ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「Jリーグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Jリーグ」に関する情報が集まったページです。

“柏レイソル”高橋祐治、ケガからの復帰戦で勝利 妻・高城亜樹が祝福「パパカッコよかったね」
姉の高橋メアリージュンさんと高橋ユウさんもお祝いの言葉を送っています。(2021/6/10)

元韓国代表MF柳想鉄さんが死去、49歳 1年前交わした再会の約束果たされず、2020年2月に病身を押して来日
マリノス、レイソルでプレー。(2021/6/8)

安全なイベントを:
花王、「飛沫抑制と通気性を両立させたマスク」を開発 鹿島アントラーズも協力
花王は、Jリーグの鹿島アントラーズらと共同で「飛沫抑制と通気性を両立させたマスク」を開発し、マスクの感染予防効果と快適性を評価することを明らかに。(2021/5/27)

飛沫の抑制と通気性を両立させる不織布マスク、花王が開発へ 鹿島アントラーズも協力
花王は24日、不織布を使って「飛沫抑制と通気性を両立させたマスク」を開発するプロジェクトを立ち上げると発表した。感染予防と集客の間で苦しむJリーグの鹿島アントラーズと協力して検証する。(2021/5/24)

第2子妊娠中の丸高愛実、柿谷曜一朗選手&娘との“ファミリーマタフォト” 「めちゃくちゃ絵になります」
爽やかで神秘的なマタフォトを公開した丸高さん。(2021/5/21)

5月15日はJリーグの日、28年前の開幕戦に出場したキングカズの姿にファンからは「KING驚異的!!!」と脱帽
キングカズは28年経過した現在も現役選手です。(2021/5/15)

ガンバ大阪が成績不振により宮本恒靖監督を解任 「昨季2位の監督を」「仕方がない」サポーター意見もさまざま
今シーズンはJ1リーグ戦暫定18位と降格圏内に低迷していました。(2021/5/14)

イニエスタ、ヴィッセル神戸と2年間の契約延長 「大きな目標を勝ち取りたい」
日本中が「ありがとうイニエスタ」。(2021/5/11)

ソフトバンク、プロ野球の動画配信に“バーチャル広告”表示 DAZNなどで開始
ソフトバンクがDAZNなどで配信される福岡ソフトバンクホークスの試合に「バーチャル広告サービス」を提供すると発表した。日本のプロ野球中継に導入されるのは初めて。3月26日の開幕戦から試験的に導入しており、本格導入となる。(2021/5/7)

「スカパー!」アクセス集中でルヴァンカップ見られず 視聴料を返金
スカパーが配信した5月5日のルヴァンカップにアクセスが集中し、視聴できない状態に。スカパーが謝罪・返金へ。(2021/5/7)

五郎丸歩選手、現役引退へのいきさつを告白「半端な数で終わりたくありませんでした」 引退後のコーチ業は否定
五郎丸選手「35歳(で引退)かなとぼんやりありました」【訂正】(2021/4/30)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(86):
不合格通知をもらわなかったから、検収合格ですよね
納品物のデキが悪いからと発注者が検収を放棄。合否が伝えられないまま「みなし検収」の期間を過ぎたシステムの開発費用を、ベンダーは支払ってもらえるのか――?(2021/3/29)

元「Olive」専属モデル・佐伯日菜子、娘の高校卒業式に笑顔の親子ショット ファンからは「姉妹みたい」
お子さんがもうこんなに大きいとは!(2021/3/5)

日本にスポーツベッティングは根付くか:
バスケットボールが「スポーツくじ」の対象に 「スポーツベッティング」はスポーツ界の救世主となるか
2020年末の法改正で、バスケが「toto」の対象に追加予定となった。コロナ禍で資金繰りに苦しむプロスポーツも多い中、スポーツベッティングは新たな稼ぎ頭となるのか。(2021/2/25)

今やらなければいけないことをやり続ければ、きっと明日は変わる:
PR:「自然の豊かさ」を超えたソフトパワーを長崎から
空気がきれいで、自然が豊かで、人が優しい。それはどこの地域も同じ。では、愛する故郷をもり立てるには、何を行い、何を伝えればいいのだろうか――。(2021/1/12)

コロナ禍のJクラブ経営危機 “投げ銭”や“クラファン”に活路を見出したメルカリ鹿島の2020年
Jリーグの2020年シーズンが終わろうとしている。今シーズンはコロナ禍での長期中断で、各チームにとって難しいシーズンとなった。2019年にメルカリが経営権を取得し、クラブ経営に参画した鹿島アントラーズも同様だが、“投げ銭”や地域のDX化など新たな収益モデルに挑戦をしたシーズンでもあった。クラブトップが今シーズンを振り返る。(2020/12/18)

MALIA.長男のJ2山口加入に“親子ショット”で母の思いをコメント 「全ての方に感謝」
7日に加入の発表がされていました。(2020/12/11)

「変化できる企業」に:
PR:起業家育成、プログラミング教育、デジタルコイン サツドラが北海道で仕掛ける地域コネクティッドビジネスとは?
(2020/12/2)

ヤマハのリモート応援システム「Remote Cheerer」がもたらした成果とは? スポーツ関係者が語る現状と課題
ヤマハが、リモート応援システム「Remote Cheerer powered by SoundUD」を開発。Jリーグやプロ野球などに提供した。そこで得られた成果と課題とは。(2020/12/3)

主戦場はテレビからモバイルへ:
「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコンテンツの前後や合間に再生される広告、バナー上に表示される広告、そして作品中にオーバーレイされる広告などが増え、今後OTTでより多岐にわたる広告を目にするようになるでしょう。(2020/11/30)

デザインの力:
キヤノンの「PowerShot ZOOM」はリーン&共感型開発で生まれた
キヤノンが発表した「PowerShot ZOOM」は、“ポケットに入る望遠鏡型カメラ”という新しいコンセプトに加え、オープン型の開発を採用するなど、異色尽くしの製品だ。企画背景からデザイン、設計開発の工夫などについて開発陣に話を聞いた。(2020/11/30)

MALIA.、長男がJリーグ初ゴールで祝福2ショット 「初ゴールはママに捧げるよ」の言葉に感激
こんなこと言える息子なかなかいない。(2020/11/24)

獲得、育成から強化まで、幅広い活用へ:
選手が「100%活躍できる」チームへ モンテディオ山形がデータ活用で目指す強化の形
プロスポーツの世界でデータ活用が進む中、2020年にデータを使ってチームの強化を始めたのがモンテディオ山形だ。スカウトの目から先入観を取り去って選手のポテンシャルを見極め、チームで100%活躍できる状態に育てる――。そんな仕組みを構築する挑戦の軌跡と、未来への構想とは。(2020/11/27)

ドコモの5Gは「瞬速5G」 新周波数で2023年3月末に人口カバー率70%へ
ドコモは高速・大容量の5G通信サービスを「瞬速5G」と名付けて訴求していく。5Gの新周波数を用いた人口カバー率は2023年3月末までに約70%を目指す。5Gのエリアマップも公開した。(2020/11/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
サイバーエージェントではなぜ、突き抜けたリーダーが育つのか〜経営人材と新規事業が続々生み出されるには、理由があった
どうすれば、これからの時代に求められる人材になれるのか、そのヒントを探ってみた。(2020/11/5)

ドラッグストアから地域コネクティッドビジネスへ :
サツドラ富山浩樹社長が語る「ウィズコロナ時代のチェーンストア戦略」
規模の追求という従来の基本戦略が機能不全を起こしつつある今、新時代のチェーンストアビジネス戦略はどうあるべきなのか――。サツドラホールディングスの富山浩樹社長に聞いた。(2020/10/23)

池田純のBizスポーツ:
Bリーグは、プロ野球とJリーグを超えられるか? 「B・J業務提携」の読み解き方
業務提携を発表したBリーグとJリーグ。しかし、業務提携は成功させるのがなかなか難しいと指摘するのが、さいたまブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏だ。Jリーグやプロ野球を超えるため、Bリーグに求められるものとは?(2020/10/20)

「何度行ってもファンタジー世界に浸れる」 大正ロマン溢れる「銀山温泉」の絶景が17万“いいね”の話題に
行ってみたい……。(2020/10/18)

Jリーグの“経営ランキング”発表 3位ヴィッセル神戸、2位川崎フロンターレ……1位は?
デロイト・トーマツ・グループのスポーツビジネスグループは、Jリーグに所属するJ1、J2、J3全クラブを対象に、経営面から分析した「Jリーグマネジメントカップ 2019」を発表した。(2020/10/6)

今日のリサーチ:
熱しやすい「日本代表」 冷めにくい「国内リーグ」――トライバルメディアハウスとNTTデータがスポーツ調査
トライバルメディアハウスとNTTデータが実施した「熱狂スポーツ調査2020」の結果です。(2020/10/2)

ハリケンブルー・長澤奈央、第3子出産を“幸せの小さな手”ショットで報告 「安堵の気持ちでいっぱい」
ファン「ハリケンブルーおめでとうございます!」(2020/9/19)

「やべっちF.C.」が9月末で終了 中村憲剛、田中マルクス闘莉王ら“日本サッカー界”から悲しみの声
続いてほしかった……。(2020/9/12)

「すでにイケメン」「完全にパパ似だ!」 元AKB48・高城亜樹、Jリーガー夫&息子の“美男親子”ショットに反響
高橋選手本当にイケメン。(2020/9/9)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(79):
「お任せください」ってカンバンに書いてあるじゃないか!
お任せください――プロジェクト管理義務怠慢を疑われたベンダーを窮地に陥れたのは、自社サイトに書かれていたある言葉だった。(2020/9/7)

池田純のBizスポーツ:
プロ野球とJリーグ、コロナ禍でより運営が厳しいのはどっち? カギを握る「コロナ回帰率」とは
感染拡大防止の観点から無観客試合を続けていたが、観客動員を始めたプロスポーツ。しかし、内情を見ると野球とサッカーで明暗が分かれたようだ。詳しく数字を見ると、コアなファンの数が命運を分けたようだ。さいたまブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏が解説する。(2020/8/28)

Jリーグ、DAZNと2年契約延長 2028年まで
Jリーグが、スポーツ専門の動画配信サービス「DAZN」(ダゾーン)と2017年から10年契約で結んでいた放映権契約を2年延長。28年までの12年で総額2239億円の大型契約を締結した。(2020/8/26)

ドコモ、Jリーグの試合に5Gを活用 マルチアングル映像や解説情報を配信
NTTドコモは、9月27日開催される2020明治安田生命J1リーグ第19節鹿島アントラーズVS大分トリニータの試合へ5Gを活用。試合のマルチアングル映像や解説情報などをスタジアム内の5Gスマートフォンに配信する取り組みを行う。(2020/8/26)

1点購入すると10円寄付:
イオンが「Jリーグティッシュ」を発売 新型コロナの影響を受けるJリーグを支援
新型コロナの影響で例年通りの試合ができていないJリーグ。支援するためにイオンが「Jリーグティッシュ」を発売する。1点購入すると10円が寄付される。(2020/7/17)

池田純のBizスポーツ:
「超満員」がなくなった時代に、横浜DeNAベイスターズ初代球団社長が考えるスポーツビジネスの“ニューノーマル”
コロナでなくなった「超満員」のスタジアム。これまでスタジアムを満員にすることで経営を成り立たせてきた向きもあるスポーツビジネスは、今後どうすればよいのか。さいたまブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏が語る。(2020/7/13)

PR:「無観客やけど、無歓声にはせぇへんで」 再開したJリーグ「大阪ダービー」を大阪弁で応援するキャンペーンが胸熱だった
大阪が、ふたつに分かれてひとつになる日。(2020/7/7)

コロナ禍でのスポーツ観戦:
プロスポーツの無観客試合、「まだ踏み切らない方が良かった」は3割
相次ぎプロスポーツの無観客試合が開催。「まだ踏み切らない方が良かった」人は3割に。リサーチ会社が調査。(2020/7/8)

DAZN、Jリーグと協力して「バーチャルチケット」配布 1カ月無料のQRコード付き
DAZNが無観客試合によるJリーグの再開を前に「バーチャルチケット」を配布。DAZNを1カ月無料で視聴できる新規加入者向けQRコード付き。(2020/6/16)

そもそも「都市型のコンパクトオリンピック」が売りだったはず〜東京五輪の大会運営簡素化へ
なぜかどんどんと予算が膨れて、肥大化していた。(2020/6/12)

PR:“レッズ愛”を全力で主張! マウスコンピューター「浦和レッズオフィシャルパソコン」の魅力に迫る
マウスコンピューターは、J1リーグの浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)のオフィシャルPCサプライヤーである。そのパートナーシップを深めるべく企画、開発されたのが「浦和レッズオフィシャルパソコン」だ。この記事では、その14型モデルの魅力をチェックしていく。(2020/6/12)

無観客試合を「自分の等身大パネル」で応援 分身を作って客席に置けるサービス「ハコデサポーター」発表
自撮りを専用アプリで送るだけで、自分の分身を送り込めます。(2020/6/3)

池田純のBizスポーツ:
ベイスターズ初代球団社長が語る、コロナ時代に必要な「変える力」とプロ野球生き残りの道
新型コロナウイルスの影響で窮地に立たされるプロスポーツビジネス。「コロナの時代」を見据えた経営に必要なものとは? 親会社や前例にとらわれない「変える力」こそ必要だと、埼玉ブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長、池田純氏が解説する(2020/5/21)

今こそ求められる法整備:
日本からスポーツが消えた日――コロナ禍で露呈したスポーツビジネスの法的リスクと課題
新型コロナウィルスによって甚大な被害を受けているスポーツ界。国民がプロスポーツを安心して観戦できる場所は、いまの日本には存在しない。唯一無二のプロダクトである試合が開催できない今、スポーツ団体はこの事態にどのように対処していけばいいのだろうか。収入の大きな柱の1つである「広告料収入」にスポットを当て、試合が中止となった場合の広告主とスポーツ団体間の契約の行方を推察する。(2020/5/8)

メルカリ、3Q累計で赤字222億円 今後は広告宣伝費削減へ
メルカリの2020年6月期第3四半期累計の連結決算は、売上高が533億5000万円、営業損益が202億9200万円の赤字、最終損益が222億1200万円の赤字と、増収減益だった。(2020/4/30)

大山聡の業界スコープ(28):
コロナ禍の先を見据えよ ――緊急事態宣言下の今、考えるべきこと
政府は、緊急事態宣言を発令した。この緊急事態の今、「われわれは何を考えるべきか」「新型コロナウイルスの影響が収まり始めたらどうすべきなのか」について私見を述べさせてもらうことにする。(2020/4/10)

これは“逆・小野伸二” 浦和レッズ・宇賀神友弥、Jリーグ開幕前に笑いのゴールを決めまくる
宇賀神選手「……間を通すっていう(会心の笑顔)」。(2020/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。