気の銀行 2位「auじぶん銀行」、1位は?
MFSは、住宅ローンの借入先として検討する銀行についての調査を実施した。新規借入ユーザー・借り換えユーザーが最も検討していた銀行は?(2022/7/21)

4年で40万時間以上を削減 三井住友信託銀行はUiPathをどう活用したか?
三井住友信託銀行は、自動化プラットフォーム「UiPath」導入によって4年間で累計40万時間以上の業務を削減したとしている。自動化ワークフローの統制管理や、オンラインセミナーのアンケート結果の集計などに活用している。(2022/7/20)

Innovative Tech:
「正規の銀行に電話すると詐欺師につながるアプリ」──韓国の巧妙な“振り込め詐欺”を分析 防御アプリも開発
韓国のKAISTによる研究チームは、昨今の韓国で被害が多いアプリを使った新たなボイスフィッシングを分析し考察した論文を発表した。またアプリを使ったボイスフィッシングを検出してくれる、Android向けシステムも開発した。(2022/7/20)

勝者はどっちだ:
米国フィンテック市場、成長する新興企業VS. メガバンク
米国の「個人間送金市場」が盛り上がっている。成長を続ける新興企業と既存銀行による激しい覇権争いが繰り広げられているのだ。さて、現時点の“勝者”は……。(2022/7/21)

高まるRegTech需要
コンプライアンスのためのRegTech支出が増大中
非銀行企業が金融サービスを提供する傾向が強まり、それに連動して関連規制を順守するための技術「RegTech」の需要が高まっている。(2022/7/20)

鈴木財務相、「デジタル課税」税制改正議論期待 G20で遅れも
鈴木俊一財務相は7月19日の閣議後記者会見で、巨大IT企業の課税逃れを防ぐ国際的な「デジタル課税」について、2024年度税制改正協議で「ひとつの形が整うことを期待している」と述べた。16日閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、発効が当初の計画から1年遅れて24年にずれ込むとの見通しを示しており、国内手続きも後ろ倒しになる形だ。(2022/7/20)

「様々な手口であなたを狙っています」 銀行アプリの通知が意味不明で物騒すぎると反響呼ぶ
この通知はゾッとする。(2022/7/19)

29種類の絵柄:
銀行登録もできる! 「すみっコぐらしのはんこ」発売、特徴は?
岡田商会(大阪市)は、すみっコぐらしのイラストに名前を入れて作るオーダーメイドはんこ「すみっコぐらし はんこコレクション」を発売した。全国ほとんどの金融機関で登録できる木彫りタイプと、セルフインクタイプの2種類を提供する。(2022/7/15)

万博に向け観光情報集約したサイト 三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行が関西エリアを中心とした観光情報を集約したデジタル地図をインターネット上に設置する。2025年大阪・関西万博に向けた観光支援策といい、「魅力ある観光資源を広く知ってもらいたい」と述べた。(2022/7/15)

J-Coin Payで「モバイルSuica」にチャージ 7月20日から可能に 手数料無料
みずほ銀行が提供するスマホ決済サービス「J-Coin Pay」を使って「モバイルSuica」にチャージできるようになる。J-Coin PayアプリとモバイルSuicaアプリの会員登録が済んでいれば、誰でも無料で利用可能だ。(2022/7/13)

200万DLの口座管理アプリWallet+、10月に少額送金の「ことら」に対応
銀行口座管理アプリ「Wallet+」を提供するiBankマーケティングは、10月中旬にサービスがスタートする個人間送金サービス「こちら」に対応することを明らかにした。独自機能として割勘機能なども盛り込む。(2022/7/13)

みんなの銀行、アプリで完結するローンサービス「みんなの銀行 Loan」の提供開始
 みんなの銀行(福岡市)は7月12日、すべての手続きがアプリで完結するローンサービス「みんなの銀行 Loan」の提供を開始した。(2022/7/13)

八十二銀行がAI開発と運用を内製化 顧客支援も「データで戦う組織」で挑む
八十二銀行が発表したAI戦略では顧客への対応が迅速かつ正確になる。「データで戦う銀行」を目指す八十二銀行の取り組みが分かった。(2022/7/8)

楽天Edy、キャッシュカードからのチャージが可能に 多機能チャージ機で
楽天Edyは、多機能チャージ機で銀行や信用金庫などのJ-Debit対応金融機関の銀行口座から直接チャージできる機能を追加。7月中旬から順次利用可能になる。(2022/7/7)

房野麻子の「モバイルチェック」:
KDDI通信障害の教訓 「0円」からできるリスク分散とは
KDDIの通信障害は3日以上続く大規模な通信障害となった。スマートフォン、携帯電話だけでなく、物流や銀行、コネクテッドカーなどにも影響があった。都内の110番通報が1割減になるなど、モバイル通信がまさにインフラとして浸透し、ひとたび通信障害が起これば甚大な影響をもたらす現代社会の課題が明らかになった。(2022/7/7)

楽天銀行、東証に上場申請
楽天グループは、楽天銀行の東京証券取引所への新規上場申請を行ったと発表した。(2022/7/5)

楽天銀行が上場申請 
楽天銀行は7月4日、東京証券取引所に新規上場申請を行ったことを発表した。(2022/7/4)

KDDI通信障害、ジャニーズWESTのライブにも影響 大阪
7月2日に発生したKDDIの通信障害。西日本でも携帯電話による音声通話やデータ通信が利用しづらくなっており、auショップが対応に追われ。一方、ライブの電子チケットや銀行のATMも利用できなくなるなど、混乱が広がっている。(2022/7/4)

楽天銀行、預金残高8兆円突破 5年後20兆円が目標
楽天銀行は6月末に預金残高が8兆円を超えたと発表した。2020年6月以降、6カ月ごとに1兆円ずつ増加しており、規模拡大が著しい。併せて口座数も増加しており、3月末時点では1231万口座に達している。(2022/7/1)

鉄道・バスで「Visaのタッチ決済」が1年で38倍に “キャッシュレスの島”沖縄の現状
鉄道やバスで「Visaのタッチ決済」の導入が広がっている。Visaは6月30日にオンライン説明会を実施し、タッチ決済を推進する狙いを語った。“キャッシュレスの島”となりつつある沖縄から、琉球銀行と東京バスの担当者が登壇し、キャッシュレス化の現状が紹介された。(2022/7/1)

「+メッセージ」マイナンバーカードでの公的個人認証に対応
「+メッセージ」が、マイナンバーカードを使った本人確認が行える公的個人認証サービス(JPKI)に対応。銀行の口座開設や残高通知、クレジットカードの発行時の本人確認などの利用を想定している。(2022/6/29)

新生銀行調べ:
会社員のお小遣い調査 男性は月3万8642円、女性は?
新生銀行は、「2022年会社員のお小遣い調査」を実施した。男性会社員の毎月の平均お小遣い額は3万8642円で、前年より68円減少した。女性会社員の毎月の平均お小遣い額は3万3278円。前年より1120円減少し、最も少ない2019年(3万3269円)に次ぐ金額となった。(2022/6/27)

三菱UFJ銀行、NTTデータなど4社、地域金融機関に向けて法人ビジネスプラットフォームの提供を開始
三菱UFJ銀行、BusinessTech、NTTデータ、Salesforceの4社は、地域金融機関に向けた法人ビジネスプラットフォームの取り扱いを始めた。地域金融機関の取引先企業が抱える経営課題や社会課題に対するソリューションを一括提供する。(2022/6/28)

楽天ペイメント、みんなの銀行、三井住友カードのキャンペーンまとめ【6月26日最新版】 最大全額還元は6月末まで
楽天ペイメント、みんなの銀行、三井住友カードが2022年6月26日から7月4日まで実施しているキャンペーンをまとめた。楽天ペイメントは抽選で全額ポイント還元、みんなの銀行はデビットカード利用で1万円をプレゼント、三井住友カードは新規入会とApple Pay/Google Pay利用で最大5000円分を還元する。(2022/6/26)

楽天ペイメント、みんなの銀行、三井住友カードのキャンペーンまとめ【6月19日最新版】 最大全額や50%の還元に注目
楽天ペイメント、みんなの銀行、三井住友カードが2022年6月19日から27日まで実施しているキャンペーンをまとめた。楽天ペイメントは抽選で全額ポイント還元、みんなの銀行はデビットカード利用で1万円をプレゼント、三井住友カードは新規入会とApple Pay/Google Pay利用で最大5000円分を還元する。(2022/6/19)

小田急ポイントをPASMOへチャージ 8月1日よりサービス開始
 小田急電鉄は8月1日より、同社のサービスプラットフォーム「ONE」(オーネ)を通じて、小田急ポイントを、全国のセブン銀行ATMにてPASMOにチャージできるサービスを開始すると発表した。(2022/6/16)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
“ウィドウ・メーカー”の日本国債ショート
高進するインフレに対抗するため主要な中央銀行がタカ派に転じる中、一部の投資家は"超ハト派"の日銀もそれに続くのではないかと考えています。しかし、そうした言葉に惑わされてはいけません。(2022/6/16)

カンムPoolの驚異の仕組み クレジットなのに事前チャージ、チャージ金額から投資リターン
カンムの新サービスPoolの最大の特徴は、クレジットカードでありながら事前チャージを必要とし、チャージした金額に対して1%のリターンを期待できることだ。これを実現するために、複数法を組み合わせることで、擬似的に銀行ライクなサービスを実現した。その仕組とは?(2022/6/15)

au PAY、銀行口座チャージで総額1000万円分が当たるキャンペーン 7月18日まで
auペイメントとKDDIは、6月14日〜7月18日に「賞品総額1,000万円分!au PAY 銀行口座チャージキャンペーン」を開催。抽選で100人に5万円分(不課税)、5000人に1000円分(不課税)のau PAY 残高をプレゼントする。(2022/6/14)

楽天ペイメント、みんなの銀行、三井住友カードのキャンペーンまとめ【6月12日最新版】 最大50%や全額還元が続く
楽天ペイメント、みんなの銀行、三井住友カードが2022年6月12日から20日まで実施しているキャンペーンをまとめた。楽天ペイメントは抽選で全額ポイント還元、みんなの銀行はデビットカード利用で1万円をプレゼント、三井住友カードは新規入会とApple Pay/Google Pay利用で最大5000円分を還元する。(2022/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。