Google I/O 2014で見えた、Googleとライバル企業の勢力図

» 2014年06月27日 11時09分 公開
[石川温,ITmedia]

 6月25日(現地時間)から2日間、アメリカ・サンフランシスコでGoogleの開発者向けイベント「Google I/O 2014」が開催された。

 目玉は、Androidの次期OSとなる「L」の発表だ。「L」は開発者向けのプレビュー版の名称だが、正式にリリースされたときに、コードネームにLから始まるどんなスイーツ名が使われるのかは、今のところ明らかにされていない。

photophoto 米サンフランシスコで開催された「Google I/O 2014」(写真=左)。新OSのプレビュー版「Android L」が発表された(写真=右)

まるでAppleのようなデザインに?

 今回のLは、これまでのAndroidのライバルを意識した改良が行われているのが特徴だ。

 まず、注目は「マテリアルデザイン」だ。シンプルな構成になりつつも、色鮮やかな印象に生まれ変わった。これを見たアプリ開発者は「これまでGoogleは『デザイン』とは無縁の会社だと思われた。まるでAppleのようだ」と語った。

photo マテリアルデザインは、スマホ、タブレット、スマートウォッチなどさまざまなデバイスに採用される

 確かに、AppleはiOS7で、これまでのデザインを一新し、フラットデザインへとかじを切った。まさにLはiOSのデザイン変更を意識したようにも感じる。

 また、Lでは、Googleが販売しているノートPC「Chromebook」との連携も強化している。Android上の通知や電話の着信がChromebook上で確認できるようになったのだ。Chromebook上で、一部のAndroidアプリを動作させることもできる。

photo 「Chromebook」との連携も強化した

 2013年、Androidの開発統括者に、かつてはChrome OS責任者だったスンダール・ピチャイ氏が就任し、ピチャイ氏が2つのプラットフォームを兼務するようになった。まさにピチャイ氏の兼務によって、Android OSとChrome OSが近づいたように思われる。

 Appleも、先日のWWDCでiPhoneでの音声着信をMac上で受けられるという機能を発表したばかりだ。このあたりも、両社でお互いをけん制している様子がうかがえる。

 AppleがiOS8で、アプリ間の連携や通知センターでのウィジェットに対応し、Andoridに追いついたかと思えば、Androidは「ファクトリーリセットプロテクション」を導入し、盗難されないような仕組みを作った。このファクトリーリセットプロテクションはAppleがiOS7で導入した機能だ。

 世間では「セキュリティ面ではiOSのほうが優れており、マルウェアの被害はAndroidのほうが断然多い」という指摘があるなか、今回、Androidではマルウェア対策に本腰を入れてきた。お互いがお互いの良いとこ取りすることで、使い勝手が近づいてきている感は否めない。

低価格端末はFirefox OSとの一騎打ちに

 一方、「Appleには絶対真似できない」と思われるのが、「Android One」という取り組みだ。主に新興国向けに安価なAndroidスマホを製造し、販売できる仕組みを整えた。Android OneではOSなどがパッケージ化され、OEMメーカーは安価にAndroid端末を製造、販売できるようになる。GoogleによるOTAアップデートにも対応しており、低価格で最新のファームウェアが利用できる。

photo 安価なAndroidスマホを製造できる「Android One」

 Android Oneは今秋、インドからスタートする予定。新興市場ではこれからスマホの需要が伸びてくるとされており、「いかに安く作るか」というのがメーカーやプラットフォームの課題となっている。

 そんな中、彗星(すいせい)のごとく現れたのがFirefox OSで、2014年2月のMobile World Congressでは、中国のチップセットメーカーと組み、25ドルでスマホが作れる仕組みを披露して話題となった。

 Android Oneは25ドルには及ばないものの、100ドル以下でスマホを作れるようになるという。Appleとしては、新興国でシェアを伸ばそうと思っても、100ドル以下で安売りするわけにはいかない。「割安端末でシェアを伸ばす」という点ではAndroidとFirefoxの一騎打ちとなりそうだ。

Microsoft対策も抜かりない

 AndroidでAppleやFirefoxを意識した改善を見せるGoogleだが、当然のことながら、Microsoft対策も抜かりない。クラウドサービスのGoogleドライブにおいて、MicrosoftのWord、Excel、PowerPointのファイルを、ネイティブモードで開き、編集できるようになったのだ。

 これはGoogleが2年間に買収したQuickOfficeの技術を使い、ネイティブモードでOffice互換のファイルを扱うというものだ。これにより、クラウドとの接続を気にすることなく、Officeファイルを編集できるようになった。

 Microsoftは、ここ最近、「モバイルファースト、クラウドファースト」をモットーにクラウド対応のOffice365をiPadにも使えるようにするなど、なりふり構わぬマルチデバイス展開を進めている。また、MicrosoftのタブレットであるSurfaceは、値段が安いということもあり、世界的なヒットになりつつある。

 「Officeとタブレット」という組み合わせで、Microsoftが勢力を伸ばしていることを考えると、Googleとしても、Microsoftが強いとされるOfficeを攻め入るのは自然な流れかもしれない。

ウェアラブルはGoogleが先行する

 スマホ、タブレット、クラウドサービスで各社が入り乱れる中、Googleがひとつ抜け出した感があるのがウェアラブルの分野だ。

 2年前に盛大に発表され、2013年、開発者向けに販売された「Google Glass」は、Google I/O 2014の基調講演では特にアップデートはなかったが、腕時計型端末「Android Wear」は大きなステップを踏み出した。

photo 複数メーカーから「Android Wear」が発売される

 端末メーカーとして、LGエレクトロニクス、Motorola続き、サムスン電子が仲間入りを果たしたのだ。すでにLG「G Watch」、サムスン電子「Gear Live」が販売を開始(日本はG Watchのみ、Gear Liveは近日発売)、Motorola「moto 360」は今夏の発売を予定している。

 Googleは、Google I/Oに参加した6000人近い開発者にG WatchもしくはGear Liveのどちらかを「お土産」として配布。まず使ってもらうことで、対応アプリを作るモチベーションを上げたいようだ。

 実際にGear Liveを使ってみたが、確かにメールの着信なども分かるので、いちいちスマホを見るという手間が減った気がする。さすがに人前でGear Liveに向かって「OK、Google」と音声入力で調べ物をしようとは思わないが、面白いアプリが出てくれば、使い続けようかなとは思った。

 つまり、Android Wearを生かすも殺すも開発者次第、というわけだ。

 Androidのエコシステムを武器に腕時計型端末で差別化を図るGoogle。Appleよりもいち早くウェアラブルに着手したことで、このリードを保つことができるのか。2015年のGoogle I/Oのころには、その答えが出ているかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月26日 更新
  1. iPhoneのSuicaが改札で反応しない原因は? 対処法も解説 (2024年06月25日)
  2. 中国スマホが“とある場所”で「消しゴムマジック」を使えないワケ 実際に検証してみた (2024年06月25日)
  3. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  4. 小型スマートフォンを使っていますか? 今後使いたいですか? (2024年06月25日)
  5. 「OPPO Reno11 A」はどこがお得? Y!mobile、楽天モバイル、IIJmio、mineo、メーカー直販を比較 (2024年06月24日)
  6. ハイエンドスマホを毎年格安で機種変更 ソフトバンクの「新トクするサポート(プレミアム)」をオススメできる人、できない人 (2024年06月24日)
  7. スマホ用カメラグリップ「SNAP CAM」発売 シャッターボタン付きでモバイルバッテリーにもなる (2024年06月24日)
  8. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  9. “プロ仕様”の撮影ができるカメラアプリ「Blackmagic Camera」のAndroid版が登場 Google Playで無償配布 (2024年06月24日)
  10. auが新料金プラン「スマホスタートプランベーシック 5G/4G」を7月1日から提供 22歳以下なら1年間は月額2178円(Amazon Prime Studentの1年間利用権付き) (2024年06月25日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー