インタビュー
» 2010年03月04日 20時07分 公開

Mobile World Congress 2010:Android、電子書籍、プラットフォーム――多方面から攻めるACCESSの勝算 (2/2)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“LiMoアプリ”に可能性を感じている

ITmedia ALPは、現在ドコモの「N-01B」と「N-02B」に採用されていますが、今後はどのように広げていくのでしょうか。

石黒氏 ドコモさん向けの端末はもちろん、ドコモ以外のキャリアにも展開していくつもりですし、現在協議を進めています。

ITmedia キャリアやメーカーにとって、プラットフォームを変えることは勇気のいる決断だと思います。

石黒氏 技術的にも難しい面がありますが、日本のマーケットはケータイが大量に普及しているので、キャリア独自のプラットフォームだけではカバーできないでしょう。少なくともキャリアの中で共通化していきたいですし、将来的には日本と世界のキャリアでプラットフォームを共通化して開発費を抑えないと、疲弊するのではと思います。今後、プラットフォームの中核となる部分はオープンになっていくでしょう。

photo メニューが扇状に広がるUIを採用したケータイ「ELSE」

ITmedia ALPベースのプラットフォーム「ELSE INTUITION」を採用したELSEも、これまでにないUIを搭載したケータイとして期待が集まっています。

石黒氏 iPhoneは今までにないコンセプトのUIを生みました。ただ、私も実際に使っていますが、iPhoneのUIがベストな回答ではないと思います。UIでやることはまだあります。その1つの工夫として、アドレス帳に登録した人物ごとに、SMSや電話の発着信履歴、予定などを閲覧できる機能を採用しています。名前をデータにひも付けて、時系列で表示するものです。また、ELSEは片手での操作性を実現しているのも、iPhoneにはない利点です。

ITmedia ELSEは扇状にメニューが広がる独自のUIを採用していますが、タッチパネルの反応速度はいかがでしょうか。

石黒氏 反応はかなり速いと思います。開発中は、ケータイを作っているのか3Dゲームを作っているのか分からないほどでした(笑)。(扇状の)メニュー画面をなぞると青いラインが指に応じて動くのですが、この追従性にもこだわりました。

ITmedia ELSEにアプリをインストールすることはできるのでしょうか。

石黒氏 アプリのインストールは現時点では対応していないので、次の課題です。Webアプリを用意する方向性も考えています。

ITmedia 巨大なアプリマーケットを所有しているiPhoneやAndroid端末にはどのように対抗していくのでしょうか。

石黒氏 まず、アプリ市場のエコシステムと開発者コミュニティの構築が必要になります。ALPはLiMoのAPIを含んでいるので、LiMoのエコシステムに可能性を感じています。アプリを作っている者の立場から考えると、どれだけ多くのユーザーに届けられるかが重要です。iPhoneやAndroidが普及したと言っても、フィーチャーフォンの方がはるかに多く出荷されています。ドコモ端末の出荷は年間数千万台にも及びます。ALPが多くのフィーチャーフォンに採用され、そこでLiMoのアプリが動く環境が整えば、サードパーティや開発者が参入しやすくなるでしょう。

 これだけiPhoneとAndroidが盛り上がっているので、LiMoにもアプリ市場が広がる流れは確実に来ると信じています。

photo 左から「iPhone 3GS」「Nexus One」「ELSE」
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう