日本通信、b-mobile3製品のLTE対応版を発売

» 2012年09月18日 21時35分 公開
[エースラッシュ,ITmedia]

 日本通信は、ドコモの回線を利用したMVNOサービス「b-mobile」ブランドの3製品において、LTE対応版の販売を開始した。

 b-mobileは速度や利用期間、利用方法などに独自の制限を加えて、効率良くドコモ回線を利用した通信が行えるMVNOサービス。料金先払いのプリペイド型と月額課金型のポストペイ型のサービスがあるが、今回LTE対応版が登場したのはプリペイド型のうち「b-mobile 3G・4G U300」「b-mobile 3G・4G Fair」「b-mobile 3G・4G 1GB定額」の3製品。従来からのFOMA網に加え、ドコモが「Xi」として提供しているLTE網でも通信が行える。

Photo LTEに対応した3製品

 b-mobile 3G・4G U300は、通常利用時の通信速度を300bps以下に絞ることで安価な利用料金を実現したプランで、メール利用を主体とするユーザー向けのサービス。通常利用は30日間の使い放題で2980円だが、一時的に高速通信を利用できるオプション「Turbo Charge」に対応する。

 b-mobile 3G・4G Fairは最大120日間利用できる期間限定型プランで、利用期間の総合データ通信容量が1Gバイトまでに限られる。利用料金はパッケージ購入時が9800円、利用期間や容量を追加するチャージは1回8350円だ。

 b-mobile 3G・4G 1GB定額は、30日間で通信容量1Gバイト以下ならば安価に利用できるプラン。パッケージ購入料金は3480円で、期間または容量を追加するチャージは3100円となる。

 いずれも標準SIMとマイクロSIMの2種類のサイズのSIMを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月21日 更新
  1. まるでガラケーな「Orbic JOURNEY Pro 4G」が日本上陸 MVNOや家電量販店が7月26日から順次販売 (2024年07月19日)
  2. Google、「Pixel 9 Pro」と「Pixel 9 Pro Fold」を8月13日に発表すると予告 予約限定特典も (2024年07月19日)
  3. 「iOS 18」のパブリックβを試す ホーム画面のカスタマイズ性が大幅に向上、RCSは現時点では非対応か (2024年07月20日)
  4. 「スマホ熱中症」に要注意 絶対にやってはいけないこと/効果的な対策を紹介 (2024年07月20日)
  5. 100円ショップで売っているガジェットが意外と使える(ただしうまく使わないと「安物買いの銭失い」になりがち) (2024年07月20日)
  6. 月額290円からの「HISモバイル」はどれだけお得? データ容量別に比較 気になる通信速度も検証 (2024年07月19日)
  7. AppleのAI戦略発表はなぜ他社より大幅に遅れたのか 「Apple Intelligence」の真価を読み解く (2024年07月19日)
  8. 「Xperia 1 VI」「Xperia 1 V」はどちらが見やすく、持ちやすい? 実機比較で分ったこと (2024年06月27日)
  9. 耳をふさがないヘッドフォン「nwm(ヌーム) ONE」発売 NTTの技術で新たなリスニング体験を提案 (2024年07月19日)
  10. どれを選ぶ? 3万〜5万円台「Redmi Note 13 Pro+ 5G」「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」のスペックを比較する (2024年07月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー