ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「手数料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手数料」に関する情報が集まったページです。

Facebook、有料イベントなどの手数料無料を2023年まで継続 ザッカーバーグCEOが発表
米FacebookのマークザッカーバーグCEOがFacebook上で有料オンラインイベントを行える機能などを使う際の手数料を、引き続き2023年まで無料にすると発表。(2021/6/9)

auカブコム証券、手数料大転換 1日100万円まで無料、信用金利引き下げ、信用取引手数料有料化
auカブコム証券は7月19日から、売買手数料などの大規模な変更を行う。通常の売買手数料を他社並みに引き下げるとともに、1日100万円までの売買手数料を無料にする。さらに、25歳以下のユーザーについては、手数料を全額キャッシュバックし、実質無料化する。(2021/6/7)

Skebに関する「すべての手数料」が無料化 支払った金額が全額クリエイターに届くように
新ジャンル「テキスト」も追加。(2021/6/1)

初めての「メルペイスマート払い(定額払い)」利用で50%還元
メルペイは、6月1日〜6月30日に初めて「メルペイスマート払い(定額払い)」を利用したユーザーが対象の「はじめての定額払いで50%還元キャンペーン」を開催。定額払い手数料分の半年分のポイント還元も行う。(2021/6/1)

携帯市場がサブスクリプションサービス「みんなのスマホ」でキャンペーン 100円で中古端末を30日間レンタル可能(初期手数料別途)
携帯市場が、中古スマホ/タブレットのサブスクリプションレンタルサービスで100円レンタルキャンペーンを開催する。5月20日〜6月20日の期間中、「Qua phone QX KYV42」(SIMロック解除済み)を30日間100円で借りられる。ただし、初回契約時に事務手数料3300円が必要となる。(2021/5/20)

LINE Pay、加盟店への決済手数料無料期間を9月30日まで延長
LINE Payは、加盟店への「プリントQR」「店舗用アプリ」「支払いリンク」の決済手数料無料の期間を2カ月間延長する。延長後は9月30日までとなり、10月1日以降の決済手数料は2.45%(税別)となる。(2021/5/20)

チャレンジャーバンク「レボリュート」、国内銀行口座への送金に対応
次世代型金融アプリ「レボリュート(Revolut)」は、5月11日より、国内銀行口座への送金対応を開始したと発表した。サービス開始を記念して5月25日まで振込手数料無料キャンペーンを実施する。(2021/5/13)

「あれはいい鋳物だ」 南部鉄器のザク鉄瓶、量産型になって再登場
BANDAI SPIRITSは「ザク」を岩手県の伝統工芸品・南部鉄器で再現した「南部鉄器 鉄瓶 ZAKU(GREEN)」を販売する。価格は2万7500円(税込、送料/手数料別)。(2021/5/12)

ヤフー、副業求人サービス開始、まずはβ版 先行登録者は9万人超
ヤフーが副業人材の求人サービス「Yahoo!副業」の提供を開始。ヤフーやエキサイトなど9社の求人情報を業種や職種を問わず掲載する。まずはβ版として、企業やユーザーから手数料を取らない形で提供する。(2021/5/11)

LINE証券、野村證券との初連携サービス iDeCo提供開始
LINE証券は5月10日から「LINEのiDeCo」の提供を開始した。書類の郵送などが必要なく、すべてオンラインで申し込みが完結する。また、運営管理手数料は0円とし、大手ネット証券と同等のコスト体系とした。(2021/5/10)

手数料を無料化して証券会社はどうやって利益を出すのか?
ネット証券を中心に、国内で株式売買手数料の無料化の流れが進んでいる。現在も、SBI証券と楽天証券では1日100万円まで手数料はゼロだが、さらにSBI証券と松井証券では25歳以下の完全無料に踏み切った。しかし、売買手数料を無料化して、いったいどこで利益を出すのだろうか? 利用者の中には、「どこかに落とし穴があるのではないか」と不安視する声もある。(2021/5/7)

Microsoft、PCゲームのアプリストア手数料を30%→12%に
Microsoft StoreでのPCゲーム販売の手数料が、現在の30%から12%に削減される。Epic Gamesのゲームストアと同率だ。対象はPCゲームだけで、Xbox端末向けゲームには適用されない。(2021/4/30)

Spotify、Podcastの有料サブスクサービス発表 手数料2年間無料(Appleは1年目30%徴収)
SpotifyがPodcastの有料サブスクサービスの開始を発表した。2023年までは手数料無料で、その後は5%。傘下のAnchorのツールでエピソードを簡単に有料化できる。(2021/4/28)

ローソン銀行ATMからPayPayへのチャージが可能に
PayPayは、ローソン銀行の「ATMチャージ」で利用提携。全国のローソン店舗などに設置しているローソン銀行ATMから、入金手数料無料で現金チャージが可能となった。(2021/4/27)

松井証券も25歳以下の株式売買手数料を無料化 信用取引も対象
松井証券は5月6日から、未成年を含む25歳以下の株式売買手数料を無料化する。現物取引だけでなく信用取引も対象。従来は、1日あたり50万円までの取り引きに限り無料だった。(2021/4/21)

SBI証券、25歳以下の株式売買手数料を無料化
SBI証券は4月20日から、さらなる株式売買手数料の引き下げを行う。25歳未満のユーザーについて、国内現物株式売買手数料をキャッシュバックし実質無料とする。(2021/4/20)

G-Call、音声SIMが2GB/月額858円からの新プランを提供
ジーエーピーは、月データ量を2GB〜20GBの5段階から選択できる「G-Call 格安SIM・新プラン」を提供開始。音声通話付きで月額858円(税込み)から利用でき、特典として契約事務手数料が半額になる。(2021/4/16)

auじぶん銀行、「じぶんプラス」ステージ1のATM入金手数料を月1回無料に
auじぶん銀行は、優遇サービス「じぶんプラス」ステージ1のATM入金手数料を無料回数なしから月1回無料に。6月1日利用分から適用となる。(2021/4/15)

Appleに続き、Googleもアプリストアの手数料を半額に デベロッパーはどう動く?
Epic Gamesの反乱に始まったアプリプラットフォーム手数料問題をまとめた。(2021/4/12)

Clubhouseに“投げ銭”機能 手数料なしでクリエイターへ送金
Clubhouseに待望の課金機能が追加された。ただし、まだ少数のテストグループのみ。(2021/4/6)

GMOコイン、仮想通貨取引所のオリコン満足度調査で1位に
oricon MEは4月1日、仮想通貨取引所の現物取引における顧客満足度調査結果を発表した。それによると、取引のしやすさ、手数料の妥当性など全6項目のうち5項目でGMOコインがトップとなり、総合ランキング1位となった。2位にはbitFlyerが入った。(2021/4/1)

モバイル決済で店舗改革:
中小店舗が抱えるキャッシュレス決済の課題 “手数料問題”は解決できるか?
SquareとMMD研究所が共同でキャッシュレス決済の消費者調査を2回に渡って実施。その結果からは、中小や個人店舗が抱えるキャッシュレス化の課題が浮き彫りになっている。Squareでは、「手数料問題」がキャッシュレス決済の障壁になっており、「日本の手数料は欧米やオーストラリアと比べて高い」と指摘する。(2021/3/23)

銀行振り込み手数料値下げへ 10月から銀行間で半減
銀行間の資金決済を担う全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)は3月18日に、銀行間の送金手数料を10月1日から一律62円に引き下げると発表した。従来は、3万円未満が117円、3万円以上が162年で、長期間据え置かれていた。(2021/3/19)

mineo、4月1日以降にMNP転出手数料を一律無料へ
mineoは、4月1日以降にMNP転出した場合の手数料を一律無料にすると発表。MNP予約番号を3月31日までに発行した場合でも、MNP転出(回線切替)が4月1日以降なら無料になる。(2021/3/18)

グーグルも手数料半分 アプリ市場、批判かわす狙いも
 【ワシントン=塩原永久】米グーグルは16日、同社のアプリ市場「グーグルプレイ」に出品する事業者から徴収している手数料について、年間売上高100万ドル(約1億900万円)までは、従来の半分の15%に引き下げると発表した。7月1日から適用する。(2021/3/17)

Googleもアプリストアの手数料を年間100万ドルまで15%に Appleと違い全開発者対象
「Apple税」で批判され、アプリストアの手数料を条件付きで半減させたAppleにGoogleも追随する。Appleと異なり、Googleは年間100万ドルまで15%でそれを超えたら30%と、全開発者が対象だ。(2021/3/17)

IIJmio、MNP転出手数料を無料に 4月1日から
IIJは、3月16日にMNP転出手数料の改定を発表。「IIJmioモバイルサービス」「IIJmioモバイルプラスサービス」のMNP転出手数料を4月1日から無料とする。(2021/3/16)

「LINEポイント」を「PayPayボーナス」へ交換可能に 25%増額キャンペーンも
LINEの「LINEポイント」からPayPayの「PayPayボーナス」へのポイント交換が開始。「LINEポイント」1ポイントに対して、「PayPayボーナス」1円相当との交換となり、手数料は不要。(2021/3/16)

崩れる金融事業モデル、その先にあるもの 〜JAMP大原氏に聞く
金融業界が大きな変換期を迎えている。地銀においては長引く低金利、地方の衰退などもあり多くが赤字化した。足元は株高で堅調にみえる証券業界も、手数料無料化の流れは着々と進んでおり、いずれもこれまで利益を上げてきた事業モデルが崩れつつある。ではそれぞれの金融機関には、どのような選択肢があって、どんなチャンスがあるのだろうか。(2021/3/16)

SBI証券、eMAXIS Slimなどの投信マイレージ付与率引き上げ SBI取り分を投資家に還元
SBI証券は4月1日から、eMAXIS Slimシリーズや楽天・バンガードファンドなど、26本の低コストファンドについて、「投信マイレージ」の付与率を引き上げる。投信マイレージは、対象の投信保有金額に応じてTポイントが貯まるサービス。SBI証券は、これにより、信託報酬のうちSBI証券に支払われる手数料と同率程度を顧客に還元するという。(2021/3/15)

SBI証券、大口優遇拡大 信用取引手数料を30日間無料に
SBI証券は3月23日から、大口優遇プログラムを改定し、達成条件を緩和するとともに優遇内容を拡大する。従来は、条件を達成すると翌日の信用取引手数料を無料としていたが、無料期間を30日間に延長する。(2021/3/15)

初めての「メルペイスマート払い(定額)」利用で50%ポイント還元キャンペーン
メルペイは、初めて「メルペイスマート払い(定額)」を利用したユーザーへ利用金額の50%相当分のポイントを還元するキャンペーンを開催。清算時に支払った定額払い手数料分のポイントも還元する。(2021/3/15)

みずほ銀ATM障害、カードの2割が未返却 金融庁は報告命令
みずほ銀行は28日の障害に関連して、他行ATMを利用した手数料の全額を無条件に返還する方針を明らかにした。ATMから戻らなくなったキャッシュカードや通帳は2日時点で2割程度が返却されていない。金融庁は原因などの報告を求める「報告徴求命令」を出した。(2021/3/4)

UQ mobile、VoLTE非対応SIMを2022年3月で終了に
UQ mobileにて、VoLTE非対応SIMが2022年3月31日で利用できなくなる。継続してUQ mobileを利用するには、VoLTE対応のSIMカードに変更する必要がある。SIMカードの発行手数料は免除する。(2021/3/1)

LinksMate、料金そのままデータ容量2倍の新プラン発表 手数料の無料化も
MVNOサービス「LinksMate」が、3月18日から新プランを開始。従来のプランと比較して料金は変わらず、付与されるデータ通信容量を2倍にする。また、2月18日に一部手数料などの無料化を先行実施する。(2021/2/19)

ソフトバンク、3月17日から各種手数料を無料に LINEMOはSIM再発行も無料に
ソフトバンクは、2021年3月17日から各種手数料を無料にする。無料になるのは、契約事務手数料(3000円)、MNP転出手数料(3000円)、契約解除料(9500円)。ソフトバンクのブランド間乗り換えにかかわる手数料は、オンラインと店舗どちらも無料とする。(2021/2/18)

Y!mobileの「iPhone 12」「iPhone 12 mini」は2月26日発売 2月19日から予約受け付け開始
Y!mobile初の5Gスマホとして登場する「iPhone 12」「iPhone 12 mini」の発売日が決定した。オンラインストアでは端末代金が一律1万8000円引きとなる他、契約事務手数料も無料となる。(2021/2/18)

個人が機関投資家を打ち負かす ゲームストップ事件は日本でも起こるのか?
米国で、ロビンフッドという証券会社に集まった個人投資家が、相場を乱高下させたことが話題になっている。こうした事件が起こった背景には何があったのか。米ロビンフッド同様、取引手数料を無料としている新興証券会社のスマートプラスに聞いた。(2021/2/16)

手数料1%以下のラップ口座登場 「プラグイン金融」で資産運用の水平分業進む
Japan Asset Managemetは、スマートプラスの新サービス「Digital Wealth Manager」を使い、手数料1%以下の資産運用サービス「JAM Wrap」を提供する。証券システムのSaaS化によって、安価で簡単に金融サービスを提供する「プラグイン金融」の時代が到来しようとしている。(2021/2/10)

ドコモが請求書などの再発行を一部を除き有料化 2021年4月請求分から
NTTドコモが、紙の請求書類の再発行を原則有料化することになった。2021年4月請求分から適用され、手数料は新規発行時と同額となる。(2021/2/8)

全銀協、送金システムをスマホ決済事業者などにも開放 令和4年度中
 全国銀行協会は14日、現在は銀行など預金を取り扱う金融機関だけが参加している送金仲介システムに関して、スマートフォンなどを使ったキャッシュレス決済事業者などにも令和4年度中をめどに開放する方針を発表した。参加できるようになれば事業者の負担が減るため、利用者の手数料も下がる可能性がある。(2021/1/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
3.11上回る25倍の電気代高騰、“市場連動契約"の落とし穴
新電力の「市場連動型契約」に加入した世帯で電気料金が急増。ハチドリ電力では、電力価格の異常高騰分に関してはハチドリ電力側が肩代わりして負担し、ダイレクトパワーでは料金の割引に直接言及しなかったかわりに、2000円の解約手数料を無料とし、自社から顧客を切り替えるよう促している。(2021/1/15)

飲食店を応援するプログラム、クラウドファンディング「READYFOR」が実施 手数料なしで支援募集可能
ALL-IN形式、サービス手数料無料のクラウドファンディングで飲食店をバックアップ。(2021/1/14)

“業界最安と差別化”を両立させたauの「povo」 既存の使い放題セットプランも値下げに
KDDIが、オンライン専用の新料金ブランド「povo」を発表し、auの使い放題プランとUQ mobileの料金プランを刷新する。povoは通話定額をオプション扱いとすることで3キャリアの20GBプランで業界最安値を実現し、追加トッピングで差別化を図る。3ブランド間の乗り換え手数料は全て無料とする。(2021/1/13)

PayPayフリマ、販売手数料を5%に値下げ 10%オフクーポンも配布
フリマアプリ「PayPayフリマ」は、1月20日から商品が購入された際に必要な販売手数料を10%から5%に値下げ。あわせて、全商品で使える10%オフクーポンも配布する。(2021/1/13)

「PayPayフリマ」が手数料値下げ、販売価格の10%→5%に メルカリ・ラクマより安く
ヤフーが、フリマアプリ「PayPayフリマ」の販売手数料を値下げ。これまでは販売価格の10%だったが、5%に引き下げる。(2021/1/13)

PayPayフリマ、販売手数料を5%に値下げ 業界最安に
ヤフーはフリマアプリ「PayPayフリマ」にて、1月20日から販売手数料を5%に引き下げる。これまでは10%だった。1月20日0時以降に購入された商品から対象となる。(2021/1/13)

auとUQ mobile、MNP転出手数料を4月から撤廃
auとUQ mobileから他事業者へ乗り替える際の手数料を4月1日に撤廃する。店頭、オンライン窓口、お客さまセンター窓口の全てが対象。同社は2021年2月以降、auとUQ mobileの移行にかかわる各種手数料も撤廃する予定。(2021/1/12)

KDDI、MNP転出手数料3000円を廃止へ
KDDIが、au、UQ mobileから電話番号はそのままで他社の通信事業者に乗り換える際の手数料(MNP転出手数料)3000円を4月1日に無料化する。(2021/1/12)

横浜銀行、紙の通帳を有料化 2月から1100円に Web通帳の利用を促進
横浜銀行が、紙の通帳の発行を有料化すると発表。2月16日以降に口座を新規開設し、通帳を発行した個人には、1100円の手数料を課す。「Web口座」の利用を促進するための施策。(2021/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。