ニュース
» 2012年03月26日 10時47分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:定格4GHz超えのCPUや“ロクハチ”など、大物パーツが続々登場 (3/4)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「間違いなく大ヒット候補です」――Radeon HD 7870/7850カードも出回る!

フェイス秋葉原本店に並んだRadeon HD 7870/7850カード

 一方のAMD陣営は、Radeon HD 7000ファミリーの新GPU「Radeon HD 7870/7850」を搭載したカードを投入している。こちらも各ショップの評価が高い。

 Radeon HD 7870は、HD 7950の下位モデルで、コアクロックは1GHz。標準デザインのカードはGDDR5メモリを2Gバイト積み、6ピンの補助電源を2基備えている。ピーク時の消費電力は175ワットだ。その1つ下に位置するRadeon HD 7850は、コアクロックが860MHzと下げられているが、ピーク電力も130ワットと大幅にダウンしており、補助電源は6ピン1基となる。価格はHD 7870カードが3万円台後半から4万円台前半、HD 7850カードが2万円台半ばから3万円台前半となる。

 どちらも好調に売れているとのことだが、取材した金曜日時点ではHD 7870の人気が若干高かった。フェイス秋葉原本店は「初回は性能重視で買われる方が多いので、まずは上位から動きますね」という。

 ただし、ショップの評価はHD 7850のほうが高い印象だ。PC DIY SHOP FreeTは「HD 7870も悪くないですが、HD 7850は最高に評判がいいですよ。消費電力が少なくて、性能はHD 6970やGeForce GTX 570並み。価格も初回から3万円前後で、カードも短め。すべてにおいて優れているんです。HD 7000ファミリー全体をみると、HD 7850とHD 7750が図抜けてヒットするんじゃないかと思いますね」と絶賛していた。

VTX3Dの「VX7870 2GBD5-2DH」と「VX7850 2GBD5-2DH」。価格は順に3万4000円前後と2万4000円弱(写真=左)。Sapphireの「HD7870 GHZ EDITION」と「HD7850(標準クロックタイプ)」。価格は4万円弱と2万8000円弱(写真=中央)。MSIの「P7850 Twin Frozr III OC」。3万3000円前後で出回っている(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう