ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「資産売却」最新記事一覧

Pebble Time 2とPebble Coreがキャンセルか Fitbitへの売却を受け──米Bloomberg報道
(2016/12/7)

10年前の「事件」重なる?:
そごう神戸、「よそに買われるくらいなら買ってしまえ」――阪急のプライド
阪急百貨店や阪神百貨店を運営するH2Oリテイリングが、セブン&アイ・ホールディングスから、そごう神戸店など百貨店3店舗を取得することで合意した。百貨店事業の不振に苦しんでいたセブン&アイからの申し出だったという。(2016/10/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftは純正スマホ「Lumia」をやめてしまうのか?
フィーチャーフォン事業の売却を発表した米Microsoft。この売却は同社のスマートフォン事業にも影響を与えるのだろうか。(2016/5/24)

「万策尽きた」 出版取次業者の太洋社が自主廃業から一転して破産へ
東京地裁へ破産を申請。破産開始決定を受けた。(2016/3/15)

マネーの達人:
借金大国の日本が「安全な資産」と言われる3つの理由
2015年6月末時点で国の借金は過去最大の約1057兆円にふくれあがっています。世界一の借金大国となった日本ですが、他国からは「安全な資産」との見方も。今回は、日本が安全な資産と言われる3つの理由を考えてみます。(2016/3/4)

オールフラッシュ軸に進む業界再編
ストレージ業界で何が起きているのか? 巨額買収だけではない大激変の“予兆”
2015年はデータストレージ業界にとって変化と新技術に富んだ1年となったが、中でも最大のディスラプション(創造に向けた破壊)は米Dellによる670億ドルでの米EMCの買収だった。(2016/1/14)

Computer Weekly:
「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後
DellによるEMCの買収は業界に驚きをもたらした。この買収がDellとEMCの事業に及ぼす影響とは? デル氏に同社の今後をインタビューした。(2016/1/6)

3カ年経営計画:
「再開発で世界からもっと注目される“SHIBUYA”に」――東急電鉄・野本社長
2020年の東京五輪、2022年の創立100周年に向けて、東急電鉄が事業拡大を加速している。その取り組みを具体的に示す新たな中期3カ年経営計画が発表された。(2015/3/27)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
【新連載】お客さまを増やしたければ、非顧客に聞け! 地方路線バス会社復活の秘密に迫る
顧客の減少をストップさせ増収増益をかなえた十勝バス。40億の負債を抱える赤字会社が見事な復活劇をとげた。(2015/1/7)

再生請負人が見る製造業(1):
迫る破綻のカウントダウン! その時、企業再生のプロはこうやって企業を再生する
グローバル競争が過熱する中、製造業でも競争に敗れ苦境に立たされる企業は数多い。毎年のように企業決算で叫ばれる「構造改革」や「経営再建」の舞台裏は果たしてどうなっているのか。ゼネラルモータースや日本航空、ライブドアなど多くの企業再生を手掛けてきた企業再生のプロであるアリックスパートナーズが、各業界の状況について解説する。初回となる今回は企業再生の手法について紹介する。(2014/6/18)

ソニー、今期も500億円の最終赤字に スマホ販売は5000万台目標
ソニーの14年度は500億円の最終赤字予想。スマホ販売は5000万台を見込む。(2014/5/14)

ビジネスニュース 事業買収:
A123事業買収のNEC「2020年蓄電システム事業規模1000億円が目標」
NECは2014年3月24日、中国の万向集団(Wanxiang Group)の傘下の電池メーカー・A123 Systems(A123システムズ)の蓄電システム事業の買収に関する会見を開き、蓄電システム事業規模を2020年に1000億円規模へと引き上げる方針を明らかにした。(2014/3/24)

電気自動車:
NECがA123システムズの蓄電システム事業を買収、入札で負けた中国企業から
NECは、中国の大手自動車部品メーカーである万向集団(Wanxiang Group)の傘下にあるリチウムイオン電池メーカー・A123 Systems(A123システムズ)の蓄電システム事業を約1億米ドルで買収する。NECと万向集団は2012年12月、A123システムの資産売却入札で競合。万向集団が落札したという経緯があった。(2014/3/24)

電気自動車:
米国グリーン・ニューディールの成果は中国企業の下へ、PHEVベンチャーも買収
プラグインハイブリッド車(PHEV)「カルマ」を展開する米国のベンチャー企業Fisker Automotive(フィスカー)を、中国の大手自動車部品メーカーである万向集団(Wanxiang Group)が買収することになったと複数の米国メディアが報じている。(2014/2/17)

840 EVOを追撃:
“東芝印”の新生OCZが普及価格帯のSSDに殴り込み――「Vertex 460」徹底検証
東芝グループ傘下で新たにOCZ Storage Solutionsへ生まれ変わったOCZが東芝製Toggle NANDを採用する「Vertex 460」を投入。その性能やいかに?(2014/2/12)

ソニー通期、1100億円の最終赤字に転落へ
ソニー、通期で1100億円の最終赤字に転落へ。スマートフォンやデバイスなどで想定を下回ったほか、PC事業の売却・テレビ事業の分社化に伴う構造改革費用を新たに計上することなどが響く。(2014/2/6)

電気自動車:
プラグインハイブリッド車「カルマ」の米フィスカーが破産申請、投資会社が買収
プラグインハイブリッド車「Karma(カルマ)」を展開する米国のベンチャー企業Fisker Automotive(フィスカー)は、投資グループのHybrid Tech Holdingsによる買収と、連邦破産法11条の適用申請を発表した。(2013/11/25)

マネーの達人:
NISAにも活用! 四季報で優良企業を見つける3つのポイント
2013年10月1日より、NISA口座開設の受付がスタートしました。「これをきっかけに投資を始めてみたいけど企業の選び方が分からない……」と悩んでいる人もいるでしょう。今回は投資の初級編として、優良企業を見つけるための最初に確認すべきポイント3つを紹介します。(2013/10/16)

祖業を切り離した造船会社のV字回復までの3000日
130年ともに歩んだ祖業・造船業から完全撤退を宣言し、陸(おか)に上がることを選んだ日立造船。その決断の裏舞台とは。(2013/8/8)

お茶でも飲みながら会計入門(84):
これで合格!? ITエンジニアのための簿記3級まとめ
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2013/6/11)

“脱モノづくり”路線は吉と出るのか――ソニー、取締役に生え抜き技術者ゼロの波紋
実に5年ぶりの最終黒字に転じたソニー。今期はテレビなどエレクトロニクス部門の黒字化が課題となるが、新たな取締役人事ではソニーのDNAを持つ技術者が姿を消す。(2013/5/10)

ソニー、5年ぶり最終黒字に 13年度テレビ事業黒字転換へ
ソニーの2012年度は5年ぶりに最終黒字に転換。だが本業のエレクトロニクス部門で赤字が続いており、今年度はテレビの黒字化などで1000億円の利益計上を目指す。(2013/5/9)

製造マネジメントニュース :
ソニー、2013年3月期で最終黒字化――今期の設備投資は半導体中心に
ソニーは2013年3月期で最終黒字化を達成したものの、2014年3月期も引き続き構造改革路線を継続。設備投資は前期並みの1800億円とするが、多くの部分をイメージセンサーを中心とした半導体に振り向ける方針を示した。(2013/5/9)

ソニーが大幅上方修正、営業益2300億円に
ソニーが12年度業績予想を上方修正し、営業利益は2300億円になる見通し。(2013/4/25)

お茶でも飲みながら会計入門(80):
残った傘は何本ある? 分記法と三分法
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2013/2/7)

電気自動車:
中国企業の米国電池ベンチャー買収を米当局が承認、1年におよぶ迷走は決着へ
米国の外国投資委員会は、中国の大手自動車部品メーカー・万向集団による、リチウムイオン電池ベンチャー・A123システムズの買収を承認した。2012年初頭の資金繰りの悪化から始まったA123システムズの迷走は、中国企業による買収という形で決着しそうだ。(2013/1/30)

米Atariが破産法適用を申請 独立モバイルゲームメーカーとして再建を目指す
米Atari Inc.が、経営不振の親会社、仏Atari S.A.から独立し、モバイルゲームメーカーとして再建するために米連邦破産法11条(チャプターイレブン)の適用を申請した。(2013/1/22)

自分研・人気記事ランキング:
【2012年12月人気記事】プロジェクトの現場でリーダーシップを磨く方法
自分研の月間人気記事ランキングをお届けします。(2013/1/7)

出資額は600億円以上:
ルノー・日産がアフトワズの経営権を取得、ロシア市場の台数シェアは33%に
ルノー・日産アライアンスが、230億ルーブル(約615億円)を出資して、ロシア最大の自動車メーカーであるアフトワズの経営権を取得する。これにより、ロシア市場における両者の台数シェアは合計で約33%まで拡大する。(2012/12/13)

電気自動車:
破綻した米国電池ベンチャーは中国企業が落札、米国企業とNECは競り負ける
経営破綻した米国のリチウムイオン電池ベンチャー・A123 Systemsの資産売却において、中国の大手自動車部品メーカー・万向集団が2億5660万米ドル(約210億円)で落札した。協力して入札に臨んだ、米国自動車部品大手のJohnson ControlsとNECは、万向集団の提示額に及ばなかった。(2012/12/10)

お茶でも飲みながら会計入門(78):
120万の車、3年乗って10万で売却。これって損? 得?
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2012/12/5)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
売り先行となるも先物のまとまった買い戻しも入り堅調
(2012/2/28)

せかにゅ:
“中古”音楽ファイル売買サービス、レコード会社に訴えられるも閉鎖を回避
デジタル版中古CDショップのようなサービス「ReDigi」が、著作権侵害でレコード会社から訴訟を起こされましたが、サービス停止は回避しました。(2012/2/9)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
予想を下回る経済指標や欧州金融不安で続き冴えない展開
(2012/2/1)

藤田正美の時事日想:
野田改造内閣がやるべきこととは
1月13日に改造内閣を発足させた野田首相。岡田克也氏を副総理にすえ、消費税増税と社会保障の一体改革への決意を語るが、消費税を2015年までに10%にしたところで、本当に社会保障は持続可能になるのだろうか。(2012/1/16)

東電、保有するKDDI全株式を売却
KDDIの3位株主だった東京電力が、保有株式全部を売却へ。(2011/11/28)

ビジネスニュース:
Intelからスピンオフした太陽電池メーカーが倒産
Intelのスピンオフ企業である太陽電池メーカーSpectrawattが、破産を申請した。Intelなどが5000万米ドルをつぎ込んだ企業も、有利な条件で事業を展開する競合各社との生存争いには勝てなかったようだ。(2011/8/26)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
リスク許容度の低下、信用収縮から大幅下落
(2011/8/9)

ビジネスニュース 事業買収:
HTCがVIA Technologies傘下のグラフィックスLSIベンダーを買収へ
ノートPCやデスクトップPC、組み込み機器などに向けたグラフィックスLSIを手掛けるS3 Graphicsを買収する。(2011/7/7)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
手間を省くな、コストを省け
多くの企業が、不景気の時だけコスト削減を行うという過ちを犯している。競争力を持って能率良く運営するには、景気に関係なくコスト削減を毎日行うこと。(2011/5/18)

日本企業のグローバル進出を支えるIT:
【第1回】エラスティック経営とIT
もはや日本企業にとって海外展開は避けられない。そうした中でIT戦略をどう考えていくかが重要となる。新連載では、本テーマについてアクセンチュアのコンサルタント陣が解説していく。(2011/5/16)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
ほぼ3年ぶりの高値水準
(2011/4/27)

南はるなのFXのヒミツ:
震災後の円安、その背景には何があるの?
東日本大震災の発生後、急激な円高となりましたが、その後は各国の協調介入もあり、今では円安基調で動いています。こうした動きの背景にはどのようなことがあったのでしょうか。各国の様子を中心に追ってみたいと思います。(2011/4/21)

【IFRS】IFRSを会計×業務×ITで理解する【9】
財政状態計算書(3)大きく転換するIFRSのリース
投資家の視点から作られ、現在の日本基準からの考えの転換が求められるIFRS財務諸表の作成。業務プロセスやITシステムを適切に構築するための情報をお届けする。今回はリースの会計処理について解説する。(2011/3/29)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
放射能汚染も懸念されて大幅下落
(2011/3/23)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高や為替の協調介入受け、3連休前の買戻しも入って大幅高
(2011/3/18)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
原発問題を嫌気してリスク回避の動きが続き大幅下落
(2011/3/17)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
日経平均、大幅下落
(2011/3/14)

IFRS of the day:
IFRSで激変する利益と日本の平準化した利益
近年のIFRSの改訂は様々な分野に及んでいます。これらの改訂により企業の業績の見え方は大きく変わってきています。特に利益の見え方は大きく変化しています。(2010/12/22)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
為替介入で円安となったことを受けて大幅高
(2010/9/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。