ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サントリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サントリー」に関する情報が集まったページです。

どこにお金を使ってる?:
コロナ下の「メリハリ消費」ランキング ちょっといいお酒や家電を抑えて1位になったのは?
コロナ禍で「メリハリ消費」の傾向が強まっているかも? サントリービールが全国の20〜50代の男女1000人を対象に調査。どんな商品やサービスの利用が増加しているのか。(2021/1/12)

最先端のスマートファクトリーを目指して:
サントリー食品、新工場に設備保全統合管理システムを導入 全ての設備資産を管理
日本IBMは、サントリー食品の新工場「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」に、設備保全統合管理システム「IBM Maximo」を導入する。サントリー食品は、最先端のスマートファクトリーとして同工場を稼働させる予定だ。(2021/1/7)

「そんなことより聞いてくれ>>1よ。」──サントリー、“おもしろFlash”の歴史を振り返る動画を公開
サントリーが、Flash Playerのサポート終了を目前に“おもしろFlash”の歴史を振り返る動画「Flash Back Memories」を公開した。(2020/12/10)

「ゴノレゴ」「ペリー」「人生オワタ」まで―― 「Flashと歩んだ青春」を描いたサントリーのWeb動画が泣ける
サイトの作りもガチだった。(2020/12/10)

サントリー、ビッグデータ活用システムを内製へ 自力でDX推進
サントリーホールディングスが、DX推進への取り組みの一環として、ビッグデータの活用システムを自社で整備することが分かった。DX専門部署を新設し、新商品やサービスの創出につなげる取り組みを始める。(2020/12/10)

ビッグデータ活用システム、サントリー自社整備へ
戦略立案や解析に携わるDX専門部署を令和3年初頭に新設し、新商品やサービスの創出につなげる取り組みを始める。(2020/12/9)

3Dプリンタニュース:
スパコン「富岳」の研究成果から生まれたフェイスシールド、設計データを公開
凸版印刷とサントリー酒類は、理化学研究所(理研)のスーパーコンピュータ「富岳」の研究成果を基に開発した「飲食用フェイスシールド」の設計情報をオープンデータとして公開した。(2020/12/9)

クラウドニュースフラッシュ
「脱クラウド」に前向きな国内組織は8割超、その理由とは?
インフラの利用動向やサントリーのAWS移行、UQコミュニケーションズの「Oracle Cloud Infrastructure」導入事例など、クラウドに関する国内の主要なニュースを6つ取り上げる。(2020/11/30)

「サントリー天然水」に第4の水源「北アルプス」が仲間入り! 南アルプス・奥大山・阿蘇とどう違うのか聞いてみました
2021年夏ごろに販売開始予定です。(2020/11/19)

5つのリージョンのITインフラを統合 サントリー担当者が語るプロジェクトの苦労
サントリーは2017年から、子会社を含む世界各地のITインフラを標準化して統合するプロジェクトを進めている。AWSジャパンの記者説明会でサントリーの担当者が語ったAWSへの移行に際してのポイントとは。(2020/11/6)

サントリー、国内の全サーバ1000台をAWS移行 データセンター解約で「身軽になった」
サントリーは2020年7月までに、国内の全サーバ(1000台超)をオンプレミスからAWSに移行したと明らかにした。今後は海外のグループ企業でもAWSへの移行を進め、ITインフラを統合管理する方針。(2020/10/28)

スパコン「富岳」活用、フェイスシールド開発 設計情報オープンデータ化へ
理研とサントリー種類、凸版印刷が、協働してコロナ対策。飲食店内でのウイルス対策に使用するフェイスシールドを開発する。(2020/10/13)

EC限定で発売:
ラベルなしで、はがす手間を省く サントリー「天然水スパークリングレモン」「伊右衛門」からラベルレス商品
サントリー食品インターナショナルは、炭酸水「天然水スパークリングレモン」と緑茶飲料「伊右衛門」のラベルレス商品を発売する。ECによるケース購入限定で、11月3日から販売する。(2020/10/12)

リモート会議の空気を変える「ザツダンマシーン」、サントリー食品が開発 誰でも使えるGIFバージョン配布へ
サントリー食品インターナショナルがリモート会議中に自然な雑談を生む「ザツダンマシーン」を発表した。限定2台を抽選でプレゼントする他、誰でも使えるGIF版をTwittterで無料配布する。(2020/10/1)

「サントリー烏龍茶」と「niko and ...」がコラボ ロゴがどーんな“烏龍T”コレクション
だ、ダジャレだ〜!(2020/10/1)

スマートリテール:
ID-POSだけでは見えなかった「顧客の考え」、サントリー酒類がAIカメラで実現したいこと
2020年7月3日、トライアルカンパニーが展開するディスカウントストア「スーパーセンタートライアル長沼店」が、AIカメラなどの各種デジタル設備を導入したスマートストアとしてリニューアルオープンを果たした。スマートストア化を実現した背景には、飲料/食品メーカーらによる共同プロジェクト「REAIL」の存在がある。REAILにも参加するサントリー酒類に、メーカーがAIカメラなどを活用するメリットを聞いた。(2020/9/1)

“鮮やかな緑”を見せる一手:
「伊右衛門ラベルレス」再発売 「緑色がきれい」「分別が楽」の反響受けて
サントリー食品インターナショナルは8月25日、緑茶飲料「伊右衛門」のラベルレス商品を数量限定で再発売する。4月に販売し、好評だったことから再び展開する。“鮮やかな緑”の液色がより多くの消費者の目に触れるような施策を打つ。(2020/8/21)

「一目で分かる」を追求:
パッケージ刷新で販売が2倍に! 再起を狙う「伊右衛門」が貫いた緑色
サントリー「伊右衛門」が4月のリニューアルで販売を伸ばしている。リニューアル直後の1カ月間は直前と比べて2倍の販売に。6月は前年同月比1.6倍だった。伸び悩みから脱するために、パッケージを刷新。「きれいな緑色を見せる」という新しい発信が伸長につながっている。(2020/7/21)

「キラーベンダーマシンがあらわれた!」 サントリーとドラクエウォークのコラボ再び リアル「虹の宝箱」も
スマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」で7月20日、サントリー食品インターナショナルとのコラボレーション企画の第2弾が始まった。自動販売機の一部がモンスターに。(2020/7/20)

PayPayボーナス100万円分がチャージ済み 「BOSS」オリジナル5Gスマホが当たるキャンペーン
サントリー食品インターナショナルが7月7日から、同社の缶コーヒー「BOSS」とソフトバンクのコラボレーション企画「クラフトボス5G!当たる!」キャンペーンを開催する。BOSSオリジナルの5Gスマートフォン「クラフトボス5G」が抽選で5人にプレゼントされる。(2020/7/2)

スマートリテール:
生き残る鍵は「個客理解」、サントリーが考えるwithコロナ時代のマーケティング
withコロナ時代をメーカーが生き抜くために、「個客理解」の重要性がこれまで以上に増しているとサントリー酒類は指摘する。AIなどを用いたDXを推進することで、顧客の価値観の変遷に合わせて柔軟にマーケティング戦略を構築していく必要がある。(2020/6/10)

工場ニュース:
新型コロナで不足する消毒用アルコール、サントリーが医療機関に供給
サントリーは同社グループ製造の高濃度アルコールを手指消毒用アルコールとして医療機関向けに提供開始する。厚生労働省が通達した特例を受けた取り組みだ。(2020/4/17)

サントリー、医療機関向けに高濃度アルコールを無償提供 厚労省の通知受け「手指消毒に使える」
サントリーはサントリースピリッツ大阪工場で蒸溜したアルコールの一部を医療機関などに無償提供する。(2020/4/15)

サントリーが医療機関に消毒用アルコールを無償提供 「高濃度の酒を消毒液の代用として認める」特例受け
4月下旬より提供。(2020/4/15)

お酒の一部を提供:
サントリー、消毒用アルコールを医療機関に提供
サントリーホールディングスは4月下旬から、医療機関向け消毒用アルコールの提供を始める。工場で蒸溜したアルコールの一部を医療機関などに提供する。(2020/4/15)

リテール業界を疲弊させる46兆円の無駄をAIで解消――サントリーや日本ハムも参画
「AIによる棚割」が人間を超える日は来るのか。(2020/3/11)

スマートリテール:
トライアルが首都圏初のスマートストア、リテールAIによる流通情報革命の現場に
トライアルカンパニー、サントリー酒類、日本ハム、日本アクセス、ムロオ、フクシマガリレイがリテールAI(人工知能)プラットフォームプロジェクト「REAIL(リアイル)」の戦略について説明。トライアルとして首都圏初のスマートストアとなる長沼店にリテールAIなどを全面採用し実証を進めていく計画だ。(2020/2/26)

ストレートで提供:
300万円の「山崎55年」が話題のサントリー 「山崎50年」を5000円でテイスティングさせていた狙いとは
300万円(税抜)の「山崎55年」が話題になった。過去には「山崎50年」が100万円で販売されていた。山崎50年を5000円でテイスティングさせていたサントリーの狙いとは。(2020/1/31)

サントリーが300万円のウイスキー「山崎55年」100本限定で販売
抽選販売となります。(2020/1/30)

ドラクエウォーク、コラボ装備の特殊効果が明らかに
「ドラゴンクエストウォーク」で初のコラボ企画が始まった。サントリーの自動販売機がゲーム内に「かいふくスポット」として登場し、10回触れると「BOSSネックレス」がもらえる。(2020/1/27)

「ドラクエウォーク」とサントリーの自販機がコラボ、ゲームの「かいふくスポット」に ジェムやアイテムがもらえるキャンペーンも
サントリー食品インターナショナルがスクウェア・エニックスのスマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」とコラボ。全国に約1万4000台ある同社の自動販売機が「かいふくスポット」としてゲームに登場する。(2020/1/27)

スマートリテール:
リテールAI技術の推進に向けたプロジェクトが発足、サントリーや日本ハムが参加
トライアルカンパニー、サントリー酒類、日本アクセス、日本ハム、フクシマガリレイ、ムロオは、「リテールAI プラットフォームプロジェクト」を発足した。日本におけるリテールAI技術の推進に向けた取り組みを目的とする。(2019/12/12)

サントリーの缶チューハイ「カロリ。」販売終了 「好きだったのに」惜しむ声続々
「マーケティング上の理由」とのこと。(2019/10/25)

伝説の「中の人」が集結:
サントリー、ローソン、シャープ 公式アカウント担当者が本音で語るソーシャルメディア
企業はソーシャルメディアとどう向き合うべきなのか。あらためて考える。(2019/8/5)

雨の日だけ流れる「天気の子」とサントリー天然水のコラボ新CMが公開 主演2人の歌声にキュンキュンする
こんな同級生がいたら…….。(2019/7/22)

「午後の紅茶」は過去最高:
活気づく「紅茶」 背景に“個性”と“シーン”で飲み分ける選択肢
紅茶飲料の市場が活性化している。キリン「午後の紅茶」は上半期として過去最高の販売数量を記録。サントリーやコカ・コーラの新商品も好調で、さまざまな個性を持った紅茶商品が増えていきそうだ。(2019/7/13)

「いま最も働きたい企業 2019」ランキング 総合1位はサントリー
サントリーのトップは3回目。(2019/5/18)

サントリー「宇宙人ジョーンズ」CM、平成を回想する一夜限りの特別篇が放送 タモリ「あんたもしつこいねえ」
タモリさん、大杉漣さん、八代亜紀さん、振分親方(元高見盛)など出演。(2019/4/29)

「すっきりとキレがある」「やわらかく甘さを感じる」 実は3種類あるサントリーの天然水、味の違いを聞いてみた
南アルプス、奥大山、阿蘇の3種類。(2019/4/23)

新技術で鮮やかな緑色を維持 「サントリー天然水」ブランドから初の緑茶が発売
気分をリフレッシュしたいときにチョイスしてみたい。(2019/3/21)

“泡”で業界底上げ目指す:
ビールの味が変わる? 「プレモル」が注力する“体験”戦略
ビール市場の縮小が続く中、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」は足元の販売が堅調だ。ビールの「泡」のおいしさを体験する機会を増やす活動に注力している。「業界全体の活性化につなげたい」と話す山田賢治社長に戦略を聞いた。(2019/3/20)

サントリー「神泡サーバー」PR動画がネットネタで大渋滞 「徒歩で来た」「お前は何を言ってるんだ」
「自己防衛おじさん」に至っては、なんと本人が登場。(2019/3/18)

これまでは9%:
アルコール6%なのに「ストロングゼロ」 新商品を出すサントリーの狙い
安くて気軽に酔える点が支持されているストロングゼロ。これまではアルコール度数が9%だったのに、6%の新商品が発売される。狙いをサントリーに聞いた。(2019/3/11)

好調「クラフトボス」に新商品:
なぜBOSSに「紅茶」なのか コーヒーの枠を超えた“働く人のニーズ”
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」シリーズに「無糖紅茶」が加わる。なぜコーヒー以外の飲料をBOSSブランドで出すのか。そこには、クラフトボスの“強み”と「働く人の相棒」というブランドコンセプトを生かした試みがあった。(2019/2/25)

再就職先はまさかの自販機!? 東京メトロ銀座線、引退した車両をリメイクした世界で1台だけの自販機を設置
サントリーとのコラボ企画。(2019/2/23)

“車掌ボイス”も収録:
引退した東京メトロ「銀座線01系」が自販機に変身 車両銘板など往年のデザイン採用
東京メトロが、2017年に引退した「銀座線01系」の部品を再利用した自動販売機「THE VENDING TRAIN」を発表した。サントリーコーヒーと共同で企画した取り組みで、缶コーヒー「BOSS」を販売する。消費者が自販機に近づくと、東京メトロの現役車掌4人が吹き込んだフレーズが流れる仕組みも取り入れた。(2019/2/22)

高校生が色鉛筆で描いた「ペプシコーラの絵」が実物そっくりで話題 サントリー公式も「本物にしか見えない」
紙の上のペプシ。(2019/2/15)

サントリー「クラフトボス」に無糖紅茶「クラフトボスTEA ノンシュガー」が登場 3月19日から発売
お弁当のお供にも。(2019/2/4)

サントリーウイスキー「白角」が休売に 出荷停止理由詳しく聞いた
缶の「特撰白角水割」については販売継続するとのこと。(2019/1/22)

渋谷公会堂のネーミングライツをLINEが取得 2019年秋に開設、アミューズらと3社合同で施設運営も
過去にはサントリーが取得して「渋谷C.C.Lemonホール」と命名されている時期がありました。(2018/12/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。