連載
» 2012年12月19日 19時33分 公開

今すぐ使えるスマホレシピ:第12回 作品数や料金は? マルチデバイス対応?―――スマホ向け動画配信サービスまとめ (3/3)

[今西絢美(ゴーズ),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

Androidなら「Google Play」も活用できる

 各キャリアのサービスだけでなく、Androidのスマホ、タブレットでは「Google Play」で映画コンテンツをダウンロードして購入できる。こちらは見放題ではなく、個別課金となっており、買い切りとレンタルのいずれかを選べる。また、画質やコンテンツにより価格が異なる。新作の「テルマエ・ロマエ」では、HDをレンタルする場合は500円、SDをレンタルする場合は400円。レンタルでは最長72時間視聴できる。

photophotophoto 「Google Play」からコンテンツを購入する。購入方法はアプリとほぼ同じ(写真=左)。作品は試聴可能。通常画質とHD画質で価格が異なるので注意(写真=中)。気になる作品をブックマークしておける「マイウィッシュリスト」機能もある(写真=右)

iPhoneでは「iTunes Store」で動画をダウンロード

 現在、キャリアの動画配信サービスには対応していないiPhoneだが、iTunes Storeで映画をダウンロードできる。こちらもGoogle Play同様、購入とレンタルに対応。新作の「アメイジング・スパイダーマン」では、HDの場合は購入が2500円、標準が2000円。レンタルでは、HDが500円、標準が400円となっており、再生開始から48時間以内は視聴可能だ。

photophotophoto 「iTunes」アプリで「映画」タブを選択する(写真=左)。最初にHD画質の購入画面が表示される。標準画質でいい場合は、画面を下にスクロールして「標準解像度も選べます」をタップする(写真=中)。友達にコンテンツをプレゼントすることも可能。その場合は自分のアカウントに課金される(写真=右)

 作品によってはフォトギャラリーや舞台裏の映像などの特典「iTunes Extras」が利用でき、これは作品をダウンロードすれば無料で利用できる。ただし、iTunes Storeで動画を購入する際に注意したい点がある。iPhoneで購入すると、そのコンテンツをPCからは視聴できない。ただ、PCで購入したコンテンツはiPhoneでも視聴できる。その場合はデータを転送するので、PC上のデータはなくなる。iPhoneとPCの両方で視聴したい場合は、PCでダウンロードするよう心がけよう。

「Hulu」ならOSやデバイスを選ばない

 OSやデバイスを選ばず、マルチに使いたいユーザーにオススメなのが「Hulu」だ。iPhone、Androidだけでなく、PCやApple TV、PS3、Wii、一部のテレビやBDプレーヤーなど、対応機種のラインアップが豊富なのが特長だ。

photophoto iPhoneの「Hulu」アプリのトップ画面。全体的にシリーズものの海外ドラマの人気が高い(写真=左)。停止ボタンの隣にあるボタンをタップすると、10秒だけ巻き戻せるので便利(写真=右)

 月額980円とキャリアのサービスよりは高いものの、2週間の無料トライアル期間を設けるなど、気軽に試しやすいのも魅力といえる。課金方法もさまざまで、クレジットカード払いだけでなく、iTunesでの支払いやドコモケータイ払いにも対応する。

 国内外の映画や海外ドラマ、ドキュメンタリー番組、アニメなどを配信している。コンテンツの拡充スピードが非常に速く、筆者もここ1年ほど頻繁に利用している。海外ドラマを一気に観れば、月額980円という価格でも十分元が取れる。

photo コンテンツ数は多いものの、ジャンルからの検索などがシンプルで分かりやすい

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう