ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データ移行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データ移行」に関する情報が集まったページです。

Google、Microsoft、Facebook、Twitterがユーザーデータ移行プロジェクト「DTP」立ち上げ
Twitter、Microsoft、GDPR違反で提訴されているGoogleとFacebookの4社が、ユーザーが自分のデータを安全かつ簡単にサービス間で移行できるようにするためのオープンソースプロジェクト「Data Transfer Project」を立ち上げた。(2018/7/23)

仮想バックアップの次なる進化
GDPRで変化する仮想バックアップ市場、テープデータの移行需要が拡大か
一般データ保護規則(GDPR)が企業のデータ保護プロセスに重くのしかかっている。仮想バックアップも例外ではない。データの量が増加するにつれて、全体的な管理も重要になるだろう。(2018/6/19)

アイ・オー、データ移行キットを付属した2.5インチ内蔵型SATA SSD
アイ・オー・データ機器は、SATA接続に対応する内蔵型2.5インチSSD「SSD-3SB」シリーズを発売する。(2018/6/13)

データ移行に3カ月……その手間がなくなる:
PR:ペタバイト規模で増え続けるデータをどう管理する? 大容量データでクラウドよりスケールアウト型NASの方が適している理由
「機器リプレースでのデータ移行だけで3カ月かかった」「クラウドに移行したらデータ転送量で高額な請求がきた」「ダウンロードしたら想定の何倍も請求されることがわかった」──組織が扱うデータがPB(ペタバイト)クラスに拡大する中、こうしたデータにまつわる課題はより深刻化することが予想される。どうすればいいのか。ニューテック、レッドハット、メラノックステクノロジーズ ジャパン、EIZOメディカルソリューションズが出した解答は。(2018/4/9)

Windows 10への移行:
Windows 7の終焉間近。Windows 7から10へのデータ移行どうする?
Windows 7からWindows 10へ移行する場合、Windows 7に保存されているデータの移行が必要になる。簡単そうで、意外と面倒なその方法を解説する。(2018/3/2)

PR:iPhoneユーザー必見! 「iXpand」でスマートに機種変更&データ移行をしよう
新しいiPhoneが発売されて話題を集めているが、スマートフォンの乗り換えで面倒なのがデータの移行。また、iPhoneは外部メモリに対応しておらず、ストレージを拡張できない。そこでオススメしたいのが、サンディスクの「iXpand」だ。(2017/11/27)

新旧システムをつなぎ新たな価値を創出する
レガシーなシステムにあるデータをビジネスに生かす方法
メインフレームなどを中心とするレガシーシステムからビッグデータ環境へのデータ移行時に企業が抱える課題をどう解決すればいいのか。(2017/11/16)

Apple Payのデータを新しいiPhoneに移行する方法
iPhone 7/7 PlusからiPhone 8/8 Plusに乗り換えた人もいるだろう。その際に気になるのが、Apple Payのデータを移行する方法。Suicaとクレジットカードで方法が異なるので注意しよう。(2017/10/4)

製造ITニュース:
事業の売却や買収に伴うITシステム整備を支援、NTTデータGSLが国内展開
NTTデータ グローバルソリューションズは、ドイツSNP社と戦略的パートナーシップを締結。SNP社が開発したビジネス変革支援ソフトウェアを使ったデータ移行サービスを開始する。(2017/9/7)

iPhone Tips:
AndroidからiPhoneにデータを移行する方法
今回のテーマは「AndroidからiPhoneにデータを移行する方法」です。新しくiPhoneを購入し、Androidから移行する人も多いと思います。その際、AndroidからiPhoneへデータの乗り換えはどうするかご存じでしょうか。(2017/8/28)

情報管理/ガバナンス基盤のクラウド対応を支援:
ベリタスとマイクロソフト、Azureへのデータ移行とハイブリッドバックアップ体制を強化
ベリタステクノロジーズとマイクロソフトがクラウドでのデータ管理で協業を強化。情報管理/ガバナンス基盤である「Veritas Enterprise Vault.cloud」をAzureで運用できるよう支援し、既存のデータをAzureへスムーズに移行させるツールを共同で販売する。(2017/2/24)

Evernote、Googleクラウドにデータ移行 3ペタバイト分
50億個のノートと50億個の添付ファイルを移行したという。(2017/2/10)

クラウド移行に踏み切った2つの理由
情報共有がリアルタイムに、データ移行も安心できる業務アプリのクラウド移行術
今までオンプレミスで活用していた業務アプリをクラウドに移行したら、どのような効果があるのだろうか。本稿では、業務アプリを「Office 365」に移行した企業の導入後を追跡した。(2016/12/27)

iCloudに同期される通話履歴は問題――捜査ツール開発企業が指摘
「Appleは政府機関に対するユーザー情報の提供を拒む一方で、捜査当局が簡単にデータを入手できるクラウドへとますます多くのデータを移行させている」とElcomsoftは指摘する。(2016/11/18)

格安スマホに機種変更、データの移行はどこまでできる?(Android→Android編)
格安スマホへの機種変更、前の端末からどれだけデータを移行できるか実際にやってみました。(2016/11/8)

スマホ機種変時のトラブル、最多は「アプリのデータ移行」
5人に1人がスマホの機種変更で、アプリデータ移行のトラブルを経験。(2016/7/7)

4月23日に「ゲオモバイル栄 森の地下街店」がオープン――栄駅の改札近く
ゲオは、4月23日に「ゲオモバイル栄 森の地下街店」をオープンする。栄駅の改札付近という立ち寄りやすい場所にある。「スマホ相談員」が常駐しており、データ移行や設定に関する相談を受け付ける。(2016/4/22)

クラウドアーカイブを始める前に考えること【前編】
IT部門の救世主――データ移行先にクラウドアーカイブを検討すべき4つの理由
クラウドアーカイブはクラウドストレージの中核を担うと考えられている。だが、クラウドアーカイブを使い始める前に考えておきたいことがある。クラウドでアーカイブすべき理由とは何だろうか。(2016/4/18)

データ移行やLINE設定も店頭で――ピーシーデポ、MVNOサービス「JUST PRICE FON」を提供
ピーシーデポが、4月29日に新たなMVNOサービス「JUST PRICE FON」を提供する。月額料金にはスマホの端末代、通信料金、サポート料金が含まれており、利用できるプランは端末によって異なる。店頭でのみ申し込みを受け付ける。(2016/4/12)

データベースもクラウドで動かす時代か
Oracle DatabaseをAWSへ、ダウンタイム別に考える3つの移行方法
オンプレミスのデータベースをクラウドへ移行する企業が出てきている。「Oracle Database」から「Amazon EC2」インスタンスにデータを移行する最適な方法は。(2016/3/16)

gooスマホ部:
LINEの引き継ぎで携帯会社を変えたためアドレスが変わってしまっている場合・・・
携帯会社を変え、データ移行するとLINEは本人確認が必要な状態に。登録アドレスが旧携帯会社のままだったため、2段階認証メールが届きません。どうしたらいいのでしょう?(2016/3/9)

セキュリティ文化の醸成が重要
セキュリティ担当者が注意する“ぬるぬる系UIクラウドアプリ”の安全意識
最新の報告書によれば、クラウドへのデータ移行が進む昨今、企業にとってはクラウドセキュリティの文化を醸成し、最高情報セキュリティ責任者(CISO)を採用することが重要だという。(2016/2/12)

SIM通:
PC使わずAndroidからiPhoneへ連絡先や画像を移行するには?
前回は、PC使わず「iPhoneからAndroidへ」のデータ移行を紹介しましたが、今回はその逆、「AndroidからiPhoneへ」のデータ移行方法を紹介します。(2016/1/6)

SIM通:
PC使わずiPhoneからAndroidへ連絡先や画像を移行するには?
データ移行がネックとなり、なかなかAndroidへ乗り換える決断ができないiPhoneユーザも多いと思います。そこで、PCを使わずに、iPhoneからAndroidへのデータ移行の仕方を紹介したいと思います。(2016/1/5)

データベース運用管理をクラウド化する方法(2):
PR:Oracle DBアップグレードの実践的手法〜パッチ適用、データ移行、ダウンタイム短縮の手法
データベースをプライベートクラウドの構築に最適なOracle Database 12cに移行する際には、アップグレード作業をいかに円滑に行うかが重要なポイントとなる。また、高い安定性を確保するためのパッチ適用も忘れてはならない。今回は、Oracle Databaseの最新アップグレード手法とパッチ適用のベストプラクティスを紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2015/11/30)

Tech TIPS:
iPhone → iPhoneのデータ移行術(iCloud編)
古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを移行して、同じ環境を手早く構築しよう。それにはアップルのクラウドサービス「iCloud」を使うとよい。(2015/10/23)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
個人データの移行は? セーフハーバー協定から再考するビッグデータの保管
EUから米国への個人データ移転に大きく影響する判決が下されたが、このことは企業が個人などに係るビッグデータの取り扱いにも多大な影響を与えることになりそうだ。(2015/10/15)

R25スマホ情報局:
機種変時のミスを救済! 電子マネー移行の裏ワザ
Androidスマホやフィーチャーフォンの「おサイフケータイ」は、機種変更する前にデータの移行手続きが必要です。もしも、事前の手続きを忘れてしまったらどうすればいいのでしょうか。(2015/9/17)

職場で役立つデジタル化レシピ:
PCレスでNASからNASへデータを引っ越し “Rsync機能”を試す
新しく手に入れたNASに旧来のNASのデータを移行する際、Rsync機能を使えば、PCに負荷をかけることなく大容量のデータを移行できる。メーカーが異なるNAS間で利用できるのも利点だ。(2015/9/16)

アイ・オー、環境移行キット付きの2.5インチSSD「SSD-3S」
アイ・オー・データ機器は、内蔵型2.5インチSATA SSD「SSD-3S」シリーズを発表。USB変換ケーブルやデータ移行ソフトなどを標準で付属したモデルだ。(2015/9/9)

職場で役立つデジタル化レシピ:
わずか1時間でテラバイト級データを引っ越し NASの“ドライブ差し替え移行”を試す
NASの買い替えでもっとも労力がかかるのはデータの移行だ。その点、ドライブの差し替えによる移行をサポートしている製品は、データのコピーなどを行う必要もなく、環境設定も含めて新しいNASへとすばやく移行できる。SynologyのNASを例に、ドライブの差し替えによる移行を試した。(2015/8/5)

auの「データお預かり」アプリがiOSに対応――Androidとのデータ移行も可能に
auユーザー向けの「データお預かり」アプリが6月10日に、iOSデバイスでも利用できるようになった。あわせて、機種変更時に便利なデータ移行機能も提供する。(2015/6/10)

サイコム、PC購入時にWindows 8.1を選ぶとデータ移行ソフトが付属するキャンペーン
Windows 8.1/8.1 Pro選択時に「ファイナルパソコンデータ引越し 9plus」(ダウンロード版)を無償提供。(2015/6/1)

DSP版Win 8.1を購入するとデータ移行ソフトがついてくるキャンペーン
6月1日スタート。(2015/5/29)

SIM通:
クラウドで簡単!格安スマホのデータ移動術
「格安SIM」「格安スマホ」への移行で気になるのが、アドレス帳や写真や動画のデータ移行。でもクラウドを使えばデータを便利に移動させられます。(2015/4/10)

R25スマホ情報局:
機種変更のデータ移行、5つのポイント
なにかと面倒な機種変更時のデータ移行作業。勝手がわからず失敗してしまった……なんてこともあり、何に気をつけるべきだろうか。スマホの販売・代理店業務を展開する「ティーガイア」に、機種変更時にやっておくべきことを、チェックリスト形式で教えてもらった。(2015/2/12)

「止められないサーバ」をどうする?
Windows Server 2003、こじらせた「移行の悩み」を解消する奥の手
さまざまな理由で「システムを止められない」と、移行が進まず悩むIT担当者へ。古いファイルサーバを稼働させたまま簡単にデータを移行する方法があるのをご存じだろうか。(2015/1/30)

「iPhone 6」ロードテスト 第3回:
「iPhone 6」が故障した! “スマート”に修理&データ移行する方法
年末を目前にして「iPhone 6」が故障した。修理のためにアップルストアにあるGenius Barへ行ってきたので、その時の様子をレポートしたい。(2014/12/26)

Intel、iOS/Android/WindowsからChromebookへのデータ移行ツールをリリース
Intelが、Intelのプロセッサを搭載するChromebookにiOS/Android/Windowsの連絡先や写真、ブックマークなどを移行するためのツール「Intel Easy Migration」をリリースした。(2014/12/22)

SIM通:
これで完ぺき!SIMフリー版iPhoneへデータを移行する方法
iPhoneへアドレス帳や写真などのデータを移行するにはどうすればよいのでしょうか。今回はiPhoneからiPhone、AndroidからiPhoneへのデータ移行方法を紹介します。(2014/11/17)

Gmail活用術:
ビジネス向けGmailへのメールデータ移行術
ここ数年、安価に大容量メールボックスが提供されるクラウド型のメールシステムを採用する企業が急速に増えてきている。だが、導入する際にどこの企業も頭を悩ませるのが、既存環境からのメールデータの移行だ。本稿では、Google Apps for WorkやGoogle Drive for Work(Google Apps Unlimited)で利用可能なクラウドサービスへのメールデータ移行サービスについて解説する。(2014/11/13)

KDDIの「auバックアップ」「auベーシックホーム」が機能改善&拡充
「auバックアップ」がデータ移行について改善。「auベーシックホーム」は天気などをアイコン上で情報表示可能となり、フォルダデザインも変更できるようになる。(2014/10/24)

データ連携を「工数」というハードルで諦めた全ての人へ:
PR:企業に眠る膨大な資産を自前で連携する方法を提案――ファインデックスが電子カルテ連携のノウハウを一般企業にも展開
データ連携ツールは多々あれど、開発工数がかかり、高額な見積もりになることも。過去に誰かが作った小さなプログラムが事業のコアで単独に動いている、けれども改修予算は少ない……、そんな止められない、変えられないアプリケーションを動かしながら、データを移行する/他のアプリケーションとデータ連携する、をクライアント端末でリーズナブルに実現する方法とは?(2014/10/8)

ワンストップのファイルサーバ運用管理ソリューション:
PR:ファイルサーバをスリム化して、移行にかかる全体費用を大幅削減!
いまだ、多くのWindows Server 2003が稼働していると言われているファイルサーバ。2015年7月に迫っているサポート終了に向けて、日立製作所は、ファイルサーバの移行準備から、移行方法、更にクラウド活用までをワンストップで提供する「ファイルサーバ運用管理ソリューション」を提供。これは、第一に移行を契機としたファイルサーバ運用のコスト削減・見直しを考慮し、移行準備に向けたデータのスリム化や、オンラインデータ移行、クラウドストレージの活用などを提供するソリューションだ。事例によると、不要ファイルを約3割以上も削減できた例や、移行後のファイルサーバ購入金額を数百万円も抑えることができたケースがある。(2014/10/20)

サードウェーブデジノス、同社製PCに「ファイナルパソコン引越し11plus」などを期間限定でバンドル
サードウェーブデジノスは、同社製PCにバックアップソフト/データ移行ソフトを付属する期間限定キャンペーン「パソコンのバックアップも引越しもプレゼント!」を開始した。(2014/9/26)

決戦に備えよ:
「iPhone 6/6 Plus」を買う前に絶対に見ておきたい! アドレス帳や各種データの移行方法
9月19日に発売される「iPhone 6/6 Plus」。機種変更をすると、アドレス帳や写真データなどの移行が必要になる。購入してから慌てることのないよう、事前準備を済ませておこう。(2014/9/18)

製造IT導入事例:
参天製薬、製品ライフサイクル全体の安全性を管理するクラウドサービスを導入
参天製薬は、安全性データの管理と、医薬品・医療機器の安全対策プロセスの効率化を図り、「Oracle Argus Cloud Service」を導入。オラクル・コンサルティングの協力を得て、ソリューションの導入とデータ移行を10カ月間で完了させたという。(2014/7/10)

既存の移行ツールを補完する存在に:
グーグル、Amazon S3からCloud Storageへの乗り換え支援ツールを提供
米グーグルが他社クラウドストレージからの乗り換え支援ツールを公開した。このツールを使えば、Amazon S3やHTTP/HTTPSサーバーから手軽にデータを移行できるようになる。(2014/6/20)

引っ越し料金はサービスしときますよ:
ヤノ販売、他社製NASからの乗り換えでデータ移行サービスを無料提供
ヤノ販売は他社製品から乗り換えて同社のNASを購入したユーザーにデータ移行サービスを無料で提供する。(2014/5/16)

gooスマホ部:
SDカードからスマホ本体へのデータ移行
SDカードのデータをスマホ本体に移すには、どすればいいですか?(2014/5/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。