写真で解説する「HTC J butterfly HTL23」(ソフトウェア編)カメラや新UIを試す(2/2 ページ)

» 2014年08月21日 12時00分 公開
[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

細やかな使い勝手が向上した「HTC SENSE 6」

 デザインと同様にこだわったというのが、プリセットされている壁紙。色使いやグラデーションなど、ほかのスマホでは見られない凝った壁紙を楽しめる。また、ホーム画面の長押しから壁紙の変更もできるようになった(HTL21やHTL22では、なぜかこれができなかった)。

photophotophoto ビビッドな壁紙が印象的なホーム画面。画面の下部にはオンスクリーンキーが表示される
photophotophoto
photophotophoto ホーム画面の長押し操作から、壁紙の変更ができる。模様から風景まで、鮮明で美しい壁紙が多数プリセットされている
photophotophoto 8月19日の発表会の展示機にプリインストールされていたアプリ

 HTL23で新たに提供されたUI「HTC SENSE 6」では、先述した壁紙変更も含め、細やかな部分で改善がなされている。通知バーに表示される設定アイコンはカスタマイズができるほか、タスクキーを押して表示される最近使用したアプリ一覧からは、アプリを一括で終了することも可能になった。また、CPUの使用量や画面の明るさを下げ、スリープ時にはデータ通信をオフにするなど、パフォーマンスを落として消費電力を抑える「EX省電力モード」も導入した。

photophoto 通知バーに表示される設定アイコンはカスタマイズが可能になった(写真=左)。「×」マークをタップすると、最近使用したアプリがまとめて終了する(写真=右)
photophoto 端末のパフォーマンスを落として消費電力を抑える「EX省電力モード」
photophotophoto アプリやウィジェットの設定(写真=左)。設定画面のアイコンはモノクロのシンプルな内容になっている(写真=右)

 HTCが「シックスセンスのような機能」と紹介しているのが「Motion Launch(モーションローンチ)」だ。スリープ時に画面をダブルタップするとディスプレイが点灯し、上から下にスワイプすると音声ダイヤルが起動、下から上にスワイプするとロックが解除、左から右にスワイプするとBlinkFeedが起動、右から左にスワイプするとウィジェットパネルが起動する。着信時に端末を耳に当てるだけで電話に出ることもできる。

photophotophoto 「Motion Launch」のジェスチャー内容を設定できる

 SNSやニュースの情報を集約してホーム画面上に表示する「BlinkFeed」は、デザインやUIを一新。興味のあるキーワードに合った情報を配信させたり、「後で読む」リストに追加したりできる。Zoeのハイライトやおすすめレストランといった情報の表示も可能になった。

photophotophoto 「BlinkFeed」は緑基調の画面に変更され、キーワードにヒットした記事、写真、動画の表示も可能になった
photophotophoto Zoeのハイライトやおすすめレストランといった情報も表示できる
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年