ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「入札」最新記事一覧

自然エネルギー:
2017年度の買取価格が大筋で決まる、太陽光発電は2円の引き下げ案が有力
固定価格買取制度の改正に合わせて、2017年度の買取価格の検討が政府の委員会で急ピッチに進んでいる。太陽光発電では住宅用・事業用ともに2円程度を引き下げる方向だ。大規模な太陽光発電に適用する入札方式の実施規模も確定した。風力発電は2019年度までの3年間に4円程度を低減していく。(2016/12/6)

将棋・佐藤名人と「タイトル戦体験」ができるオークション、100万円で出品 移動・宿泊・対局をまるっと再現
既に入札者もあらわれています。(2016/11/21)

電力供給サービス:
自由化に反する東京電力の相場操縦、市場価格を5カ月間つり上げ
東京電力グループで小売事業を担う東京電力エナジーパートナーが、市場取引で相場操縦に該当する行為を5カ月間も繰り返していた。市場で売買する電力の売り入札価格を自社の小売原価と一致させる方法によって、価格を不当につり上げていたことが国の監視委員会の調査で明らかになった。(2016/11/21)

プレミアム枠に一括配信:
「GenieeDSP」から「DoubleClick Ad Exchange」へPMP入札が可能に
ジーニーは、「GenieeDSP」と「DoubleClick Ad Exchange」を接続し、アプリおよびWeb広告枠に対してPMP配信が可能になったと発表した。(2016/11/8)

自然エネルギー:
2017年度に開始する太陽光発電の入札制度、買取価格の低減へ
政府は2017年度から実施する太陽光発電を対象にした入札制度の詳細設計に入った。第1回目の入札を10月に実施する予定で、入札量や上限価格をまとめた指針を2月に公表する。ヨーロッパの先進国では買取価格の引き下げ効果に差が見られることから、各国の実績を参考に入札制度を設計する。(2016/10/26)

自然エネルギー:
太陽光発電の入札は2017年10月めどに実施、2MW以上の設備を対象に
2017年度から太陽光発電を対象に実施する入札制度の大枠が固まった。政府は2017年10月をめどに初回の入札を実施した後に、2018年度には2回の入札を実施する方針だ。合計3回分の入札条件を一括に決定する方式が有力で、入札量や入札価格の上限を含めて2017年3月までに詳細を確定させる。(2016/10/24)

「年収が指名時と大きく違った」 エンジニアの“競争入札”「転職ドラフト」が謝罪、改善策発表
「指名時の年収と、内定後に提示された年収が大きく違った」と「転職ドラフト」のユーザーが告発した件について、運営元のリブセンスが謝罪と改善策を発表した。(2016/9/27)

「スレイヤーズ」漫画家の偽サイン色紙が「ヤフオク!」に? 本人が注意喚起
「スレイヤーズ」の漫画家・あらいずみるいさんが、「ヤフオク!」に偽物のサイン色紙が出品されたとTwitterで注意喚起。入札しないように呼び掛けている。(2016/8/17)

ヤフオクに「スレイヤーズ」の偽サイン色紙 作者本人が「入札されたりしないようお願いします」と注意喚起
現在も入札が行われています。(2016/8/17)

「楽天オークション」が10月をもって終了 「ヤフオク!」に次ぐ国内オークションサイト
9月1日には新規出品、15日には入札・落札もできなくなります。(2016/8/4)

トレンドキーワードを知る:
運用型広告――インターネット広告は「枠から人へ」、費用対効果を運用で改善する
固定の広告枠を買い取るのではなく、アドテクノロジーにより掲載先や料金が変動するインターネット広告を、総じて「運用型広告」と呼ぶ。入札によって広告料金が変動するという特徴があり、運用によっては広告効果が短期間で改善するというメリットがある。(2016/8/1)

電子ブックレット/法制度・規制:
固定価格買取制度のルール改正、確定した項目と残された検討課題
2017年度から改正する固定価格買取制度だが、すでに新しいルールが確定した項目もあれば、概要だけ決まって詳細が未確定の項目も残っている。発電設備の新認定制度や買取対象の電力供給方法などは確定した。一方で太陽光発電の入札制を含めて買取価格の決定方法は今後の検討課題だ。(2016/6/29)

自然エネルギー:
固定価格買取制度のルール改正、確定した項目・未確定の検討課題
2017年度から改正する固定価格買取制度だが、すでに新しいルールが確定した項目もあれば、概要だけ決まって詳細が未確定の項目も残っている。発電設備の新認定制度や買取対象の電力供給方法などは確定した。一方で太陽光発電の入札制を含めて買取価格の決定方法は今後の検討課題だ。(2016/6/15)

法制度・規制:
発電していないFIT認定はどんどん取り消し、新制度が2017年4月に開始
第190回通常国会で「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(通称FIT法)等の一部を改正する法律」が成立した。これにより未稼働案件への取り締まりを強化する他、買取価格低減を狙った入札制の導入などが2017年4月から開始されることになる。(2016/5/27)

USJの「デロリアン」、ヤフオクで「100億円」に いたずら入札? 出品者が対策も
USJが「ヤフオク!」に出品した「デロリアン」の実物大レプリカに高額入札が相次ぎ、1日で入札額が99億9999万9999円にふくれあがった。(2016/5/17)

自然エネルギー:
2017年4月から変わる固定価格買取制度、知っておくべき改正ポイント
再生可能エネルギーの固定価格買取制度を定めた法律が2017年4月1日に改正される予定だ。買取価格の決定に入札方式や複数年度方式を導入して制度を抜本的に変更する。発電設備の認定基準の項目も大幅に増やして、太陽光発電の規制を強化するなど、事業者に与える影響は大きい。(2016/4/4)

ラブライブ!の「μ’s」ファイナルライブの転売チケットが高騰中 オークションサイトで20万円以上の入札も
公式では「本人確認を行う」としています。(2016/3/22)

媒体社の広告収益拡大を支援:
ヘッダ入札の「FastLane」が日本で提供開始、tenki.jpが導入
ルビコン・プロジェクトはヘッダ入札の「FastLane」の日本での開始に合わせて天気予報専門サイト「tenki.jp」に広告自動化プラットフォームを導入する。(2016/3/11)

自然エネルギー:
固定価格買取制度の改正案が決まる、2017年度から価格決定方式を変更
政府は2月9日に「再エネ特措法」の改正案を閣議決定した。固定価格買取制度を規定した法律を改正して、2017年度から新しい運用方法へ移行する。最大の改正点は買取価格の決定方式を変更することだ。太陽光発電に入札方式を導入する一方、風力発電などは数年先の買取価格を事前に提示する。(2016/2/12)

より簡単かつ高精度な入札を実現:
ブレインパッドの運用型広告最適化ツールにGoogle AdWords商品リスト広告への最適化入札機能を追加
ブレインパッドは2015年11月19日、運用型広告最適化ツール「L2Mixer」最新版の提供を開始した。最新版では、Google AdWordsの「商品リスト広告」の最適化入札機能を追加している。(2015/11/20)

IT4コマ漫画:
エア買い
かぶって 脱いで 履いて……ぜ〜んぶ入札、というわけにはいかない? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第78回目。(2015/10/9)

「Angel Beats!」公式痛車がヤフオク!に出品 すでに120万円の入札
終了は8月20日。落札額はいくらになるのでしょうか。(2015/8/7)

法制度・規制:
電力コストの削減効果は年間2200万円、香川県が32カ所の施設に新電力
香川県が初めて県有施設の電力契約で一般競争入札を実施した。合計34カ所の施設のうち32カ所を新電力が落札して、残る2カ所だけは四国電力と中国電力が継続する。3年間の契約金額は合計で10億5100万円になり、従来と比べて1年あたり2200万円の削減効果を見込む。(2015/7/13)

SSP「AdStir」がDSP「Campaign Suite」とRTB接続を開始:
スマホ向け媒体へ全世界の広告主から入札が可能に
ユナイテッドは2015年5月28日、同社が提供するスマートフォン媒体社向けSSP「AdStir」と、米Turnが提供するDSP「Campaign Suite」とのRTB接続を開始した。(2015/5/28)

「BidIQ」の最新バージョンを導入:
AdRoll、ネット広告の視認性を37%、CTRを46%改善するアルゴリズム変更を実施
リターゲティングプラットフォームのAdRollは2015年5月21日、ダイナミック(動的)入札アルゴリズム「BidIQ」の最新バージョンを導入したことを発表した。(2015/5/21)

「ヤフオク!」参加資格を「15歳以上」に引き下げ 入札のみなど条件付き
15〜17歳は「アダルト」「酒類」などのカテゴリーに入札できないなどの制限がある。(2015/5/20)

電力供給サービス:
製鉄所高炉跡地の都市型石炭火力発電所、関西電力に130万kWの供給を決定
神戸製鋼所は関西電力の火力発電建設に伴う入札で落札者に決定し、このほど電力需給契約を締結した。(2015/4/8)

自然エネルギー:
バイオマス発電で買取価格42円以上に、下水処理場から新電力へ供給
愛媛県・松山市の下水処理場で消化ガスを燃料に利用したバイオマス発電が始まった。年間の発電量は一般家庭の1100世帯分で、そのうち4分の3を売電する計画だ。一般競争入札で売電先を募集した結果、新電力のエネットが固定価格買取制度の買取価格を3円以上も上回る単価で落札した。(2015/3/17)

東芝、「dynabook R82」の入札モニター販売を開始――計100台限定
東芝は、このほど製品発表を行った着脱式液晶付属のWindowsタブレット「dynabook R82」のモニター販売を開始した。(2015/3/9)

本日より利用申し込み開始:
Momentum、オンライン広告向けアドフラウド (Ad Fraud)ブロックツール「Black Swan Fraud(仮)」ベータ版をリリース
Black Swan Fraud(仮)ベータ版は、複数の判断基準を組み合わせた独自のアルゴリズムを基に「フラウドスコア(仮)」というスコアリングを広告配信ネットワークに追加することで、botのほか、確実にコンバージョンしないユーザーへの入札を回避するツール。(2015/2/26)

ゆるキャラ案件、オリンピック案件、マイナンバー案件……:
「入札」って何ですか?――入札情報サービスに聞きました
国や地方自治体がモノを買ったり事業を委託・発注したりするには「入札」というプロセスが不可欠。閉じられたイメージが強いが、実はどんな企業でも入札に参加できるという。入札情報速報サービス「NJSS」に、入札の基本について聞いた。(2015/1/19)

動き出す電力システム改革(26):
電力会社との売電契約を解消しやすく、自治体に競争入札を促す
全国の自治体が運営する発電所は水力を中心に数多くある。大半は電力会社と売電契約を結んでいるが、従来は規制によって単価が安く抑えられてきた。小売の全面自由化に合わせて卸電力の規制も撤廃することから、政府は自治体向けに売電契約の見直しを促すためのガイドラインを設ける。(2015/1/5)

法制度・規制:
固定価格買取制度の改正案、買取価格に「9カ月ルール」を導入
固定価格買取制度の見直しを進める政府の委員会が2015年度の改正案を提示し始めた。買取価格の決定時期を契約締結時に変更するほか、地熱・水力・バイオマス・住宅用太陽光の優先度を引き上げる。発電設備の増加に伴う送変電設備の増強工事には入札募集方式を導入することも確実になった。(2014/12/3)

自動取引が可能に:
ログリー、ネイティブ広告のRTBを実現する「logly lift Exchange」をリリース
ログリーは11月27日、ネイティブ広告配信プラットフォーム「logly lift」で、ネイティブ広告枠をリアルタイム入札方式で取引できる「logly lift Exchange」をリリースした。ログリーは、これに先駆けてリリースした媒体社向け「logly lift for Publisher」と連携し、ネイティブ広告専用のアドエクスチェンジ事業を開始する。(2014/11/27)

RTBに対応した広告配信へ:
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、マイクロアドのSSPと連携
ソネット・メディア・ネットワークスは11月20日、同社のDSP(広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム)「Logicad」とマイクロアドが運営するSSP(広告媒体社の広告収益を最大化するためのプラットフォーム)「MicroAd COMPASS」を連携し、RTB(インプレッションごとにリアルタイムで入札が行われる形式)に対応した広告配信を開始した。(2014/11/20)

電力供給サービス:
東京電力の「接続入札」に251件の応募、群馬県の北部で送電設備の増強工事へ
東京電力は再生可能エネルギーによる発電設備の接続容量が限界に近づいている群馬県の北部を対象に、送電設備の増強工事費を共同で負担する事業者を入札方式で募集していた。その応募数が251件にのぼり、接続対象になる発電設備の容量は募集規模を上回る33万kWに達した。(2014/11/12)

電力供給サービス:
県営の水力発電所11カ所の電力、競争入札で売電収入を増やす
新潟県の企業局は水力発電所の電力の売却先を2015年度分から一般競争入札で決定する。対象になる県営の水力発電所は11カ所で、従来は電力会社に供給してきた。年間の供給量は5億4000万kWhを予定していて、一般家庭で15万世帯分に相当する。(2014/9/22)

自然エネルギー:
メガソーラーの売電収入を年間380万円も増やす、岩手県が競争入札で高く売却
岩手県は県有地に建設中のメガソーラーの電力を稼働後に新電力へ売却することを決めた。一般競争入札を実施して、固定価格買取制度の単価よりも1kWhあたり2.8円高く売却する。年間の売電収入は約380円も増える見込みだ。(2014/9/5)

元Apple従業員「サム・スン」さんの名刺がオークションに→入札が8万ドル超え
収益はチャリティーに寄付するそうです。(2014/8/11)

サザビーズ、美術品のネットオークションでeBayと提携
老舗オークションハウスのSotheby'sがeBayと提携し、ニューヨーク本社で開催する競売の一部をライブストリーミングし、オンラインでの入札を受け付けるサービスを今秋スタートする。(2014/7/15)

電力供給サービス:
電力会社5社の火力電源入札、上限価格を非公表で7月から受付開始
東京電力をはじめ電力会社5社が火力電源の入札の受付を7月中に相次いで開始する予定だ。5年後の2019年度から調達する電力を対象にしたもので、東北・中部・九州の3社は自社でも応札する意向を明らかにしている。各社は2015年3月までに落札者を決定する。(2014/6/27)

ビジネスニュース 企業動向:
入札にかけられていたLFoundry Rousset、ブラジルの半導体メーカーが落札
ドイツの半導体メーカーLFoundryの工場(LFoundry Rousset)を、ブラジルの半導体メーカーSix Semiconductoresが買収した。LFoundry Roussetの撤去費用と多くの従業員への失業手当の支払いには、2400万ユーロがかかるとされている。(2014/6/25)

法制度・規制:
小水力発電の電力を競争入札に、固定価格買取制度よりも有利
山梨県の企業局は2014年9月に運転を開始する小水力発電所の電力を一般競争入札で売却する。固定価格買取制度よりも高い価格を想定して実施するもので、契約期間は2016年3月までの1年7カ月である。買取制度の認定を受けて20年間の最低価格が保証されると、長期的にも有利になる。(2014/6/19)

国会図書館、入札情報を不正取得した日立社員を告発
国会図書館は、入札情報などを不正に閲覧・取得していた日立製作所の社員2人を、刑法違反の疑いで刑事告発した。(2014/6/16)

日立社員、国会図書館の入札情報を不正取得 システムの管理権限を悪用
国立国会図書館は、システムの運用管理を委託している日立製作所の社員が、業務用の権限を悪用して入札情報などを不正に閲覧・取得していたと発表した。(2014/5/16)

電力供給サービス:
製鉄会社の高炉跡地に石炭火力発電所、2021年に140万kWで運転開始へ
神戸製鋼所は電力会社の競争入札に向けて、主力の製鉄所の構内に相次いで火力発電所を建設する計画だ。すでに大規模な石炭火力発電所を運転中の神戸市内の製鉄所に、新たに140万kWの火力発電設備を増設する。2017年に休止する高炉の跡地を利用して、発電事業の拡大に乗り出す。(2014/5/1)

電力供給サービス:
火力の調達規模を600万kWに拡大、東京電力が燃料費を1500億円削減へ
東京電力は2022年度までに火力発電の燃料費を年間に1500億円削減するため、外部からの電力調達を大幅に拡大する。新たに2019〜2023年度に供給を開始する600万kW分の電力を競争入札で募集することにした。価格の安い米国産のLNG(液化天然ガス)を前提にした入札も可能にする。(2014/4/15)

スマートシティ:
競争入札で四国電力から新電力へ、高知県が年間2700万円を削減
高知県の114カ所の施設で使用する電力が新電力との契約に切り替わる。合計143カ所の施設を対象に競争入札を実施した結果、四国電力が最低額を提示したのは28カ所にとどまった。新電力を加えた全施設の落札額を合計すると、四国電力の提示額と比べて2714万円も安くなる。(2014/4/11)

電力供給サービス:
火力の増強を急ぐ関西電力、兵庫と和歌山にガス発電所
関西電力が2014年度から10年間の販売計画と電源開発計画を公表した。年率0.5%のペースで販売量が増えると予測する一方、天然ガスによる火力発電所を新設して燃料費の削減を図る。新たに大阪ガスと天然ガスの供給契約を締結したほか、150万kWの火力電源を競争入札で調達する。(2014/3/28)

電気自動車:
NECがA123システムズの蓄電システム事業を買収、入札で負けた中国企業から
NECは、中国の大手自動車部品メーカーである万向集団(Wanxiang Group)の傘下にあるリチウムイオン電池メーカー・A123 Systems(A123システムズ)の蓄電システム事業を約1億米ドルで買収する。NECと万向集団は2012年12月、A123システムの資産売却入札で競合。万向集団が落札したという経緯があった。(2014/3/24)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。