ニュース
» 2015年12月14日 12時21分 公開

10万円超のグラフィックスカードがサクサク売れそうな冬ボの季節古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ビットフェローズのパンタグラフキーボード「BFKB88PC」が登場!

 先週は複数ショップの店頭にダーマポイントの放出品が並んで話題を呼んだが、元ダーマポイントのスタッフが中心になって設立したブランドのビットフェローズからも新製品が投入されている。

 USB接続の小型ゲーミングキーボード「BFKB88PC」で、価格は6000円弱。キースイッチにパンタグラフを採用し、テンキーを省いて幅326ミリとコンパクト化しているのが特徴。複数キーの同時押しに対応し、Fnキーによる設定で全角/半角キーを無効化したり、WindowsキーをCtrlキー化したりできる。

 パソコンSHOPアークは「コンパクトですがキーピッチは19ミリありますし、Enterキーがかなり大きいので、入力性は良さげです」とプッシュしていた。カラーは白と黒の2種類がある。

ビットフェローズ「BFKB88PC」

 そのほか、アイネックスからはUSB 3.1 Type-C対応アイテムが複数登場している。Type-A(一般的なガム型)をType-Cに変えるアダプタ「ADV-124」(1000円強)と、オス-オスのType-C 1メートルケーブル「USB-151」(2100円強)だ。パソコンハウス東映は「USB 3.1環境下で使えるType-Cアイテムもかなり充実してきましたね。どちらも3アンペア給電に対応するので、役立つシーンは多いんじゃないでしょうか」と話していた。

アイネックス「ADV-124」と「USB-151」

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう