ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大統領」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大統領」に関する情報が集まったページです。

セキュリティー・クリアランス法案 立民・杉尾秀哉氏「米大統領への手土産か」 首相は否定
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度を創設する「重要経済安保情報保護・活用法案」が4月17日、参院本会議で審議入りし、論戦が始まった。(2024/4/17)

「もしトラ」に備えよ 前トランプ政権時代に、株価はどう動いたか
米大統領選挙でトランプ氏が勝利した場合、市場にはどのような影響があるでしょうか。今回はトランプ政権時代の株価動向を振り返ります。(2024/4/15)

軍民融合の中国にAIや宇宙開発で対抗、日米首脳会談共同声明 先端技術で連携
岸田文雄首相とバイデン米大統領が発表した日米首脳会談の共同声明ではAIなどの先端技術や宇宙開発で緊密に連携を図っていくことを確認した。背景にあるのは今後の社会や経済のあり方に影響する先端技術分野で、日米が中国などの権威主義国家に後れをとれないという強い意志だ。(2024/4/12)

飛び込み代表選手、大統領見守る式典で盛大にすべってプールにドボン! SNSやニュースで拡散され「実際のところうれしい」
メンタル激強。(2024/4/9)

米国政府、「月の標準時」策定をNASAに指示
米国大統領府は2日、NASAに対し、月の標準時「Lunar Time」(LTC)の策定を指示した。(2024/4/4)

日米でAI研究150億円支援、高校生向け奨学金も エマニュエル駐日米大使インタビュー
エマニュエル氏は10日に予定されている岸田首相とバイデン大統領の首脳会談に合わせて、人工知能(AI)研究を行う日米の4大学に対し、日米企業が計1億ドル(約150億円)を拠出することについて発表する見通しを明らかにした。(2024/4/3)

米連邦政府、全政府機関に最高AI責任者(CAIO)の任命を義務付け
米連邦政府は、昨年10月にバイデン大統領が署名した大統領令の下、すべての連邦政府機関に最高AI責任者(CAIO)の任命を義務付けると発表した。(2024/3/29)

トランプ氏、SNS会社上場で富豪入り 特製聖書も販売、なお選挙資金は苦戦
11月の米大統領選で返り咲きを目指す共和党のトランプ前大統領が、関連企業の上場で巨額の資産を手に入れた。自身を巡る裁判で巨額の支出に追われるトランプ氏にとって大きな助けとなったが、手元の選挙資金では民主党のバイデン大統領に差をつけられ、トランプ陣営は特製聖書などのグッズ販売や献金確保に奔走している。(2024/3/28)

Intel、米国内での半導体工場建設で連邦政府から200億ドルの資金獲得
米連邦政府は、Intelの米国内での半導体工場拡張を支援するため、85億ドル(約1兆3000億円)の助成金を提供すると発表した。2022年にバイデン大統領が署名したCHIPS法によるもので、さらに110億ドルの融資も行う計画だ。(2024/3/21)

「C」「C++」よりも「Rust」などの言語を推奨:
「ソフトウェアはメモリ安全でなければならない」との声明を発表、米ホワイトハウス
米ホワイトハウスは、サイバー空間における攻撃対象領域を積極的に削減するよう技術コミュニティーに呼びかける報告書を発表した。ONCDは、IT企業がメモリ安全なプログラミング言語を採用することで、あらゆる種類の脆弱性がデジタルエコシステムに侵入するのを防ぐことができるとして、協力を呼びかけた。(2024/3/18)

Googleの生成AI「Gemini」、選挙関連の質問に「この質問についてはまだ学習中です。」
Googleの生成AI「Gemini」が選挙関連の質問に答えてくれなくなっている。「米国の大統領は誰?」などの質問でも応答を回避される。Googleは選挙関連のクエリへの制限を展開し始めたと発表した。(2024/3/13)

「どうしてこうなった」「iPhone 16のリーク」 バイデン米大統領のX投稿に思わぬ部分でツッコミ
「ドリッププライシング」(隠れ手数料)についての取り組みをアピールする投稿でしたが……。(2024/3/7)

トヨタがブラジルに投資計画発表 → 副大統領が“とんでもないコラ画像”で感謝を表明 「笑い止まらん」「画像トヨタ関係ないw」
どういう人選。(2024/3/6)

台湾への過度な依存は改善できず?:
米CHIPS法の理想と現実 強まる「政治色」への懸念も
米国の半導体産業支援策である「CHIPS and Science Act」(CHIPS法)が、現実に直面し始めている。専門家は「CHIPS法の補助金は、台湾に対する米国の過度な依存を改善することはできないだろう」と述べている。2024年11月に米大統領選を控え、CHIPS法が政治的な困難に直面しているとみるアナリストもいる。(2024/3/4)

「ユーフォリア」出演俳優、パレスチナ支持デモに参加し逮捕 「声をあげてくれてありがとう」「解雇されてしまうかも」と感謝と心配の声
バイデン米大統領の番組出演を阻止しようとしたとのこと。(2024/2/29)

Cybersecurity Dive:
「完全にやりすぎ」 インシデント開示規則の撤廃を求める企業たち
ジョー・バイデン大統領は、企業に対してサイバーインシデントとガバナンスプロセスの開示を義務付けるSECの権限の剥奪を目的とした共同決議案を拒否する意向を示した。(2024/2/25)

Apple、アル・ゴア取締役の退任とワンダ・オースティン氏の就任を発表
Appleは、元副大統領アル・ゴア氏(75)の取締役会退任と、新取締役としてアフリカ系女性のワンダ・オースティン博士(69)を迎えることを発表した。同社には75歳で取締役に立候補できないという方針がある。(2024/1/12)

オバマ元米大統領が選ぶ「今年のお気に入り映画」、海外で高評価の“日本映画”が13本中にチョイスされる栄誉
カンヌでも脚本賞に。(2023/12/29)

ハイエンド「Apple Watch」の米国での販売禁止措置にAppleが控訴
米ITCによる「Apple Watch Series 9」と「Apple Watch Ultra 2」の輸入禁止措置は、バイデン大統領が拒否権を発動しなかったため、12月26日に発効した。Appleはこの措置を停止するよう求めて控訴した。(2023/12/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日本製鐵のUSスチール買収、円安なのになぜ? 「数千億円の損失」リスクも
日本製鐵のUSスチール買収のニュースは、日本のみならず米国の一般市民やバイデン大統領さえ懸念を隠さないほどの衝撃をもたらした。しかし、今の為替レートは数十年ぶりの歴史的な円安だ。同社はなぜ今、買収に踏み切ったのか。(2023/12/22)

バイデン米大統領、Threadsアカウントを開設 Xでの投稿も継続
ジョー・バイデン米大統領は、米MetaのSNS「Threads」に公式アカウントを開設した。X(旧Twitter)での投稿も並行して続けている。(2023/11/21)

Meta、FacebookやInstagram上の政治広告でのAI利用開示を義務付けるポリシー変更
Metaは、2024年の米大統領選に向けて、政治広告でのAIなどを利用したコンテンツのデジタル的な改変の開示を義務付けるポリシー変更を発表した。このポリシーは2024年に世界中で発効する。(2023/11/9)

Microsoft、世界の選挙をディープフェイクなどの攻撃から守るためのツールを提供へ
Microsoftは来年の米大統領選挙に向けて、選挙に対する脅威に対処するための複数の取り組みを発表した。C2PAのデジタル透かし認証を使う「Content Credentials as a Service」などだ。(2023/11/9)

バイデン米大統領、AIの安全性に関する大統領令に署名
ジョー・バイデン米大統領は、AIの安全性とセキュリティに関する基準確立を目指す大統領を発令した。大手AI企業から7月に確保した自主的な約束に基づいている。(2023/10/31)

「名優トム・ハンクス」を生んだ映画「フィラデルフィア」 その裏に秘められた「戦い」とは……(2024年米大統領選挙を映画で予習)
米ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんが解説。(2023/11/10)

予想を覆して当選したトランプ前大統領 あの衝撃の背景にあった「闇」とは……:映画「ウィンターズ・ボーン」評(2024年米大統領選挙を映画で予習)
米ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんが解説。(2023/11/9)

Cybersecurity Dive:
OSSリスク低減に向けてホワイトハウスが支援を約束 ロードマップも発表
CISAは、OSSのセキュリティに関するロードマップを発表した。重要インフラに関するセキュリティリスク軽減に向けてOpenSSFと連携する。(2023/10/21)

「事実関係の確認が不十分だった」JBpressがゼレンスキー大統領に関する記事削除 在日ウクライナ大使館が抗議
「疑惑を強く否定し、記載した報道機関に謝罪を要求します」と在日ウクライナ大使館が抗議していました。(2023/9/24)

トランプ元米大統領、2年以上ぶりにX(旧Twitter)にポスト
元米大統領のドナルド・トランプ氏が、2年以上ぶりにX(旧Twitter)にポストした。刑務所で撮影されたマグショットに「選挙妨害 決して降伏しない!」というテキストを添えた画像と、寄付ページへのリンクだ。(2023/8/25)

Facebookのアルゴリズムは二極化に影響はあるが時系列表示にしても問題は解決しないとの研究結果
2016年の米大統領選で問題とされたFacebookなどのソーシャルプラットフォームの「エコーチェンバー」問題は、アルゴリズムを排除しても解決できないという複数の論文が公開された。これらの論文はMetaの協力により、多数のユーザーデータの分析に基づいたものだ。(2023/7/28)

OpenAIやMetaなどAI大手7社、米連邦政府に「責任あるAI開発」を“自主的に”約束
米連邦政府はAIを手掛ける7社の代表をホワイトハウスに招集し、AIの安全性、セキュリティ、透明性の高い開発に向けた取り組みを支援するため、これらの企業から自主的な取り組みを確保したと発表した。(2023/7/22)

「G7参加のバイデン大統領らはゴム人間だ」という陰謀論 トンデモに思える言説が日本でも広まった理由
陰謀論に詳しいライターの雨宮純さんが解説。(2023/6/5)

米バイデン政権、OpenAIなどAI関連4社のCEOを招き「責任あるイノベーション」促す
米バイデン政権は、Google、OpenAI、Microsoft、AnthopicのCEOをホワイトハウスに招集。AI開発に関する「率直で建設的な議論が行われた」としている。(2023/5/5)

トランプ前米大統領、起訴されたことについてFacebookに「民主党による魔女狩り」と投稿
ドナルド・トランプ前米大統領がニューヨーク州大陪審に起訴されたと報じられた。トランプ氏は2024年の大統領選挙への出馬を表明している。同氏はFacebookとTruth Socialでこれを「史上最低の政治的迫害と選挙干渉」と主張した。(2023/3/31)

ジェネレーティブAIへの心構え【第3回】
“トランプ大統領”謎の復活 珍答が教える「AIを信じてはいけない理由」
Meta PlatformsがAIチャットbot「BlenderBot 3」の公開した直後、BlenderBot 3に問題があるという報告が殺到した。どのような問題があったのか。そこから見えるAIチャットbotの限界とは。(2023/3/30)

欧州を中心に進む“TikTok禁止”の動き 日本への影響は?
ここ数カ月、欧州を中心にTikTokの利用を制限する動きが活発になっています。2022年12月、米国ジョー・バイデン大統領は、連邦政府デバイスでのTikTokを禁止する法案に署名。3月1日には政府デバイスだけではなく、米国内でのTikTokの利用を全面的に禁止する法案が、米下院の外交委員会で賛成多数で可決しています。(2023/3/23)

岸田首相のゼレンスキー大統領への手土産が「うまい棒」ではないかと話題に 外務省とやおきんに取材した
段ボールの中身は「しゃもじ」との報道【追記】(2023/3/22)

トランプ前大統領、YouTubeとFacebookで投稿再開 Twitterはまだ
2024年の米大統領選への出馬を表明しているドナルド・トランプ前米大統領が、YouTubeとFacebookでの投稿を再開した。YouTubeが同氏のチャンネル停止解除を発表した直後だった。Twitterにはまだ投稿していない。(2023/3/19)

ビットコイン急落、一時2万ドル割れ バイデン大統領、仮想通貨マイニング電力に30%課税求める
3月10日、ビットコインが急落し、一時節目となる2万ドルを割った。直近3日間で約10%下落した。 米バイデン大統領が予算案として、ビットコインなど仮想通貨マイニングに使われる電力に30%課税することを提案(2023/3/10)

大統領の苦悩を味わえるゲーム「Suzerain」が話題 国家の復興も汚職で投獄されるも全てプレイヤーの選択次第
近代の歴史や政治が好きな人はぜひ。(2023/3/2)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
帰ってきたトランプ氏 “出禁”期間をSNS別に比較
アカウントを凍結されまくっていた前米大統領のドナルド・トランプ氏が再びSNSに解き放たれる流れになっています。今回は同氏の凍結期間を振り返ります。(2023/2/17)

海外医療技術トレンド(92):
米国の医療ロボットセキュリティを主導するオープンコミュニティーの広がり
本連載第88回で「対米外国投資委員会による国家安全保障リスクの進展に対する堅牢性の考慮の確保に関する大統領令」を取り上げたが、その典型的な対象製品の一つが、医療介護福祉分野で普及するロボットだ。(2023/2/17)

Meta、トランプ前大統領のFacebookとInstagramのアカウントを復活へ
Twitterに続いてMetaも停止していたトランプ前大統領のアカウントを復活させると発表した。Metaは2021年1月の米連邦議会議事堂襲撃を受け、トランプ氏のFacebookとInstagramのアカウントを停止した。「公共の安全に対するリスクが後退した」ので復活するとしている。(2023/1/26)

トランプ前大統領「重大発表するぞ」→スーパーヒーロー絵柄のトレカ発表 「ザ・ボーイズ」公式が即座にパロ画像公開
豪華な懸賞も用意されています。(2022/12/16)

台湾TSMCの2つ目のアリゾナ工場式典にバイデン大統領やAppleのクックCEOが出席
半導体ファウンドリ世界最大手のTSMCが米アリゾナ州に3nm工場を建設すると発表した。発表式典にはバイデン大統領やAppleのクックCEOが出席。クック氏はこの工場で生産するプロセッサをApple製品で採用すると語った。(2022/12/7)

ソフトウェアサプライチェーンの守り方(1):
米国大統領令とEUのCRAが示すソフトウェアサプライチェーンセキュリティとは
米国と欧州を中心に法整備が進みつつある「ソフトウェアサプライチェーン」のセキュリティについて解説する本連載。第1回は、米欧が唱えるソフトウェアサプライチェーンセキュリティの全体像と目的と併せて、製造業などでも増大しつつあるセキュリティインシデントを減らすための基本的な考え方を紹介する。(2022/12/6)

トランプ前米大統領、「Twitterに戻る理由はない」
Twitterはポリシー違反で永久凍結したトランプ前大統領のアカウントを復帰させた。だが、トランプ氏は自身のSNS、Truth Socialに留まると語った。同氏のTwitterでのフォロワー数は復帰後急増し、24時間で6000万アカウントを超えた。(2022/11/21)

トランプ前米大統領のTwitterアカウント復活 イーロン・マスクのアンケートで復活支持派が小差の勝利
現時点では新しいツイートはありません。(2022/11/20)

TwitterのマスクCEO、トランプ前大統領のアカウントの凍結解除 1500万人参加の投票結果を受け
TwitterのマスクCEOは、トランプ前大統領のアカウントの凍結を解除した。ユーザー対象の投票結果を受けての決定だ。投票には1500万アカウントが参加し、51.8%が凍結解除を支持した。(2022/11/20)

TwitterのマスクCEO、永久凍結したアカウントの復活開始「トランプはまだだ」
Twitterのイーロン・マスクCEOは永久凍結していた3人のアカウントを復活させた。ドナルド・トランプ前米大統領のアカウントについては「まだ」とツイート。マスク氏は5月段階ではトランプ氏のアカウントを凍結解除すると語っていた。(2022/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。