ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サントリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サントリー」に関する情報が集まったページです。

「NB緑茶」戦国時代:
「綾鷹VS.伊右衛門」の仁義なき戦い サントリー、トレンド逆張り“濃さ”で勝負をかけるワケ
PB商品の成長を受け、「NB緑茶」が戦国時代に突入した。「NB緑茶は少なくとも2番手までしか棚に残れなくなる」と危機感を見せるサントリーは、飲料トレンドと逆行し“濃さ”で勝負。勝算はあるのか……?(2024/4/5)

材料技術:
LIXILが自宅の蛇口から“ミネラルinウォータ”を飲めるサービスを発売
LIXILは、東京都内で記者会見を開き、これまでの水栓事業で培ってきた浄水技術と、サントリー食品インターナショナルが開発した植物ミネラルエキスを組み合わせることで、住居の蛇口から冷たいミネラル入りの浄水を提供するサービス「Greentap」を発売すると発表した。(2024/3/29)

急に売れ出してサントリーもびっくり!? 調べてみたら「JJ」ブーム ジャスミン焼酎をリニューアルした背景
2019年ごろから、サントリーの「ジャスミン焼酎〈茉莉花(まつりか)〉」が急に売れ出した。不思議に思って調査をしてみると、意外なブームが背景にあることが分かった。(2024/3/28)

「サントリー天然水」から新商品 炭酸水市場の成長を受け「強炭酸」「高密度」で訴求
「サントリー天然水 SPARKLING」として、3月26日に業務用商品を先行発売。その後、5月に一般発売する。(2024/3/26)

荷主企業としての責任と対策:
「2024年問題」サントリーが手を打った、その効果は?
4月からトラックドライバーの時間外労働の上限規制が施行される――。いわゆる「2024年問題」に企業は、どのように対応しているのか。サントリーの取り組みを取材した。(2024/3/21)

勝ち続けるための「リスキリング」:
サントリー「営業一筋25年」のシニア社員 兵庫県の自治体出向で何を学んだ?
「リスキリング」という言葉が生まれる前から、サントリーでは社員の学習に投資していた。同社で25年営業職として勤め上げたシニア社員が兵庫県の自治体に出向して得た学びを取材した。(2024/3/15)

新しいターゲットにアプローチするためには新しい攻め方が必要:
サントリーが「フレシネ」の訴求にPinterest広告の「プレミアスポットライト」を使った理由
メディア接触行動が多様化する若年層に向けたキャンペーンはプランニングに工夫が必要だ。パーティーシーズンにPinterestの新しい広告商品「プレミア スポットライト」を活用したサントリーのスパークリングワイン「フレシネ イタリアン ロゼ」の事例を紹介する。【訂正あり】(2024/3/7)

蓄電・発電システム:
国内最大級16MMの水素製造システムを導入、山梨県のサントリー工場に
山梨県と企業10社が、国内最大級の水素製造システムの導入実証を開始する。「サントリー天然水 南アルプス白州工場」および「サントリー白州蒸溜所」に水素製造装置を導入する建設工事を開始した。(2024/2/29)

サントリー「ボスカフェイン」リニューアルでウマ娘デザインのコラボ缶4種発売へ ウマ娘大好き社員が歌う「タンタンタケユタカ」も
新シナリオの育成たのしいね!(2024/2/26)

事例:
サントリー「糖質ゼロビール」絶好調の裏で 「CM×店頭」連動させたマーケティング戦略とは
サントリーの「パーフェクトサントリービール」(PSB)というビール。同社のフラッグシップ商品だが、売れ行きの背景にはデータに基づく緻密なマーケティング戦略があった。(2024/2/27)

「ストロング系酎ハイ」撤退の動き キリンとサントリーはどうする?
厚生労働省がビールロング缶1本のアルコール摂取でも大腸がんの発症リスクが高まるなどとするガイドラインを19日発表したことで、ビール各社が「ストロング系」と呼ばれる低価格で酔いやすい高アルコール酎ハイの販売から撤退する動きが活発化しそうだ。(2024/2/19)

企業が備えるBCP:
サントリー「天然水」 ブランド名統一の裏に、地震の教訓
サントリーは、BCP対策の一環として20年11月、それまで地域ごとに異なる商品名をつけていた天然水を「サントリー天然水」という名称に統一した。なぜ、自然災害に備えて商品名を統一する必要があったのか。(2024/2/19)

サントリー、大阪工場に55億円の設備投資 「ジン」生産能力を2倍に増強
サントリーは2月7日、大阪工場に55億円の設備投資を実施すると発表した。(2024/2/8)

「ジン」ブーム背景に参入障壁の低さと自由度の高さ サントリーが牽引、相次ぐ地方参入 
30年に国内ジン市場を23年比で2.1倍の345億円まで引き上げる計画を示した。こうした動きに呼応するように、近年は地方の小規模蒸留所によるクラフトジン製造への参入も相次ぐ。ブームが広がる背景には何があるのだろうか。(2024/2/8)

製造マネジメントニュース:
サントリー食品、国内工場/倉庫約360拠点にトレーサビリティシステム導入
日立製作所はサントリー食品インターナショナルとともに、工場への原材料入荷から製造、物流、倉庫保管までの情報を一元管理するチェーントレーサビリティーシステムを開発した。(2024/2/9)

なぜ、社員食堂でノンアル飲料を出しているのか 商談の場でもプシュっと乾杯 その狙いをサントリーに聞いた
サントリーの東京都内にある社員食堂では、ノンアルコール飲料を提供している。商談相手にも、水やお茶と一緒に勧めているという。その狙いを総務部の担当者に聞いた。(2024/2/8)

サントリーが人事システムを一元化 推進する「全社員型タレントマネジメント」とは
サントリーは人事給与からキャリアビジョンまでを一元管理し、適材配置や自律的キャリア支援に活用する。サントリーが目指すタレントマネジメントとは。(2024/2/1)

サントリー×「ちいかわ」再び! 「C.C.レモン」が「ちいちいレモン」になっちゃった
昨年人気になった「ちいちいレモン」が復活!(2024/1/27)

「サントリー×ちいかわ」がコラボ 「C.C.レモン」が“ちいちいレモン”に
サントリー食品インターナショナルは、「ちいかわ」とコラボレーションした商品を販売する。(2024/1/25)

「おもしろ広告」大解剖:
数学好きにはたまらない? サントリー特茶が広告に「計算問題」を仕込んだワケ
(2024/1/20)

どんどん配った:
サントリー「VARON」 が30億円を突破 中高年男性になぜ選ばれるのか
サントリーウエルネスのメンズスキンケア「VARON(ヴァロン)」が好調だ。2022年3月に発売し、初年度の売上は10億円、翌23年は30億円を突破した。なぜスキンケア未経験のミドル・シニア男性に選ばれるのか。(2024/1/19)

1分足らずで急速冷却:
常温缶が「生ビール」に 爆ヒット「サントリー生ビール」開発部署が繰り出す次の一手
2023年に発売し、大ヒットを果たした「サントリー生ビール」。同商品を企画・開発した部署から、新たなサービスが出ている。その名も「nomiigo(ノミーゴ)」。常温の缶ビールが、わずか1分足らずに「生ビール」へと変貌する仕組みのビールサーバで、アフターコロナ需要を狙う。(2024/1/5)

大ヒットしたスポドリ「DAKARA」はなぜ麦茶に? 社内の反対を押し切った起死回生の一手とは
サントリー食品インターナショナルが発売したのが「ライフパートナーDAKARA」。人気商品に成長したダカラだったが、その後低迷。起死回生の一手として、スポーツドリンクらしからぬ転身を図った。(2023/12/30)

「段ボールに傷が」ムダな返品、どうなくす? 日本人の美意識とAIの挑戦
商品自体に問題はなくても、外箱の梱包段ボールに擦り傷があるだけで全て返品・廃棄される――こうした無駄をなくそうと、飲料大手のサントリーと富士通がAIを用いた物流DXに挑んでいる。(2023/12/20)

苦戦していた「サントリー烏龍茶」に反転攻勢の兆し 「そういえば最近飲んでない」問題にどう向き合ったのか
1981年発売のロングセラー商品「サントリー烏龍茶」は、近年ダウントレンドが続いてきた。しかし、戦略を見直すことで反転攻勢の兆しが見えてきた。(2023/12/14)

サントリーのウイスキー値上げ額詳細が公開されSNSでも嘆きの声 「もう買えない……」「今ですら厳しいのに」
山崎 25年や響 30年の125%増が目立ちますが、マッカランやボウモアなど輸入ものの値上げもなかなか。(2023/11/28)

サントリー、国産ウイスキー値上げ 「響30年」「山崎25年」「白州25年」は36万円に
サントリー(大阪市)は、国産プレミアムウイスキーの一部商品を値上げすると発表した。「サントリーウイスキー 響 30年」「サントリーシングルモルトウイスキー 山崎 25年」「サントリーシングルモルトウイスキー 白州 25年」は希望小売価格を16万円から36万円に引き上げる。(2023/11/23)

サントリーがウイスキーなど値上げ 「響30年」は125%値上げし36万円に
ウイスキー・リキュール・ワインなども値上げに。(2023/11/21)

「ビール会社に強い大学」ランク 大手4社すべてに就職者がいるのは9大学のみ
 今週は、アサヒビール、キリン、サッポロビール、サントリーグループの就職者が多い、「ビール会社に強い大学ランク」をお届けする。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし集計した。(2023/11/17)

サントリーの「TERAKOYA(寺子屋)」、どんなことをしているの?
サントリーグループは2017年、社員が自発的に学び、教え合える場として社内プラットフォーム「TERAKOYA(寺子屋)」を立ち上げた。(2023/11/13)

サントリーのウイスキーが100周年:
25年も苦戦していたウイスキーが、なぜ人気なのか “暗黒時代”を変えた、ある商品
サントリーが山崎蒸溜所をリニューアルして、新たなツアーを開始する。同蒸溜所の建設に着手してから100年を迎えたが、これまでの歩みは順風満帆ではなかった。(2023/11/1)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
ベネッセ、サントリー、NTTデータ……大手企業がNotionに傾倒する理由
「Notion」は、大手企業を中心に導入社数を伸ばしている。ベネッセやサントリー、NTTデータ、Sansanの事例取材を基に、各社がNotionを導入した理由や導入効果や既存のコミュニケーションツールとの使い分けの方法、「Notion AI」の使いどころを紹介する。(2023/10/30)

サントリーやBS朝日も出展した「SWSX Sydney」ってどんなイベント? “お祭り”の秘密に迫る
米国の音楽フェスを発祥とする複合イベント「SXSW」のスピンオフイベントが、初めて海外で開催された。いろいろなイベントが雑多に混じり合うという特徴は維持しつつも、ある程度の秩序は保たれていたように思われる。その一端を見てみよう。(2023/10/24)

メガヒットのレモンサワーに続け:
タコハイって何味? サントリーの謎めいた商品が爆売れした背景
サントリーが3月に発売した「タコハイ」が好調だ。しかしながら、タコハイとは何か知らない人も多いはず。それなのにテレビCMでは、結局どんな飲みものなのか明かさない手法を採用した。結局、どんな商品なのか。そして、なぜ売れたのか。(2023/10/23)

消費者が選ぶ「SDGs評価が高い企業」 3位「イオン」、2位「サントリー」、1位は?
ブランド総合研究所が、国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2023」を実施した。(2023/10/17)

アパレルブランドとのコラボも:
非売品なのになぜ? サントリーが「社内専用ジャンパー」にこだわる理由
プレモルに金麦といった、主力商品で制作する非売品のジャンパーに、サントリーが情熱を見せています。最近ではファッションブランドとコラボするほどの力の入れようです。(2023/10/17)

経済の「雑学」:
「サントリー生ビール」が売れている ヒットの背景に“違和感”あり
4月に登場した「サントリー生ビール」が売れている。その要因として、味わいやマーケティングなどが挙げられるだろうが、筆者は「パッケージデザイン」が気になった。どういうことかというと……。(2023/8/23)

スピン経済の歩き方:
大正製薬がサントリーを痛烈批判! 「業界の慣習を守れ」リリースは、なぜ世間に響かないのか
大正製薬のリリースが物議を醸している。サッカーの三浦知良のCM起用をめぐって、サントリーウエルネスを批判しているわけだが、いまひとつ共感を得られていない。その理由は……。(2023/8/8)

大正製薬が“三浦知良選手のCM起用”を巡り広告代理店とサントリーに激怒 「業界の健全な社会常識に明らかに反する」と憤るもネット上では賛否
訴訟では代理店側が勝訴しています。(2023/8/5)

サントリーが「C.C.レモン」をAIで擬人化したら…… 少年漫画の主人公のように「レモンパワー全開の俺が現れた!」と元気いっぱい
金髪の青年が出力されました。(2023/7/28)

サントリー、生成AIで「C.C.レモン」を擬人化 期間限定でプロモーションに利用
サントリー食品インターナショナルは、炭酸飲料「C.C.レモン」を擬人化したキャラクターを生成AIで制作したと発表した。利用した画像生成AIサービスは明かしていない。(2023/7/27)

グッドパッチとUXの話をしようか:
サントリーの「ビアボール」 ビール離れ進む若者の間で話題に、なぜ?
ここ15年以上「前年割れ」を記録しているビール市場で、サントリーの新ビール「ビアボール」が、若者の人気を集めている。どのようにこの熱狂が作られたのかというと……(2023/6/21)

重視していること:
「コーヒーのブランド」人気ランキング 2位「サントリー」、1位は?
コーヒーを飲んでいる人は、どのタイプのコーヒーをよく利用しているのだろうか。全国の男女1000人に聞いた。(2023/6/19)

過去には「フライドチキン専用」なども:
サントリー、「焼きそば専用」のペプシ発売 ポイントとなった「味」とは?
サントリー食品インターナショナルが「焼きそば専用」コーラを発売する。カギになった味は何だったのか。(2023/6/9)

サントリー、ChatGPTのCM案を映像化 声優の白井悠介さんがバレエダンサーになって高速回転
サントリー食品インターナショナルは、ChatGPTを活用したWebCMを公開した。ChatGPTが提案したキャスティングや構想案を起用。声優の白井悠介さんが突然バレエダンサーになって高速回転するシーンや、荒野で踊るシーンなどを実際に映像化した。(2023/6/6)

サントリーがChatGPTでCMを制作 → 人間には思いつかないカオス展開 AIが声優・白井悠介さんを激推しして起用
白井さん推しのAI部長がやりたい放題。(2023/6/6)

セブン&アイグループで数量限定:
サントリー、サウナ後に飲む「DEKARA PRO」発売 心身を「ととのえたい」人に着目
サントリー食品インターナショナルは5月30日、「DEKARA PRO(デカラ プロ)」を全国のセブン&アイグループにて数量限定で発売した。価格は160円。サウナブームの中で心や体をととのえたいという人向けに発売した「DEKARA」シリーズの第2弾となる。(2023/5/31)

数量限定で展開:
ファミマ、スタバとコラボした「ストロベリー ストロベリー with ストロベリー」発売 夏の恒例商品
ファミリーマート(東京都港区)は、スターバックス・コーポレーション(米国 シアトル)およびサントリー食品インターナショナル(東京都港区)が開発したチルドカップ、「スターバックス ストロベリー ストロベリー with ストロベリー」を数量限定で発売した。(2023/5/10)

4月18日:
サントリー「POP」リニューアルでブルーサイダー発売 レトロを好む若年層に訴求
サントリー食品インターナショナルは、「POP メロンソーダ」をリニューアルするとともに、新商品「POP ブルーサイダー」を発売する。(2023/4/14)

サントリー「ボスカフェイン」のカフェイン量がエグい? “エナドリ超え”なのにカジュアルなパッケージに物議、見解を聞いてみた
一日の摂取量に注意して買いたい。(2023/4/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。