ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Chromium」最新記事一覧

中古PC活用:
Windows PCにRemix OS(Android OS)をインストールして再利用する
Windows PCにRemix OS(x86向けのAndroid OS)をインストールしてみよう。少ないメモリやディスク容量でもインストールできるので、少々古いPCでも利用できる。Remix OSを使って古いPCを再生しよう。(2016/8/31)

Androidセキュリティ技術の最前線(5):
「Androidアプリのプライバシー情報取得」、どう監視する?
Androidアプリのセキュリティ対策技術について解説する本連載。第5回は、広告目的で利用者の情報を取得しようとするアプリの挙動を監視する技術を紹介する。(2016/7/5)

Dev Basics/Keyword:
Electron(デスクトップアプリ開発用フレームワーク)
Electronは、Web標準技術(HTML/JavaScript/CSS)を使って「クロスプラットフォームなデスクトップアプリ」を開発するためのフレームワークだ。(2016/6/24)

プロジェクト成功確率向上の近道とは?(3):
残業も減らせる!? 上級エンジニアになるためのDesign Doc超入門
ITシステム開発の問題点の一つであるコミュニケーションの失敗。本連載では、これを防ぐ方法としてお勧めしたい3つのドキュメントを紹介していく。今回は、「技術視点」のドキュメントとして、2000年代以降注目されている「Design Doc」について解説します。(2016/6/21)

Chromiumベース、OS Xにも対応:
日本人エンジニアが開発した国産ブラウザ「Kinza 3.2.0」公開
Dayzは、Chromiumベースの国産Webブラウザ「Kinza 3.2.0」を公開。新たにOS Xにも対応した。(2016/6/16)

Electron 1.0でデスクトップアプリ開発超入門――動作の仕組み、基本的な使い方、セキュリティの懸念点
クロスプラットフォーム向けのデスクトップアプリを開発できるElectronについて、動作の仕組み、基本的な使い方、アプリの作り方、セキュリティの懸念点などを解説します。(2016/5/18)

Tech TIPS:
Chromeブラウザで現在地情報を正しく取得できない場合の原因と対策
2016年4月ごろから、Chromeブラウザからユーザーの現在地を活用するWebサービスに接続すると、現在地が正しく表示されなかったり、現在地取得に失敗したというエラーメッセージが表示されたりするようになった。その原因と対策を、ユーザーとサービス提供者それぞれの視点で解説。(2016/5/13)

WordPress、Slack、Yeoman、Visual Studio Code、Atomなどで活用:
HTML、CSS、JavaScriptでデスクトップアプリを開発できるElectron 1.0、Devtron 1.0、Spectron 3.0が提供開始
Web技術を利用したクロスプラットフォームのデスクトップアプリ開発フレームワーク「Electron 1.0」がリリースされた。APIデモアプリ、検証・デバッグ用ツール、テストフレームワークも同時に公開されている。(2016/5/11)

Opera創業者の「Vivaldi」正式版リリース カスタマイズ可能なパワーユーザー向けWebブラウザ
Operaの創業者、ヨン・フォン・テッツナー氏がOperaに代わる、自分たちのためのWebブラウザを目指して開発してきた「Vivaldi」の正式版が公開された。(2016/4/7)

特集:今から始めるJavaScriptアプリ開発:
.NET開発者のためのJavaScriptライブラリカタログ(デスクトップアプリ編)
今回はWindows、OS X、Linuxで動作するクロスプラットフォームなデスクトップアプリを開発するためのフレームワークを取り上げる。(2015/12/4)

Opera創業者のWebブラウザ「Vivaldi」がβリリースに
Opera創業者のヨン・フォン・テッツナー氏が1月に立ち上げた新Webブラウザ「Vivaldi」がβ版になり、Chrome拡張機能のフルサポートやメモや別ウィンドウなどの新機能が追加された。(2015/11/5)

新たなブランドイメージの確立を目指して:
最新版「Opera 33」がリリース――ロゴ刷新の他、約380件の変更
ノルウェーのOpera Softwareは2015年10月27日、同社が提供するWebブラウザー「コンピュータ用Opera」の最新版「Opera 33」をリリースした。(2015/10/28)

ABC 2015 Summerリポート:
Windows 10移植、ドローン、Eddystone、Blink――プラットフォームを超えるAndroidの今を知る
2015年7月20日に開催されたAndroid Bazzar and Conference 2015 Summerのセッションの中からクロスプラットフォームに関連する4つの模様をリポートする。(2015/8/20)

Tech TIPS:
Android OSと「ブラウザ」、Chrome、アプリ内ブラウザーの関係をまとめる
Androidスマートフォン/タブレットにプレインストールされている「ブラウザ」と「Chrome」。何が違うのか? どうして2種類あるのか? アプリ内ブラウザーにはどっちが使われる? これらの分かりにくい関係を整理する。(2015/7/17)

Microsoft、Apple、Google、MozillaがWeb高速化「WebAssembly」で協力
Chrome、Firefox、Edge、Safariなどで共通に使え、Web高速化を実現するバイトコード「WebAssembly」のプロジェクトがスタートした。(2015/6/19)

Google、古いAndroidのサポート終了か 9億台で脆弱性放置の恐れ
Rapid7の研究者によると、GoogleはAndroid 4.3(Jelly Bean)までのバージョンについて、WebViewの脆弱性修正パッチの提供を打ち切った。(2015/1/13)

ロシアYandex、Chromiumベースの新ブラウザを公開
ロシア検索最大手のYandexが、Chromiumベースでミニマルデザインの新ブラウザ「Yandex.Browser alpha version」をリリースした。(2014/12/1)

中古PC活用:
Windows XPパソコンにChromium OSをインストールして再利用する〜Chromebookを作ってみよう〜
不要になったWindows XPパソコンにChromium OSをインストールし、Chromebookを作ってみよう。Chromium OS は、USBメモリから起動できるので気楽に試すことも可能だ。インストール方法やコツなどについて解説していく。(2014/8/27)

HTML5対応で進む機能強化
Webブラウザが“OS化”しつつある
HTML5に対応することでWebブラウザはネイティブのアプリケーションに負けないほどの機能を実装しつつある。この進化はさまざまなアプリケーションに影響を与えるだろう。(2014/7/3)

グーグル、OpenSSLの新たなforkとして「BoringSSL」発表
グーグルがOpenSSLのforkを発表、独自の実装にOpenSSL側の変更をマージする体制を採る。OSSでの展開はしない方針だという。(2014/6/23)

I AM A……:
日本ギガバイト、Intel 9シリーズチップセット搭載マザーボードの概要を公開
長時間の動作テストが証明する「高信頼性」マザーボードシリーズが登場。ゲーミングマザーボードでは新しいデザインとコンセプトをアピールする。(2014/5/9)

Chromebook入門:
まだ知らない人のためのChromebook(2015年7月更新版)
2013年後半から米国を中心に飛躍的に出荷が伸びている「Chromebook」。法人・教育市場向けに続き、個人向けにも日本での販売が開始され、採用機種も増えてきた。このChromebookとはどのようなものなのか、Windows PCとの違い、Chromebookでできること/できないことなどを解説していく。(2015/7/8)

爆捗! WordPressテーマ作成ショートカット(1):
Dreamweaverで始めるWordPressサイト構築の基礎知識
Dreamweaverの概要と新機能、WordPressの概要、環境構築を行う際に必要な初期設定などを紹介する。(2014/2/7)

ハッキングコンペの「Pwn2Own」、2014年も3月に開催
今年のPwn2Ownはブラウザ、プラグイン、グランドプライズの3部門で構成。Googleも独自に「Pwnium 4」を開催する。(2014/2/3)

ChromeとSafariのXSS攻撃防止ツールに脆弱性報告
GoogleのWebブラウザ「Chrome」では問題が修正されたものの、Appleの「Safari」ではまだ未解決のままだという。(2014/1/23)

読み込み時間などの指標向上、メモリ消費や電力消費の低減図る:
Webレンダリングエンジン「Blink」の2014年の目標は「モバイルでの成功」
米グーグルの担当者が、ChromeブラウザーのWebレンダリングエンジン「Blink」の2014年の目標を説明した。(2014/1/14)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(47):
低性能端末でも使えるか? Android 4.4 KitKatの新機能39選
消費電力の削減につながる新機能や、よりシンプルになったUI、印刷やストレージアクセス、SMSなどの新機能をテーマ別に紹介します。(2013/12/9)

Google Chromeの「パスワード丸見え」問題、Mac版では対応表明
Mac版についてはパスワードを表示する前に再認証を要求するオプションの開発を進めているという。(2013/11/5)

Google、OSSのセキュリティ問題対応にも報奨金を提供へ
OpenSSHやBINDといったオープンソースプロジェクトのセキュリティ強化に貢献した研究者などに、500〜3133.7ドルの賞金を贈呈する。(2013/10/11)

HTML5アプリの受け付けを開始:
Amazon、モバイル端末向けWebアプリ販売の仕組みを提供
米Amazonは、モバイル端末などに向けて、Webアプリケーションを提供する。日本を含む200カ国で受け付ける。(2013/8/8)

「Opera 15」の安定版リリース 「Opera 12」も並行して提供継続
Operaが、Webブラウザの最新安定版「Opera 15」を公開した。独自エンジン「Presto」愛好者のために、当面は旧版「Opera 12.x」も並行して提供していく。(2013/7/3)

ChromeやYouTubeでもデフォルトで有効になる予定:
次世代ビデオ圧縮技術「VP9」、Chromiumがデフォルトで有効に
オープンソースのWebブラウザ「Chromium」の最新版では、次世代ビデオコーデック技術「VP9」への対応機能がデフォルトで有効になる。VP9は「H.264」の代替技術として、Googleが主導する「WebM」プロジェクトが規格策定作業を進めていた。(2013/6/21)

Opera、Chromiumベースのデスクトップブラウザ「Opera Next 15」公開
Operaが、レンダリングエンジンをPrestoからBlinkに切り替えてChromiumベースで構築し直したデスクトップブラウザ「Opera Next 15」を公開した。「Next」はβチャンネルという位置付けだ。(2013/5/29)

WebKit時代から次のステップへ?:
Googleは「Blink」、Mozillaは「Servo」――新たなWebブラウザエンジン発表
米GoogleとMozillaが4月3日、それぞれ新しいWebブラウザエンジンに関する発表を行った。(2013/4/4)

Google、WebKitに代わる新レンダリングエンジン「Blink」を発表
Googleが、WebKitベースの新レンダリングエンジン「Blink」を発表した。Chromiumプロジェクトで採用する。(2013/4/4)

Google日本語入力Android版がオープンソースに
Mac版、Windows版に続き、Android版「Google日本語入力」もオープンソース化。(2013/3/29)

Linuxは企業のデスクトップ運用をどう変えるのか?
クライアントOSとして使うLinuxのメリット/デメリット
サーバOSとしてだけではなく、クライアントOSとしても注目を集めつつあるLinux。企業が導入した場合、デスクトップ環境の運用にはどのような利点があるのだろうか。(2013/3/19)

Google、SPDYプロキシを使ったWebブラウザ高速化機能を試験導入
GoogleがAndroid版ChromeでSPDYプロキシサーバを使った高速化機能を導入。Google提供のプロキシサーバでAndroidのWebブラウジングが高速化するかもしれない。(2013/3/4)

Operaが独自路線を転換、ブラウザエンジンをWebKitに切り替え
OperaがHTMLレンダリングエンジンをWebKitに切り替える。WebKit採用のモバイルWebブラウザを近く披露する計画だ。(2013/2/14)

活用される仮想化技術
iPadやChromebookで利用、企業はモバイルアプリをどう構築・運用しているか
モバイルアプリケーションを社内で利用するには幾つかの方法がある。仮想化技術を使ってアプリケーションをモバイル対応させ、iPadやChromebookで利用している企業の事例を紹介する。(2012/11/26)

小山博史のJavaを楽しむ(16):
JavaとJavaScriptの良いとこ取り? 「Dart」超入門
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2012/8/29)

FreeBSDのコレ知ってる?(3):
次世代パッケージ管理システム、pkg(8)
FreeBSD 10-CURRENTに、パッケージのビルドシステムや配布システム、管理システムなどを刷新した次世代パッケージ管理システム「pkg(8)」がマージされた。今回はその機能を紹介する。(編集部)(2012/8/24)

電子出版の日本語表示に問題提起してみる:
ReadiumについてACCESSと達人出版会に聞いた
WebKitベースの電子書籍オープンソースのプロジェクト「Readium」に関わるACCESSとユーザー代表の達人出版会に聞いた。(2012/7/20)

電書ちゃんねる:
これでマスター! EPUB 3 固定レイアウト
電子書籍のいろんな話題について、会話形式で楽しく考えてみる「電書ちゃんねる」。入門者向けのライトな話題からマニアックな話題まで分かりやすく解説。今回は、EPUB3の固定レイアウトメタデータ(Fixed Layout Metadata)について超絶分かりやすく紹介していきます。(2012/7/10)

D89クリップ(51):
JSエンジニアがアドビに聞く “iPhoneでFlashが動いたらアドビはFlashの開発を続けたか”
Flash、Web、モバイルコンテンツ開発はどうすべきか。カヤックのJavaScriptエンジニアが、アドビのマイク・チャンバーズ氏に聞いた(2012/7/4)

ReadiumにACCESS「NetFront BookReader EPUB Edition」の技術が搭載
ACCESSは、同社のEPUB3対応電子書籍ビューワ「NetFront BookReader EPUB Edition」の技術が「Readium」プロジェクトに取り込まれたことを明らかにした。(2012/7/4)

HTML5とかtopi(4):
ゲームと高品質ビデオに注力するFlash“Next”
アドビはゲームと高品質ビデオに注力して、これまで以上にアグレッシブな開発を続けていく一方で、Linux版の開発を停止する(2012/2/29)

HTML5とかtopi(3):
Chrome for Android登場!
Chrome for Android、Google Chrome、Modernizr、CSSで変数を使う仕様、translate属性、WebRTC 1.0などHTML5関連トピック8連発(2012/2/17)

Googleの賞金付き脆弱性報告制度は「大成功」、Chromium OSにも対象拡大
「賞金制度によって脆弱性研究への参加が広がり、それだけ多くの脆弱性が修正されてユーザーにとっての安全性が高まった」とGoogle。(2012/2/13)

Google、「Chrome for Android Beta」をICS向けに公開
Androidユーザー待望のWebブラウザ「Chrome for Android」のβ版が登場した。ただし、Android 4.0にのみ対応で、Flash非対応だ。(2012/2/8)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。