ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エージェント機能」最新記事一覧

CES 2017:
トヨタがAIカーを開発、豊田社長の「クルマは“愛”がつく工業製品」を結実
トヨタ自動車は、民生機器テクノロジーの展示会「CES 2017」において、クルマが人のパートナーとなるコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」を出展する。(2017/1/5)

キャリアニュース:
2016年の正社員平均年収は442万円、職種は「CAE解析」が大幅順位アップ
転職サービス「DODA」が「平均年収ランキング2016」を発表。2016年の平均年収は前回比+2万円の442万円だった。86職種のランキングでは、職種のニーズを受けて「知的財産/特許」やIT/通信の「研究開発」、「CAE解析」が大幅に順位を上げた。(2016/12/22)

3年ぶりに前年比プラス:
サラリーマンの平均年収 今年一番多くもらった業種は?
今年のサラリーマンの平均年収は?――インテリジェンス調べ。(2016/12/19)

「AQUOS ZETA SH-04H」がAndroid 7.0にバージョンアップ 「エモパー5.0」に対応
NTTドコモの「AQUOS ZETA SH-04H」が、Android 7.0にバージョンアップする。マルチウィンドウ機能の追加など、OSバージョンアップによる新機能に加えて、「エモパー5.0」への対応を始めとするメーカー独自の変更もある。(2016/12/15)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
ローソンが「あきこちゃん」に期待するワケ
ローソンが半年前から提供しているチャットボット「ローソンクルー♪あきこちゃん」。どんな効果が出ているのか。その他、同社はAIをどのように活用しているのか。AIジャーナリストの湯川鶴章氏が、ローソンにおけるAIの活用状況について取材した。(2016/12/13)

石川温のスマホ業界新聞:
グーグルスマホ「Pixel」でグーグルアシスタントを体験――人工知能による会話UIはスマホの操作性を変えていくのか
Googleのスマートフォン「Pixel」には、人工知能を用いたパーソナルエージェント機能「Google Assistant」が搭載されている。会話の流れをきっちりと理解して真面目に答えてくれる反面、日本語に対応していないことを始めとして課題もある。(2016/12/9)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
なぜ“マツコロイド”と“マツコ”の雑談は失敗したのか?
ドラえもんや鉄腕アトムのような、人間と自然に会話ができる人工知能は本当に生まれるのか――。人間らしい自然なコミュニケーションを実現するために必要な“要件”はいろいろとあるが、人工知能にそれを適用するには、さまざまな壁があるのだという。(2016/12/2)

人工知能ニュース:
日本ユニシスがAI技術「Rinza」を体系化、工場やインフラの予兆検知にも適用へ
日本ユニシスは、情報活用ソリューションの提供や研究開発活動で培ってきた人工知能(AI)関連技術と知見を「Rinza」として体系化した。Rinzaを活用した具体的なサービスとして「知的エージェントサービス」を発表する一方で、今後は工場やインフラの予兆検知にも適用していきたい考えだ。(2016/11/29)

クラウドやコラボレーションの役割に変化か
ユーザーが注目、Microsoftに買収されたLinkedInの次のアクションは?
MicrosoftのLinkedIn買収で、どのようなクラウドアプローチが登場することになるのか。それはマイクロサービスに近いモデルで、従業員のニーズに合わせてもっとパーソナライズしたものになるだろう。(2016/11/16)

「エモパー」が「5.0」にバージョンアップ――「エモパーラジオ」も展開
シャープの「エモパー」が5.0に進化する。11月14日からバージョンアップができる。「声でアラーム&タイマー」や「エモパーとの振り返り機能」などが追加される。(2016/11/14)

パーソナルアシスタントになるイヤフォン「Xperia Ear」、11月18日に発売【更新】
ソニーモバイルが、スマートプロダクトの第1弾「Xperia Ear」を11月18日に発売する。ペアリングしたスマートフォンを音声で操作したり、情報を取得したりできる。連携できるのはAndroid 4.4以上のスマートフォンで、iOSには対応しない。(2016/10/6)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(5):
人工知能を搭載したコミュニケーションロボット、スマホアプリの事例――コンシェルジュ、会話アプリ
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、人工知能を搭載したコミュニケーションロボット、スマホアプリの事例として、ロボットコンシェルジュや会話アプリを紹介する。(2016/12/12)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(4):
ロボットが人間と自然に話すための技術――音声認識、音声合成、知的エージェント、感情認識、感情生成
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、ロボットや人工知能が人間と自然に話すための技術として、音声認識、音声合成、知的エージェント、感情認識、感情生成を紹介。(2016/12/7)

Oracle DB最新版はまずDBaaSとして登場:
オラクルのエリソン会長、「Oracle Database」最新版や多数のクラウドイノベーションを発表
米オラクルのラリー・エリソン氏は「Oracle OpenWorld 2016」の開幕基調講演を行い、同社のクラウドコンピューティングプラットフォーム全般にわたる多くのイノベーションを披露した。(2016/9/21)

DODA 「転職成功者の年齢調査」:
2016年上半期「転職成功者の平均年齢」――過去最高の32.3歳
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職成功者の年齢調査」についての結果を発表した。2016年上半期の転職成功者の平均年齢は全体で32.3歳と、これまでで最も高かった。また、男女ともに過去最高値を更新した。(2016/8/26)

開発陣に聞く:
生活と体験がクロスする――ZからXに生まれ変わった「Xperia X Performance」開発秘話
ソニーモバイルのXperiaが、2016年夏モデルで「Xperia X Performance」にリニューアルした。Zシリーズの技術を継承しつつ、本体の持ちやすさや使い勝手にこだわった。Xperia X Performanceはどのようなコンセプトの元に開発されたのか?(2016/8/16)

製造ITニュース:
ビッグデータの収集/蓄積/分析を行うクラウドサービスを提供開始
東芝 インダストリアルICTソリューション社は、ビッグデータの収集/蓄積/分析までをワンストップで提供するクラウドサービス「GridData Analytics Cloud」を発売した。(2016/7/13)

オープンな姿勢で「創造と進化」を推進する――NTTドコモ 吉澤和弘社長に聞く
NTTドコモは通信事業のみを提供する“土管屋”の枠組みを超えて、モバイルITを軸にした複合企業体になっている。スマホバブルが終わり、モバイルIT産業全体のビジネス構造が変わる中で、ドコモはどこへ向かうのか。社長に就任した吉澤和弘氏に聞いた。(2016/7/11)

ドコモとDeNA、福岡市など、九大キャンパスで自動運転バスの実証実験
NTTドコモはディー・エヌ・エー(DeNA)、九州大学、福岡市と自動運転バスの実用化を目的とした「スマートモビリティ推進コンソーシアム」を設立。(2016/7/11)

ドコモ吉澤新社長が就任 AI開発に意欲、料金の値下げにも言及
「パートナーのアイデアを広く受け入れ、新たな発想を生み出したい」とコメント。スピード感ある経営判断が重要と意気込みを見せた。(2016/6/16)

人に寄り添い「活きる力を起動する」――2016年夏、AQUOSスマホの新しい船出
2015年冬モデルで「人に寄り添うパートナー」としてAQUOSスマホをリブランドすることを宣言したシャープ。2016年夏モデルは、リブランドのテーマをより体現した仕上がりとなっている。(2016/6/2)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
なぜ「Siri」は人気なのか? 競争が激化しているスマホ向けパーソナルアシスタント最新事情
iPhoneに搭載されているパーソナルアシスタント機能の「Siri」。実用面だけでなく、ユニークな会話も楽しめるなど他にはない人気を得ている。その理由を探った。(2016/3/29)

週末アップルPickUp!:
Appleの人工知能開発はどうなってる?
人類は投了しました。(2016/3/12)

Mobile World Congress 2016:
Xperiaは「インテリジェンス」を持つコミュニケーションツールへ――Xperia“第3章”の幕開け
Xperiaの「究極の集大成」こと「Xperia Z5」シリーズの発表から約5カ月。コミュケーションの道具として、スマホ・タブレットの枠を超えたXperiaの“第3章”が始まる。そのキーワードは「インテリジェンス」だ。(2016/2/26)

2020年に向けた病院内のIT化を推進する取り組みとは
iPhone 3200台導入の東京慈恵会医科大学、情報共有の在り方を一新
Appleの「iPhone」3200台を導入するなど、2015年からモバイル端末を中心としたIT環境を着々と構築している東京慈恵会医科大学。同大学が目指す医療ITのビジョンとは。(2016/4/11)

hideファンへ超絶朗報! 「しゃべってコンシェル」でX JAPANのhideがコンテンツ化、hideと好きなだけおしゃべりできるぞ!
オフショットや雑談を素材に、合成音声を制作。(2016/2/15)

ソフトバンク、Y!mobile向けに「AQUOS CRYSTAL Y2」を2月5日に発売
ソフトバンクは、Y!mobileからシャープ製のフレームレススマートフォン「AQUOS CRYSTAL Y2」を2月5日に発売する。(2016/2/1)

スーパーの香辛料売り場にロボットが出現 エスビー、対話ロボット「OHaNAS」を“コンシェルジュ”に
エスビーは、対話型ロボット「OHaNAS」を量販店の香辛料売り場に導入する。(2015/11/30)

ソフトバンク「AQUOS Xx 2」、11月20日発売 一括価格は9万3120円
新規と機種変の実質負担額は4万270円。MNP利用時は実質0円に。Harman Kardonのスピーカーも当たる。(2015/11/12)

エモパーが1周年――誕生日の11月14日限定で“あの人”がしゃべる
11月14日限定で、特別ゲストがエモパーとしてしゃべってくれる。(2015/11/12)

「マシンと対話」の有効性、NTTら3社が実証実験
NTTら3社がインタラクション技術と電動車いす「WHILL」を用いた、「モビリティ型パーソナルエージェント」の共同実験を実施する。搭乗する機械(電動車いす)と人間の対話の有用性を検証する。(2015/10/27)

倍速120Hz液晶搭載:
サイズを選べるハイスペックスマホ――写真と動画で解説する「AQUOS Xx2」「AQUOS Xx2 mini」
ソフトバンクのシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS Xx2」「AQUOS Xx2 mini」は、基本スペックに共通点の多い“兄弟機”だ。その特徴を、簡単にチェックしよう。(2015/10/15)

“ハイスピードIGZO”に進化、高速AFも可能になった「AQUOS Xx 2」
シャープのソフトバンク向けフラッグシップモデルが登場。「AQUOS Xx 2」は、5.3型液晶に、進化した「IGZO」を搭載。インカメラは800万画素になり、セルフィーでも高精細な写真を記録できる。(2015/10/8)

コンパクトでも高性能――倍速IGZO液晶搭載の「AQUOS Xx2 mini」
ソフトバンクは、シャープ製の新型Androidスマートフォン「AQUOS Xx2 mini」をソフトバンクブランドで発売する。コンパクトボディのスマホながら、スペック面での妥協が少ないことが特徴だ。(2015/10/8)

PR:ディープラーニングでIMEはさらに進化する!――続々「Simeji」の日本語入力システム入門
日本語入力システムの未来はどんなカタチになるのか? 話題のディープラーニングや音声認識を使った対話型エージェント(音声アシスタント)など、言語処理を軸にしたICTの可能性について、小町准教授とバイドゥ高部氏に解説してもらった。(2015/9/11)

インタビュー:
ヒト型ロボットは道具を超え「自分の鏡」に、ヴイストン大和社長に聞く
ロボットは道具の延長線上ではなく、心を持った「人間の相手」となる必要がある。ロボカップ連覇などの実績を持つヴイストンの大和社長は「ココロ」こそが、家庭用ロボットのカギだと語る。普及については「ここ3年が勝負」だ。(2015/9/3)

やっぱりApple Watchがあってよかったと思うシーン
Apple Watchも発売から4カ月が経過し、盛り上がりが一段落した感がありますが、単体で利用できる機能が限定されることも含めて、ある程度使い方が見えてきたように感じます。(2015/8/22)

Apple Watchを腕に着けてあのせりふを言ってみたら
Apple Watchには、iPhoneと同じように音声を認識するエージェント機能「Siri」が搭載されています。Siriは便利なだけでなく、ちょっとした話題作りにも役立つのです。(2015/8/10)

R25スマホ情報局:
正直使ってないスマホ機能TOP10
今のスマートフォンには、使いこなしきれないほどたくさんの機能が入っています。その中でも特に“使っていない”機能と、“よく使う”機能をアンケートで聞いてみました。(2015/7/31)

シャープ、AIエージェント「エモパー2.1」を公開 非対応機種用の「エモパーLite」もバージョンアップ
シャープのスマホ向け人工知能(AI)エージェント「エモパー」のバージョンが「2.1」となった。過去のエモパー対応機種全てがバージョンアップ対象で、追加機能は機種により異なる。エモパー非対応機種用の「エモパーLite」も合わせてバージョンアップした。(2015/7/30)

クラウドやロボット活用で「人の可能性を広げる」サービス実現へ NTTとNTTデータ、ヴイストンが共同実験
各種センサーやロボット、クラウドサービスなどを組み合わせ、「人の可能性を広げる」サービスの実現を目指した共同実験を、NTTとNTTデータ、ヴイストンが始めた。(2015/7/28)

iPhoneの「Siri」が誤作動する どうすればいい?
(2015/7/27)

comicoの世界観を広げるキーとは? 稲積社長が語る「comicoワールド」への道程
完全オリジナル、フルカラー、縦スクロールといったユニークな特徴の無料コミックアプリで1000万ダウンロードを達成した「comico」。comicoは今、どんな課題を感じているのだろうか。comicoを運営するNHN PlayArtの代表取締役社長の稲積憲氏にeBook USER編集長の西尾が再び聞いた。(2015/7/23)

今回もスピーカーが付属:
ソフトバンク、フレームレスの「AQUOS CRYSTAL 2」を7月17日に発売
フレームレス構造を採用したAQUOS CRYSTALの第2弾モデル「AQUOS CRYSTAL 2」が、7月17日に発売される。新たに防水、ワンセグ、おサイフケータイに対応した。(2015/7/10)

神尾寿のMobile+Views:
世界の変化はいつもここから――WWDC 2015で見えた「ユーザー体験の高み」と「新たなエコシステムの芽生え」
2015年の「WWDC」のテーマとして掲げられたのは「The epicenter of change(変化の震源地)」という言葉だ。世界中のイノベーションとテクノロジーの「震源地」となったこの場所で、何が指し示されたのだろうか。(2015/6/9)

玩具屋か音楽屋か:
スピーカーになるおしゃべりロボットとしゃべるBTスピーカー、買うならどっち?
スマホを使って会話ができるロボット「オハナス」が登場したが、実はソニーモバイルが発表した愛らしい球形ボディのBluetoothスピーカー「BSP60」も簡易なエージェント機能を搭載している。欲しいのはどっち?(2015/6/4)

特技は俳句:
タカラトミーとドコモが新ロボット「OHaNAS」を共同開発、その狙いは?
タカラトミーはクラウド型おはなしロボット「OHaNAS」をドコモと共同開発。将来的には海外展開を視野に入れ、新たな戦略商品の1つに育てたい考えだ。(2015/6/4)

防水、おサイフ、ワンセグ、ついています:
フレームレスデザイン×日本仕様の「AQUOS CRYSTAL 2」
「フレームレスデザイン」で驚きを与えたAQUOS CRYSTALがパワーアップして帰ってくる。フレームレス構造を維持しつつ、防水性能を確保したほか、おサイフケータイ、ワンセグといった日本市場で需要が高い機能を搭載した。(2015/5/19)

安いだけではダメ:
freebit×CCC――トーンモバイルが「TONE」で変える5つのこと
5月5日、「Tのスマホ」こと「TONE」が始動する。安さばかりに目を向けられがちなMVNO市場だが、TONEは日本のスマホ環境を取り巻く5つのことを“変える”ことで、差別化を図る。(2015/5/1)

Hey, Siri!に代わる、“恥ずかしくない”かけ声を考えたい
音声を認識して操作や入力をサポートしてくれるSiriは、Apple Watchにも搭載予定のとても便利な機能ですが、「ヘイ、シリ!」と呼びかけるのは恥ずかしくありませんか。もう少しいい呼びかけ方があれば、もっと活躍できるシーンはあると思うのです。(2015/4/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。