ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Best Buy」最新記事一覧

Google、バーチャルツアーアプリ「Expeditions」他、教育関連サービスを発表
Googleが、Cardboard対応Android端末で利用できる教育向けバーチャルツアーアプリ「Expeditions」をGoogle Playで公開した。2台以上の対応端末があれば、200以上のツアーを無料で楽しめる。(2016/6/28)

音楽配信のRhapsody、「Napster」に改名へ
音楽ストリーミングサービスの老舗である米Rhapsodyが、サービスのブランド名を往年のP2Pサービスのブランド「Napster」に変更する。Rhapsodyは2012年にNapsterを買収している。(2016/6/15)

Oculus Riftはじめました:
サンキューOculus、日本だとインストールが早く終わるよ!
Oculus Rift製品版を体験していくゆるい連載の2回目は、PCをなんとか間に合わせてセットアップするところまで。(2016/5/3)

Oculus Rift、予約分配送が終わらないうちに小売り販売開始へ
まだ製品が届かない初期予約者がいる中、5月7日から店頭デモと販売を行う。Microsoft、Amazonでの通販も開始する。(2016/5/3)

Galaxy S7/S7 edgeが北米で発売、iPhone(?)も登場のCM3本公開
Samsungが、欧米や韓国でフラッグシップ端末Galaxy S7/S7 edgeを発売した。米国でのSIMロックフリー/32GBモデルのBest Buyでの販売価格はS7が694.99ドル、S7 edgeは779.99ドルだ。いずれもVR HMDのGear VRがバンドルされる。(2016/3/14)

世界最大の音楽サービスSpotify、Google Cloud Platformを採用
7500万人以上のユーザーを擁する世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyが、オンプレミスのデータセンターからGoogle Cloud Platformに移行する計画を発表した。(2016/2/24)

ソニーの「PlayStation VR」は今秋発売? 米ゲーム小売り大手CEOが言及
ソニーが2016年上期発売予定としているVR HMD「PlayStation VR」について、米ゲーム小売り大手GameStopのCEOが「われわれはソニー製品を今秋ローンチする」と語った。(2016/2/17)

「Oculus Ready PC」の予約は2月16日開始でバンドル価格は1499ドルから
Oculus VRが、1月に予告した「Oculus Ready PC」の予約を日本時間の2月17日午前1時に復数の小売りサイトで開始すると発表した。日本から購入できるかどうかはまだ不明だ。(2016/2/10)

ソニーモバイル、「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」を米国で発売へ
ソニーモバイルが米国で「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」を2月7日に発売する。Amazon.comなどのオンラインショップにて、SIMロックが解除された状態で提供する。「Xperia Z5 Premium」は少なくとも同時には発売されない。(2016/1/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Book」発売日に米Microsoft Store店舗を訪ねてみた(買えるのか?)
日本での販売はまだ先だが、米国で「Surface Book」が無事に発売された。発売日に現地のMicrosoft Store店舗を訪ね、Surface Bookの販売状況を聞いた。(2015/10/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
発表直前! 「Surface Pro 4」と「Surface Book」の国内販売はどうなる?
一足先に米国で発表された「Surface Pro 4」と「Surface Book」。日本での発表会が直前迫っている中、これら2製品の国内販売について予想する。(2015/10/22)

PS4専用Bluetoothリモコン、10月中に30ドルで発売へ
Sony Computer Entertainment Americaが、プレイステーション 4(PS4)とBluetoothで接続してストリーミングやBlu-rayのコンテンツを操作できる、米PDP製のリモコン「Universal Media Remote for PlayStation 4」が10月中に発売されると発表した。(2015/10/9)

ニューヨークに「PlayStation Theater」誕生(命名権獲得で)
Sony Computer Entertainment Americaがニューヨークのタイムズスクエアにある劇場の命名権を獲得し、この劇場(旧Best Buy Theater)を「PlayStation Theater」と名付けた。(2015/10/4)

普及はまだ遠く:
スマートホームは半導体業界を救えない?
半導体業界の次なる“けん引役”をスマートホームに期待するのは、だいぶ早いようだ。GoogleやSamsung Electronicsなどが投資している分野ではあるものの、多くの一般消費者は、スマートホームの設定や接続がうまくいかずに諦め気味になっているという。(2015/10/2)

Software-Definedへ向かうインフラの選択【前編】
バズワードで終わるのか? アナリストに聞く“ハイパーコンバージド”の意義
仮想環境と汎用サーバで構成され、ソフトウェアで制御する統合システムの“ハイパーコンバージド”。これは過渡期の技術か、有力な選択肢か。IDC Japanのアナリストにインタビューした。(2015/9/4)

“iPhone 6S”は9月14日週に発売か?
米Appleは9月14日週からBest Buy店頭でもApple Careサービスを受け付けるといううわさがあるが、「このリーク情報は次期iPhoneの発売日を示しているのでは」という見方が広がっているようだ。(2015/8/18)

Apple Pay、米4大カードすべてに対応へ Best Buyでも利用可能に
Apple WatchやiPhone 6/6 Plusで利用できるNFCベースのモバイル決済「Apple Pay」が、米カード大手のDiscoverに今秋対応する。これで米4大カードすべてに対応する。また、年内にBest Buyの店舗で利用できるようになる。(2015/4/28)

Mobile World Congress 2015:
HP、“360度オープン”タイプの2in1 PC「HP Spectre x360」発表
クラムシェル、スタンド、テント、タブレットといった4つのモードで使い分ける軽量薄型2in1 PCがHPからも登場する。日本向けの出荷は今のところ未定。(2015/3/2)

いまだ健在なり:
米国でどっこい生きてたVirgin Mobile WiMAXを使う
「もう電波止まっているんじゃないですか?」といわれるほどに影が薄くなった米国のWiMAX。しかし、ラスベガスでエリアを確認できた。再開からWiMAXの現況を報告する。(2015/2/2)

2015 CES:
有機ELにHDR、中国メーカーの躍進、そしてテレビ向けOSの行方――「2015 CES」を象徴する4つのトピック
4K対応が一段落し、8KやHDRといったさらなる高画質競争へと移りつつあるテレビメーカー各社。今年のCESを俯瞰(ふかん)してみると、いくつかのトレンドが見えてきた。(2015/1/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10に続く道――2014年のMicrosoftを振り返る
新CEOによる革新が目を引いた2014年のMicrosoft。この1年を振り返りつつ、2015年に向けたMicrosoftとWindowsの情報を整理する。(2014/12/27)

Google NowとNestの連係で音声命令や“帰宅時間を予測して室温設定”が可能に
「OK Google、室温を28度にして」とiPhoneやAndroidでNest Thermostatに音声指示できる他、端末の位置情報を有効にして自宅を登録してあれば、帰宅時間を予測して室温を設定してくれるようになった。(2014/12/16)

Apple Pay、米大手小売りがブロック──競合決済システム準備中につき
10月20日から米国で利用可能になったAppleのモバイル決済サービス「Apple Pay」を非公式にサポートしていた大手ドラッグストアチェーンが相次いでサポートを中止した。これらは来年独自のモバイル決済システム「CurrentC」の提供を開始する予定のジョイントベンチャーMCXの参加メンバーだ。(2014/10/27)

HTC、GoProのような“ファインダーレス”カメラ「RE」を200ドルで発売へ
HTCが、潜望鏡のような形でファインダーのない小型カメラを11月に199.99ドルで発売する。Bluetoothで接続したスマートフォンのディスプレイをファインダーとして使うこともできる。(2014/10/9)

KVS実装をオブジェクトストレージにも適用:
KVSとしてのRiak、オブジェクトストレージとしてのRiak
ここ数年、分散KVS技術を持つITベンダーによるオブジェクトストレージ製品投入が進んでいる。本稿ではその中の一つであるRiakを取材、KVS、オブジェクトストレージ双方の動向を聞いた。(2014/10/7)

Microsoft、Chromecast対抗のMiracast端末を60ドルで発売へ
Microsoftが、GoogleのChromecastのようにテレビのHDMI端子に接続することで端末の画面をミラーリングするガジェット「Wireless Display Adapter」を59.99ドルで発売する。Chromecastより高いが、Windows搭載のPCやタブレット、Windows Phoneだけでなく、Androidからもミラーリングできる。(2014/9/24)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows PCを価格破壊するChromebook――廉価モデルは100〜200ドルが主戦場へ
PCの低価格化を加速させたNetbook、そのブームを終わらせたタブレット、そして今、Chromebookの台頭により、Windows PCはさらなる低価格化へ向かおうとしている。(2014/7/22)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Appleの「Swift」で何やら騒がしい開発言語事情をまとめる
Appleによる新プログラミング言語「Swift」の発表は、一般ユーザーにも開発言語の世界が久しぶりに注目されるトピックだった。現在そして今後の開発言語環境をWindows視点から見ていこう。(2014/6/12)

HP Digital Marketing Hub:
日本企業に必要なのは「分析力」と「グローバルレベルでの変革」
2014年5月27日、六本木のリッツ・カールトンで「HP Digital Marketing Hub ロードショー東京」が開催された。イベント全体を貫くメッセージは「市場環境の変化に対応した経営改革の必要性」。いまやデジタルマーケティングは経営改革の最重要アプローチとなった。(2014/5/29)

提督限定にあらず(条件付き):
Lenovo Miix 2.8を仕事で使っていますがなにか
とはいえ、すべては“ZAGG”なキーボードのおかげです。(2014/4/18)

「日本でも普及する」「発想はWiiから生まれた」――世界を席巻するウェアラブルデバイス「Fitbit」の狙い
ワイヤレス活動量計サービス「Fitbit」を手掛けるFitbitのジェームス・パークCEOが来日。日本での事業展開や創業のきっかけなどについて語った。(2014/4/10)

2014 International CES:
4K、新OS、そして曲がるテレビ……CESで占うテレビの新トレンド
今回の「2014 International CES」でテレビメーカー各社の展示を振り返ると、新しいトレンドが見えてくる。そして日系メーカーと中国、韓国メーカーのアプローチにも違いが出てきたようだ。(2014/1/16)

小売りを襲う「ビッグデータ中抜き」への恐怖
スマホ1台で財布いらず、「モバイルウォレット」普及の鍵は?
iOSやAndroid端末向けのモバイル決済製品/サービスは急速に充実しているものの、現場への普及状況はいまひとつだ。その背景には、情報の中抜きを恐れる小売業の拒否反応がある。(2013/12/25)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
Windows 8.1+「SkyDrive」を使いこなす──「オフライン機能」編
Windows 8.1の特徴の1つに、SkyDriveを軸にしたオンライン/クラウドサービスとのさらなる連携強化がある。今回は「オフライン機能」を実際に使いこなしてみよう。(2013/12/4)

Acer、タッチ対応Chromebook「C720P」発表──300ドルで12月発売
Acerがホリデーシーズンに向けて、タッチ対応の11インチChromebookを12月に300ドルで発売する。(2013/11/27)

Google、製品体験ショップ「Winter Wonderlab」を米6都市で開店
Googleがホリデーシーズンに向けて、NexusシリーズやChromebookなどの自社製品の体験ショップをニューヨークやサンフランシスコで開店した。(2013/11/18)

HP製Chromebook、店頭から回収──付属充電器の過熱問題で
GoogleとHewlett-Packardが、10月に発売した「HP Chromebook 11」に付属する充電器の一部に問題があったとして製品を回収し、謝罪した。(2013/11/14)

ベストプラクティスとノウハウをパッケージ化
クラウドによるB2Bサービス提供を選んだ英移動体通信事業者
英移動体通信事業者Carphone Warehouseで、エンタープライズアーキテクチャディレクターとB2B部門担当CIOを兼任するデビッド・バーン氏に話を聞いた。(2013/10/21)

Google、Chrome OS搭載ノート「HP Chromebook 11」を279ドルで発売
Hewlett-Packard製「Chromebook 11」は厚さ17.6ミリ、重さ1.04キロと薄型軽量で、SamsungのExynos 5250を搭載する。(2013/10/9)

石川温のスマホ業界新聞:
新型「Nexus7」は満足度の高いタブレット――iPad miniはRetina化を急ぐべき
Googleは7月24日(現地時間)、新型Nexus 7を発表した。米家電量販店のBest BuyでWi-Fi版の端末を購入し、その使い勝手を試してみた。(2013/8/16)

Surface Proも100ドル値下げ 「RTの値下げが好評につき」とMicrosoft
Microsoftが、6月から世界で実施している「Surface RT」の値下げキャンペーンが好評だとして、「Surface Pro」でも米国を含む数カ国で期間限定の値下げキャンペーンを開始した。(2013/8/5)

Google傘下のMotorola、初のメイドインUSA端末「Moto X」を発表
Motorolaが満を持して発表した「Moto X」は、Motorola 8Xプロセッサを搭載し、音声コマンドや自動通知表示機能を備える4.7インチのAndroidスマートフォンだ。2000以上のバリエーションからデザインを選べるのも特徴。(2013/8/2)

ドリキンが斬る!(4):
グーグルのプレスイベントで見るグーグル新時代の幕開け
新型Nexus 7タブレットやAndroid 4.3、さらには新デバイスChromecastの発表から、グーグルの新世代戦略を読み解きます。(2013/8/1)

Weekly Access Top10:
ゲリラ豪雨とクール・ジャパン
「経産省が公開した“全然クールじゃない”クール・ジャパン広報動画」の記事に、公開直後からかなりの反響が。賛否両論、喧々諤々、そこまで含めて政策を身近に考える、ということなのかもしれません。(2013/7/29)

PC USER 週間ベスト10:
Nexus 7 2013とHaswellノートが熱い夏(2013年7月22日〜7月28日)
先週のアクセスランキングでは、第4世代Core搭載ノートPCの注目製品をはじめ、Nexus 7 2013、アキバで発見した低価格3Dプリンタ、新型SSDなどがトップ10に入りました。(2013/7/29)

価格は35USドル(3500円前後):
Googleが「Chromecast」を米国で発売――テレビにHDMI接続する小型ストリーミングデバイス
「Chromecast」はテレビとHDMI接続する小型デバイス。AndroidやiOS、Windows、Mac、Chrome OSに対応し、オンライン上の動画、静止画、音楽をストリーミング再生できる。(2013/7/25)

新Nexus 7、本家Googleより先にBest Buyで予約開始 背面カメラ付きで229.99ドルから
Googleが7月24日午前9時に発表するとみられているAndroidタブレット「Nexus 7」の新モデルの予約が、Best Buyで始まっている。Androidのバージョンは4.3で、RAMは2Gバイト。うわさ通り背面カメラが付いた。(2013/7/24)

1920×1200ドット表示に:
未発表の新型「Nexus 7」が米国で予約開始
米家電量販店のBest Buyが未発表の新型「Nexus 7」の先行受注を開始している。16Gバイトモデルが229.99ドル、32Gバイトモデルが269.99ドル。(2013/7/24)

Android搭載ゲーム端末「OUYA」、米国で一般販売スタート
Kickstarter発のAndroid搭載ゲーム端末「OUYA」が一般向けに発売された。(2013/6/26)

Microsoft、Best Buyの600店舗内に「Windows Store」開設へ
Microsoftが米家電量販大手のBest Buyと提携し、北米の約600のBest Buy店舗内にPCやタブレット、Xboxなどを体験・購入できる「Windows Store」を開店する。(2013/6/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。