ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アクティブユーザー」最新記事一覧

秋葉原、池袋を取材:
街中がポケモン一色 「Pokemon GO」ダウンロード数は140万を突破
ネット上で非常に注目されている「Pokemon GO」は、実際にどれくらい外でプレイされているのか? 街角で取材した。(2016/7/23)

FacebookメッセンジャーのMAUが10億突破 WhatsAppに続き
Facebook Messengerの月間アクティブユーザー数(MAU)が10億人を突破した。Facebookアプリ(2015年8月)、WhatsApp(2016年4月)に続き、同社として3つ目の10億人規模のアプリになった。これを祝し、風船の絵文字を送ると画面いっぱいに風船が飛ぶエフェクトが追加された。(2016/7/21)

「Pokemon GO」の次は? “玩具化”したARはどこへ行くのか
「Pokemon GO」をはじめ、身近な存在となりつつあるAR(拡張現実)。だが「ARはゲームに使われる技術」など“玩具”のように思う人も少なくない。こうした課題を踏まえ、ARはこの先どのように発展し、ビジネスの現場や日常生活を変えていくのか――。(2016/7/21)

「LINE NEWS」の月間アクティブユーザー数が4100万人突破 10代、20代での利用は1位
10代、20代を中心に飛躍的な成長。(2016/7/20)

Microsoft、Azure倍増とクラウド好調で黒字転換
Microsoftの4〜6月期決算はAzureの売上高が倍増するなどクラウド事業が好調で黒字転換だった。ナデラCEOは、今後はWindows 10の数字をインストールベースではなくMAUで発表すると語った。(2016/7/20)

戦略コンサルの論考を変革のヒントに(2):
ハード屋がソフトの世界で成功するための5つのヒント
戦略コンサルティング企業が発信する論考や調査レポートから、モノづくり業界の皆さんに示唆をもたらす記事を紹介する連載の第2回。今回は、ボストン コンサルティングが提言する「ハードウェアメーカーがソフトウェアの世界で成功する方法」をピックアップ。その“5つのキーポイント”を読み解きます。(2016/7/19)

なるほど、分からん:
大人が「Snapchat」の魅力を理解できないワケ
大人には難しすぎる。(2016/7/17)

「メッセンジャーの陣取り合戦は終わった」──日米同時上場のLINE、次の戦略は
「スマホメッセンジャーの陣取り合戦は終わった」――日米同時上場したLINEは、世界展開を視野に入れる。だが、単なるメッセンジャーアプリだけでは、他SNSとの競争激化は避けられない。そんな状況を踏まえ、同社が打ち出す戦略「スマートポータル」とは。(2016/7/15)

中国版ストリートビューは改竄されている?
Googleストリートビューに似たBaidu Total Viewサービスだが、その画像は大幅に編集されているという指摘がある。(2016/7/15)

「Pokemon GO」米最大のスマホゲームに ユーザー数、史上最多
「Pokemon GOは、米国のモバイルゲーム史で最大のゲームになった」――米調査会社のSurveymonkeyが発表した。(2016/7/14)

「Pokemon GO」で任天堂の株価がぐーんとあがった! 2日連続の年初来高値更新
7月12日の株式市場で任天堂(東証1部)の株価が引き続き好調。「Pokemon GO」の米国人気を受け、2日連続で年初来高値を更新した。(2016/7/12)

DeNAと京都銀行も株価好調 任天堂株のこうかはばつぐんだ
7月12日の午前株式市場で、東証1部のDeNAと京都銀行の株価が好調だ。「Pokemon GO」が米国で大ヒットし大幅続伸の任天堂株を保有していることを材料視?(2016/7/12)

「Pokemon GO」今週中に日本でもサービス開始か
関係者の話としてWSJが伝える。(2016/7/12)

“全米1位”の「Pokemon GO」、日本公開は今週中か
「Pokemon GO」の日本での公開は「今週中を予定」――WSJの記者がこう伝えた。(2016/7/12)

「Pokemon GO」、DAUがTwitterに迫る勢い──SimilarWeb調べ
米国などで7月6日に公開された「Pokemon GO」はApp StoreおよびGoogle Playのゲーム部門で首位を獲得した。SimilarWebによると、米国の全Androidユーザーの5.6%が同ゲームをインストールしており、毎日プレイするユーザーの割合はTwitterに迫る勢いだ。(2016/7/12)

Snapchat、ついにスナップの保存・再投稿を可能に 新機能「メモリ」発表
開封すると消えるスナップ(投稿)で人気のSnapchatが、過去の自分のスナップを検索・表示・再投稿できるようにした。新機能「Memories(日本では「メモリ」)は現在ローリングアウト中だ。(2016/7/7)

LINEのIPOは成功するか 成長戦略には疑問の声も
日本市場で今年最大規模となるLINEのIPOが迫っている。だがその成長性を疑問視する投資家も多い。(ロイター)(2016/6/30)

comico、世界累計2000万ダウンロード突破! 国内の週間アクティブユーザーは350万
週間アクティブユーザー数を公開したのはこれが初。(2016/6/23)

Instagram、キャプションやプロフィールの翻訳機能追加へ
5億人のユーザーの8割が米国以外から利用しているというInstagramに、もうすぐ翻訳機能が追加される。投稿のキャプションやプロフィールの自己紹介を「翻訳を見る」ボタンで設定した言語に翻訳できるようになる。(2016/6/23)

Instagram、MAUが5億人突破 2年間で倍増
Facebook傘下の写真共有サービス「Instagram」の月間アクティブユーザー数が5億人を突破した。4億人突破は2015年9月で、成長速度は落ちていない。(2016/6/22)

単なるチャットツールと思ったら大間違い
「Slack」はなぜ多くのファンを呼び込む? 他のツールにはない魅力とは
「Slack」は単なるコラボレーションアプリケーションではなく、機能の拡張を進めておりコラボレーションプラットフォームになりつつある。どのような機能があるのか紹介する。(2016/6/14)

給料は? 稼ぎ頭は? 有価証券報告書で見る「LINEの今」
LINEの上場が決まり、ベールに包まれていた実態が明るみに。LINE社員の給与や役員報酬の実態は?(2016/6/13)

LINE上場、正式発表 東証・NY市場に 「グローバル展開積極化」
LINEの新規上場を東証が正式発表。NY市場にも同時上場する。時価総額は6000億円に迫る規模に。(2016/6/10)

アプリ利用時間、SnapchatがFacebookに続き2位に 米国調査
アプリの利用時間、米国ではSnapchatがFacebookに続き2位に――米App Annieが日米英のアプリ利用動向を発表した。(2016/6/10)

Androidセキュリティ技術の最前線(4):
Androidアプリマーケットを守る「不正アプリ抽出技術」総解説
Android端末のセキュリティ対策技術について解説する本連載。第4回は、アプリを流通させるための大規模なプラットフォームである「マーケット」の現状と、マーケットの分析から見えてくるセキュリティ・プライバシーの課題やその対策について解説する。(2016/6/7)

TBSラジオ、ポッドキャスト終了 10年超の歴史に幕 「収益化のめどが立たないため」
TBSラジオが6月末でポッドキャスト配信を終了。ストリーミング型の新サービス「TBSクラウドラジオ」に移行する。(2016/6/6)

Swift製リアルタイムチャットアプリ開発で学ぶ:
ユーザー解析機能が無料になったFirebaseの使い方超入門
Firebaseのデータベース機能を使って無料のチャットアプリを作ることで、FirebaseやFirebase Analyticsの使い方について解説します。(2016/6/6)

「中小企業はもっとクラウドサービスを活用すべき」
「メールアドレスは全社で1つだった」、そんな会社が実現した“Evernote活用術”
愛知県に本社を置く堀江織物とデジタルプリントサービスを提供するHappyPrinters原宿。製造業と店舗運営、それぞれ毛色が違う情報の管理を1人で実践している人がいる。その情報管理方法とは。(2016/6/8)

Snapchat、DAUでTwitter超えか──Bloomberg報道
SnapchatのDAU(日間アクティブユーザー数)が1億5000万人を超え、Twitterの1億4000万人(推定値)を上回ったとBloombergが報じた。(2016/6/3)

Instagram、アプリロゴをカラフルに変更 ユーザーの“多様化”を反映
写真・動画の共有サービス「Instagram」がロゴを変更。レインボーカラーの背景にカメラレンズを描いたカラフルなデザインとなっている。(2016/5/11)

WhatsAppのWindows/Macアプリ登場 Windows 8、Mac OS X 10.9以降に対応
Facebook傘下のWhatsAppが、WindowsおよびMac版のWhatsAppアプリを公開した。Windows 8以降、Mac OS X 10.9以降に対応する。(2016/5/11)

“後で読む”のPocket、iOS/Androidアプリに「いいね!」と「再投稿」ボタン
後で読みたいオンラインコンテンツを保存するサービス「Pocket」のモバイルアプリに、フォローしているユーザーが保存したコンテンツに「いいね!」したり、自分も保存(「再投稿」)するボタンが表示されるようになった。(2016/5/9)

バナナをなまめかしく食べるネット生配信、中国で禁止に
性的なコンテンツを取り締まる動きの一環。(2016/5/8)

Google Cloud Platform事例
音楽配信サービスSpotifyのGoogle Cloud Platform移行に残る謎
約7500万人の会員を擁する音楽配信サービスSpotifyが、自社データセンターからGoogle Cloud Platformに移行した。SpotifyがGoogleを選んだ理由とは何か。そして、既に使用していたAWSはどうするのか?(2016/4/29)

「LINE」ユーザー伸び悩み続く 業績は堅調 1〜3月期
LINEのグローバルのMAUは伸び悩みが続いている。1〜3月期の業績は堅調だ。(2016/4/28)

Facebook、モバイル広告が好調で過去最高の増収増益
Facebookの1〜3月期の決算は、売上高は52%増の53億8200万ドル、純利益は約3倍の15億1000万ドル(1株当たり52セント)と過去最高だった。MAUは15%増の16億5000万人で、モバイルのみからアクセスするユーザーのMAUはMAU全体の54%を占めた。(2016/4/28)

スマートフォンアプリ広告の新潮流(中編):
「リエンゲージメント広告」の効果を最大限に高めるための3つのポイント
Webサイトからアプリへのシフトが加速する中、新たな広告手法として注目される「リエンゲージメント広告」。その実践について専門家が解説する。(2016/4/28)

Twitter、「タイムラインの優先表示のオプトアウトはわずか2%と好評」(決算発表で)
Twitterの1〜3月期の決算は、売上高は36%増で、赤字幅も縮小した。多くの批判の中で3月にスタートしたタイムラインの非時系列表示を無効化したユーザーはわずか2%で、好評だとしている。(2016/4/27)

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

MicrosoftはPC市場縮小とドル高の影響で減収減益 クラウドは好調
Microsoftの1〜3月期は売上高は6%減の205億3100万ドル、純利益は20%減の37億5600万ドルと減収減益だった。PC市場縮小の影響が大きい。好調だったのは、「Surface」シリーズと「Azure」だった。(2016/4/22)

書籍転載:
ゲーム開発が変わる!Google Cloud Platform実践インフラ構築 第2章
あらゆる書籍の中から、Windows Server Insider読者に有用だと考えられる情報をピックアップして転載する本連載。今回は、ゲームインフラエンジニア向けのGoogleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」の中からGoogle Cloud Platformの概要ならびに料金に関する章を転載する。(2016/4/20)

Computer Weekly:
音楽配信サービスSpotifyのGoogle Cloud Platform移行に残る謎
約7500万人の会員を擁する音楽配信サービスSpotifyが、自社データセンターからGoogle Cloud Platformに移行した。SpotifyがGoogleを選んだ理由とは何か。そして、既に使用していたAWSはどうするのか?(2016/4/20)

このまま使い続けられるはずだが……
無料でアップデートできるWindows 10は“巨大な釣り餌”なのか
Microsoftが提供するWindows 10への無料アップグレードの期限が7月に迫り、この制度を利用する企業が増えている。だがIT管理者にとって、コストやプライバシーに関する不安以外にも疑念が残る。(2016/4/20)

“新タイプ“のクロスプラットフォーム開発ツールに変革:
マイクロソフト、オープンソースコードエディタ「Visual Studio Code 1.0」をリリース
マイクロソフトは無償公開するクロスプラットフォームコードエディタの正式版「Visual Studio Code 1.0」をリリースした。(2016/4/18)

SIM通:
LINEがMVNO事業「LINEモバイル」を今夏スタート
LINEが今夏をめどにMVNOサービス「LINEモバイル」をはじめると公表。月額500円からを予定し、LINE、Facebook、Twitterの閲覧などのデータ通信はカウントしないのが特徴。(2016/4/13)

FacebookメッセンジャーのMAUが9億人突破
Facebookが、同社のメッセージングサービス「Facebookメッセンジャー」の月間アクティブユーザー数が9億人を突破したと発表した。1カ月にやりとりされるメッセージは10億件以上だ。(2016/4/8)

Facebook、スマホで読み取ってすぐに会話を始められる「Messengerコード」提供へ
Facebookが、コミュニケーションのプラットフォームと位置付ける「Facebookメッセンジャー」の新機能として、スマホのカメラで読み取るとメッセンジャーでの会話を開始できる画像「Messengerコード」を全ユーザーに提供すると発表した。(2016/4/8)

スマートフォンアプリ広告の新潮流(前編):
休眠ユーザー呼び戻しとアクティブユーザー離脱防止に「リエンゲージメント広告」のススメ
Webサイトからアプリへのシフトが加速する中、新たな課題に適応した広告手法が生まれている。その中でも注目の「リエンゲージメント広告」について専門家が解説する。(2016/3/29)

石野純也のMobile Eye(3月14日〜25日):
“LINE無料”を打ち出した「LINE MOBILE」の衝撃――業界には大きな課題も
LINEが3月24日に「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催した。そこで披露された大きなサプライズが、MVNO事業の「LINE MOBILE」だ。月額500円から、LINEのサービスが使い放題となるというインパクトのある内容だが、課題も残っている。(2016/3/26)

プリパラもあるよ:
アイカツおじさんに聞いた! 大人が女児向けゲームにハマる理由
なぜ女児向けアーケードゲームに夢中になるのか? “アイカツおじさん”に聞いてみた。(2016/3/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。