ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  C

「CTO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Chief Technology Officer:最高技術責任者
-こちらもご覧ください-
CTO(chief technology officer) − @IT情報マネジメント用語事典

関連キーワード

embedded world 2024:
従来比30倍の電力効率を実現したオンデバイスAI向けSoC、AmbiqのCTOに詳細を聞く
Ambiqはドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2024」(2024年4月9〜11日)において、従来比30倍の電力効率を達成したオンデバイスAI向けの最新SoC「Apollo510」を公開した。今回、同社の創設者でCTOを務めるScott Hanson氏に製品の特長などを聞いた。(2024/6/10)

AMDが創立55周年
AMDがは5月1日、創立してから55周年を迎えた。これを記念して同社の最高技術責任者 兼 テクノロジー&エンジニアリング担当副社長 執行役員であるマーク・ペーパーマスター氏がこれまでの歩みについてAMDのブログに寄稿した。(2024/5/2)

幻の「MT-DOS(β)」も公開:
Microsoftが「MS-DOS 4.0」をオープンソース化 IBMの協力で
Microsoftが、IBM PC向けの「MS-DOS 4.0」をGitHub上で公開した。ある研究者がMicrosoftでCTOを務めた人物が持つソフトウェアコレクションについて問い合わせたことが、そのきっかけとなったという。(2024/4/26)

計100項目のチェックリストで確認:
Webフロントエンドエンジニアが「自分の現在地」を把握するのに役立つガイドライン 日本CTO協会が公開
日本CTO協会は「Webフロントエンド版DX Criteria」を公開した。「Webフロントエンド領域の開発者体験と、それによって構築されたプロダクトによるユーザー体験の両立を目指す」としている。(2024/4/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
経営層と現場の間に横たわるギャップ解消のために心がけたい3つのポイント ――Armoris 取締役専務 CTO 鎌田敬介氏
企業経営や組織経営、あるいは国家の運営といった観点とサイバーセキュリティがどう関わるかが中心的な話題になってきている今、経営層との距離を近づけるいくつかのヒントを紹介した。(2024/4/24)

三井化学のCTOは「サステナビリティ経営」をどう実現するのか 研究者育成の壁
鉄鋼に次いでCO2排出量が多い化学産業。三井化学は4月にCTO室を設置し、サステナビリティ経営を推進する。壁の一つは「研究者育成」だという。同社のCTOの考えを聞いた。(2024/4/15)

ITmedia Security Week 2024 冬:
小学生でも多要素認証の今、企業の認証/ID管理は使いにくい、不自由にもほどがある 未来は変容するのか
2024年2月27日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2024 冬」の「多要素認証から始めるID管理・統制」ゾーンで、パロンゴ 取締役 兼 最高技術責任者 林達也氏が「デジタルアイデンティティー時代のID管理・認証/認可の変容と社会受容」と題して講演した。産官学でデジタルアイデンティティーをウオッチし、策定にまで関わる同氏が、ゼロトラスト時代に重要な認証、認可の現在を、「社会受容」というキーワードを絡めて解説するセッションだ。(2024/4/12)

独占インタビュー:
Lenovoは「AI」にどう取り組む? デバイス部門のダリル・クロマーCTOに聞く
スマートフォンで先行していたNPU(ニューラルプロセッサ)搭載の動きが、PCにも広がりつつある。いわゆる「AI PC」が本格普及しようとする中、LenovoはPCやスマホのAIについてどのように考えているのだろうか。デバイス部門の責任者に話を聞いた。(2024/4/4)

PR:「生成AIが社会を変える」 Web草創期を築いたシリコンバレー企業のCTOが語ったこと
(2024/4/1)

PR:瀬尾CTOが語る、ZOZOの「今」 プロダクト、ユーザー、仲間を“愛”する開発組織のつくり方
(2024/3/29)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【後編】
「AIチップはどう進化するのか」を決めるのはムーアの法則じゃない"あの法則"
AI技術用の半導体製品は、これからどう進化するのか。半導体の進化をけん引してきたムーアの法則は、今後の半導体の進化にも当てはまるのか。AMDのCTOに聞いた。(2024/3/19)

CTO配下の開発組織を充実:
半導体材料に「全集中」で次のステージへ、レゾナックのR&D戦略
レゾナックは2024年2月29日、CTO(最高技術責任者)配下に設置された研究開発(R&D)組織「CTO組織」の概要や研究開発方針に関するメディアラウンドテーブルを実施した。(2024/3/11)

Xの“いいね数”と“リポスト数”が非表示に──イーロン・マスク氏が予告 「どうしてもやりたかった」
Xのタイムラインからいいね、リポスト数の表示が消える──米XのCTOであるイーロン・マスク氏は自身のXアカウントでそのように明言した。(2024/3/8)

セキュリティニュースアラート:
CTOが恐れる“ランサムウェアより危ない脅威” 調査から判明
コンサルティング企業STX Nextの調査結果「The Global CTO Survey 2023」によると、CTOの多くがランサムウェアより“あるサイバー脅威”を懸念していることが明らかになった。(2024/3/6)

知らないと損!?業界最前線:
高齢者の聞こえをサポートする「ミライスピーカー」に2万円を切る新型が登場 低コスト化できた理由とは?
高齢者などのテレビの音が聞き取りにくい課題に対応するミライスピーカーに、新モデルの「ミライスピーカー・ミニ」が2月29日に登場した。曲面スピーカーの仕様・構造は従来品から変えずに、約3割の値下げを実現。値下げの背景や従来品との違い、今後の狙いをCTOとCMOに聞いた。(2024/2/29)

CES 2024レポート:
「CES 2024」に見る、スマートホームの最新事情と未来予測
米国ラスベガスで開催された「CES 2024」では、スペースが大幅な増床となったスマートホーム関連の展示が注目を集めた。本稿では、国内スマートホーム関連スタートアップの雄であるアクセルラボ CTOの青木継孝氏による、スマートホーム関連の展示を中心としたCES 2024のレポートをお送りする。(2024/2/27)

ITmedia Security Week 2023 冬:
徳丸氏が探る“認証”の今――サイバー攻撃の認証突破テクニック、フィッシング、そして対抗策とは
2023年11月28日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「多要素認証から始めるID管理・統制」ゾーンで、イー・ガーディアングループCISO(最高情報セキュリティ責任者)兼 EGセキュアソリューションズ 取締役 CTO(最高技術責任者)の徳丸浩氏が「認証の常識が変わる――認証強化の落とし穴と今必要な施策」と題して講演した。「認証」をキーワードとし、これまでパスワードに頼り切りだった古典的な手法による認証システムが攻撃される中、新たな技術でどこまで人と情報を守れるのか。認証の現状と今必要な対策を語るセッションだ。本稿では、講演内容を要約する。(2024/2/21)

ITmedia Security Week 2023 冬:
AI、RPA、DBがサイバー攻撃を「デジタル災害」に変化させた今、取り入れたい4つの対抗手段
2023年11月28日、アイティメディアが主催するオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「実践・ゼロトラストセキュリティ」ゾーンにおいて、ニューリジェンセキュリティ CTO 兼 クラウドセキュリティ事業部長 仲上竜太氏が「デジタル災害化するサイバー攻撃に対処するゼロトラストの最新像」と題して講演。仲上氏がもはや“災害”と表現するサイバー脅威の現状を明らかにするとともに、企業や組織がどのようにこの“災害”に対応すればいいのかについて解説した。(2024/2/13)

CTOが語る日米共同プロダクト開発の舞台裏(2):
日米共同開発チームの会議が「進まない」「かみ合わない」、本当の理由は?
日本主導で大規模サービスの日米共同開発を進めるCTOが現在進行形で語る体験談。連載の第2回は、当初から直面した、日米メンバーでの会議が進まない、話がかみ合わないという課題について説明する。(2024/1/29)

多くのCTOとパーソルホールディングス、三菱UFJ銀行、LIXILの知見を集約:
現場とベンダーのゴールの違いを最小限に抑える「デジタル活用の手引書」 日本CTO協会が公開
日本CTO協会は「大手事業会社向け DX Criteria」を公開した。企業のデジタル化推進において経営視点と技術視点のギャップを埋め、「統一された目標に向かうための方向性を提供する」としている。(2023/12/20)

「アーカックス」を“動く実物大ガンダム”の施設に展示、期間限定で 「メカやシステムの基本構成が近い」
ツバメインダストリは12日、搭乗型ロボット「アーカックス」を横浜の山下ふ頭にある「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」で展示すると発表した。(2023/12/12)

マスクCTO、アレック・ジョーンズ氏のアカウント凍結を解除
Xのイーロン・マスクCEOは、2018年に永久凍結された極右陰謀論者アレックス・ジョーンズ氏のアカウントの凍結を解除した。ジョーンズ氏は再び活発にポストしている。(2023/12/11)

OpenAI、Microsoftを議決権のないオブザーバーに
OpenAIは、サム・アルトマン氏のCEO復帰、ミラ・ムラティ氏のCTO復帰を発表した。また、Microsoftを議決権のないオブザーバーとして取締役会に迎えるとしている。(2023/11/30)

X(旧Twitter)のマスクCTO、リンク付きポストの画像に見出しを重ね表示すると予告
XのマスクCTOは、10月に非表示にしたメディア記事のリンクのタイトルを、画像にオーバーレイ表示する形で復活させると予告した。(2023/11/24)

重要なのは熱意ある人材の有無?:
生成AIの導入前にCIOとCTOは何を考慮すべき? IBMが解説
IBMは生成AIの導入についてCIOとCTOが何をすべきかについて同社ブログで解説した。(2023/11/24)

ChatGPT創業者、OpenAIサム・アルトマンCEOが“電撃”退任 理由は?
米OpenAIはサム・アルトマンCEOが退任すると発表した。同社の最高技術責任者(CTO)であるミラ・ムラティ氏が暫定CEOに就任する。(2023/11/18)

OpenAIの取締役会、サム・アルトマンCEOを解任 「取締役会の責任を果たす能力に支障をきたしている」
OpenAIの取締役会は、共同創業者でCEOのサム・アルトマン氏が辞任したと発表した。同氏が「取締役会とのコミュニケーションにおいて一貫して率直でなく、取締役会の責任を果たす能力に支障をきたしているとの結論に達した」としている。ミラ・ムラティCTOが暫定CEOに就任する。(2023/11/18)

エンジニア向けキャリアアップの鉄則
エンジニアで始まり、取締役で終わる「出世街道」を歩む5つの方法
出世を目指すエンジニアは、そのゴールをCIOやCTOに設定するのがいいのか、それとも企業の経営にも関与するために取締役まで目指すのがいいのか。取締役を目標にするのであれば、参考になる5つのポイントがある。(2023/11/14)

SHARP Tech-Day:
創業111周年を迎えたシャープのターンアラウンド 技術を軸にエッジAIで他社と連携も CTO兼R&D担当役員に聞く
シャープが操業111周年を記念し、イベント「SHARP Tech-Day」を開催する。本イベントの狙いやこれまでの取り組み、そして未来への挑戦を同社常務執行役員 CTO兼R&D担当の種谷元隆氏に聞いた。(2023/11/8)

xAIのAIボット「Grok」、Xプレミアムのハイエンドプランで提供へ
Xのイーロン・マスクCTOは、xAIの新AIチャットボット「Grok」を発表。Xのリアルタイムのパブリックデータにアクセスするという。まずはXのハイエンドサブスクプラン「Xプレミアムプラス」会員に提供する。(2023/11/5)

Xで「コミュニティノート」のついたポストは収益分配の対象外になるとマスクCTO
Xのイーロン・マスクCTOは、Xプレミアムユーザーの特権である収益分配に新たな制限を加えるとポストした。「コミュニティノート」のついたポストは収益分配の対象外にするとしている。(2023/10/30)

Xのサブスクに2プラン追加とマスクCTO ハイエンドは完全広告非表示に
Xのイーロン・マスクCTOは、サブスクリプションサービス「X Premium」に2つのプランを追加するとポストした。最安プランは広告が100%表示され、最高プランは広告が完全に非表示になるとしている。(2023/10/20)

楽天モバイルに聞く、通信品質向上の取り組み 5G基地局は1万局を突破
楽天モバイル 執行役員 副CTO 兼 モバイルネットワーク本部長の竹下紘氏に、通信品質向上について話を聞いた。楽天モバイルの4G基地局は、2023年6月時点で5万8343局が開設しており、楽天回線のみの人口カバー率は98.7%に達している。Opensignalの調査結果では、4Gの上り、5Gの下りと上りは3キャリアの平均を上回る結果となった。(2023/10/16)

Go AbekawaのGo Global!〜Tyler McMullen(後):
バグがあっても心配いらない、それは単なるコードです
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もFastlyのCTO(最高技術責任者)、Tyler McMullen(タイラー・マクマレン)さんにお話を伺う。タイラーさんがいつも自分に言い聞かせている、エンジニアに伝えたいメッセージとは。(2023/10/4)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第4回】
SUSEの「RHEL代替品」は“朗報”なのか、野望に終わるのか?
Red Hatの「RHEL」の代替製品を開発し、Linux市場で攻勢を掛けるSUSE。今後の課題になるのは、RHEL代替製品をどう普及させるかだ。同社のCEOとCTOの考えは。(2023/10/3)

Go AbekawaのGo Global!〜Tyler McMullen(前):
次元削減、局所性鋭敏型ハッシュ――コンピュータサイエンスは美しい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はFastlyのCTO、Tyler McMullen(タイラー・マクマレン)さんにお話を伺う。高校生のころはアーティストになりたかったタイラーさん。そんな同氏を引き留め、エンジニアの道に導いたのはある先生の一言だった。(2023/10/3)

DXを失敗させないための基本【第9回】
KFCはなぜDXから「収益」を生み出せるのか? CTOが語るシンプルな理由
KFCがDXを進める上で大切にしているのは、消費者と従業員を深く理解することだという。どういうことなのか。その背景をKFCのCTOに聞く。(2023/9/28)

DXを失敗させないための基本【第8回】
KFCはなぜパンデミックでも業績を伸ばせたのか? CTOが語る「DXの理由」
世界中に店舗を持つKFCはDXに取り組んだ結果、パンデミックを経験したにもかかわらず売り上げを増加させることができた。その具体的な取り組みを紹介する。(2023/9/27)

ERP導入のよくある失敗を防ぐために 企業が知るべき事前準備とは
Unit4でCTOを務めるクラウス・ジェプセン氏が、「ERPプロジェクトが失敗する原因」「失敗を避ける方法」を語った。(2023/9/25)

Oracle CloudWorld 2023:
「ほぼ全ての行動の中心がAIになる」 Oracle会長のラリー・エリソン氏が語るAIの未来
Oracleの会長兼最高技術責任者であるラリー・エリソン氏が「Oracle CloudWorld 2023」の基調講演に出演した。エリソン氏が語る未来のAIと、Oracleが開発した生成AIの強みを届ける。(2023/9/21)

組み込み開発 インタビュー:
米国本社CTOから日本法人社長へ、ADIの中村勝史氏が見据える「4つ目の変化」とは
アナログIC大手のアナログ・デバイセズ(ADI)は、コロナ禍によって半導体サプライチェーンに大きな変動が起こる中、どのような方向性で事業を進めようとしているのだろうか。同社日本法人 代表取締役社長の中村勝史氏に話を聞いた。(2023/9/5)

X(旧Twitter)のマスクCTO、メディア記事の自動投稿をリンク付き画像だけの表示にする計画
X(旧Twitter)のオーナー、イーロン・マスク氏は、メディアが自動投稿する記事のポストの表示方法を変更する計画を認めた。見出しや概要などのテキストなしの、リンク付き画像のみにするとしている。(2023/8/23)

X(旧Twitter)の「ブロック機能」は効果なし? マスク氏による「同機能の削除」予告で物議
X(旧Twitter)のリンダ・ヤッカリーノCEOは8月18日(米国時間)、ブロックとミュートを優れた機能にするとの考えを投稿した。イーロン・マスクCTOがブロック機能の削除を明らかにした約10時間後に投稿された。そもそもブロック機能は効果があるのだろうか……?(2023/8/20)

X(旧Twitter)のCEO、「現行のブロックとミュートより良いものを構築中」とポスト
X(旧Twitter)のリンダ・ヤッカリーノCEOは、イーロン・マスクCTOが「ブロッ機能を削除する予定」とポストした約10時間後、「ブロックとミュートの現状より良いものを構築中」とフォローする説明をポストした。(2023/8/20)

X(旧Twitter)のイーロン・マスクCTO、「ブロック機能を削除する予定」とポスト
来日中のX(旧Twitter)のオーナー、イーロン・マスク氏は土曜の午前0時過ぎ、「DM以外のブロックは機能として削除する予定だ」とポスト(旧ツイート)した。(2023/8/19)

X(旧Twitter)のCEO、ビデオチャット機能やマスク氏とザッカーバーグ氏の戦いについて語る
X(旧Twitter)のリンダ・ヤッカリーノCEOがCNBCのインタビューに答えた。イーロン・マスクCTOとの役割分担や、“すべてのアプリ”のためのアプリ名変更、間もなくビデオチャット機能を追加することなどを語った。(2023/8/11)

楽天モバイルは何が“最強”なのか Rakuten Optimism 2023で語られたこと
8月2日〜6日の5日間に渡りパシフィコ横浜で開催されている、楽天グループ最大級の体験イベント「Rakuten Optimism 2023」。4日には「楽天モバイルは何が最強なのか」と題したトークパートが含まれた。楽天モバイルの共同CEOの鈴木和洋氏、CTOのシャラッド・スリオアストーア氏、矢澤俊介社長が登壇した。(2023/8/7)

PR:CTO2人体制で医療DXをリード 「メドレー」開発組織のプロダクトドリブンな文化とは?
(2023/8/7)

「ITmedia DX Summit vol.15」開催レポート:
クックパッドが取り組むバックオフィス業務の自動化 「たった3人の挑戦」の全貌
日本の料理レシピサイトからグローバルな食べ物関連サービス企業へと変わりつつあるクックパッド。事業拡大に伴って複雑化するバックオフィス業務、サイロ化しがちなデータといった課題を同社はどう解決しているのか。同社 CTO兼CISOの星北斗氏が語った「たった3人の挑戦」とは(2023/7/27)

技術者600人に調査:
エンジニアが選ぶ「開発者体験が良い」イメージの企業 3位「LINE」、2位「Google」、1位は?
日本CTO協会が「開発者体験が良い」イメージのある企業ランキングを発表。激化するエンジニア採用市場を背景に、同協会は2022年から技術者視点の指標としてランキングを公開しており、前年調査と上位3社は同じ結果だった。(2023/6/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。