ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「海外旅行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:トラベル
質問!海外→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で海外関連の質問をチェック
「海外旅行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「予約サービス」「現地ガイドサービス」「観光プラン作成」を出品:
エニグモが旅行市場へC2Cモデルで参入、「BUYMA TRAVEL」を提供開始
エニグモは、世界143カ国に在住する11万人超のパーソナルショッパーが海外旅行者に現地ならではの体験を提供する「BUYMA TRAVEL」を提供開始した。(2018/8/1)

ITりてらしぃのすゝめ:
海外でスマホを安く使う方法 「ローミングは高い」は本当?
間もなく夏季休暇のシーズンだ。海外旅行にいく計画をしている人向けに、海外で手軽にデータ通信をする方法を紹介したい。(2018/7/4)

海外旅行時のインターネット利用上位は「ホテルのWi-Fi」「Wi-Fiレンタル」、男女に差
MMD研究所は、6月21日に「海外旅行時のインターネット利用に関する調査」の結果を発表。 過去1年の海外旅行経験は13.1%で、海外旅行時のインターネット利用上位は女性最多が「ホテルのWi-Fi」、男性最多が「Wi-Fiレンタル」と男女差が見られた。(2018/6/23)

H.I.S.が海外旅行者に「変なSIM」発売 1日500円
H.I.S.Mobileが、海外旅行者向けに格安SIM「変なSIM」を7月に発売。1日当たりの通信料は500円。専用アプリを使い、端末設定の手間を軽減する。(2018/5/23)

「GWは海外旅行なの」「なんちゃって! 仕事なの」 可愛い嘘のカワウソがかわいすぎ
かわいそうなのに、かわいい。(2018/5/4)

PR:複数国でも安くて使い放題プランもあり! 海外インターネットは「jetfi(ジェットファイ)」が最適な理由
海外旅行をする際に気になるのが、データ通信の手段だ。キャリアのデータローミングやWi-Fiルーターのレンタルなどがあるが、どれも一長一短で決め手に欠ける。そこでオススメしたいのが「jetfi」というサービスだ。(提供:jetfi)(2018/4/19)

「少額の換金ニーズ」応える:
即時買い取りの「CASH」、外貨・金券・商品券の取り扱い開始
即時買い取りアプリ「CASH」が、外貨や金券・商品券の取り扱いを開始した。海外旅行後に余った少額の外貨や使いそびれている金券・商品券を手軽に換金したいというニーズに応える。(2018/2/20)

猫ちゃんと海外旅行気分♪ 猫のコスプレ雑貨「キュートなねこの世界旅行」が登場
どの国にしようかな。(2018/1/24)

海外旅行は過去最高:
年末年始をどう過ごす? リゾート・近場の海外が伸びている
2017年の年末年始は、海外旅行に行く人の数が過去最高になりそうだ。(2017/12/27)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(6月編):孫社長の「訪日旅行客向けWi-Fi」不要論/キャリアの「MNP優遇」再び……?
ソフトバンクグループの孫正義社長の「訪日外国人向けWi-Fiサービスは不要」という旨の発言が注目を集めた6月。賛否両論を集めましたが、海外旅行中の通信手段についていろいろ思いを巡らせるきっかけになりました。(2017/12/25)

歩数と連動して楽しめる徒歩ゲー「FiNC ごほうびウォーカー」 抽選で海外旅行をプレゼント
オトモと一緒にバーチャル上の日本を旅する徒歩ゲー「FiNC ごほうびウォーカー」が登場。アプリ「FiNC」で実際に歩いた歩数と連動し、豪華賞品や抽選で海外旅行などを獲得できる。(2017/10/12)

半径300メートルのIT:
海外旅行中に“スマホで大失敗しない”方法
海外旅行中もスマホを手放せなくなった今、旅先で“スマホで失敗しない”方法とは。(2017/8/8)

半径300メートルのIT:
これは便利! 海外旅行で見つけた“意外なモノ”の自動販売機
久々の海外旅行で、ちょっと面白い自動販売機を見かけました。購入したモバイルバッテリーで充電が終わり、空になったら、この自動販売機に入れることでまた満充電のバッテリーが手に入るのです。また、帰国後に余った外貨を電子マネーに変えてくれる自動販売機も初めて体験しました。(2017/7/25)

江梨佳、28歳の場合:
PR:仕事だってプライベートだって楽しみたい――現代型キャリア女子の華麗なる溜池ライフ!
やりがいのある仕事に充実した研修制度、長期休暇を利用して海外旅行――仕事もプライベートも100%満喫する、そんなエンジニアライフなんて夢物語でしょ?(2017/6/20)

海外旅行で余った外貨を電子マネーに 福岡空港で外貨変換端末「ポケットチェンジ」がサービス開始
2月に羽田空港に初導入された外貨を電子マネーやギフト券などに交換できる専用端末です。(2017/6/18)

石川温のスマホ業界新聞:
ティム・クックCEOから直々にWWDCに招待された、82歳のマーちゃん――海外旅行が大好きで、サンノゼから帰国の翌日にはロシア旅行へ
6月5日〜9日(米国太平洋時間)に行われたApple主催の開発者向けイベント「WWDC 2017」。この会に、日本から82歳の女性プログラマーが招待された。(2017/6/16)

デザインフェスタvol.45:
持ち歩ける簡易便座「イケベン」が海外旅行で大活躍しそう! 作者に聞いた意外な開発経緯
「便座がない」は海外旅行あるあるですよね。(2017/5/28)

ふぉーんなハナシ:
ドコモの「海外1dayパケ」を使おうとしてハマった話
連休中に海外旅行に出かけることに。せっかくなのでNTTドコモの「海外1dayパケ」を使ってみようと思ったのですが……。(2017/5/12)

モバイル版Googleマップのレビュー、自動翻訳に
モバイル版GoogleマップやGoogle検索で検索したショップやレストランのレビューが端末に設定してある「言語」以外の場合、自動的に翻訳して表示するようになる。海外旅行で便利そうだ。(2017/4/25)

持ち株会社も破産:
てるみくらぶ関連会社 「自由自在」が破産
格安海外旅行会社「てるみくらぶ」関連会社の「自由自在」と、持ち株会社の「てるみくらぶホールディングス」が破産。(2017/3/30)

4月から新社会人のはずが……:
てるみくらぶの内定取消者を救え 官民動く
破産手続き開始決定を受けた格安海外旅行会社「てるみくらぶ」の内定取消者を対象に、厚生労働省が特別相談窓口を設置。官のみならず、民間企業も動きを見せている。(2017/3/29)

6カ月で負債50億円膨らむ:
てるみくらぶ、破産直前の債務超過額は126億円
破産手続き開始決定を受けた格安海外旅行会社「てるみくらぶ」の資産内容を、東京商工リサーチが明らかに。債務超過額は126億円。関連会社8社の状況も判明した。(2017/3/29)

関連会社にも影響:
てるみくらぶ破産に連鎖 「自由自在」も営業停止
破産手続き開始決定を受けた格安海外旅行会社「てるみくらぶ」に連鎖し、関連会社で海外旅行ツアーを販売する「自由自在」が営業停止に。(2017/3/28)

格安海外旅行のてるみくらぶが破産 営業を停止
3月27日以降出発予定の旅行ツアーは催行できない状態。(2017/3/27)

旅行者の負債100億円:
海外旅行会社「てるみくらぶ」が破産 返金は困難か
航空券が発券できないなどのトラブルが起きていた格安海外旅行会社の「てるみくらぶ」が自己破産。(2017/3/27)

IT4コマ漫画:
海外旅行の必需品といえば
かつてはパスポート、ビザ、クレジットカードの3大セットでしたが、今では? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第94回目。(2017/3/10)

海外旅行で余った外貨を電子マネーに交換できる端末「ポケットチェンジ」 こだわったのは「コインの複数処理」開発秘話を聞いた
外貨の処理が便利に!(2017/3/5)

海外旅行で余った外貨を電子マネーやギフト券に交換 専用端末「ポケットチェンジ」が羽田空港でサービス開始
中途半端に余ってしまった硬貨も交換できて便利!(2017/2/21)

訪日外国人は過去最多:
2017年の旅行市場はこうなる JTBが予測
JTBが調査結果を発表。訪日外国人旅行者が増加し過去最多となる一方、海外旅行のコスト増などが原因で日本人の旅行者数は昨年から変動が少ないと予測する。(2017/1/13)

航空機のような有人機で宇宙旅行へ H.I.SとANA、宇宙輸送事業化に向けた開発会社との提携を発表
もうすぐ国内旅行、海外旅行、宇宙旅行の3択になるかも……!?(2016/12/2)

KDDI、VRによるリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で提供
KDDIとナビタイムジャパンは、VRを活用したリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で提供する。(2016/10/20)

バーチャル海外旅行サービスをKDDIが実施 VRで買ったものがその手に 現地人と会話もできる
体験後は現地の飲み物も楽しめます。(2016/10/20)

VRでリアルタイム海外旅行「SYNC TRAVEL」 現地ガイドの360度カメラ目線で
VR HMDを使って、海外旅行の映像をリアルタイムで楽しめるサービス「SYNC TRAVEL」を、KDDIが2日間限定で提供する。(2016/10/20)

日本にいながらにVRで海外旅行 KDDI、ナビタイムが期間限定でスタート
KDDIとナビタイムジャパンはVR(仮想現実)を活用した遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を提供する。(2016/10/20)

PR:海外旅行の強い味方に――電話で通訳してもらえる「J-TALK Travel」を活用しよう
海外旅行で不安に感じる「言葉の問題」を解決してくれるサービスが「J-TALK Travel」。アプリから電話をかけてオペレーターに通訳してもらえるので、会話に自信がないときでも安心。荷物の盗難や紛失など、いざというときのコミュニケーション手段にもなる。(2016/8/31)

海外旅行中はスマホの扱いにご用心 auが破損・紛失・水没が起きやすい国をランク付け
特にイギリス・シンガポール・インドでは慎重に。(2016/7/6)

ドコモ、韓国・台湾・グアム・サイパンで「海外1dayパケ」が使い放題になるキャンペーン
NTTドコモは、韓国、台湾、グアム・サイパンで「海外1dayパケ」が使い放題になる「ドコモ応援夏旅!!キャンペーン」を9月30日まで実施。海外旅行グッズが当たるプレゼントキャンペーンも行う。(2016/7/5)

海外旅行で余ったお金を電子マネーに変換 羽田空港に7月設置
海外旅行で余ったコインや紙幣を国内で使える電子マネーに両替できる専用端末が7月に羽田空港に設置される。(2016/6/17)

海外旅行で余った外貨を電子マネーに交換できる端末登場! 7月から羽田空港でサービス開始
両替が面倒な外国紙幣や両替できない外国硬貨をまとめて電子マネーに! これ便利だわ。(2016/6/17)

旅行の申し込みはどのように? 若年層と熟年層で違い
海外旅行市場をみると、2016年に入ってから順調に伸びているが、申し込みはどのようにしているのか。年代別にみると、ちょっと意外な事実が……。(2016/6/13)

au、24時間980円「世界データ定額」8月から 海外旅行中もいつものスマホで
KDDIが24時間980円の定額料金で海外からデータ通信を利用できる「世界データ定額」を8月に始める。(2016/5/31)

ITライフch:
ハワイ旅行で接続簡単なREADY SIM(ZIP SIM)を使ってみた!
海外旅行先のモバイル通信環境としては、キャリアの海外ローミングサービスなど選択肢はいくつかありますが、いずれも割高に感じます。今回は、接続が簡単と話題の海外SIM「READY SIM」使用してきましたので、手順や感想をまとめてみました。(2016/5/31)

オウルテック、2ポート計4.8Aの急速充電に対応したAC充電器を発売
オウルテックは、2ポートの合計出力が4.8AのAC充電器「OWL-ACU2F48シリーズ」を発売。最適な電流量で急速充電を行えるほか、海外旅行でも利用可能だ。(2016/1/21)

外務省が海外旅行のトラブル回避マニュアル「虎の巻」最新版公開
気をつけるにこしたことはない。(2016/1/5)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第33回 搭乗券に印字された個人情報とセキュリティへの考え方
年末年始で海外旅行に出かける方も多いのではないでしょうか? 楽しい気分で飛行機の搭乗券をネットにアップしてしまうと、思わぬトラブルに出会ってしまうかもしれません。(2015/12/18)

SIM通:
海外旅行はSIMフリースマホで!オススメ端末とその理由
年末年始を海外で迎えるという人も多いのでは? 今回は海外旅行のお供にピッタリなSIMフリースマホとその理由を紹介していきたいと思います。(2015/12/11)

SIM通:
いよいよ日本にもApple SIM上陸!ネットワークはau網
熱望されていた「Apple SIM」がいよいよ国内で発売。通信事業者をiPad上から選択でき、海外旅行の際などSIM交換不要で現地の通信網が利用可能になる。(2015/12/3)

教えて! 絵師さん:
ボールペンから生まれる浮遊感 はしゃさん
イラストに漫画、海外旅行記――はしゃさんの作品はどれも、ボールペンのあたたかい質感が印象的です。(2015/10/19)

KDDI、iOS版「GLOBAL PASSPORTアプリ」の機能を拡充 海外旅行サポート機能が充実
KDDIは、iOS版の「GLOBAL PASSPORTアプリ」をバージョンアップした。渡航前の準備から帰国まで、旅行のあらゆる場面をサポートする機能が充実している。(2015/10/9)

アイツー、30日間・SMS100通までUS5ドルの「ヨーロッパSMS放題」スタート
アイツーは、海外旅行者向けSIM「トラベルSIM」で「ヨーロッパSMS放題」をスタート。ヨーロッパの各地で30日間、SMS100通をUS5ドルで送ることができる。(2015/9/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。