ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Best Buy」最新記事一覧

「Google Home」、カナダで6月26日発売へ
日本でも“年内”発売予定のAIアシスタント搭載スマートスピーカー「Google Home」がカナダで6月26日に発売される。(2017/6/4)

Samsung、「Galaxy S8/S8+」のSIMロック解除モデルを米国で発売へ
Samsung Electronicsがフラッグシップ端末「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」のアンロック(SIM解除)モデルの予約を米国で開始した。出荷は5月31日から。キャリアのSIMモデルより約20ドル安い。(2017/5/10)

防塵/防水があれば完璧だった
徹底レビュー:ダブルレンズカメラ搭載の頑丈スマホ「HUAWEI Mate 9」
「HUAWEI Mate 9」には革新的な実装はないものの、2017年のスマートフォンを代表する3つの機能が搭載されている。「極薄のベゼル」「人工知能(AI)」「ダブルレンズカメラ」だ。(2017/2/26)

ITはみ出しコラム:
Android Wear 2.0はApple Watchに追い付いた?
ユーザーがまだ限られるスマートウォッチですが、徐々に使い勝手は向上しています。(2017/2/12)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
MVNOのプリペイドSIMもある――ニューヨークの空港に増える「SIM自動販売機」
世界の空港の中には「SIM自動販売機」が設置されていて、手軽にプリペイドSIMを買えます。CES 2017取材のため途中で立ち寄ったニューヨークの空港に行ったところ、プリペイドSIMの自動販売機の数が急増していました。(2017/1/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
スマホは本当にポストPC時代の覇者なのか? Windowsデバイスが変わる2017年
ポストPCが叫ばれて久しいが、スマホ需要も一巡し、パーソナルコンピューティングの世界はその先へ進もうとしている。2017年にMicrosoftとWindowsが進む道を考察する。(2017/1/4)

コンシューマーの「オムニチャネル」化が進行
オンライン売上高が感謝祭商戦で過去最高に、それでも「実店舗」がなくならない理由
2016年ホリデーシーズンのオンライン売上高が過去最高を更新した。その背景には何があるのか。オンラインストアの今後はどうなるのか。専門家の話を基に考える。(2016/12/13)

Google、Wi-Fiルーター「Google Wifi」を米国で発売 129ドル/台から
Googleが「OnHub」の特徴を継承したWi-Fiルーターを米国で11月に発売する。1台だけで使うこともできるほか、複数台を連携させて動作させることもできる。(2016/10/5)

Google、バーチャルツアーアプリ「Expeditions」他、教育関連サービスを発表
Googleが、Cardboard対応Android端末で利用できる教育向けバーチャルツアーアプリ「Expeditions」をGoogle Playで公開した。2台以上の対応端末があれば、200以上のツアーを無料で楽しめる。(2016/6/28)

音楽配信のRhapsody、「Napster」に改名へ
音楽ストリーミングサービスの老舗である米Rhapsodyが、サービスのブランド名を往年のP2Pサービスのブランド「Napster」に変更する。Rhapsodyは2012年にNapsterを買収している。(2016/6/15)

Oculus Riftはじめました:
サンキューOculus、日本だとインストールが早く終わるよ!
Oculus Rift製品版を体験していくゆるい連載の2回目は、PCをなんとか間に合わせてセットアップするところまで。(2016/5/3)

Oculus Rift、予約分配送が終わらないうちに小売り販売開始へ
まだ製品が届かない初期予約者がいる中、5月7日から店頭デモと販売を行う。Microsoft、Amazonでの通販も開始する。(2016/5/3)

Galaxy S7/S7 edgeが北米で発売、iPhone(?)も登場のCM3本公開
Samsungが、欧米や韓国でフラッグシップ端末Galaxy S7/S7 edgeを発売した。米国でのSIMロックフリー/32GBモデルのBest Buyでの販売価格はS7が694.99ドル、S7 edgeは779.99ドルだ。いずれもVR HMDのGear VRがバンドルされる。(2016/3/14)

世界最大の音楽サービスSpotify、Google Cloud Platformを採用
7500万人以上のユーザーを擁する世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyが、オンプレミスのデータセンターからGoogle Cloud Platformに移行する計画を発表した。(2016/2/24)

ソニーの「PlayStation VR」は今秋発売? 米ゲーム小売り大手CEOが言及
ソニーが2016年上期発売予定としているVR HMD「PlayStation VR」について、米ゲーム小売り大手GameStopのCEOが「われわれはソニー製品を今秋ローンチする」と語った。(2016/2/17)

「Oculus Ready PC」の予約は2月16日開始でバンドル価格は1499ドルから
Oculus VRが、1月に予告した「Oculus Ready PC」の予約を日本時間の2月17日午前1時に復数の小売りサイトで開始すると発表した。日本から購入できるかどうかはまだ不明だ。(2016/2/10)

ソニーモバイル、「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」を米国で発売へ
ソニーモバイルが米国で「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」を2月7日に発売する。Amazon.comなどのオンラインショップにて、SIMロックが解除された状態で提供する。「Xperia Z5 Premium」は少なくとも同時には発売されない。(2016/1/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Book」発売日に米Microsoft Store店舗を訪ねてみた(買えるのか?)
日本での販売はまだ先だが、米国で「Surface Book」が無事に発売された。発売日に現地のMicrosoft Store店舗を訪ね、Surface Bookの販売状況を聞いた。(2015/10/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
発表直前! 「Surface Pro 4」と「Surface Book」の国内販売はどうなる?
一足先に米国で発表された「Surface Pro 4」と「Surface Book」。日本での発表会が直前迫っている中、これら2製品の国内販売について予想する。(2015/10/22)

PS4専用Bluetoothリモコン、10月中に30ドルで発売へ
Sony Computer Entertainment Americaが、プレイステーション 4(PS4)とBluetoothで接続してストリーミングやBlu-rayのコンテンツを操作できる、米PDP製のリモコン「Universal Media Remote for PlayStation 4」が10月中に発売されると発表した。(2015/10/9)

ニューヨークに「PlayStation Theater」誕生(命名権獲得で)
Sony Computer Entertainment Americaがニューヨークのタイムズスクエアにある劇場の命名権を獲得し、この劇場(旧Best Buy Theater)を「PlayStation Theater」と名付けた。(2015/10/4)

普及はまだ遠く:
スマートホームは半導体業界を救えない?
半導体業界の次なる“けん引役”をスマートホームに期待するのは、だいぶ早いようだ。GoogleやSamsung Electronicsなどが投資している分野ではあるものの、多くの一般消費者は、スマートホームの設定や接続がうまくいかずに諦め気味になっているという。(2015/10/2)

Software-Definedへ向かうインフラの選択【前編】
バズワードで終わるのか? アナリストに聞く“ハイパーコンバージド”の意義
仮想環境と汎用サーバで構成され、ソフトウェアで制御する統合システムの“ハイパーコンバージド”。これは過渡期の技術か、有力な選択肢か。IDC Japanのアナリストにインタビューした。(2015/9/4)

“iPhone 6S”は9月14日週に発売か?
米Appleは9月14日週からBest Buy店頭でもApple Careサービスを受け付けるといううわさがあるが、「このリーク情報は次期iPhoneの発売日を示しているのでは」という見方が広がっているようだ。(2015/8/18)

Apple Pay、米4大カードすべてに対応へ Best Buyでも利用可能に
Apple WatchやiPhone 6/6 Plusで利用できるNFCベースのモバイル決済「Apple Pay」が、米カード大手のDiscoverに今秋対応する。これで米4大カードすべてに対応する。また、年内にBest Buyの店舗で利用できるようになる。(2015/4/28)

Mobile World Congress 2015:
HP、“360度オープン”タイプの2in1 PC「HP Spectre x360」発表
クラムシェル、スタンド、テント、タブレットといった4つのモードで使い分ける軽量薄型2in1 PCがHPからも登場する。日本向けの出荷は今のところ未定。(2015/3/2)

いまだ健在なり:
米国でどっこい生きてたVirgin Mobile WiMAXを使う
「もう電波止まっているんじゃないですか?」といわれるほどに影が薄くなった米国のWiMAX。しかし、ラスベガスでエリアを確認できた。再開からWiMAXの現況を報告する。(2015/2/2)

2015 CES:
有機ELにHDR、中国メーカーの躍進、そしてテレビ向けOSの行方――「2015 CES」を象徴する4つのトピック
4K対応が一段落し、8KやHDRといったさらなる高画質競争へと移りつつあるテレビメーカー各社。今年のCESを俯瞰(ふかん)してみると、いくつかのトレンドが見えてきた。(2015/1/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10に続く道――2014年のMicrosoftを振り返る
新CEOによる革新が目を引いた2014年のMicrosoft。この1年を振り返りつつ、2015年に向けたMicrosoftとWindowsの情報を整理する。(2014/12/27)

Google NowとNestの連係で音声命令や“帰宅時間を予測して室温設定”が可能に
「OK Google、室温を28度にして」とiPhoneやAndroidでNest Thermostatに音声指示できる他、端末の位置情報を有効にして自宅を登録してあれば、帰宅時間を予測して室温を設定してくれるようになった。(2014/12/16)

Apple Pay、米大手小売りがブロック──競合決済システム準備中につき
10月20日から米国で利用可能になったAppleのモバイル決済サービス「Apple Pay」を非公式にサポートしていた大手ドラッグストアチェーンが相次いでサポートを中止した。これらは来年独自のモバイル決済システム「CurrentC」の提供を開始する予定のジョイントベンチャーMCXの参加メンバーだ。(2014/10/27)

HTC、GoProのような“ファインダーレス”カメラ「RE」を200ドルで発売へ
HTCが、潜望鏡のような形でファインダーのない小型カメラを11月に199.99ドルで発売する。Bluetoothで接続したスマートフォンのディスプレイをファインダーとして使うこともできる。(2014/10/9)

KVS実装をオブジェクトストレージにも適用:
KVSとしてのRiak、オブジェクトストレージとしてのRiak
ここ数年、分散KVS技術を持つITベンダーによるオブジェクトストレージ製品投入が進んでいる。本稿ではその中の一つであるRiakを取材、KVS、オブジェクトストレージ双方の動向を聞いた。(2014/10/7)

Microsoft、Chromecast対抗のMiracast端末を60ドルで発売へ
Microsoftが、GoogleのChromecastのようにテレビのHDMI端子に接続することで端末の画面をミラーリングするガジェット「Wireless Display Adapter」を59.99ドルで発売する。Chromecastより高いが、Windows搭載のPCやタブレット、Windows Phoneだけでなく、Androidからもミラーリングできる。(2014/9/24)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows PCを価格破壊するChromebook――廉価モデルは100〜200ドルが主戦場へ
PCの低価格化を加速させたNetbook、そのブームを終わらせたタブレット、そして今、Chromebookの台頭により、Windows PCはさらなる低価格化へ向かおうとしている。(2014/7/22)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Appleの「Swift」で何やら騒がしい開発言語事情をまとめる
Appleによる新プログラミング言語「Swift」の発表は、一般ユーザーにも開発言語の世界が久しぶりに注目されるトピックだった。現在そして今後の開発言語環境をWindows視点から見ていこう。(2014/6/12)

HP Digital Marketing Hub:
日本企業に必要なのは「分析力」と「グローバルレベルでの変革」
2014年5月27日、六本木のリッツ・カールトンで「HP Digital Marketing Hub ロードショー東京」が開催された。イベント全体を貫くメッセージは「市場環境の変化に対応した経営改革の必要性」。いまやデジタルマーケティングは経営改革の最重要アプローチとなった。(2014/5/29)

提督限定にあらず(条件付き):
Lenovo Miix 2.8を仕事で使っていますがなにか
とはいえ、すべては“ZAGG”なキーボードのおかげです。(2014/4/18)

「日本でも普及する」「発想はWiiから生まれた」――世界を席巻するウェアラブルデバイス「Fitbit」の狙い
ワイヤレス活動量計サービス「Fitbit」を手掛けるFitbitのジェームス・パークCEOが来日。日本での事業展開や創業のきっかけなどについて語った。(2014/4/10)

2014 International CES:
4K、新OS、そして曲がるテレビ……CESで占うテレビの新トレンド
今回の「2014 International CES」でテレビメーカー各社の展示を振り返ると、新しいトレンドが見えてくる。そして日系メーカーと中国、韓国メーカーのアプローチにも違いが出てきたようだ。(2014/1/16)

小売りを襲う「ビッグデータ中抜き」への恐怖
スマホ1台で財布いらず、「モバイルウォレット」普及の鍵は?
iOSやAndroid端末向けのモバイル決済製品/サービスは急速に充実しているものの、現場への普及状況はいまひとつだ。その背景には、情報の中抜きを恐れる小売業の拒否反応がある。(2013/12/25)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
Windows 8.1+「SkyDrive」を使いこなす──「オフライン機能」編
Windows 8.1の特徴の1つに、SkyDriveを軸にしたオンライン/クラウドサービスとのさらなる連携強化がある。今回は「オフライン機能」を実際に使いこなしてみよう。(2013/12/4)

Acer、タッチ対応Chromebook「C720P」発表──300ドルで12月発売
Acerがホリデーシーズンに向けて、タッチ対応の11インチChromebookを12月に300ドルで発売する。(2013/11/27)

Google、製品体験ショップ「Winter Wonderlab」を米6都市で開店
Googleがホリデーシーズンに向けて、NexusシリーズやChromebookなどの自社製品の体験ショップをニューヨークやサンフランシスコで開店した。(2013/11/18)

HP製Chromebook、店頭から回収──付属充電器の過熱問題で
GoogleとHewlett-Packardが、10月に発売した「HP Chromebook 11」に付属する充電器の一部に問題があったとして製品を回収し、謝罪した。(2013/11/14)

ベストプラクティスとノウハウをパッケージ化
クラウドによるB2Bサービス提供を選んだ英移動体通信事業者
英移動体通信事業者Carphone Warehouseで、エンタープライズアーキテクチャディレクターとB2B部門担当CIOを兼任するデビッド・バーン氏に話を聞いた。(2013/10/21)

Google、Chrome OS搭載ノート「HP Chromebook 11」を279ドルで発売
Hewlett-Packard製「Chromebook 11」は厚さ17.6ミリ、重さ1.04キロと薄型軽量で、SamsungのExynos 5250を搭載する。(2013/10/9)

石川温のスマホ業界新聞:
新型「Nexus7」は満足度の高いタブレット――iPad miniはRetina化を急ぐべき
Googleは7月24日(現地時間)、新型Nexus 7を発表した。米家電量販店のBest BuyでWi-Fi版の端末を購入し、その使い勝手を試してみた。(2013/8/16)

Surface Proも100ドル値下げ 「RTの値下げが好評につき」とMicrosoft
Microsoftが、6月から世界で実施している「Surface RT」の値下げキャンペーンが好評だとして、「Surface Pro」でも米国を含む数カ国で期間限定の値下げキャンペーンを開始した。(2013/8/5)

Google傘下のMotorola、初のメイドインUSA端末「Moto X」を発表
Motorolaが満を持して発表した「Moto X」は、Motorola 8Xプロセッサを搭載し、音声コマンドや自動通知表示機能を備える4.7インチのAndroidスマートフォンだ。2000以上のバリエーションからデザインを選べるのも特徴。(2013/8/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。