ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大統領」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大統領」に関する情報が集まったページです。

Juneteenth(6月19日)、米連邦祝日に ジョージ・フロイド氏の死から1年
昨年の#BLM運動の高まりでTwitterやUberなどが企業の休日とした米国の奴隷解放記念日「Juneteenth」(6月19日)が、米国の連邦祝日に制定された。17日にジョー・バイデン大統領が法案に署名した。(2021/6/20)

バイデン米大統領、プーチン露大統領に「サイバー攻撃にはサイバーで反撃する」と警告
バイデン氏にとって初の米露大統領会談で、バイデン氏は「重要インフラへの攻撃について理解を深める専門家レベルの取り組みを進めることを提案」した。同氏は会談後の記者会見で「サイバー攻撃を受けたらサイバーで反撃すると警告し、プーチン氏はそれを理解した」と語った。(2021/6/17)

バイデン米大統領、トランプ前大統領によるTikTok禁止令を取り消し、リスクを再検討する新たな大統領令
バイデン米大統領は、トランプ前大統領が昨年8月に下したTikTokを米国から締め出す大統領令を取り消す大統領令に署名した。新たな命令では、海外アプリのリスクを判断する枠組みの制定を指示する。(2021/6/10)

大統領「われわれは戦争中だ」 コロナ禍で様変わりしていくフランス――日本人留学生が漫画で描く2020年春の記憶
ついに、外出制限開始。(2021/6/8)

Facebook、トランプ前米大統領のアカウント停止は2023年1月7日までの期限付きに
Facebookは停止中のドナルド・トランプ前米大統領のFacebookページとInstagramアカウントについて、停止期間を無期限ではなく2年間に変更した。「監督委員会」の提言を受けたもの。期限の時点でリスクを再検討する。(2021/6/5)

トランプ前大統領のひとりツイートサイト、約1カ月で終了
前米大統領のドナルド・トランプ氏が5月初旬に開始したメッセージ投稿ページが6月2日、閉鎖された。同氏のシニアアドバイザーは「別のSNSに降臨する前兆か?」というツイートに、その通りだとRTした。(2021/6/3)

マッチングサービス各社が米連邦政府とコロナワクチン促進で協力
TinderやOkCupidなどの米マッチングサービス各社がホワイトハウスと協力。コロナワクチン接種を促進していく。プロフィールに「ワクチン接種済み」バッジを表示したり、フィルター条件に接種済みを追加したりする。(2021/5/23)

ワンコ「遊ぼうよ〜!」 大統領のスピーチ中に甘えるワンコに「あいらしい」と注目が集まる
かまって、かまって!(2021/5/15)

ワクチン接種後はマスク不要に 米CDCが新たな指針 バイデン大統領も歓迎
米疾病対策センター(CDC)は5月13日(現地時間)、新型コロナウイルスのワクチン接種が完了すればマスクやソーシャルディスタンスの確保なしで活動できるとする新たな指針を発表した。(2021/5/14)

「DarkSide」の攻撃を受けたColonial、操業再開 バイデン大統領はサイバーセキュリティに関する新大統領令に署名
ハッカー集団「DarkSide」の攻撃を受けて5日間操業停止していた米石油パイプラインのColonialが操業を再開したと発表。バイデン大統領はこの事件を受け、サイバーセキュリティ強化に向けた大統領令に署名した。(2021/5/13)

UberとLyft、ワクチン接種会場までの無料ライドを提供へ バイデン政権の「独立記念日までに7割接種」の一環
バイデン米大統領の「独立記念日(7月4日)までに国民の70%のワクチン接種を完了させる」目標の下、ライドシェアリング大手のUberとLyftがワクチン接種会場までユーザーを無料で送ると発表した。(2021/5/12)

米石油パイプライン大手へのサイバー攻撃、犯人はロシアを拠点とする集団「DarkSide」とFBIが発表
FBIは、7日石油パイプライン大手のColonialが発表したランサムウェア攻撃には「DarkSide」というハッカー集団が関わっていると発表した。バイデン大統領は「この集団はロシア政府とは無関係だがロシアを拠点としている」と語った。(2021/5/11)

「トランプ氏のFacebookとInstagramのアカウント一時停止は支持するが、無期限停止は不適切」と監督委員会
Facebookの外部組織「監督委員会」は、Facebookが1月にトランプ米大統領(当時)のアカウントを停止したことについての検討結果を発表した。一時停止は支持するが、無期限停止は規定にないため、再検討するよう提言した。(2021/5/6)

トランプ前大統領、ひとりでツイートのような投稿をするWebサイトを開設
前米大統領のドナルド・トランプ氏がひとりで短い投稿を続ける「FROM THE DESK OF DONALD J. TRUMP」が開設された。TwitterやFacebookから締め出された同氏の新たな発信プラットフォームだ。(2021/5/5)

“地理的特化”が生んだ脆弱性:
業界支援に500億ドルを投入する米国が直面する課題
半導体業界の重役らは非常に大きな問題を共有している。それは、バイデン大統領が大統領命令の中で約束した支援金500億米ドルの優先順位をどのように決めるかという問題だ。(2021/4/22)

米バイデン政権、ロシアに制裁 SolarWinds悪用サイバー攻撃や大統領選干渉で
米連邦政府は、バイデン大統領がロシアの有害な活動による脅威に関する大統領命令に署名したと発表した。バイデン政権はロシア政府を昨年のSolarWinds悪用サイバー攻撃の加害者であると正式に名指した。また、米大統領選干渉に加担したとして、32の個人と団体に制裁を加える。(2021/4/17)

370億ドルから増額:
バイデン大統領、半導体業界支援に500億ドル投入へ
米国バイデン大統領は2021年3月31日(米国時間)、2兆米ドル規模のインフラ投資計画を発表し、米国半導体業界の国内生産回帰の実現に向け、500億米ドルを割り当てることを明らかにした。(2021/4/6)

バイデン政権、IT大手規制論者のカーン氏をFTC委員に指名
ジョー・バイデン米大統領が、米連邦取引委員会(FTC)の委員にIT大手規制論者のリナ・カーン氏を指名した。政府によるGAFA対応が厳しくなりそうだ。(2021/3/23)

Twitter、世界的指導者アカウントの取り扱いについてのアンケートを開始
ドナルド・トランプ前米大統領の公式アカウントを(同氏が在職中に)永久凍結したTwitterが、今後世界的指導者の公式アカウントをどう扱うべきかについて、ユーザーの意見を求めるアンケートを開始した。日本語版も間もなく公開される見込みだ。(2021/3/21)

Netflixアニメ「バイオハザード」、日本語吹き替えは「バイオハザード RE:2」以来となる森川智之×甲斐田裕子という鉄板仕様
舞台はホワイトハウス?(2021/3/12)

バイデン大統領が大統領令に署名:
米政府、半導体製造強化に370億ドルを投資へ
米国バイデン大統領が2021年2月24日(米国時間)、以前からの予想通り、大統領令に署名した。これにより、370億米ドルの連邦政府投資を行い、半導体の供給不足に対応するための道が開かれることになる。(2021/3/1)

IT基礎英語:
別の世界のエイリアンと、別の名前のエイリアス トランプのエイリアン好きをバイデン大統領が正す?
エイリアンの扱いが、米国の政権以降で変わるようだ。(2021/2/22)

主要メーカーのCEOと重役ら:
米半導体企業、大統領に支援を求める書簡を送付
主要な半導体企業のCEOが米国バイデン大統領に対して半導体製造/研究に対する財政的支援を優先するよう強く求める書簡に署名したことを受け、ホワイトハウス報道官のJen Psaki氏は、2021年2月8日の週に行われた記者会見の中で、半導体業界は数週間以内に大統領命令への署名を見込めるはずだと述べた。(2021/2/17)

フツーの格好で大統領就任式にやってきたバーニー・サンダース、俳優らによるコラ画像作成が捗る
「SATC」続編で不在の「4人目のキャラクター」にも。(2021/1/22)

FCCのパイ委員長の後任代理にネット中立性支持のジェシカ・ローゼンウォーセル氏
トランプ前大統領の退任に合わせて退任したFCCのアシット・パイ委員長の後任として、民主党のFCC委員、ジェシカ・ローゼンウォーセル氏が議長代理に就任した。同氏はネット中立性支持と100%ブロードバンドアクセス運動で知られる。(2021/1/22)

トランプ前大統領のFacebookとInstagramからの締め出しを監督委員会が審議
Facebookは、7日に実施したトランプ米大統領(当時)のFacebookページおよびInstagramアカウントの無期限停止を、「Oversight Board(日本では「監督委員会」)」が審議すると発表した。Facebookは委員会の決定に無条件に従う。(2021/1/22)

新生米連邦政府公式Webサイト、ダークモードと文字サイズ拡大ボタン追加
ジョー・バイデン新大統領の就任に合わせ、米連邦政府の公式Webサイトも刷新された。アクセシビリティに配慮するダークモードと文字サイズ拡大のためのボタンが追加された。(2021/1/21)

Amazon.com、バイデン政権にコロナワクチン接種支援を申し出
Amazonは、ジョー・バイデン米大統領に新型コロナワクチン接種で支援するという書簡を送った。米国の80万人以上の従業員のワクチン接種をサポートする。また、同社の流通や通信の専門知識で政権の目標達成を支援する準備ができているとしている。(2021/1/21)

トランプ政権、Googleから企業秘密を窃盗した元Uber幹部やCAスキャンダルのバノン氏らに恩赦
トランプ前米大統領政権は、トランプ氏退任直前、73人に恩赦を与えた。その中には、Googleから自動運転関連の企業秘密を盗みUberに渡したとして実刑判決を受けたアンソニー・レヴァンドフスキー氏や、トランプ氏の大統領選チームのCEOを務め、CAの選挙操作ツールを採用したと報じられるスティーブ・バノン氏が含まれる。(2021/1/21)

Twitter、米バイデン政権へのアカウント移行を無事完了 @POTUSは意気込みをツイート
ジョー・バイデン氏のべい大統領就任式が無事終わり、Twitterがホワイトハウス関連の一連の公式アカウントを新政権に移行した。バイデン氏は@POTUSアカウントで「私は今日、大統領執務室に向かう」とツイートした。(2021/1/21)

トランプ米大統領、YouTubeで別れの挨拶を公開 バイデン氏への言及はなし
トランプ米大統領がホワイトハウスのYouTubeチャンネルで「お別れ動画」を公開した。約20分自分の功績を述べているが、次期大統領のジョー・バイデン氏には一切触れなかった。「新政権に権力を譲るが、われわれが始めた運動はまだ始まったばかり」という。(2021/1/20)

Xiaomi、「われわれは“共産主義中国の軍事企業”ではない」と声明
トランプ米大統領に「共産主義中国の軍事企業」リストに追加されたXiaomiが、「われわれは共産主義中国の軍事企業ではな」く、「適切な措置をとる」という声明を発表した。(2021/1/19)

Twitter、米大統領政権の公式アカウントを1月20日の就任式でリアルタイムに切り替え
米大統領の「@POTUS」をはじめとする政権の公式Twitterアカウントは、1月20日のジョー・バイデン氏の就任式での宣誓に合わせ、リアルタイムで新政権のものに移行するとTwitterが発表した。(2021/1/16)

任期わずかのトランプ政権、中国Xiaomiを投資禁止企業リストに追加
トランプ米大統領政権の二期があと6日に迫る中、米国防総省がスマートフォンメーカーXiaomiを含む中国企業9社を「Communist Chinese military companies」に追加した。Huaweiも載っているこのリスト上の企業に対しては、米国からの投資が禁じられる。(2021/1/15)

海外医療技術トレンド(67):
米国はバイデン政権へ移行、医療機器のイノベーション支援策はどうなるのか
米国はトランプ政権から新たに大統領に就任するジョー・バイデン氏の次期政権に移行することとなった。医療機器のイノベーション支援策はどのような形で引き継がれるのだろうか。(2021/1/15)

TwitterのドーシーCEO、トランプ氏のアカウント凍結について11連投ツイートで語る
Twitterのジャック・ドーシーCEOが、ドナルド・トランプ米大統領のTwitterアカウントを永久凍結したことについて「この判断は正しかっただろうか?」と問題提起する連投ツイートを投稿した。(2021/1/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
民間企業が主導した、トランプ大統領「ネット追放劇」に見る“権限”とリスク
TwitterやFacebookがトランプ大統領のアカウントを次々と停止。民間企業が大統領の口封じをする権利があるのか、と議論になった。SNSのルール上、暴動につながる発信は許容できないようだ。ただ、サービス提供者が人々の生活や権利に及ぼす影響がますます大きくなっていることは知っておくべきだ。(2021/1/14)

Parler停止のAWSとトランプ氏アカウント凍結のFacebook、報復に警戒するよう従業員に通達
保守派の集うSNS「Parler」を停止に追い込んだAWSと、トランプ米大統領のアカウントを永久凍結したFacebookがそれぞれ、報復に警戒するよう従業員に通達した。(2021/1/13)

Appleのティム・クックCEO、米議事堂襲撃「大統領に説明責任」
米テレビニュース番組に出演したティム・クックCEOはParlerのアプリ削除などについて語った。(2021/1/13)

Twitterのトランプ大統領アカウント閉鎖を独仏が批判
米連邦議会の議事堂襲撃事件後に、米Twitter社がトランプ大統領のアカウントを永久凍結したことに対し、ドイツのメルケル首相は「法に沿って行うべき」と批判を表明。フランスのルメール経済・財務相も「業界の寡占企業が自分で行うことではない」と発言した。(2021/1/13)

Twitter、米大統領就任式に向けて7万件のアカウントを凍結
Twitterは、1月20日の米大統領就任式に向けて、陰謀論QAnon関連の虚偽情報拡散に使われていた7万件以上のカウントを永久凍結したと発表した。「オフラインの暴力につながる誤解を招く情報の共有から会話を守るため」としている。(2021/1/12)

Airbnb、1月20日の新大統領就任式に向け議事堂襲撃者の宿泊を制限する計画
米新大統領就任式が首都ワシントンで行われる1月20日に向けて、民泊大手のAirbnbが6日の議事堂襲撃者によるワシントン地域への宿泊予約をキャンセルする「Capitol Safety Plan」を発表した。(2021/1/12)

トランプ大統領のTwitterアカウントが永久凍結 「さらなる暴力扇動の可能性があるため」
Facebook、Instagramアカウントも停止されています。(2021/1/9)

Twitter、トランプ大統領のアカウントを永久凍結 2件のツイートが暴力行為を支持しているとして
Twitterが、一旦ロック解除したドナルド・トランプ米大統領のアカウントを永久凍結した。ロック解除後の同氏の2件のツイートが「暴力をさらに扇動する可能性がある」と判断したため。トランプ氏は20日の大統領就任式には出席しないともツイートしていた。(2021/1/9)

FBI、議事堂乱入者特定のためTwitterで画像・動画を募集中 首都警察はパワポ画像で情報募集
1月6日に連邦議会議事堂に乱入した数百人のトランプ大統領支持者のほとんどは逮捕されていない。FBIはTwitterで、首都警察はPowerPointで編集した画像で、暴動参加容疑者情報の提供を求めている。(2021/1/8)

Twitter、トランプ大統領アカウントのロックを解除 初投稿は「議事堂乱入者は民主主義を汚した」
トランプ大統領のアカウントをロックしていたTwitterが7日、ロックを解除した。トランプ氏がさっそく投稿した動画は、議事堂に乱入した自身の支持者を「民主主義を汚した」と非難し、自分は事件発生後すぐに州兵を配備して議事堂を保護したと語るものだ。(2021/1/8)

YouTubeとTwitchもトランプ大統領の公式チャンネルを停止
Twitter、Facebook、Instagramに続き、Google傘下のYouTubeとAmazon.com傘下のTwitchもトランプ大統領の公式チャンネルを停止した。6日の議事堂への支持者乱入を容認する動画投稿を受け、Twitchは「さらなる暴力を扇動するために使用されるのを防ぐため」としている。(2021/1/8)

トランプ大統領のFacebookページとInstagramアカウントも停止に
Twitterに続き、FacebookとInstagramのトランプ大統領のアカウントも停止された。ザッカーバーグCEOは「大統領によるわれわれのサービス使用を許可するリスクは大きすぎる」と語った。(2021/1/8)

Twitter、ドナルド・トランプ大統領のアカウントをついにロック Facebookも
TwitterとFacebookはそれぞれ、ドナルド・トランプ米大統領のアカウントをロックしたと発表した。同氏支持者が連邦議会議事堂に侵入した問題で、同氏がこの問題を否定せず「選挙は盗まれた」と主張し続けたことがそれぞれのポリシーに違反したため。(2021/1/7)

ツイッターとFB、トランプ氏「不正選挙」動画を削除、凍結も
 【ワシントン=黒瀬悦成】米短文投稿サイトのツイッターは6日、トランプ大統領が支持勢力による連邦議会議事堂の占拠に関する動画投稿で、大統領選は「不正選挙だった」などと事実と異なる主張を展開したとして、問題の投稿を削除したと発表した。(2021/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。