ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「天文」最新記事一覧

質問!天文学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で天文学関連の質問をチェック

ペルセウス座流星群は13日未明に極大に その”正体”を解説します!
正しくは、ペルセウス座の方から流れてくるように見える流星。(2017/8/12)

ペルセウス座流星群が8月12日夜から出現ピーク 北日本と太平洋側で観測のチャンス
お盆の時期に現れる三大流星群のひとつです。(2017/8/5)

みずがめ座デルタ南流星群 ピークに
夏休み早々、みずがめ座δ(デルタ)南流星群が見頃を迎えています。2017年は月明かりに邪魔されず好条件。気になる今夜の天気は?(2017/7/29)

【動画】青く光る海に流れる星 夜光虫とみずがめ座η(エータ)流星群のコラボが幻想的
肉眼に近い映像とのこと!(2017/5/7)

月がきれいですね 天体物理学者が考案した「天体ライト」が美しすぎる
惑星、今ならお買い得!?(2017/4/8)

研究開発のダークサイド(9):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(天動説の「再発見と崩壊の始まり」編)
プトレマイオスの「数学集成(アルマゲスト)」を「再発見」することに大きく貢献したレギオモンタヌスは、「再発見」以降に同書を最初に批判した学者でもあった。「数学集成(アルマゲスト)」の欠点に気付いたレギオモンタヌスは、新しい天文学理論の構築に取り掛かる。しかし、レギオモンタヌスが早逝したことにより、その試みは、ついえる。後を引き継いだのが、地動説への一大転換を果たすことになるコペルニクスであった。(2017/3/28)

研究開発のダークサイド(7):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(天動説編)
研究不正の疑惑は、近代科学だけでなく、さらに時代をさかのぼった古代にも存在する。「数学集成(アルマゲスト)」をまとめ上げた、古代ローマ帝国の天文学者クラウディウス・プトレマイオスには、データを捏造したのではないかという疑惑がある。その“ダークサイド”を解説しよう。(2017/3/15)

光のリングになるまでの天体ショー 南米チリで観測された「金環日食」のフル動画が公開
金環がとぎれとぎれに見える「ベイリーズビーズ」も観測できます。(2017/2/27)

いいかい、今日からお前の名は「五つ星の天文学者」だよ! 西尾維新監修の“2つ名”を生成してくれる特設サイトが楽しい
ルビを付けて遊ぼう!(2017/1/28)

2017年の初日の出は日本全国おおむね晴れ! 各地の日の出時刻を国立天文台が発表
47都道府県や各名所、時刻のランキングから正確な時刻と座標が確認できます。(2016/12/29)

新年1月3日に「しぶんぎ座流星群」が出現のピーク 太平洋側では好条件での観測チャンス
年始から流星にお願い事できるかも?(2016/12/28)

12月13日から「ふたご座流星群」が見頃 沖縄県の他、北・西日本の太平洋側で観測チャンス
観測は13日の21時以降がオススメです。(2016/12/7)

おうし座流星群、11月6日に出現のピーク 広範囲が晴れ予報で絶好の観測チャンス!
火球クラスの明るい流星に期待。(2016/11/1)

オリオン座流星群が今夜ピーク 観測のポイントは?
10月21日、オリオン座流星群の活動がピークに。各地の天気や観測のポイントは?(2016/10/21)

オリオン座流星群がピーク 今夜の天気は?
21日、オリオン座流星群の活動がピークに。流星は今夜10時頃から見られ始め、夜半過ぎから22日明け方までが見頃に。各地の天気や、観測のポイントなどをまとめました。 (2016/10/21)

氷菓「しろくま」の有名店がコラボしたお酒「天文館むじゃきのしろくまのお酒」がおいしそう&かわいい
(・(ェ)・)(2016/10/20)

10月21日はオリオン座流星群出現のピーク! 当日は東の夜空に注目
ウェザーニューズがネット中継生放送を予定。(2016/10/13)

人工衛星「ひとみ」はなぜ失われたのか(後編)生かされなかった過去のアクシデント
宇宙空間で自壊するという大事故を起こしたX線天文衛星「ひとみ」。直接的な原因は打ち上げ後に連続して起こった小さなミスだが、根本的な原因はJAXAという組織が内包する性質にある。(2016/9/27)

ガメラやギャオス 特撮世界が体感できる「空想脅威展」、六本木ヒルズで開催 ガメラバーガーもあるよ
ジブリの次は巨大怪獣、見下ろし系に強い六本木ヒルズ天文台。(2016/9/18)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
星空に新たな価値を
月は肉眼でみると平面の円にしか見えないが、天体望遠鏡では立体的な球体に見える。いつもみんなの頭上にある、星のおもしろさに触れ、感動してほしい。(2016/8/17)

息をのむ天体ショー ピークを迎えた「ペルセウス座流星群」が各地で撮影される
明るく輝く火球が数多く観測されたようです。(2016/8/13)

ペルセウス座流星群が極大 今夜の天気
きょう12日夜、三大流星群の1つである「ペルセウス座流星群」が極大に。月が沈む深夜から13日の未明が、観察に適。各地の天気をお伝えします。(2016/8/12)

ペルセウス座流星群が極大 今夜の天気は?
8月12日夜に「ペルセウス座流星群」が極大に。月が沈む深夜から13日の未明が観察に適しています。各地の天気は?(2016/8/12)

もうすぐ「ペルセウス座流星群」のピーク 8月12日の夜半から13日未明にかけてが見頃
流星の数の報告を募集するキャンペーンサイトや、ニコニコ生放送での生中継も予定されています。(2016/8/10)

「きぼう」とみずがめ座流星群を見よう
今夜7時45分頃から「きぼう」を見られるチャンスで、明日は「みずがめ座δ(デルタ)南流星群」が極大に。(2016/7/27)

「ひとみ」後継機、JAXAが計画明らかに 2020年の打ち上げ目指す
JAXAがX線天文衛星「ひとみ」の後継機を打ち上げる計画を明らかに。文部科学省が内容を精査し、2020年の打ち上げを目指す。(2016/7/15)

米アリゾナ大学、太陽が3つある惑星を発見 天体の位置関係により140年間、夜が来ない期間も
大きな恒星、小さな恒星のペアが太陽のような役割を果たす惑星。(2016/7/8)

「ひとみ」はなぜ失われたのか(前編) 衛星を崩壊に導いた3つのプロセス
信頼性の高さを誇ったはずのX線天文衛星「ひとみ」はなぜ、打ち上げ1カ月あまりで崩壊に至ったのか。まずはその過程を確認、検証する。(2016/7/8)

壊れた「ひとみ」世界初の成果 銀河団のガスの動き観測 「意外に静かだった」
X線天文衛星「ひとみ」が、故障前に世界初の成果をあげていたことが分かった。銀河団のガスの運動の観測に世界で初めて成功し、予想よよりも動きが穏やかだったことを突き止めていた。(2016/7/7)

火星の2つの衛星、巨大天体の衝突で誕生 東工大など研究
火星の2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」は、巨大な天体が火星に衝突して生まれた――そんな研究結果を、東京工業大学などが発表した。(2016/7/5)

望遠鏡のように内側をのぞくと美しい星々 どこでも天体観測できる「星空の封筒」が癒やされそう
昼間でも曇りでも、星空。(2016/6/17)

年に数回しか現れない天文現象「月面X(エックス)」 6月12日にネットで生中継放送
月面のクレーターに対し、特定の角度から太陽光が当たるときに見られる現象。(2016/6/9)

始めようか天体観測 およそ10年ぶりの「スーパーマーズ」、地球と火星が今夜最接近
望遠鏡の用意をしましょう。(2016/5/31)

古代ギリシャの夜空の詩、いつ書かれた? 天文学ソフトで米大学が研究
サッポーの「Midnight Poem」がどの時期に書かれたのかを米テキサス大学が研究しました。(2016/5/15)

5月6日は「みずがめ座エータ流星群」がピークに 見ごろは?
ゴールデンウィーク後半は、ハレー彗星が母体の流れ星を見るチャンス。6日ごろがピークで月明かりもない。前後2〜3日間の未明は同じくらいの流れ星が観測できるが、天気は?(2016/5/3)

JAXA、X線天文衛星「ひとみ」運用断念 機能回復は期待できないと判断
復旧に向けた活動はやめて、今後は異常に至った原因究明に専念。(2016/4/28)

JAXA、X線天文衛星「ひとみ」運用断念 太陽電池パドルが分離か 「原因究明が我々の責務」
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、X線天文衛星「ひとみ」の運用を断念すると発表。(2016/4/28)

今夜は「こと座流星群」&今年1番小さな満月「ミニマムーン」
22日夜は「こと座流星群」と、今年1番小さな満月「ミニマムーン」が楽しめます。気になるお天気は?(2016/4/22)

チャンスは4月23日明け方! 今夜「こと座流星群」が見られるかも知れません
22日に夜更かしをするか、23日に早起きをするか……。(2016/4/22)

スマホ用天体望遠鏡、エレコムが発売 画面で観察、月のクレーターもくっきり
手持ちのスマートフォンと組み合わせて使う紙製の天体望遠鏡がエレコムから。(2016/4/5)

X線天文衛星「ひとみ」、通信に異常 空中分解の可能性も
X線天文衛星「ひとみ」が、電波を正常に受信できず、状態を確認できない状況に。通信不良の原因は不明で、JAXAが復旧と調査を続けている。(2016/3/28)

X線天文衛星「ひとみ」通信途絶える 5つに分離したとする情報も
何が起きたのかは不明。(2016/3/28)

9日午前中に部分日食 4年ぶりの天体ショー、全国の天気は
明日9日は午前中に部分日食が見られます。気になるお天気はいかがでしょうか。(2016/3/8)

3月9日は部分日食 全国で天文ショー 日本で4年ぶり
全国で観測できる部分日食が3月9日午前に起きる。東京では太陽の最大15%が月に隠される天文ショーを楽しめそうだ。(2016/2/25)

打ち上げ成功・X線天文衛星「ASTRO-H」の名前は「ひとみ」に決まる
打ち上げに成功したX線天文衛星「ASTRO-H」の名称は「ひとみ」に決まった。(2016/2/17)

X線天文衛星「ASTRO-H」打ち上げ 分離確認
X線天文衛星「ASTRO-H」が2月17日午後5時45分、H-IIAロケット30号機で打ち上げられた。(2016/2/17)

「アルマゲドン」的地球の危機、小惑星より怖いのは?
映画「アルマゲドン」で地球を襲ったのは小惑星だったが、それよりも高い確率で地球に危機をもたらす天体があるという。それは――。(2016/1/4)

新年初の天体ショー しぶんぎ座流星群が4日夕方見ごろ
太平洋側は晴れる所が多く、観測のチャンスあり。(2016/1/3)

ふたご座流星群、今夜見頃に 数年に1度の当たり年
ふたご座流星群は14日深夜から15日未明にかけて見頃に。今年は月明かりの影響もなく、流れ星を見るのに最高の条件がそろっています。(2015/12/14)

ふたご座流星群が14日夜に出現! 今年は「前後10年で1番の好条件」
一晩中出現します。(2015/12/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。