ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不良債権」最新記事一覧

関連キーワード

500万円超も:
300馬力!? 最強3ローター「コスモ」はバブルが生んだ恐竜
1967年に発売したマツダの「コスモ・スポーツ」は国産初のロータリーエンジン搭載車として歴史に名を刻み、以後ロータリー車の代名詞となった。(2016/7/25)

クロマグロが回転寿司から消える? 名門「勝浦漁協」破綻の衝撃 水揚げ不振の背景に何が
クロマグロの水揚げ量が減少の一途をたどっている。その背景には何が。(2016/7/14)

クロマグロが回転寿司から消える? 名門「勝浦漁協」破たんの衝撃
日本人が好むクロマグロの水揚げ量が減少の一途をたどっている。日本有数のクロマグロの漁獲量を誇る和歌山県那智勝浦町の「勝浦漁業協同組合」が5月に経営難から破たん・解散したことは、漁業関係者に大きな衝撃を与えた。(2016/7/14)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
組織は3階層、定期ローテーション人事もない 銀行の“真逆”で伸びる新生プリンシパルインベストメンツ
新生銀行の傘下で、主に首都圏の中堅・中小企業に投資銀行サービスを提供する新生プリンシパルインベストメンツが好調だ。「誰もやりたがらなかったことをやる」――。こうした同業他社とのユニークな差別化戦略が実を結んでいるという。(2016/6/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何もできない松坂大輔を、孫正義オーナーが見捨てない理由
松坂大輔が2軍で大炎上した。福岡ソフトバンクホークスと巨額契約を結んだにもかかわらず、何ひとつ結果を残せていない。とっくの昔に我慢の限界は超えているはずなのに、なぜ球団は松坂を見捨てないのか。その理由は……。(2016/5/19)

特集:FinTech入門(8):
FinTechで始まる、APIで広がる、他業種連携によるビジネス拡大の可能性とは
FinTechによって広がりつつある非IT企業によるAPI公開。「Fintechが導くAPIイノベーション 実践企業がノウハウを語る、API活用セミナー」の模様から、FinTechの現状や、APIによる効果の1つである、他業種連携の可能性を探る。(2016/4/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ一流の人は歴史を学ぶのか――名言に学ぶ「見通す力」の作り方
「先が見えない世の中」とは言われるが、パソコンもデータ分析も発達していない時代に、過去や経験に学ぶことで、時代を切り開いてきた人がいる。竹中平蔵先生が考える今学ぶべき歴史と名言とは。(2016/3/3)

スピン経済の歩き方:
「着物業界」が衰退したのはなぜか? 「伝統と書いてボッタクリと読む」世界
訪日観光客の間で「着物」がブームとなっている。売り上げが低迷している着物業界にとっては千載一遇かもしれないが、浮かれていられない「不都合な真実」があるのではないだろうか。それは……。(2016/2/23)

開発者支援体制も強化:
freeeがAIを使った経営分析ツールと連携
freeeでAIを使った経営分析ツールも連携可能に。開発者向けAPI提供プログラム「freee Developers Community」も本格始動させる。(2016/1/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「年俸固定、複数年」は是か非か プロ野球選手の契約事情
プロ野球選手の契約更改交渉が連日のように行われている。たいして活躍していないのにもかかわず、下がっていない「推定年俸」を見て、「もらい過ぎだろう」と思ったことがある人も多いのでは。下がっていない理由に、契約内容があるようで……。(2015/12/3)

金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
7割が「課長」になれない中で、5年後も食っていける人物
「いまの時代、7割は課長になれない」と言われているが、ビジネスパーソンはどのように対応すればいいのか。リクルートでフェローを務められ、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんに聞いた。(2015/10/30)

映画誌「SCREEN」など出版の旧「近代映画社」が破産へ
映画誌「SCREEN」などで知られた旧近代映画社が破産へ。(2015/10/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
バブル崩壊が生んだBセグメントの隆盛
バブル崩壊以降の長引く日本経済の低迷によって、消費者の意識は大きく変容してしまった。「いつかはクラウン」と言いながらクルマを何度も買い替える時代は終わり、皆が軽自動車とBセグメントを買い求めるようになった。(2015/8/31)

スピン経済の歩き方:
“ふわっとした話”にどっと押し寄せる、日本人の「弱み」
日本の重要文化財などを補修している小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長の新著が発売された。タイトルは『イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」』。筆者の窪田氏がその本の中で特に興味をもったのは……。(2015/6/30)

競争さらに激しく:
金融業界にさらなる再編? 横浜銀と東日本銀、統合の意味
経営統合に向けて交渉中の横浜銀行と東日本銀行。両行が統合に至った背景や、統合による効果、業界にもたらす影響などを専門家に聞いた。(2014/11/6)

藤田正美の時事日想:
ドイツは景気刺激策に取り組むべきだ――EUが日本型デフレに突入しないために
世界中で経済が伸び悩んでいる。中でも深刻なのはEUだ。けん引役だったドイツまで2四半期連続でマイナス成長となれば、EU全体が90年代の日本のように長いデフレに突入しかねない。(2014/10/30)

窪田順生の時事日想:
日本の国宝を守る英国人アナリストに学ぶ、日本人の壁を越える方法
日本人よりも日本のことを分かっている外国人はたくさんいる。文化財などを修繕している「小西美術工藝社」の社長を務めるデービッド・アトキンソンさんもそのひとり。彼が精通しているのは「文化」だけではなく……。(2014/10/21)

藤田正美の時事日想:
国を超えた富の移転は実現するか――EUが抱える、根本的な矛盾
IMFが世界経済の成長率見通しを下方修正した。現在最も懸念が大きいのは、日本型デフレに陥るリスクを指摘されているEUだ。ただ、EUが抱える問題はこれだけではない。域内の財政を1つにする上で、富の移転を国家レベルで行えるかという“壁”がある。(2014/10/15)

経済破綻はなぜ起こったか? スペイン編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、スペイン編での事例を紹介。(2014/10/14)

藤田正美の時事日想:
中国経済で“気になる”動き――他人事ではない、Xデーはいつ?
「危ない、危ない」と言われ続けている中国経済は、本当に大丈夫なのか。最近もある金融商品が危ないという噂が流れたが、“謎の買い手”が登場して、問題は収束。これまで大きな破たんはなかったが、今後は……。(2014/9/3)

藤田正美の時事日想:
マレーシア機撃墜事件をきっかけに、ロシアのウクライナ侵攻が起こるのか?
こう着状態にあったウクライナ情勢が動き出した。マレーシア機撃墜事件の捜査が難航するなか、ロシア軍がウクライナとの国境に再び兵を集めているとの情報が出た。果たして、ロシアのウクライナ侵攻は起きるのか。(2014/7/23)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
米球界で失敗した二人のサムライから、私たちが学ぶこと
マー君やダルビッシュが活躍する裏で、期待される活躍ができずに米国で迷走する二人の現役日本人プレーヤーがいる。アスレチックスの中島内野手、カブスの藤川投手。この二人の現状を知り、改めて私たちビジネスパーソンに通じる教訓としよう。(2014/5/29)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Internet Explorer 11の新機能にみる「Windows 2020年問題」とは?
MicrosoftはWindows 8.1 Updateで、IE11にIE8互換の動作モード「エンタープライズモード」を追加した。そこにはブラウザの互換性問題への対応と、最新OSへの移行促進という意図が込められている。(2014/5/27)

藤田正美の時事日想:
中国はどこまでベトナムと争うのか――米国、日本も他人事ではない理由
中国とベトナムが南シナ海の権益をめぐって争っている。ASEAN首脳会議でも自制を求める宣言が採択されたが、中国はこれを無視する方針だ。このまま中国が南シナ海の覇権を奪取すれば、次は尖閣諸島に手を伸ばすだろう。(2014/5/14)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
南欧にチャイナマネーが入って不動産バブルが再燃?
2014年2月、日経平均株価が1日で500円以上下落して世界の金融市場が混乱しました。日本のアベノミクス景気にも、冷や水が浴びせられた格好になりました。投資マネーは株式だけでなく商品市場や原油などの資源に向かうこともありますが、不動産に向かうとやっかいなことになります。(2014/3/10)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
金融の世界にも”福袋”がある!?
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。年も明け、冬服の福袋を買いに来たあずさ。ハゲタカくんによると、金融の世界にも“福袋”はあるそうで……?(2014/1/11)

窪田順生の時事日想:
あの半沢直樹や安倍首相も……日本社会を埋め尽くす“カエル男”ってナニ?
「カエル男」という言葉をご存じだろうか。一言で言えば「奥さんにカネも決定権も支配され、経済的にも搾取されている男」のこと。そのカエル男が今、さまざまな問題を引き起こしているのではないだろうか。(2013/11/26)

藤田正美の時事日想:
中国が抱える最大の国内問題とは?
中国の習近平政権が重要視していた3中全会が終了した。習主席が意気込むほど“改革的”であるように見えなかったものの、外国メディアは総じてこの3中全会に好意的だ。そこで、現在中国が抱える問題を整理してみる。(2013/11/20)

藤田正美の時事日想:
欧州中央銀行の政策金利が史上最低に、景気回復への方策は?
欧州中央銀行(ECB)の政策金利が低下し、ユーロ圏が再びデフレに陥るリスクが高まった。ECBが欧州内の銀行をまとめ上げ、地盤の強化を図る必要があるが、その障害は多く厳しい道のりになる。(2013/11/13)

藤田正美の時事日想:
アベノミクスが強気でいられるほど世界経済は楽観的ではない
IMF(国際通貨基金)が発表した「世界経済見通し」では、世界経済の成長にブレーキがかかっていることを示唆した。また、欧州中央銀行は銀行の健全性のチェックを始めた。ゾンビ企業への貸付を行う銀行には退場願うのだ。(2013/10/30)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
なぜ消費税でなければダメなのか?――直接税と間接税の違いを考える
消費増税の議論がいよいよ大詰めです。今回は私見ですが、増税するのが「なぜ消費税なのか?」を考えてみたいと思います。(2013/9/6)

藤田正美の時事日想:
国家の市場介入は国民を豊かにするのか?
BRICsの中でインドが行き詰まりつつある。2025年には中国を逆転して世界最大の人口を抱えることになる「世界最大の民主主義国」はどこへ向かうべきなのか。(2013/8/28)

藤田正美の時事日想:
ユーロ圏の銀行に経営破たんのきざし
欧州の銀行のPBRは1を割っている。割安というよりも投資家が怖くて手を出せないともいえる。日本の銀行がバブルがはじけて以来、不良債権処理が大変だったのと同じ状況だ。(2013/7/17)

藤田正美の時事日想:
中国経済にちらつく第2の“リーマンショック”の影
中国のシャドーバンキングによる「信用バブル」が叫ばれ、銀行間の短期金利が乱高下している。もし中国経済がこの問題で一時的であれ停滞することになると、アベノミクス効果はたちまち打ちのめされるだろう。(2013/7/3)

藤田正美の時事日想:
金融緩和、振り上げた拳をどう下ろす?
振り上げた拳は下ろさなければならない。それは誰しも分かっていることだが、残念なことにそれが実感として分かるのは、下ろすときになってからだ。(2013/6/26)

窪田順生の時事日想:
「高学歴エリート」のTwitterはなぜ暴走するのか?
頭の回転も速いし、ハタから見ると「優秀」なのに、とんでもなくバカなことをする人がいる。例えば、元復興庁のキャリア官僚が個人のTwitter上で「左翼のクソども」などとツイートして問題になったが、なぜ高学歴のエリートは暴走するのか。(2013/6/25)

App Town ブック:
政治/経済/環境など――「なるほど・ザ・ニュース」3タイトルを85円で配信
ゴマブックスのiPhone/iPad向け電子書籍アプリ「なるほど・ザ・ニュース」3タイトルの累計ダウンロードが1万5000を突破。記念に85円の特別価格で配信する。(2013/1/29)

相場英雄の時事日想:
電機メーカーは生き残れない――新政権のあり得ない“支援”
大晦日の日経新聞の朝刊一面に『公的資金で製造業支援=工場・設備買い取り、官民5年で1兆円超』という見出しが躍った。公的資金を注入して産業の空洞化を防ぐ狙いがあるようだが、果たして電機メーカーは生き残ることができるのだろうか。(2013/1/10)

小寺信良のEnergy Future(22):
どこがダメなのか、日本のエネルギー
太陽光発電や風力発電を電力源として大きく成長させるにはどうすればよいのか。1つの解が「固定価格買い取り制度(FIT)」だ。FITが他の制度よりも効果的なことは、海外の導入例から実証済みだが、問題もある。その問題とは電気料金が2倍になることだろうか、それとも……。「小寺信良のEnergy Future」、今回はFITにまつわる誤解を解き、FIT以外にも日本のエネルギー政策に大きな穴があることを紹介する。(2012/10/25)

「弱者」はなぜ救われないのか(最終回):
ヤミ金に頼ってしまった、とある業者の話
総量規制の導入によって、消費者金融などからお金を借りたくても借りることができなくなった人が急増した。その結果、ヤミ金から借りてしまう人が出てきたのだ。(2012/9/28)

「弱者」はなぜ救われないのか(5):
“地獄の一丁目”にいるのは誰か――ヤミ金が増えている
改正貸金業法の施行後、ヤミ金が増えているという。ヤミ金はどういった“客”を狙って、お金を貸しているのだろうか。複数の関係者に取材したところ、ある層の人物がターゲットになっていることが分かった。(2012/9/26)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
Fair valueとMarket value、どちらの価値を意識するべき?
世の中にはFair valueとMarket valueの2つの価値が存在するというちきりんさん。Market valueは「市場価値」、Fair valueは「公正な価値」という意味なのですが、どのように異なっているのでしょうか。(2012/8/13)

中国の知財動向を読む(1):
中国は特許大国になり得る? 日本企業が採るべき対応は
3年後、中国の出願件数は250万件、日本の6倍以上!? 現地在住の日本人弁理士が、その実態と日本企業の対策方法を指南する。(2012/7/23)

藤田正美の時事日想:
緊縮財政か成長戦略か、欧州が問われる選択
G8サミットで、欧州発の金融危機に対して、「緊縮一辺倒だけでなく、成長戦略も重視せよ」というメッセージを出したオバマ大統領。とはいえ、下手に金融を緩和し、財政支出による景気刺激策を取ればハイパーインフレを招く可能性もある。(2012/5/21)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
中国の目覚ましい成長を支える、不安定な金融基盤
ここ数年の中国の経済発展は目覚ましいものがある。こうした中国の経済成長を支える金融政策とは。(2012/5/2)

相場英雄の時事日想:
“作られたスクープ”の裏にあるもの――それは企業の巧妙な手口
電車の中吊り広告で「独占スクープ!」といった刺激的な見出しを目にした人も多いはず。しかしこの「スクープ」の中には、読者を煙に巻くようなものも含まれている。それは企業がからんだ“作られたスクープ”だ。(2012/3/29)

何かがおかしいIT化の進め方(52):
“影”から目を背けてきた原発とIT
個々の情報の入手は容易になり、その分だけ価値が低下し、代わって知恵が求められる時代になった。応用力と、行動するための理解力、説明力、説得力、そして“多種の情報”の組み合わせが生み出す知恵という価値――今、IT関係者には情報にかかわる能力が求められている。(2012/3/9)

欧米は日本バブル崩壊の轍を踏むか?――日銀・白川総裁が語る世界経済の未来
欧州債務危機が深刻化し、「日本のように失われた10年を経験することになるのか?」とささやかれるようになっている。日銀の白川方明総裁は1月10日の講演で、リーマンショック後の欧米経済と、バブル崩壊後の日本経済には類似点があると指摘。欧米が日本と同じ道を歩まないようにするためのポイントを解説した。(2012/1/24)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
オリンパスは他人事じゃない!? 庶民にも粉飾の誘惑
不定期土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。新しいコートを買ったはるか。うれしそうにあずさに自慢しますが、そんな彼女を悲劇が襲います。(2011/12/17)

藤田正美の時事日想:
明るいクリスマスを迎えられるか? EU統一財政案の行方は
今週行われるEUのサミット。そこで提案されるのは現在の統一通貨をさらに一歩進めて、統一財政に近付けようという案である。これがまとまらないと、年末にかけてまた金融市場が混乱するかもしれない。(2011/12/5)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。