ニュース
» 2011年11月21日 11時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「3930Kのほうが入手困難です」――Sandy Bridge-Eデビュー直後の動向 (4/4)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「みんなが深呼吸した感じですかね」――1Tバイトプラッタを3枚搭載した3TバイトHDDがデビュー

ソフマップ秋葉原本館のHDDコーナー(11月18日撮影)

 HDDの価格高騰と品薄傾向は、先々週よりもさらに落ち着いていた。最安クラスで3Tバイトモデルが2万円強、2Tバイトモデルが1万6000円前後と若干の値上がりがみられるが、価格表に張られた「売り切れ」の札は断然少なくなった印象だ。

 PC DIY SHOP FreeTは「お客さんも売り手もみんなが深呼吸して落ち着いた感じですかね。根本の事態は解決していませんが、現状が把握できて混乱が去った印象です。我々もある程度のHDDはストックしていますが、異常に高い値の付いたものには手を出さないようにしていますし、冷静な判断が市場全体に渡っている感じはあります」と語る。

 そんななか、シーゲイトから3Tバイトの新モデル「Barracuda ST3000DM001」が登場している。1枚1Tバイトのプラッタを3枚使った、3TバイトHDDとしては最小構成のモデルで、価格は2万6000円弱。在庫は少なめだ。

 すでに売り切っていたPC DIY SHOP FreeTは「プラッタ枚数が少ないHDDを好む人は多いですから。現時点でも安くはないですが、どうしても近々に大容量HDDがほしいという人には魅力的なモデルだと思います」と話していた。

 また、HDDショックの影響からSSDをブートドライブに換えるユーザーも順調に増えているようだ。フェイス秋葉原本店は「11月に入ってから、SSDに注目する人が増えてきた感触はありますね。64Gバイトクラスなら1万円を大幅に切るモデルもあるので、複数台買ってRAID 0を構築する人は珍しくないですよ」という。同店で特に人気があるのは、東芝のSATA 2.0対応64GバイトSSD「THNSC064GBSJ」とのこと。バルク品で、価格は5980円だった。

 一方、高速な120Gバイトモデルが売れるという声もいくつか聞いた。ドスパラ パーツ館は「64Gバイト2台よりも、120Gバイトクラスの高速タイプのほうが速い場合も多いですからね。ウチの場合は、ADATAのS510シリーズの120Gバイトモデルが1万2480円です。リード最大550Mバイト/秒出るので、かなり売れていますよ」とプッシュする。

シーゲイト「Barracuda ST3000DM001」のPOP(写真=左)。フェイス秋葉原本店で人気の東芝「THNSC064GBSJ」(写真=中央)。ドスパラ パーツ館のPOP。ADATAのS510 120Gバイトタイプが人気という(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう