ニュース
» 2011年01月15日 19時42分 公開

2011 International CES:x86系CPUを否定して「ARM 愛」を強調──NVIDIAプレスカンファレンス (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

そして、「Project Denver」が明らかになった

 聞いているこちらが、「大丈夫なのか」と思うほどに、インテルとマイクロソフトが主流となったPCを否定するファン氏の講演では、最後に、ARMは2008年から2009年の減少傾向から脱して2010年から成長を回復し、2014年にかけて急速に成長するという独自の予測も紹介。さらに、Microsoftが「Windows for ARM」を発表する予定という報道を引き合いに出すなど(NVIDIAのプレスカンファレンスはMicrosoftによる基調講演の4時間前に行われた)、デジタルデバイスの流れがこれからARMに大きくシフトしていくと訴求し続けた。

NVIDIAは“スーパーコンピューティングカンパニー”を目指す。だが、そこで主役となるのはGPUコンピューティングだけでない(写真=左)。ARMの出荷台数はこれからも急激に増え(写真=中央)、そして、MicrosoftはARM対応のWindowsを開発するという(写真=右)

 この流れを受けて、ファン氏は、NVIDIAが“Project Denver”と名づけたCPU開発計画を進めていることを明らかにしている。このCPUは、NVIDIAのGPUを統合するARMベースのもので、従来のモバイルコンピューティングの枠を超えて、サーバやスーパーコンピューティング、そして、クラウドコンピューティングまでカバーする性能を有するとしている。

 ファン氏はこのCPUをApple、Google、そして、将来のMicrosoftなど、ARM対応OSを持っている(もしくは、開発を表明している)OSベンダーがサポートするオープンなものになり、NVIDIAのCPUがスーパーフォンからスーパーコンピュータまでをカバーするだろうと述べている。(記事掲載時、Project Denverの表記に誤りがありました。おわびして訂正します)

NVIDIAが明らかにした「Project Denver」は、ARMベースでGPUやビデオプロセッサを統合するCPUをNVIDIAが開発するもので、モバイルデバイスからスーパーコンピュータまでを同じエンジニアリングと開発環境で実現するとしている

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう