ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ANA(全日本空輸)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ANA(全日本空輸)」に関する情報が集まったページです。

4万4000人に影響:
ANA、8月欠航は国内線378便 年内に改良型エンジンに交換
ANAは、ボーイング787型機に搭載している英ロールスロイス製エンジンの点検に伴う8月の欠航が、国内線で計378便になると発表した。(2018/7/17)

5万8000人に影響:
ANA、エンジン点検で23日から31日まで国内線330便を追加欠航
全日本空輸(ANA)は、エンジンの点検に伴い7月23〜31日に羽田発着路線を中心とした国内線330便を追加で欠航すると発表した。約5万8000人の旅客が影響を受けるという(2018/7/12)

23日以降も一部欠航:
ANA、エンジン点検で国内線176便を追加欠航 8月も続く予定
ANAはエンジンの点検に伴い7月13〜22日に羽田発着路線を中心とした国内線176便を追加で欠航すると発表した。約3万6000人の旅客が影響を受けるという。(2018/7/9)

787のロールスロイス製エンジン:
全日空、エンジン点検で国内線113便欠航へ 約2万人に影響
ANAが7月6〜12日の7日間に国内線113便を欠航すると発表した。(2018/7/4)

3年で5倍に:
ANAで年21万回も「グッドジョブ!」が交わされる理由
ANAグループが実施している「Good Jobカード」。長年の取り組みだが、近年急激に利用回数が伸び、2017年には21万回に達した。称賛し合う取り組みがここまで浸透した背景には何があるのだろうか。(2018/7/4)

大切なのは「給与」:
結婚したくなる「異性の勤め先」、トヨタ・ANAなど人気 1位は安定の……?
結婚相手の勤務先として望む会社は?――リスクモンスター調べ。(2018/6/22)

セブン&アイ、異業種とビッグデータ共有 ANA、ドコモなど参加
セブン&アイ・ホールディングスが、ANAホールディングス、NTTドコモなどと、ビッグデータを共有し、活用する取り組みを始める。(2018/6/1)

セキュリティ人材がいないなんて大ウソ? ANAグループのCSIRT番長、阿部恭一氏の人材発掘、育成法
セキュリティ人材の不足が叫ばれる中、ANAグループのCSIRTを率いる阿部恭一氏は、「それは大ウソ」と断言する。阿部氏がいう、社内に眠っているお宝人材とは?(2018/4/25)

VRニュース:
ANAの瞬間移動サービス「AVATAR」が起動、意識や思いを“遠くに届ける”
ANAホールディングスが、ロボティクスやVR/AR、ハプティクス技術などを使って遠隔地の体験をリアルタイムで届ける“瞬間移動サービス”「AVATAR(アバター)」事業について説明。「飛行機でお客さまの体を“遠くに届ける”だけでなく、AVATARで意識や思いを“遠くに届ける”新たなサービスを提供していく」(同社社長の片野坂真哉氏)という。(2018/3/30)

戦略的提携:
ANA、ビジネスジェット事業でHondaJet活用
ホンダの航空機子会社、米Honda Aircraftは3月28日、ANAホールディングス(ANA HD)とビジネスジェットで戦略的提携を結ぶことで基本合意したと発表した。ANA HDはビジネスジェットを活用したチャーター手配事業に参入し、ホンダの小型ビジネスジェット「HondaJet」を活用する。(2018/3/28)

ANA・ピーチ・バニラのトップが語る:
【一問一答】ピーチ・バニラ統合 「生き残り」賭けた3社の思惑とは
ANAホールディングスが傘下のLCCであるPeach・Aviationとバニラ・エアの経営統合を発表。記者会見で3社のトップが語った統合の狙いと背景は。また、統合で実現する「中距離LCC」の構想とは?(2018/3/22)

2019年度末めどに統合:
ANA、ピーチ・バニラ統合を正式発表 東南アジアへの就航拡大
ANAHDが、傘下のLCC、Peach・Aviationとバニラ・エアを経営統合すると発表。LCCを強化し、東南アジアなどへの就航を拡大する狙い。両社の売上高を合算すると、LCC首位ジェットスター・ジャパンを上回って市場トップとなる。(2018/3/22)

「近く発表」と一部報道も:
ANA、「ピーチ・バニラを統合」報道にコメント 「検討中だが未決定」
ANAホールディングスが、Peach・Aviationとバニラ・エアを統合するとの報道にコメント。「さまざまな検討を行っていることは事実だが、決定した事実はない」とした。一部報道によると、近く発表見込みで、1年をかけて事業統合する計画という。(2018/3/19)

航空券を売って終わりではない:
ANAはなぜデジタルでの顧客体験向上を重視するのか
27万ページ超の巨大Webサイトを「動的」なものにするために何が必要なのか。ANAの担当者に、その考え方を聞いた。(2018/3/6)

PR:成功の秘訣は寸劇? ANAエアポートサービスのビジネスチャット導入事例から学ぶ
せっかくシステムを作ったのに、誰にも使ってもらえなかった……。そんな経験のある情報システム部門は少なくないだろう。真にユーザーに使ってもらえるシステムを作る手法として、菱洋エレクトロが進める「デザイン思考」を、ANAエアポートサービスの導入事例から見てみよう。(2018/3/1)

羽田空港で自動運転バス実験 ANAなど、2020年以降の実用化目指す
全日本空輸とSBドライブが、羽田空港で自動運転バスの実証実験を始めた。2020年以降に空港への自動運転バス導入を目指す。(2018/2/26)

出発時刻、到着時刻を案内するだけではまだ足りない
ANAが“モバイル+API連携”で目指す「到着のその先」とは
「Oracle Cloud」の「API Platform Cloud Service」を使うことで、ANAグループは顧客にどのような価値を提供しようとしているのか。今後目指す顧客目線での情報提供の在り方とは。ANAシステムズの話から探る。(2018/2/1)

目指すは国際線におけるサービスアップ
モバイルファーストを追求するANA、明らかになったアジャイル開発の成果と課題
国際線におけるサービスアップを目指す全日本空輸(ANA)は、顧客とのタッチポイントとなるモバイルアプリをデジタル戦略の中核に据え、即時性のある施策をシステムに反映するためアジャイル開発を導入した。(2018/1/17)

全日空商事と協業:
ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマーケティングの支援パッケージを提供する。第1弾は春節がターゲット。(2018/1/16)

視聴コンテンツも充実:
ANA、18年4月から国内線の機内Wi-Fiを無料化
ANAが2018年4月1日から、国内線の機内無線LANサービスを無料化する。(2017/12/20)

ANA、国内線の機内Wi-Fiを無料化 18年4月から
全日本空輸は国内線の機内Wi-Fiを無料にすることを発表した。(2017/12/20)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?
内閣府やJAXAなどが実行委員会となり、日本で初開催された宇宙ビジネスコンテスト「S-Booster 2017」。300件におよぶ応募の中から大賞に選ばれたのがANAの現役社員である松本さんだ。彼女のアイデアとは……?(2017/12/8)

Pivotal.IO 2018:
ANAシステムズ、ヤフー、NTTデータが、Pivotalの採用について説明
Pivotalジャパンは2017年11月16日、同社イベント「Pivotal.IO 2018」を開催、ANAシステムズ、ヤフー、NTTデータが、Pivotalの製品やサービスを活用した取り組みについて説明した。(2017/11/17)

ANA Phoneとしても登場:
ソフトバンクの「Xperia XZ1」 便利なカメラ機能を搭載して11月10日発売
ソフトバンクの「Xperia XZ1」が11月10日に発売される。ANAとSBパートナーズが共同提供する「ANA Phone」のラインアップにも、同機種が加わる。(2017/11/7)

Airbnb、ANA、Peachが連携 宿泊するとマイルやクーポンを付与
ANA、Peach Aviation、Airbnb Japanがパートナーシップ契約を締結。各社のマーケティング力を活用し、日本国内の新しいユーザー層の需要を喚起する狙い。(2017/11/6)

VRで旅行に“同行”「ANA VIRTUAL TRIP」 旅先で撮った360度写真、リアルタイムに共有
旅行に行けない人も、同行した気分に――旅行に“VR同行”できるサービス「ANA VIRTUAL TRIP」が試験的にスタートする。(2017/9/4)

12業界260の有力企業・ブランドを調査:
ANAのWebサイト価値は1000億円超――トライベック・ブランド戦略研究所調べ
トライベック・ブランド戦略研究所は、日本の有力企業・ブランドのWebサイトの価値を算出する「Web Equity」の2017年版の調査結果を発表した。(2017/8/28)

マイルがたまる「ANA Phone」に「AQUOS Xx3 mini」見参
ANA(全日空空輸)とSBパートナーズが提供する「ANA Phone」に、シャープ製のコンパクトスマートフォン「AQUOS Xx3 mini」が登場する。オリジナルホーム画面や壁紙を搭載するほか、ANAが提供する各種アプリがプリインストールされる。(2017/8/1)

東京の地下鉄が全線乗り放題の「Tokyo Subway Ticket」、7月から羽田空港でもANA利用者に販売
地下鉄沿線の施設で割引を受けられる、「ちかとく」サービスにも対応。(2017/6/22)

ANA機内で暴れたアメリカ国籍の男性、降機を求められて職員に暴行 現行犯逮捕され送致
ケガをした男性職員は軽症とのことです。(2017/5/3)

キャリアニュース:
2018年卒大学生就職企業人気ランキング、理系はソニーが1位
マイナビが、日本経済新聞社と共同で実施した「マイナビ・日経 2018年卒大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。理系総合ではソニーが8年ぶりの首位に。文系総合の1位は「全日本空輸(ANA)」だった。(2017/5/1)

ユナイテッド航空で話題の「オーバーブッキング」、日本で起こった場合は? JALとANAに対応を聞く
米ユナイテッド航空で起こった過剰予約による乗客の強制連行事件。日本の場合どうなるのでしょうか。(2017/4/11)

「ゲーム課金でマイルがたまる」 ANAマイレージが「ガチャに優しい」と話題に その狙いは
ゲームに200円使うごとに1マイルがたまる……そんなサービス誕生のきっかけは、あのゲームアプリだった。(2017/3/22)

ロボット開発ニュース:
人型ロボットの自走による空港案内を実現するための検証開始
全日本空輸と新日鉄住金ソリューションズは、人型ロボット「Pepper」の自走による空港案内を実現するための検証を開始した。宮崎ブーゲンビリア空港の出発ロビーにて、2017年2月末日まで検証を実施する。(2017/3/2)

出資比率を67.0%に:
ANA、LCCのピーチを子会社化
ANAがLCCのピーチを子会社化。(2017/2/24)

「重要な経営課題」は……:
ANA、新社長に平子氏 篠辺氏は持ち株会社副会長に
ANAの篠辺社長が退任し、後任に平子執行役員が昇格する人事を発表した。(2017/2/16)

マイクロソフトの「HoloLens」を活用、宮崎ブーゲンビリア空港へ試験導入:
空港内を“自走”して接客する「Pepper案内員」が登場 ANAとNSSOLが開発
全日本空輸と新日鉄住金ソリューションズが、空港内を“自走”して接客する「Pepper案内員」を開発。Microsoft HoloLensの技術を使い、「人や障害物を認識し、避けながら」移動できる機能を備えた。2017年2月末まで宮崎ブーゲンビリア空港で試験運用を実施する。(2017/2/16)

成功の鍵は社外クラウド─自社システム間の強固なデータサービス基盤:
PR:全日本空輸が国際線予約サービスのデータ提供基盤に「Oracle Exadata」を採用 国際線のインバウンド予約が増加
全日本空輸は先頃、増加が続くインバウンド需要への対応強化などを目的に、業界標準のクラウドサービスを利用して国際線予約システムを大きく刷新した。このシステムの実現で鍵となる社内外のデータ提供基盤に採用されたのが、高いデータ処理能力を備える「Oracle Exadata」である。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/2/1)

ANA、3月21日からC-3PO仕様の国内線就航 特別塗装機にはCA専用エプロンに専用ヘッドレストカバーなど
CAさん着用のエプロンがめちゃくちゃかわいい。(2017/1/20)

製造業IoT:
日本の航空大手に燃費効率を向上させるソリューションを提供
GEアビエーションは、全日本空輸と「フライト・アナリティクス」契約を締結した。飛行データを分析し、燃費効率の向上を図る航空業界向けデジタル・ソリューションを、日本市場に初めて提供する。(2017/1/5)

航空機のような有人機で宇宙旅行へ H.I.SとANA、宇宙輸送事業化に向けた開発会社との提携を発表
もうすぐ国内旅行、海外旅行、宇宙旅行の3択になるかも……!?(2016/12/2)

“2023年宇宙の旅”実現へ H.I.S.とANA、宇宙機開発ベンチャーに出資
2023年に宇宙旅行を事業化すべく、H.I.S.とANAが宇宙輸送機を開発するベンチャーに出資。約90分間の宇宙旅行が実現するかもしれない。(2016/12/2)

航空機の乗客数不一致、過去5年で236件 ANAのトラブル受け、国交省が調査
搭乗手続きをした人数と乗客数が一致しないトラブルが、過去5年間で236件――国交省が、国内の航空会社の調査結果を発表。うち、定員を超過したのは5件だった。(2016/10/25)

スマホを使ってマイルがたまる「ANA Phone」、ソフトバンクのMVNOとして提供
SBパートナーズが、スマートフォンの利用に応じてANAのマイルがたまる「ANA Phone」を12月上旬に提供する。月額2700円または1700円の通話定額サービスや、月間2GB〜30GBのデータ定額サービスを用意。端末は「Xperia XZ」を提供する。(2016/10/12)

ANA、定員オーバーのまま出発 離陸直前に“立ち乗り”で発覚 国交省が厳重注意
ANAの福岡発・羽田行きの便が定員をオーバーしたまま離陸しようとした問題で、国交省が同社を厳重注意。(2016/10/11)

NEC、ANAの国際線予約システムと社内システムの連携基盤を構築
ANAは、クラウド型国際線旅客システム「Altea」と同社の社内システムとをつなぐ「大規模データ連携基盤(CAP2)」を構築した。(2016/10/3)

ANA、羽田空港でトラブル 28便が荷物載せず出発 コンベア故障が原因 乗客への告知は到着後
お盆の羽田空港でトラブル。12日に羽田空港を出発したANAの国内線の一部の便が、乗客から預かった荷物を搭載せず出発した。乗客へのアナウンスは到着後だったという。(2016/8/12)

羽田発の飛行機で荷物未搭載のトラブルが複数発生 原因はベルトコンベアのセンサー故障 各社の対応は
ANA、AIR DO、ソラシドエア、スターフライヤーなどで遅延および荷物搭載のトラブルが発生しています。(2016/8/12)

インシデント対応の達人が語ったCSIRTブームに沸く日本企業への至言
セキュリティインシデントへ組織的に対応すべくCSIRT構築に取り組む企業が増えているが、その道のりは平たんではないようだ。JPCERT/CC、日本シーサート協議会、ANAグループ、ラックのエキスパートによる議論が行われた。(2016/7/15)

「kintone hive vol.3」レポート【前編】
東急電鉄がシェアオフィス事業でkintone活用、増加する“業務部門主導IT”とは?
業務アプリケーション開発用PaaS「kintone」。東急電鉄がシェアオフィス事業で、ANA成田エアポートサービスが塩漬けのまま更新し続けてきた業務システムの刷新でkintoneを導入した事例をお届けする。(2016/6/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。