ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Androidセキュリティ」最新記事一覧

セキュリティ企業がAndroidの攻撃手法を公開、「95.4%に通用」と主張
全Android端末の95.4%に対して通用するという攻撃手法について、セキュリティ企業が実証動画などを公開した。(2016/5/19)

@ITセキュリティフォーラムGW特別企画:
GW中に読みたいサイバーセキュリティ関連記事まとめ
本稿では、2016年1月〜4月に@IT「Security & Trust」で公開した記事の中から、「各月最も読まれた記事トップ3」を発表します。(2016/5/6)

Androidセキュリティ技術の最前線(3):
不正Androidアプリの大量生産はどうすれば防げるのか
Androidアプリをめぐるセキュリティ対策技術について解説する本連載。第3回は、不正アプリが生み出される仕組みとそれを妨害するための対策について解説する。(2016/4/27)

「Androidのユーザーを守った」、Googleがセキュリティ状況を報告
Google Playからのみアプリを入手している端末では、潜在的有害アプリが見つかったのは0.15%未満。セキュリティアップデートの対象となるAndroidは全体の70.8%だった。(2016/4/20)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開 深刻な脆弱性が多数存在
「Mediaserver」などの脆弱性を悪用されると、メールやWeb閲覧、MMSなどを介してメディアファイルが処理された際に、リモートでコードを実行される恐れがある。(2016/4/5)

Androidセキュリティ技術の最前線(2):
Androidアプリの「マルウェア判定」「脆弱性検知」技術
Android端末のセキュリティ対策技術について解説する本連載。第2回はアプリの配布パッケージの概要と、アプリが「マルウェアでないか」および「脆弱性がないか」を判定する技術を紹介する。(2016/3/28)

Android端末をロックし、「罰金」支払いを要求する不正ソフトが国内で確認される
既に被害の報告も。(2016/3/16)

Androidセキュリティ技術の最前線(1):
Androidセキュリティ――アプリからユーザー視点までイチから解説
子供からご年配の方々まで、幅広いユーザーを抱え、スマートフォン市場で圧倒的なシェアを持つ「Android」。そのセキュリティ対策(主に技術面)について、「アプリ」「マーケット」「Android OS」「ユーザー」の各視点から解説します。(2016/3/10)

Androidに新手のマルウェア、端末を遠隔操作される恐れ
SMS/MMSのリンクをクリックすると感染し、端末を制御されてデータを消去されてしまう可能性もあるという。(2016/2/16)

日本型セキュリティの現実と理想:
第16回 標的型攻撃が生んだセキュリティビジネスの“光と影”
セキュリティ業界が活況だ。APT攻撃とも呼ばれる2011年の事件をきっかけに、新たな光が射したが、その分だけ影も色濃く出てしまった。標的型攻撃からセキュリティビジネスの本質について述べる。(2016/2/10)

5つのセキュリティ課題を整理
「Android」がいまだに敬遠される最大の理由
Android端末の企業導入のハードルとなってきたセキュリティ問題。最近は関連製品の充実で現実的な解決策も見えつつある。Androidセキュリティの現状を5つの視点から整理する。(2016/2/5)

慎重にパッチ適用の検討を
Android端末の66%に影響? Linuxカーネルの脆弱性で割れる意見
Linuxカーネルのキーリング機構に関する脆弱(ぜいじゃく)性が新たに見つかり話題になっている。しかし、Linuxエコシステムにとっての危険性について専門家の意見は割れている。(2016/2/4)

鍵は「Android for Work」
“ビジネス仕様のAndroid”を現実にするセキュリティ機能と、その限界
「Android」のセキュリティ機能は、「iOS」に比べると遠く及ばない。しかし「Android for Work」の機能やデュアルペルソナ技術などを利用することで、IT部門はAndroid端末の保護を強化できる。(2016/1/29)

Google、Android向けパッチを開発、Linuxの未解決の脆弱性に対応
Googleの担当者は「影響を受けるAndroidデバイスは当初の報告よりもずっと少ないはず」との見方を示す。(2016/1/22)

Google、Nexus向けのパッチ公開 Androidの脆弱性を修正
Mediaserverの脆弱性は、電子メールやWebブラウザ、MMSなどを使って細工を施したメディアファイルを処理させる手口で、リモートの攻撃者が任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2016/1/5)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦
巻頭特集は、Office 365に対抗するためにGoogleが打ち出した新戦略について。GoogleはMicrosoftに勝てるのか? 他に、暗号化がセキュリティ対策を阻害している現状、Operaの人材管理製品導入事例。OperaがOracleを選ばなかった理由とは? また、PCIe SSDの技術解説をお届けする。(2015/12/25)

専門家が企業のAndroid導入に警鐘
問題だらけのAndroidセキュリティ、そもそも何がダメなのか?
セキュリティイベントで必ず話題になるAndroidのセキュリティ問題。Siemens CERTのスプライツェンバース氏は、数あるAndroidの問題を列挙しつつ、「管理用APIの欠如」を指摘した。(2015/12/15)

Cisco、Android向け「WebEx Meetings」の脆弱性を修正
悪用された場合、攻撃者がカスタムアプリケーションを利用して、WebExアプリケーションと同じパーミッションを密かに取得できてしまう恐れがある。(2015/12/3)

Google、Nexus向け月例パッチ公開 Androidの脆弱性を修正
7件の脆弱性のうち2件は、電子メールやWebブラウザ、MMSなどを使ってメディアファイルを処理させることによって、リモートでコードを実行される恐れがある。(2015/11/4)

Android端末の87%に11件の脆弱性、英研究者が指摘
「Android市場においては残念ながら、セキュリティアップデートの提供がうまくいっていない」と研究チームは結論付けた。(2015/10/15)

Androidに「Stagefright 2.0」の脆弱性、また10億台に影響
細工を施したMP3やMP4を使って任意のコードを実行される恐れがある。影響はバージョン5(Lollipop)までのAndroidを搭載した10億台あまりの端末に及ぶと伝えられている。(2015/10/2)

脅威は意外と身近にあり
iOS安全神話を台無しにするモバイルセキュリティ「3つの死角」
モバイル端末のセキュリティ問題では、危険な悪質アプリの他にもIT部門が対処すべき課題がある。(2015/9/28)

でもGoogleも悪いんですよ
「Androidユーザーはセキュリティ対策しない」ことが明らかに
調査の結果、Androidユーザーの多くが危険性を認識しながら対策を行っていないことが明らかになった。一方、Androidのリスクにはさまざまな要因があり、Googleやデバイスメーカーの責任も指摘されている。(2015/9/8)

Googleはセキュリティ強化を急ぐが……
Androidが「iPhoneより危険」といわれ続ける不名誉な理由
モバイルOSの巨頭である「Android」。そのオープンさと多様性は魅力をもたらすと同時に、セキュリティに関する問題も作り出している。攻撃を阻止するためにできることを学ぼう。(2015/8/19)

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(モバイル編)
iPhone/Androidを生かす「4種の神器」とは? 2015年上半期に最も読まれたモバイル関連記事は
スマートデバイスを企業の生産性向上につなげ、投資対効果を高めるためのノウハウとは? 2015年上半期に公開した、モバイル端末の業務利用に関する記事ランキングを紹介します。(2015/8/14)

Androidにまた深刻な脆弱性が発覚、端末を制御される恐れ
脆弱性を悪用された場合、「何の権限もない悪質アプリが『スーパーアプリ』と化し、端末を制御される恐れがある」という。(2015/8/11)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年7月版:
技術ある17歳が牙をむく――私たちに何ができたのか
2015年7月には、FlashやAndroidなどの脆弱性が相次いで公開され、世界的な騒ぎになりました。さらに国内では不正アクセスで17歳の逮捕者も……。(2015/8/7)

Androidから指紋流出、特権悪用も――セキュリティ問題続々
Androidスマートフォンから指紋を収集できてしまう問題や、主要メーカーの端末に搭載されたリモートサポートアプリの特権が悪用できてしまう問題などが報告された。(2015/8/7)

ビジネスで使うなら知っておきたい
頑固なPC派も思わず納得、「iPhone」「Android」の簡単管理とは
昨今の職場にはモバイルが浸透し、Windows PCの管理者はモバイル端末がもたらす新たな課題に直面している。幸い、米Appleも米GoogleもモバイルOSの企業向け機能を強化している。(2015/6/19)

Google、Androidの脆弱性情報に賞金 Mozillaは増額
「Android Security Rewards 」では、Androidの脆弱性を発見し、修正や対策に協力した研究者に賞金を贈呈。Firefoxの脆弱性発見者に支払われる賞金は5年ぶりに増額された。(2015/6/17)

「Androidのセキュリティは常に向上」――Googleが報告書を公開
「潜在的な有害アプリ」(PHA)がインストールされていたAndroid端末は1%に満たなかったと報告している。(2015/4/3)

Android OSに脆弱性、アプリインストールを乗っ取る恐れ
一見安全に見えるAndroidアプリケーションがインストールの過程で改ざんされたり、マルウェアに入れ替えられたりする恐れがあるという。(2015/3/25)

「Microsoft生まれ」ではないことがネック?
iOS最強ビジネスアプリになりそうな「Outlook for iOS」への期待と不安
米Microsoftはモバイル版「Microsoft Outlook」にセキュリティ機能を幾つか追加した。だが、より大局的な問題の解決には時間がかかりそうだ。その意外な理由とは。(2015/3/14)

Amazon偽ギフトでだますAndroidマルウェア、世界30カ国で感染拡大
ユーザーの連絡先を利用して増殖し、SMSやFacebookで拡散するモバイルマルウェアの感染が世界30カ国以上に広がっているという。(2015/3/5)

Androidに未解決の脆弱性情報、Googleは「対応せず」方針
Core Securityによれば、AndroidのWi-Fi Directにサービス妨害(DoS)の脆弱性が存在する。Googleは「現時点でフィックスをリリースする予定はない」と返答してきたという。(2015/1/27)

Google、古いAndroid向けWebViewパッチ打ち切りについて説明
GoogleがWebブラウザのWebViewの脆弱性修正パッチについて、Android 4.3(コードネーム:Jelly Bean)以前については提供しないことを正式に認めた。該当するOS搭載端末ユーザーは、「ブラウザ」ではなくChromeやFirefoxをダウンロードして使うことでリスクを回避できるとしている。(2015/1/26)

週間記事ランキング
3年後もバリバリ使えるタブレット3選
製品サイクルの早いタブレット市場において、長く使い続けられるタブレット端末とは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/12/5)

セキュリティソフトウェアを装って感染
2要素認証も軽々突破、ニュータイプ“Androidマルウェア”の恐怖
Android端末を狙う「iBanking」は極めて高度な機能を備えたマルウェアだ。日々進化を続けるマルウェアに対応するためには、どのような手段が有効なのだろうか。(2014/12/1)

スマートロックやデフォルトの暗号化を導入、「Android 5.0」の新セキュリティ機能
顔認証などを使って画面ロックを解除できる「Smart Lock」や、フルデバイス暗号化がデフォルトで有効になる機能などが導入される。(2014/10/29)

Android OSに新たなセキュリティ問題 情報漏えいにつながる恐れ
プロセス間通信を担う「Binder」の問題を突くことで、認証情報やデータなどを盗み取ることができるという。(2014/10/20)

週間記事ランキング
盲点になっていたノートPCの新しい買い方
個人用モデルにはない「企業向け」ノートPCのさまざまな魅力を探る。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/10/20)

電源オフ時に自らを削除、電源オンで再生
何度でもよみがえる“不死身のAndroidマルウェア”登場、完全に削除するには?
端末の電源を入れたり切ったりすると、自らを削除して再インストールするAndroidマルウェアの存在が明らかになった。根絶するにはどうすればいいのか。(2014/10/15)

Androidブラウザの脆弱性は日本が高リスク
Lookoutによれば、AOSP版ブラウザに存在する同一生成元ポリシー回避の脆弱性の影響は日本のユーザーが最も多く受けるという。(2014/10/14)

AndroidのAOSPブラウザに脆弱性、情報盗聴の恐れ
悪用された場合、不正なJavaScriptを使ってAOSPブラウザの同一生成元ポリシーをかわし、任意のWebサイト経由で他のWebページの内容をのぞき見できてしまう恐れがある。(2014/9/16)

Androidユーザーをだまし続けるFlash Playerの詐欺アプリ
正規アプリはAdobeの公式サイトから無償ダウンロードできるが、ユーザーに金銭を要求する詐欺アプリが後を絶たない。(2014/8/14)

Androidに脆弱性、許可なく通話発信される恐れ
不正なアプリを使って許可なく電話をかけたり、通話を中断させたりできる脆弱性が見つかった。(2014/7/8)

プライバシー特化スマートフォン「Blackphone」、629ドルで出荷開始
2月のMWCで披露され、予約分は1カ月で完売したプライバシー・セキュリティ強化スマートフォン「Blackphone」の出荷が開始された。価格は629ドル。次回予約は7月14日からスタートする。(2014/7/1)

企業向けにマルチデバイスのライセンス提供、ウェブルート
ウェブルートは1ユーザー4台まで利用可能なセキュリティ製品の企業向けライセンスを開始した。(2014/6/17)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 5月21日号:クラウド業界に挑戦状を叩き付けたGoogle
不透明な価格オプションがまん延するクラウド業界に、シンプルな価格体系と値下げで挑むGoogle。AWSらの反応は? 他に、さらに深まったRSAへの疑惑、EMCのSANからBoxへの全面移行を図る市議会の事例、IBMマイヤーソン氏に聞くムーアの法則の限界などをお届けする。(2014/6/9)

修正パッチの適用は数カ月後!?
AndroidのVPNバイパス脆弱性で見直しを迫られるモバイルVPN対策
Androidの脆弱性を突いて、VPNの通信内容を攻撃者のサーバに平文で送信してしまうエクスプロイトが発見された。IT管理者が取るべき対策とは?(2014/5/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。