ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サントリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サントリー」に関する情報が集まったページです。

顧客体験価値が高い企業ランキング 2位は「星野リゾート」、1位は?
昨年のランキング1位は「星野リゾート」、2位は「ワークマン」、3位は「サントリー」だった。(2022/7/2)

熱中症対策にも:
デカビタCとDAKARAがコラボ! サントリー、サウナ後に飲むドリンク「DEKARA」発売
サントリー食品インターナショナルは、ロングセラーブランド「デカビタC」と、「GREEN DA・KA・RA(グリーン ダ・カ・ラ)」の2つがコラボした新・炭酸飲料「DEKARA(デカラ)」を発売すると発表した。(2022/6/30)

「ストリートファイターII」がARゲームに 「THE STRONG 天然水スパークリング」とコラボ
サントリー食品インターナショナルは、強炭酸水の「THE STRONG 天然水スパークリング」と35周年の「ストリートファイター」シリーズのヒット作「ストリートファイターII」とコラボを発表した。(2022/6/28)

「ストII」とサントリーのコラボゲーム「ストロングファイター」誕生! スマホで遊べる本格ARストIIゲーム
ゲーセンミカドで「サントリー THE STRONG バキバキストロング杯」も開催されます。(2022/6/27)

アルコール度数は16%:
サントリー、“炭酸水で割るビール”発表  新たなカテゴリー創出に挑戦
サントリービールは6月21日、炭酸水で割ることを訴求するビール「ビアボール」を新たに発売すると発表した。(2022/6/22)

「ほどよく酔える」が重要?:
ミレニアル世代が支持するお酒 韓国「チャミスル」を上回る1位は?
SNSアプリ「GRAVITY」は「ミレニアル世代」を対象にアンケート調査を行い、「今ハマっているお酒TOP10」を発表した。1位にはサントリーの「ほろよい」が選ばれた。(2022/6/18)

サントリー、「GREEN DA・KA・RA」と『鬼滅の刃』がコラボ オリジナルデザインで“やさしい絆”を表現
サントリー食品インターナショナルが、アニメ『鬼滅の刃』とコラボしたオリジナルデザインボトルの「GREEN DA・KA・RA」「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」を7月12日に数量限定で発売する。(2022/6/10)

6月14日発売:
サントリー、からあげ用のペプシを発売 カロリーゼロで"透明"に
サントリーは「ペプシ からあげ専用」を発売する。国民食と人気の高い「からあげ」に注目して開発に至った。カロリーを気にせず唐揚げが食べられるように、カロリーゼロ設計の透明なコーラに仕上げた。(2022/6/9)

スマートファクトリー:
PR:OTとITの融合により、サントリー次世代ファクトリーがめざすものとは
「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」は、次世代ファクトリーモデルを具現化したサントリーグループの最新工場である。その立ち上げで課題になったのが、工場の現場側で手がけるOTとデジタル技術の活用となるITの融合だ。このOTとITをつなぐことで、サントリーグループの次世代ファクトリーモデルはさらなる広がりをみせようとしている。(2022/6/2)

「満足度の高いウオーターサーバー」ランキング 3位「富士の湧水」、2位「サントリー天然水」、1位は?
oricon MEは、満足度の高い「ウォーターサーバー」ランキングを発表した。3位「富士の湧水」、2位「サントリー天然水」だった。利用者にそれぞれ理由を聞いた。(2022/5/31)

ビール「値上げの秋」に 酒類販売回復に逆風懸念
ビールに値上げの動きが広がっている。大手4社ではアサヒビール、キリンビール、サントリーホールディングスがすでに10月からの値上げを公表、残るサッポロビールも近く値上げを発表予定としている。家庭用ビールの値上げは平成20年以来、約14年ぶり。気温の上がる夏はビール類の販売が伸びることから、各社は価格改定時期を秋としているが、相次ぐ値上げは新型コロナウイルス禍で落ち込んだ酒類販売の回復に水を差す懸念もある。(2022/5/30)

「ダダ」がダダこねてる……! ウルトラマンの“三面怪人”を起用したサントリーのCMが直球すぎて笑う
勇気あるダジャレ。(2022/5/18)

「気持ちの切り替え」を提案:
スタバから2種の缶コーヒー登場 セブン&アイで限定発売
スターバックス・コーポレーションとサントリー食品インターナショナルは、5月10日から「スターバックス COFFEE CHOICE コンフィ」と「スターバックス COFFEE CHOICE ロースティノーツ」を、セブン&アイグループ限定で発売する。(2022/4/28)

「ファミマル サントリー スーパーチューハイ」を発売:
「ファミマル」アルコール初参入の理由は? 背景にある「変化」
ファミリーマートは4月26日、プライベートブランド「ファミマル」として初のアルコール商品である「ファミマル サントリー スーパーチューハイ」シリーズの販売を始める。アルコール初参入の理由とは?(2022/4/25)

勝負の時に飲みたいお茶:
サントリー、藤井聡太が監修した「伊右衛門」発売 特徴は?
サントリー食品インターナショナルは4月19日、将棋棋士の藤井聡太さんが監修した「伊右衛門 心冴える勝負の緑茶」を数量限定で発売した。(2022/4/19)

「カービィの曲だと思ったのに」「間違い探し」 クラフトボスのキャンペーン、「ラベルの絵で特典を見分ける」のが難しいと話題に サントリーに意図を聞いた
よーく見ないと違いがわからない。(2022/4/8)

ごみの分別が捗る! サントリー「伊右衛門」のおみくじ付きラベルが「はがしたくなるいいアイデア」と話題に その狙いを聞いた
サントリーに導入の経緯を聞きました。(2022/4/8)

脱炭素:
サントリー、国内生産研究拠点の一部を100%再エネ由来電力に切り替え
サントリーグループは2022年3月29日、同社の国内生産研究拠点30カ所で購入する電力を100%再生可能エネルギー由来に切り替えると発表した。同年4月1日に切り替えを実施する。(2022/4/5)

サントリー、「社長のおごり自販機」を全国展開 出勤者減なのに「法人自販機」に注力するワケ
サントリー食品インターナショナルが法人向け自動販売機サービスを拡張する。(2022/4/1)

「社長のおごり自販機」全国展開 2人で買えば飲み物無料、社内の雑談促進を支援
サントリー食品インターナショナルが、社員2人が一緒に自販機を使うと、飲み物を無料で買えるようにする法人向けサービス「社長のおごり自販機」を全国に提供する。これまでは首都圏のみに提供していたが、首都圏外からも利用を望む声があったという。(2022/3/30)

ロングセラーの挑戦:
サントリー「BOSS」の“おじさん”は誰? 人によって印象が違う表情の秘密
サントリー食品インターナショナルが展開する「BOSS」が今年発売30周年を迎える。商品ラインアップは、海外商品も含め108。なぜそれほどまでにラインアップを拡大したのだろうか。(2022/3/29)

1位は全年代が支持:
ビールの人気ランキング発表 2位はサントリー「金麦」、1位は?
CCCマーケティング(東京都渋谷区)は、7000万人を超えるT会員の購買データを基に「1歳刻み!7000万人の購買商品ランキング」調査を実施した。調査から分かったビールの人気ランキングを発表する。(2022/3/28)

サントリー、「ビッグボス」を北海道限定で発売 2020年に終売も“復活”
サントリー食品インターナショナルが、北海道限定で「ビッグボス カフェオレ」を3月22日に再発売すると発表した。(2022/3/17)

酒税法改正に備える:
金麦、累計出荷本数150億本を突破 縮小する新ジャンル缶市場で勝ち抜くための戦略とは
サントリーが金麦ブランドの2022年活動方針を発表した。(1)デザイン(2)製法(3)プロモーション(4)コミュニケーションの4軸を強化する。金麦は2021年に累計出荷本数150億本を突破など好調だ。(2022/3/10)

クラフトボスは4000万ケースを記録:
「働く人の相棒」として進化を続けるBOSS 好調のワケは?
サントリーインターナショナルが22年の事業戦略を発表した。30周年を迎えるボスのさらなる売上を目指す。ラテ・ブラックを強化し、新商品を発売する。(2022/3/8)

製造IT導入事例:
飲料メーカーがAIを活用した設備の異常検知システムを導入
NECは、AIを活用した設備の異常検知システム「NEC Advanced Analytics-インバリアント分析」をサントリービールに提供する。サントリー〈天然水のビール工場〉京都の缶充填ラインにおいて、2022年5月下旬より稼働する予定だ。(2022/3/7)

東京駅一番街に:
サントリー、「のんある酒場」をGWに期間限定オープン 「アルコール度数0.00%」の魅力を訴求
サントリーはGWに「のんある酒場」を期間限定でオープンする。「ノンアルで乾杯」という体験を訴求していく。ノンアル市場の拡大を受けてアルコール度数0.00%飲料を強化していく方針を公表している。(2022/2/22)

市場の拡大を受けて:
サントリー、ノンアルワインを発売 「0.00%のお酒」という新たな文化を創る
サントリーはノンアルコールワインを発売する。国内ノンアル市場の拡大を受けて、さらなるユーザー獲得を狙う。同社は「アルコール0.00%のお酒」という新しい文化の創造を目指すとする。(2022/2/21)

社員に報いたい:
サントリーHD新浪社長、賃上げ少なくとも3%
サントリーホールディングスの新浪剛史社長は18日、「新型コロナウイルス禍で大変な思いをした社員に報いたい」と述べ、労働組合との団体交渉を経たうえで令和4年4月に少なくとも3%の賃上げをする考えを示した。(2022/2/18)

パワポの図形1万3000個でできたアイドルグループ、フリー素材デビュー サントリーが配布
サントリー食品インターナショナルは、Microsoft PowerPointの図形データのみで作成したアイドルキャラクター「PowerPops」をフリー素材として配布する。「クラフトボス」シリーズを擬人化した5人分のキャラクターをデザインしている。(2022/2/15)

幅広い層にアプローチ:
サントリー、「ほろよい」のコミュニケーション刷新 コロナ禍でお酒の楽しみ方が変化
「ほろよい」がコミュニケーション刷新を発表した。コロナ化で変化した酒の楽しみ方を受けて、新メッセージを訴求。新旧の名曲を組み合わせた楽曲を制作し、幅広いターゲット獲得を狙う。(2022/2/9)

4月以降、順次販売再開へ:
サントリーの「カルロ ロッシ」、一部休売へ 海上輸送の需給逼迫、製造に遅延も
サントリーワインインターナショナルは、ワインブランド「カルロ ロッシ」の一部商品を1月末で休売すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で海上のコンテナ輸送の需給が逼迫(ひっぱく)している上、豪州にある現地ワイナリーの製造に遅れが生じているため。(2022/1/11)

大愚和尚のビジネス説法:
ブッダに学ぶ生き方改革! 「45歳定年」がささやかれる現代社会で必要とされる人材になるには
2021年9月に開かれた経済同友会のオンラインセミナーにて、サントリーホールディングスの新浪剛史社長が提言した「45歳定年制」が大きな波紋を呼びました。多くの賛否両論がありましたが、私自身は、新浪社長の提言自体、社会に対する一つの重要な問題提起だったと感じています――大愚和尚に聞く、定年までの“生き方改革”とは?(2022/1/11)

「サントリー1万人の第九」コンサートで投稿動画データを解析 編集時間を40%削減
モンスターラボホールディングスは、毎日放送(MBS)主催の音楽コンサートにおいて、1万4215件分の一般投稿動画による合唱を、IT技術活用により実現。(2021/12/21)

顧客体験価値ランキング 3位「サントリー」、2位「ワークマン」、1位は?
C Space Tokyoは18歳以上の一般個人1万507人の回答を元に、ランキングを作成した。(2021/12/27)

『月刊ムー』とサントリー「伊右衛門 特茶」がコラボ! ムー編集部が未知の成分に迫る映像を公開
特茶に含まれる成分の化学式が、ピラミッドの配置に似ていたことから話が進みました。(2021/12/9)

米国企業と9年がかりで共同開発:
サントリー、植物由来100%のペットボトルを開発 2030年までに実用化へ
サントリーは植物由来100%の素材を使ったペットボトルの開発に成功したと発表した。既存のペットボトルには化石燃料由来の素材が使用されていることから、植物由来の素材に切り替えることで、サステナブルな社会の実現につなげる方針。(2021/12/3)

22年4月1日から:
「響」「マッカラン」などウイスキー、最大28%値上げ サントリーが価格改定
サントリースピリッツは、国産ウイスキーと輸入ウイスキーの一部商品の価格を改定する。約5〜28%値上げする。(2021/11/29)

首都圏の倉庫機能を集約:
サントリー、さいたま市に新物流拠点 自動運転のフォークリフト導入、工数3割削減
サントリーが、新物流拠点「浦和美園配送センター」の稼働を始めたと発表した。首都圏に分散していた倉庫機能を集約し、物流の効率化を図る。同施設には、自動運転のフォークリフト(AGF)なども導入しているという。(2021/11/24)

ボスジャンを提供:
サントリーが「鬼滅の刃」とコラボ 懸命に働く人を応援する姿勢と作品の世界観がマッチ
サントリーは、「クラフトボス」とアニメ「鬼滅の刃」のタイアップキャンペーンを実施する。映画が国内初の興行収入400億円を記録した人気アニメとタイアップし、売り上げ増を目指す。(2021/11/24)

PR:この日が来るのを待っていた! 解禁当日に8種類のボジョレーヌーヴォーを飲み比べてみた
11月18日はボジョレーヌーヴォーの解禁日!(提供:サントリー)(2021/11/19)

週末に「へえ」な話:
サントリーの「ほろよい」はなぜ91種類もあるのか 商品開発のキモは2つ
サントリーの「ほろよい」が売れている。低アルコールのRTD市場でトップを独走しているわけだが、なぜ多くの消費者から支持されているのか。開発の背景を取材すると、2つのキーワードが浮かんできた。(2021/11/14)

【Amazonタイムセール祭り】飲料が3日間限定でお買い得 ラベルレスのサントリー天然水やコカ・コーラなど
ラベルレスありがたい。(2021/10/29)

キーワードは“爽快”:
シリーズ累計30億本超 「クラフトボス」誕生のきっかけとなった予想外な“若者の本音”
サントリー食品インターナショナルが発売する「クラフトボス」のシリーズ累計販売本数が30億本を突破した。(2021/10/29)

サントリー公式VTuber、YouTube更新を年内に停止 活動は継続
サントリー公式VTuberの「燦鳥(さんとり)ノム」が、YouTubeチャンネルへの定期的な動画の投稿を年内で停止すると発表した。理由は明かしていない。2022年以降は年に数回の頻度で生配信を行うことを検討中という。(2021/10/27)

45歳定年制は、なぜ「45歳」なのか 日本企業の慣習と働かないおじさんの関連性
サントリー新浪社長の発言をきっかけに話題となった「45歳定年制」はなぜ、「45歳」なのだろうか。人事コンサルタントである筆者は、日本企業が行ってきた“人事制度の慣習”が背景にあると考えている。それはつまり、どういうことかというと──。(2021/10/25)

サントリーが企業向け「社長のおごり自販機」 2人で社員証をかざすと飲み物がタダ
職場コミュニケーションの活性化を目指した自販機。(2021/10/19)

社長、ごちそうさまです:
「社長のおごり自販機」誕生 ユニークすぎる自販機の「なるほど」な狙いとは
サントリー食品インターナショナルが法人向けの新サービス「社長のおごり自販機」を開始した。(2021/10/19)

社員2人で買えば自販機の飲み物無料 テレワークで減った雑談を促進 サントリーが法人向け新サービス
サントリー食品インターナショナルが、社員2人が一緒に自動販売機を利用したとき、飲み物を無料で購入できるようにする法人向けサービスの提供を始めた。リモートワークの普及によって減った社員同士の雑談を活発化するのに役立つという。(2021/10/19)

無人搬送車:
日立のAGV「Racrew」が躍進、サントリー最新工場の自動化も担う
製造業や物流業を中心に需要が高まるAGV(無人搬送車)。日立はこのAGV市場で2014年から「Racrew」を展開。サントリーグループのサントリー<天然水のビール工場>京都とサントリー天然水 北アルプス信濃の森工場の2工場が、このRacrewを採用して自動化を推進している。(2021/10/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。