調査リポート
» 2019年02月15日 15時33分 公開

PayPayユーザー数は、100億円上限額到達の12月13日がピーク ヴァリューズ調べ

ヴァリューズは、2月14日にマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用したスマホ決済「PayPay」の利用動向調査について発表。2018年12月に実施された「100億円あげちゃうキャンペーン」では上限額到達日に約471万人がアプリを起動し、女性とシニアがユーザー増を牽引していることが分かった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ヴァリューズは、2月14日にスマートフォン向け決済サービス「PayPay」の利用動向調査について発表した。

 本調査ではヴァリューズが保有する20代以上のモニターパネルの行動ログデータを用い、PayPayや主要決済アプリ「Origami」「楽天ペイ」「PayPal」「PayB」「QUICPay」の行動ログを分析した。

 PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」が実施された2018年12月時の日次起動ユーザー数を見たところ、キャンペーン開始からPayPayが急増。12月2日にOrigami、12月3日には楽天ペイの起動ユーザー数を抜き、12月3日は104万人程度だった起動ユーザーがキャンペーン開始の12月4日に約203万人、12月7日〜8日は約366万人に到達した。12月11日は約350万人を割るものの、12月12日には約400万人を超え、キャンペーン予算上限額に達した12月13日は約471万人がアプリを起動した。

 一方、12月21日〜25日限定で50%ポイントバックキャンペーンを実施した楽天ペイも12月20日はPayPayから首位を奪取。キャンペーン期間中の12月22日は約187万人が利用した。

Photo

 PayPayの日次インストール数は、12月1日には約10万人に満たなかったが、キャンペーン開始前日の12月3日に約20万人、開始当日の12月4日は約50万人、12月8日には約60.4万人に増加。12月の1カ月間での新規ユーザー約541万人のうち、489万人がキャンペーン期間中に集中していることが分かった。

Photo

 月次のユーザー数推移を見ると、10月のサービス開始当初は16.1万人でQUICPayを下回っていたPayPayが、12月に約36倍の581万人に急増。楽天ペイとOrigamiを一挙に抜き去った。

Photo

 PayPayユーザーの年代別では40代が約3割程度となり、50代以上もキャンペーン期間前後で2割、終了後は3割以上に到達。20代は2割弱で推移している。PayPayのサービス開始10月からの月次ユーザー数推移を見ると、10月当初は10%未満だった女性ユーザーが12月には4倍弱の36.0%に急増した。年代別では12月に50代以上のユーザーが27.9%増となり、特に60代は10月の4.4%から12月の12.5%へ8ポイントシェアを増やしている。

Photo
Photo
Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう