ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「弁護士」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「弁護士」に関する情報が集まったページです。

リリース直前、法律違反に気付くことも:
実は無関係じゃない、AI開発者も知っておきたい欧米のAI法規制・倫理と日本の現況
AI利活用が広まる一方、法律や倫理の観点から問題提起されるケースが見受けられるようになった。企業のAIビジネス動向に詳しい弁護士の三部裕幸氏が語る、欧米の法律、AI倫理の動向と日本の現況とは。(2021/7/20)

事業に支障を出さないために:
SaaSの新規契約で、法務がチェックすべき4つのポイント
業務上重要なデータを取り扱うために、クラウドサービス(SaaS)を利用する際、どんなことに気を付ければ良いのか──弁護士が解説する。(2021/6/30)

「社外秘の資料を画面共有」は情報漏えいか? 弁護士が語るテレワークの法的留意点
テレワークを導入した企業の中には、急ごしらえのセキュリティ対策となってしまっているところも多い。西村あさひ法律事務所の弁護士、北條孝佳氏がテレワークのセキュリティにおける3つの課題と対策、法的な観点から注意すべきポイントを挙げた。(2021/6/28)

NFTの法的な性質と取引における留意点:
1ツイートが3億円! NFTは、結局何が魅力的で、何を取引しているのか
Twitter創業者の初ツイートが3億円で落札されるなど、最近話題となることも多いNFTだが、何が魅力で何を取引しているのか。そして、法的に問題はないのか、弁護士が解説する。(2021/6/22)

東芝、“お手盛り調査”許されず 役員ら続投一転
東芝の取締役会の永山治議長は14日に開いたオンライン記者会見で、13日に発表した取締役選任案の変更について説明した。新たに退任することになった取締役と執行役の4人は、外部弁護士が昨年7月の定時株主総会の運営について調査した報告書の中で、名指しで問題を指摘された面々。東芝は当初、自社で行った?お手盛り調査?で4人とも続投させる方向だったが、報告書の公表で状況が一変、方針転換を迫られた。企業経営の透明性向上が求められ、外国人投資家が厳しい視線を注ぐ中、身内に甘い日本型経営は許されなくなってきている。(2021/6/15)

東芝、“お手盛り調査”許されず AIでメール約78万件調査
 東芝が退任を発表した取締役と執行役の4人は、外部弁護士が2020年7月の定時株主総会の運営について調査した報告書の中で、名指しで問題を指摘された面々だ。当初、自社で行った“お手盛り調査”で4人とも続投させる方向だったが、方針転換を迫られた。外国人投資家が厳しい視線を注ぐ中、身内に甘い日本型経営は許されなくなってきている。(2021/6/15)

東芝総会に「不当な影響」 経産省と提案妨げと報告
東芝は10日、昨年7月の定時株主総会の運営について、外部の弁護士が調査した報告書を公表した。この総会では、「物言う株主」として知られるエフィッシモ・キャピタル・マネージメントなどによる取締役選任議案が否決された。東芝が提案を取り下げようとさせたり、議決権行使をしないように圧力をかけたりしたとの疑念が指摘されていた。(2021/6/11)

元「煌めき☆アンフォレント」谷麻由里、元所属事務所を提訴 未払い賃金とパワハラ&セクハラの慰謝料求め
代理人弁護士を通して協議してきたものの「協議が整わなかったため」と説明。(2021/5/19)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
建築事故で損害賠償請求が工事発注者にも及ぶ場合も、リスクを最小限にするには?
建築プロジェクトで昨今、建築偽装問題や事業トラブルなどが頻発していおり、その際にば発注者にも責任とリスクが生じる。リスクを最小にして長期的に損失を減らすには、“プロジェクトマネジメント”が必須となる。ファシリティマネジメント フォーラム 2021の「発注者のための建築プロジェクトマネジメント超入門」と題する講演では、2人の登壇者が弁護士とプロジェクトマネジメント(PM)実務者のそれぞれの立場から、裁判例からみる発注者の責任及びリスクと建築プロジェクトマネジメントの果たす役割を解説した。(2021/5/19)

「クラウドサイン」累計契約送信件数500万件突破、13カ月で2.5倍増に
弁護士ドットコム(東京都港区)は、提供するクラウド契約サービス「クラウドサイン」の累計契約送信件数が、2021年5月に500万件を突破したと発表した。20年3月に到達した200万件から13カ月で2.5倍増となった。(2021/5/14)

ネットの法律相談に駆け込む「転売ヤー」のリアルな悩み
弁護士がユーザーの質問に回答するオンラインサービス「みんなの法律相談」では、20年2月から21年1月にかけてマスクの転売に関する相談が相次いだ。「転売禁止前の販売は違法になるのか」といった投稿が目立ったという。(2021/5/7)

山下智久、「ドラゴン桜」振り返り“満開の桜”とのソロショット「まだ夢の途中」「全力で走り続けます」
勇介、弁護士になったかな。(2021/4/9)

PR:「私の猫は弁護士です」 語学アプリ「Duolingo」がなぜかカオスな例文のトイレットペーパーを作った理由が意外に深かった話
実は世界で5億人以上が利用する「楽しい語学アプリ」。(2021/4/2)

Twitterにファンアートを投稿したらアカウント凍結 虚偽申請の被害絵師が悲痛な胸の内語る
被害絵師、Twitter社、弁護士を取材しました。(2021/3/20)

2つの留意事項:
テレワークで人事評価、どうする? 制度変更の注意点は? 弁護士に聞いた答えはというと……
テレワークを実施する場合、従来のやり方では適切な人事評価を行うことが難しいといわれていますが、今後、人事評価制度を見直す必要があるのでしょうか。また、人事評価を行う際にはどのようなことに留意する必要があるでしょうか。(2021/3/10)

Twitterで“自称bot”による画像の悪質な無断転載横行 対策はないのか弁護士に聞いてみた
法的手段も考えられるようです。(2021/2/25)

長澤まさみ、「ドラゴン桜」続編に出演決定! 16年ぶりの水野直美役でキリッとしたスーツ姿を披露
教え子だった水野が弁護士として登場。(2021/2/26)

「いい弁護士は性格が悪い」 『闇金ウシジマくん』真鍋昌平の新作は偏屈な“クセ者”弁護士を描く漫画
新たなダークヒーロー誕生。(2021/2/26)

松本潤主演「99.9-刑事専門弁護士-」が映画化! “新ヒロイン”考察にネット大盛り上がり
新ヒロイン気になる……!(2021/2/17)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(9)後編:
スタートアップとのオープンイノベーションを成功させる契約書の作り方―後編―
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。第9回は前後編に分割して、スタートアップとのオープンイノベーション時に留意すべき契約の内容などを紹介する。オープンイノベーション促進のための「モデル契約書」作成にも関わった筆者が、経験を基にオープンイノベーションの意義や課題を踏まえた説明を行う。(2021/2/15)

SBIソーシャルレンディング、第三者委員会設置 貸付先に重大懸案
SBIソーシャルレンディングは2月5日に、貸付先の事業運営に対する重大な懸案事項の調査のため、弁護士などからなる第三者委員会を設置した。現時点では、「SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド」を除き、分配は通常通り実施する予定で、元金などの延滞も発生していない。(2021/2/9)

Q&Aと解説:
特定の部署のみテレワーク許可、法的な問題はある? 弁護士が解説
新型コロナウイルスの影響でテレワークを導入する企業が増えている。業務の都合上、テレワークができる部署とそうでない部署に分かれる場合、特定の部署のみテレワークを許可することに、法的な問題はないのか? 弁護士が解説する。(2021/1/26)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(9)前編:
スタートアップとのオープンイノベーションを成功させる契約書の作り方―前編―
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。第9回は前後編に分割して、スタートアップとのオープンイノベーション時に留意すべき契約の内容などを説明する。筆者は経産省/特許庁が公開した、オープンイノベーション促進のための「モデル契約書」作成にも関わった。その経験からオープンイノベーションの意義や課題を踏まえた解説を行う。(2021/1/14)

「不正をするな」から「正しいことをしよう」へ 従業員の意識を変えるエモーショナルコンプライアンスの基礎(後編)
ビジネスを取り巻く環境がかつてない速度と規模で変化を続ける中、いかにして企業は、従業員のコンプライアンス意識を醸成し、自社の競争力を高めていくべきでしょうか。企業コンプライアンスに詳しい増田英次弁護士が、絶えず不祥事を繰り返してきた旧来型の管理支配型アプローチの問題点にメスを入れ、自律的発展成長型のアプローチである「エモーショナルコンプライアンス」がもたらす効果について2回にわたって解説します。(2021/1/8)

「不正をするな」から「正しいことをしよう」へ 従業員の意識を変えるエモーショナルコンプライアンスの基礎(前編)
研修をいくらしても、一向に不祥事は減らない。これが、コンプライアンスの偽らざる現状と言って良いでしょう。では、その原因はどこにあるのでしょうか? 企業コンプライアンスに詳しい増田英次弁護士が、絶えず不祥事を繰り返してきた旧来型の管理支配型アプローチの問題点にメスを入れ、自律的発展成長型のアプローチである「エモーショナルコンプライアンス」がもたらす効果について2回にわたって解説します。(2021/1/7)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(8):
他社が製品を模倣した! とるべき法的アクションやリリース作成時などの注意点
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。今回は、他社が自社製品を模倣した場合、どのような法的措置を講じる選択肢があるのか、あるいはその逆に、模倣していると自社が訴えられた場合の対処法を解説する。(2020/12/14)

キヤノンMJ、契約業務全般のデジタル化を実現する「契約業務支援サービス」
キヤノンマーケティングジャパンと弁護士ドットコムが電子契約サービス領域での業務提携を発表、契約業務のデジタル化を実現する「契約業務支援サービス」を提供する。(2020/12/3)

Q&Aと解説:
飲み会自粛の要請を無視した社員がコロナに罹患──正しい人事の対応は?
質問者の企業では、新型コロナウイルスの感染対策として、3人以上での夜の飲食を控えるように要請していた。しかし、社員6人が隠れて居酒屋とカラオケに行き、その中から陽性者が数名出てしまった──このような時、社員に対してどのように注意したらいいのだろうか。また、処分は行えるのだろうか。弁護士が解説する。(2020/11/30)

法律的問題性は?:
弁護士が解説する「ドコモ口座」不正出金の元凶と求められる本人確認方法
2020年9月、NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正出金の被害が相次いで発生した。口座開設時のNTTドコモによる本人確認や、連携先銀行の認証手続きに甘さがあったと指摘されている。本稿では法的観点に基づくドコモ口座の不正出金に対する考察とともに、今後のキャッシュレス決済の普及に向けた環境整備の展望を、南弁護士が解説する。(2020/11/28)

弁護士検索サイト「ネット中傷解決くん」、一括相談や弁護士個人へのレビュー機能を追加
SNSのモニタリングサービスなどを手掛けるエルテス(東京都千代田区)が弁護士検索サイト「ネット中傷解決くん」に、弁護士個人へのレビュー機能や一括相談の機能を追加した。(2020/11/18)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(7):
商品改良時の特許保護と海外における特許取得の注意点
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。今回は、製品発売後に機能改良などリニューアルを加えた場合、特許や商標などの知的財産面で留意すべき点を解説する。(2020/11/9)

ジョニー・デップ敗訴、元妻へのDV「おおむね真実」 元妻側は今後「おびただしい量の証拠を提出する予定」
このあと米国での裁判に突入、証拠はたっぷりそろっていると元妻弁護士。(2020/11/3)

復縁を迫る夫、逆ギレする浮気相手、非常識な弁護士。登場人物全員おかしい不倫問題にアドバイザーが投げやりに 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談の方向がどんどん変わる……!(2020/11/2)

漫画の「キャラクター」は著作物ではない? 「同人誌の法的位置づけ」を巡り画期的判決、弁護士にポイントを聞いた
同人作家が無断転載サイトを訴えていた裁判の控訴審が決着、判決文に意外な形で注目が集まりました。(2020/10/9)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(6):
協業先からの思わぬ情報漏えいを防ぐ、秘密保持契約書の作り方と留意点
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。今回は、他社との取引時に自社の秘密情報を保護する上で重要なNDAを取り上げて、盛り込むべき条項や内容を解説する。(2020/10/2)

Hamee、格安SIM向け「こどもスマホ保険」提供 SNSトラブルの相談も可能
Hameeは、18歳以下を対象とした「こどもスマホ保険」を販売開始。端末の故障や破損などに加え、SNSでのトラブル発生時に弁護士へ相談できる法律相談サービスがセットになっている。対象端末は格安SIM利用のスマホで、月額料金は470円。(2020/10/1)

SNSや課金のトラブルも弁護士に相談できる! 「こどもスマホ保険」の法律相談サービスが便利そう
いざというときに焦らずすみそう。(2020/9/30)

紀里谷和明監督、伊勢谷友介容疑者と名前混同するツイートに苦言 「一般人であろうと勘違いではすまされません」
既に弁護士チームが動いているとのこと。(2020/9/10)

「授業で違法アップロード動画を見せられた」学生がSNSで指摘 法的な問題は? 弁護士に聞いた
憤る生徒も。(2020/9/4)

「仮面ライダーディケイドは本当に破壊者なのか?」 門矢士の罪を弁護士がガチ法解説したら懲役年数がすごかった
おのれディケイドぉぉぉぉぉ!(2020/8/30)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(5):
こんな広告活動には要注意! 比較広告や「ステマ」に潜む法的リスクとは
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を基礎から解説する。今回はモノづくり企業が広告活動を展開する上で留意すべき、比較広告やステルスマーケティングなどの諸問題点について解説する。(2020/8/27)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(4):
ブランド戦略に欠かせない知財、商標が独自性を失う「普通名称化」を防ぐには?
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を基礎から解説する。今回取り上げるのは製品開発後のブランド戦略構築時に必要な知財関連の取り組みだ。特許権や商標権の取得だけでなく、製品名など自社商標の普通名称化を防止する対策も必要となる。(2020/7/20)

弁護士に聞く:
PR:脱「紙とハンコ」で注目を集める電子契約サービス そのメリットと、見落としがちなポイントとは?
政府を中心に20年以上前からペーパーレス化への動きはあったものの、これまで「紙とハンコ」から抜け出せなかった日本企業。その理由はどこにあるのか、そして今、注目を集める電子契約のメリットなどについて、デジタルに関する法律に詳しい天野文雄弁護士と電子契約サービス「Adobe Sign」を提供しているアドビの担当者に聞いた。(2020/7/17)

地下アイドルの法的トラブルを弁護士が解説 書籍『地下アイドルの法律相談』発売
元地下アイドルのライターによるコラムも収録しています。(2020/7/8)

ブラック企業で苦しむ人向けアプリ「社畜のシャチくん」登場 弁護士に相談、出退勤時間の記録機能も
“ブラック企業”に勤める人を対象にした無料スマートフォンアプリが登場。(2020/7/2)

スマホゲームで「不正行為の方法」を拡散していた人物を運営が特定、賠償請求へ 弁護士「謝罪すれば終了という問題ではない」
本人は反省し、運営に対し謝罪文を提出したとのこと。(2020/6/26)

サダタローの「ニュースゆる知り!」:
はんこはなぜいまだに必要? 電子契約も手掛ける法律系メディア「弁護士ドットコム」に聞く
はんこは本来どんなシーンで必要で、どんなシーンなら不要なもの? 漫画家サダタロー氏が、電子契約事業も手掛ける法律系メディア「弁護士ドットコム」の取締役、橘大地さんに詳しい話を聞きました。(2020/6/24)

弁護士が「Zoom」でトラブル仲裁 「突然解雇された」などコロナ禍のもめ事に対応
第一東京弁護士会が「Zoom」「Google Meet」などのWeb会議ツールで法的トラブルを仲裁するサービスを開始。新型コロナウイルスに関連したトラブルのみ仲裁を受け付け、話し合いによる和解を目指す。(2020/6/17)

誹謗中傷ツイートを自動保存する弁護士サービス、批判受け「悲しい投稿を保存」に変更
Twitter上の誹謗(ひぼう)中傷ツイートを自動保存する「誹謗中傷ログを保存する弁護士集団」という有名人向けサービスを始めたアトム法律事務所弁護士法人は、同サービスの名称を「悲しい投稿を保存する弁護士集団」にあらためた。(2020/6/15)

「誹謗中傷ログを自動保存」 弁護士事務所が有名人向けサービス 仕組みに疑問の声、一時停止に
アトム法律事務所弁護士法人は、タレントや有名人などに対する中傷ツイートを自動保存し、発信者に対して警告文を送付するサービスを始めた。しかし、「各方面から『Twitter内での表現を萎縮させる』との意見が来た」として、一時的にサービスを停止している。(2020/6/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。