レビュー
» 2009年11月20日 19時55分 公開

Core 2 Duo搭載で平均9.99ミリ厚:“世界最薄”モバイルノート「Adamo XPS」の秘密に迫る (3/3)

[前橋豪, 撮影:矢野渉,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

Core 2 DuoとSSDの採用でモバイルノートPCとしては良好なパフォーマンス

 試作機のパフォーマンスもチェックしてみた。ただし、前述の通りSSDの容量が国内市場版と異なり、OSも英語の64ビット版Windows 7 Home Premiumなので参考程度に見てほしい。電源プランは標準の「Balanced」設定とした。

 Windowsエクスペリエンスインデックスは、Intel GS45 Expressチップセット内蔵のグラフィックス機能(Intel GMA4500MHD)が足を引っ張り、グラフィックス関連のスコアが低めだが、SSDのパフォーマンスが優秀だ。デルによれば、国内市場版の128GバイトSSDは試作機に搭載されているSSDの容量違いとのことなので、これに近いスコアが得られると考えられる。Windows Aeroを含むWindows 7の機能を利用するうえで問題がない性能といえるだろう。

 PCMark05、PCMark Vantage、3DMark06、FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3といったPC USERでおなじみのベンチマークテストの結果を見ても、スペックから察するに妥当なスコアだ。Core 2 Duoと比較的高速なSSDの採用により、モバイルノートPCとしての基本的なパフォーマンスは良好だが、3Dグラフィックスの性能は控えめなので、やはりゲーム用途には向かない。

左がWindowsエクスペリエンスインデックス、右がPCMark Vantageのスコア

左からPCMark05、3DMark06、FF XIベンチのテスト結果

 なお、今回入手した試作機は電源回りに少し問題があり、液晶ディスプレイのバックライト輝度が不意に切り替わったり、ファン制御に不具合が見られたため、バッテリー駆動時間や騒音、発熱のテストは見送った(ファンはキーボードの左奥にある)。もちろん、実際の製品ではこうした問題が解消されているという。

 とはいえ、非常に薄いボディということで、発熱を気にしているユーザーは少なくないだろう。あくまで試作機を利用した感想になるが、利用時にユーザーの手が触れるパームレストやキーボードは比較的発熱しにくく、キーボードの奥や底面のヒンジ付近が熱くなりやすかった。システムに負荷がかかると、右パームレストが熱くなってくるが、温度が上がりすぎて困るほどではなかった。Adamo XPSは利用時に底面が浮き上がり、本体の上下にエアフローができるため、このスタイルも放熱に一役買っている。

人とは違うプレミアムなノートPCを求めるユーザーへ

 以上、駆け足でAdamo XPSをチェックした。薄さだけを最優先したノートPCのように思うかもしれないが、変わったボディデザインから予想されるよりも使い勝手はよく、見た目も中身も相当に練られて作り込まれていると感心した。

 実用重視のモバイルノートPCは数多くの選択肢があるが、デルが世界最薄をうたうように、ここまでの薄さを実現した製品はない。極薄のアルミボディと独特のボディデザインは、人とは違ったプレミアムなノートPCを求める層にピッタリはまるだろう。これで17万4000円からという価格は意外に安いと感じさせる。

 今後PC USERでは、日本市場版のAdamo XPSを入手し、今回テストできなかった内容も含めてレビューを行う予定だ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう