ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Androidセキュリティ」最新記事一覧

Minecraft PEのスキンアプリに偽装したマルウェア、Google Playストアで発見
問題のアプリはMinecraft PEのキャラクターの外見を変更できるとうたい、バックグラウンドで高度な攻撃機能を実装していた。(2017/10/20)

Androidの月例セキュリティ情報公開、Dnsmasqの脆弱性などに対処
10月の月例パッチは「2017-10-01」「2017-10-05」の2本が公開された。端末メーカーなどのパートナー向けには少なくとも1カ月前に通知されている。(2017/10/3)

「Dirty COW」の脆弱性を突くAndroidマルウェア出現、日本でも感染
「Dirty COW」と呼ばれるLinuxの脆弱性を突くAndroidマルウェアが、日本を含む40カ国あまりで発見された。(2017/9/27)

Google Playにまたマルウェア感染アプリ、高度な技術でチェックかわす
Check Pointによると、今回のマルウェアは少なくとも50本のアプリに仕込まれていて、Google Playから削除されるまでの間に100万回〜420万回もダウンロードされていた。(2017/9/15)

Bluetooth実装の脆弱性「BlueBorne」、82億台に影響 無線経由で攻撃の恐れ
AndroidやiOS、Windows、Linuxなど主要OSのBluetooth実装に起因する脆弱性が発見された。近隣の端末を無線経由で攻撃し、相手の端末を制御したりマルウェアに感染させたりすることが可能とされる。(2017/9/14)

HUAWEI P10/P10 Plus/P10 liteがY!mobileの「VoLTE」に対応 ソフト更新で
「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」「HUAWEI P10 lite」がY!mobileのVoLTEに対応する。最新ソフトウェアを適用することが条件だ。(2017/8/28)

ホワイトペーパー:
Android 7.0 vs. iOS 10×iPad、企業IT部門が喜ぶモバイルデバイスはどちらだ?
セキュリティ機能が強化された「Android 7.0 Nougat」。Androidのセキュリティ対策に悩むIT管理者にとって、この強化は福音になるという。一方でiPadなどのAppleモバイルデバイスもiOS 10の登場でマルチウインドウの表示やコントロールセンターのデザイン変更など使い勝手が大きく変わった。この変更は業務利用においてどのような影響があるだろうか。(2017/8/9)

Androidを狙う標的型スパイウェア、Google Playで配信 Googleが削除
標的型スパイウェア「Lipizzan」を仕込んだアプリが、「バックアップ」などの一見無害なアプリを装ってGoogle Playで配信され、100台ほどのデバイスにインストールされていたという。(2017/7/27)

「HUAWEI P10 lite」にソフトウェア更新 「au VoLTE」に対応
ファーウェイの「P10 lite」にソフトウェア更新が配信された。適用すると「au VoLTE」を使った音声通話に対応する。(2017/7/11)

1400万台に感染したAndroidマルウェア「CopyCat」、端末をroot化して広告詐欺
「CopyCat」は感染した端末のうち約800万台をroot化し、推定1500万ドルの不正な広告収入を上げていたという。(2017/7/7)

7月のAndroidセキュリティ情報公開、メディアフレームワークに深刻な脆弱性
メディアフレームワークの脆弱性は、10件が「Critical(重大)」に分類。リモートからの任意のコード実行に利用される恐れがある。(2017/7/6)

auの「Galaxy S8/S8+」もアップデート ナビゲーションバー非表示の設定が可能に
KDDIは、サムスン電子製Androidスマートフォン「Galaxy S8 SCV36」「Galaxy S8+ SCV35」のアップデートを実施。画面下のナビゲーションバー表示/非表示を選択できるようになる。(2017/6/14)

両方の長所・短所を知っておきたい
真っ向勝負「iOS」 vs. 「Android」、セキュリティ機能を比べてみた
Apple「iOS」とGoogle「Android」の最新版は、どちらも暗号化その他でセキュリティ機能を強化している。セキュリティ機能対決、勝者はどちらなのだろうか(2017/6/8)

Android脆弱性発見者への賞金、最難関の脆弱性は20万ドルに
最高額の賞金が設定されている脆弱性については、過去2年の間、該当者がいなかったことから、賞金の額を一挙に引き上げた。(2017/6/2)

PR:現状のサイバーセキュリティ対策で大丈夫? セキュリティ診断でチェック
サイバー犯罪の中身は、時代と共に変化している。先日話題になったランサムウェア「WannaCry」のように、ある日突然未知の攻撃が爆発的な勢いで増えることもある。(2017/6/1)

「Android O」を待つ必要あり?
Google Playアプリのクリックジャッキング対策に不備か
GoogleはAndroidにクリックジャッキング攻撃への対策を講じた。だが悪意ある行為者にとっては抜け道が1つ残っており、この脆弱性が修正されるのは「Android O」以降だという。(2017/5/18)

Androidの月例セキュリティ情報を公開 MediaserverやGIFLIBに重大な脆弱性
Androidの5月の月例パッチは「2017-05-01」「2017-05-05」の2本で構成され、2017年5月5日以降のセキュリティパッチレベルで全ての問題が修正される。(2017/5/2)

統計で見るサイバーセキュリティ群像劇(4):
CasperJSと類似画像分類で見えてきた、Android野良アプリの具体的な危険性
筆者が独自に収集した統計データを基に、サイバーワールドの裏側を探る本連載。今回は、「使うのは危険だ」とよくいわれるAndroid野良アプリの具体的な危険性について調査してみました。(2017/4/19)

Android端末の約半数、2016年中に更新されず
Googleの年次報告書によると、2016年末の時点で使われていた端末のうち、同年中にプラットフォームセキュリティアップデートを受け取っていなかった端末は約半数に上った。(2017/3/24)

広告を悪用するAndroidマルウェア「Chamois」、Googleが阻止
Chamoisはポップアップ広告を通じて詐欺的な画像を表示する手口でユーザーをだましてクリックを誘い、不正なアプリをインストールさせようとしていた。(2017/3/14)

auの「Xperia Z4」と「Xperia Z4 Tablet」でアップデート
(2017/3/10)

半径300メートルのIT:
便利な公衆無線LAN、犯罪者が狙うのはココ!
ネットの脅威は巧妙になる一方で、どんどん判別するのが難しくなっています。次々と出てくる新たな攻撃をかわす方法はあるのでしょうか。(2017/1/17)

IBMが発見したAndroidブートモードの脆弱性、1月の月例パッチで修正
Androidの月例パッチを米Googleが1月3日付で公開。深刻な脆弱性が多数修正されている。(2017/1/10)

Apple、Citrix、IBM、Microsoft、VMwareなどを解説
モバイル管理11製品を紹介 iPhone、Android、Windows管理機能の詳細は?
企業にとって適切なEMM(エンタープライズモビリティ管理)製品を選ぶのは簡単なことではない。EMM市場の主要ベンダーはさまざまな機能を提供している。企業にとっては、適切なツールを選ぶことがポイントになる。(2017/1/9)

最優先はモバイルセキュリティ
ユーザー注目の「Surface Phone」は登場する? 2017年のモバイル市場予測
多要素認証の台頭、Appleの「iOS」のセキュリティアップデートなど、2017年のモバイル市場は話題に事欠かないだろう。本稿では4人の専門家が2017年の企業向けモバイルの動向を予測する。(2017/1/4)

銀行情報を狙うAndroidマルウェア、世界で被害拡大 ファイルを人質に取る機能も実装
モバイルバンキングマルウェア「Faketoken」の被害が世界27カ国に広がり、2000本以上の金融アプリが標的にされている。ユーザーのファイルを暗号化して人質に取るランサムウェアの機能も加わったという。(2016/12/20)

“偽マリオ”迷惑アプリ1年間で6000件以上確認 ゲームと称し不正広告を侵入させる
海賊版「スーパーマリオ」として動作しつつ、裏で不正広告などを動かす悪質な例も。(2016/12/13)

Androidマルウェア「Gooligan」横行、100万超のGoogleアカウントに不正アクセス
Gooligan感染するとAndroid端末のroot権限を取得されて認証トークンを盗まれ、Google PlayやGmailなどの主要Googleアカウントに不正アクセスされる恐れがある。(2016/12/1)

悪意のあるアプリケーションとおさらば
「Androidはキケン」とまだ思っている? マルウェア感染を困難にする分厚い“壁”
Android端末に悪意のあるアプリケーションをインストールさせる方法として「Google Play」を迂回させるケースが有る。しかしGoogleはユーザー容易にインストールしないための対策を講じている。(2016/11/4)

統計で見るサイバーセキュリティ群像劇(1):
DNSバナーから見るサーバ管理者の生態系
さまざまな統計データを基に、ニュースなどでは語られないサイバーセキュリティの世界を探求していく新連載。第1回ではDNSサーバのバナー情報を基に、管理者たちの実態に迫ります。(2016/10/28)

「Android 7.0 Nougat」の3大セキュリティ機能
「Android 7.0」の“こっそり更新機能”で危ないスマホがなくなる?
セキュリティ機能が強化された「Android 7.0 Nougat」。Androidのセキュリティ対策に悩むIT管理者にとって、この強化は福音となるのだろうか。主要なセキュリティ機能を見ていく。(2016/10/7)

エンタープライズモバイルセキュリティの悩ましい問題
生体認証だけでも危険、やっぱり2要素認証を薦める理由
セキュリティには完璧ということがない。2要素認証も完璧とはいえないが、生体認証などの1要素だけに依存するより安全性は高まる。(2016/9/30)

「Android 7.0」はiOS並みの安全性
最新版登場でも残る危険な“レガシーAndroid”、原因はGoogleかスマホメーカーか
Android端末のセキュリティ機能が最新バージョンの「Android 7.0 Nougat」で強化される。ただしこの恩恵を全てのユーザーが享受できるかどうかは不明瞭だ。(2016/9/16)

GoogleがAndroidの脆弱性を募る新コンペ、優勝者に2000万円
Android端末の電話番号と電子メールアドレスが分かっただけでリモートからコードを実行できてしまう脆弱性や不具合の報告を募る。(2016/9/15)

8月のアップデートで対応
iPhone、iPadの「iOS」に致命的な脆弱性、Appleの対応が絶賛されるワケ
企業にとってモバイルセキュリティの弱点の1つはユーザーだ。2016年8月に判明した「iOS」の脆弱性はそれを如実に表すものだった。(2016/9/14)

Googleの対策が結実か
“危険なAndroid”の終わりを感じた「Google AdSense悪用ウイルス」の思わぬ功罪
Google AdSenseのマルウェアがAndroid搭載デバイスに忍び寄っている。だが、この危険因子はGoogleによって抑制されているようだ。(2016/9/12)

ファイルレベルの暗号化も可能でBYODにもメリット
ビジネスで使いやすくなった「Android 7.0 Nougat」、いまだに残る課題は?
Googleの最新モバイルOS「Android 7.0 Nougat」には、ファイルレベルの暗号化など、新しいセキュリティ機能が搭載されている。一部の「Nexus」シリーズは順次アップデートされる。(2016/9/11)

肝心なのはAPKファイルのチェック
「Android」の極悪マルウェア、非公式アプリからうっかり感染しないためには?
「Android」端末には「Google Play Store」を介さずにアプリをサイドローディングできる。だが、そのような未承認アプリはGoogleのマルウェア検査を通過していない。企業のIT部門は、従業員に十分な警戒を呼びかける必要がある。(2016/9/7)

Androidセキュリティ技術の最前線(6):
Androidマルウェアによるシステム改ざんを検知する技術「セキュアブート」「dm_verity」とは
Androidセキュリティをめぐる最新の状況を、各界のエキスパートたちが解説する本連載。今回はシステム改ざんを行うようなAndroidマルウェアを検知する技術を紹介する。(2016/8/3)

企業市場でWindows 10に押されるAndroid
Windows 10の人気が「Androidタブレット」の販売打ち切りを招いた?
HPとDellは「Android」搭載タブレットの大半の販売を打ち切った。企業市場の関心が「Windows 10」デバイスへ移っているからだ。(2016/7/27)

気をつけよう:
「Pokemon GO」を狙ったサイバー犯罪 感染端末の遠隔操作も
Pokemon GOの話題性を利用したサイバー犯罪が増加しているとして、トレンドマイクロが自社のブログで注意を呼びかけている。(2016/7/21)

セキュリティ研究者が問題を指摘
「Android」のフルディスク暗号化に脆弱性、総当たり攻撃でパスワード解読の恐れ
Qualcommのチップセットを搭載する端末の脆弱(ぜいじゃく)性を突いて、「Android」のフルディスク暗号化が悪意ある攻撃者や捜査機関に破られる可能性のあることが明らかになった。(2016/7/20)

「iOS」のセキュリティ機能はどこまで使える?
「iPhone」と「iPad」のデータどう守る? IT担当者が知るべき8つの方法
企業におけるAppleデバイスの需要が高まり、データ保護の必要性は、かつてないほど高まっている。IT担当者には、iOSデバイスの安全性を維持する複数の選択肢がある。(2016/7/19)

中国の犯罪集団、Androidマルウェア「HummingBad」で荒稼ぎ
中国の犯罪集団YingmobはHummingBadを利用して世界で1000万台のデバイスを操り、詐欺広告で月間30万ドルの利益を上げているという。(2016/7/7)

Androidセキュリティ技術の最前線(5):
「Androidアプリのプライバシー情報取得」、どう監視する?
Androidアプリのセキュリティ対策技術について解説する本連載。第5回は、広告目的で利用者の情報を取得しようとするアプリの挙動を監視する技術を紹介する。(2016/7/5)

セキュリティ大幅強化でiOSに対抗
「Android N」は再起動だけで最新OSに、ユーザーの不安を払拭する3つの機能強化とは
GoogleのモバイルOS「Android N」は、従来と比べてセキュリティ面で大きく3つの改良がされる。これにより、Androidのセキュリティは強化されるのだろうか。(2016/6/11)

Androidセキュリティ技術の最前線(4):
Androidアプリマーケットを守る「不正アプリ抽出技術」総解説
Android端末のセキュリティ対策技術について解説する本連載。第4回は、アプリを流通させるための大規模なプラットフォームである「マーケット」の現状と、マーケットの分析から見えてくるセキュリティ・プライバシーの課題やその対策について解説する。(2016/6/7)

セキュリティ企業がAndroidの攻撃手法を公開、「95.4%に通用」と主張
全Android端末の95.4%に対して通用するという攻撃手法について、セキュリティ企業が実証動画などを公開した。(2016/5/19)

@ITセキュリティフォーラムGW特別企画:
GW中に読みたいサイバーセキュリティ関連記事まとめ
本稿では、2016年1月〜4月に@IT「Security & Trust」で公開した記事の中から、「各月最も読まれた記事トップ3」を発表します。(2016/5/6)

Androidセキュリティ技術の最前線(3):
不正Androidアプリの大量生産はどうすれば防げるのか
Androidアプリをめぐるセキュリティ対策技術について解説する本連載。第3回は、不正アプリが生み出される仕組みとそれを妨害するための対策について解説する。(2016/4/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。