ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国内線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国内線」に関する情報が集まったページです。

ANAのピーチ・バニラ統合に対抗:
JALが新LCC設立 成田空港拠点に中距離国際線 20年夏就航
JALが中距離国際線を運航するLCCを設立。2020年夏の就航を目指す。成田国際空港を拠点に、アジアや欧米などに就航する計画だ。(2018/5/14)

戦後初の国産旅客機「YS-11」、3年ぶりに空へ
高松空港で動態保存していた、戦後初の国産旅客機「YS-11」が3年ぶりに日本上空を飛び、能登空港へ着陸した。今後は、日本航空学園の敷地で保存する。(2018/5/11)

訪日客向け「観光情報サイト」差別化合戦 “上客”囲い込みのそろばん勘定
外国人が日本旅行中に利用する情報案内サイトを運営する観光関連事業者が、独自色を出して差別化しようと躍起だ。サイトで訪日客の需要を喚起し、自社サービスへ誘導する狙い。“旅のお供”の座を狙う。(2018/5/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「40年で黒字」が難しい、阪急・大阪空港線 どうすれば実現できるか
新線計画がにぎやかな大阪近辺で、国土交通省が事業採算性の調査結果を発表した。なにわ筋線の開業を踏まえた接続路線については良好。ただし、伊丹空港と阪急宝塚線を結ぶ路線は40年間で黒字転換する見通しが立たないという。国内線航空利用者にはガッカリする結果となった。(2018/4/20)

120周年記念:
京急、全線乗れる「優待乗車証」12万セット無料配布
京急が、創立120周年記念日に当たる2月25日、全線に乗れる「優待乗車証」を無料配布する。(2018/2/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京都の「選ばれし6路線」は実現するのか
東京都は「平成30年度予算案」に「東京都鉄道新線建設等準備基金(仮称)」の創設を盛り込んだ。2016年に交通政策審議会が答申第198号で示した24項目のうち、6路線の整備を加速する。6路線が選ばれた理由と、選ばれなかった路線を知りたい。(2018/2/9)

出発時刻、到着時刻を案内するだけではまだ足りない
ANAが“モバイル+API連携”で目指す「到着のその先」とは
「Oracle Cloud」の「API Platform Cloud Service」を使うことで、ANAグループは顧客にどのような価値を提供しようとしているのか。今後目指す顧客目線での情報提供の在り方とは。ANAシステムズの話から探る。(2018/2/1)

被害の大半は届け出なし:
見過ごされる飛行機内の性被害、航空各社は対策を
インド映画界「ボリウッド」の17歳の女優が今週、飛行機に乗っていてわいせつ行為の被害にあったとソーシャルメディアで訴えた際、航空業界は不意を突かれたように見えた。(2017/12/21)

視聴コンテンツも充実:
ANA、18年4月から国内線の機内Wi-Fiを無料化
ANAが2018年4月1日から、国内線の機内無線LANサービスを無料化する。(2017/12/20)

ANA、国内線の機内Wi-Fiを無料化 18年4月から
全日本空輸は国内線の機内Wi-Fiを無料にすることを発表した。(2017/12/20)

伝統のオレンジを復刻、“よりいい眺め”に 「小田急ロマンスカー」に新型車両、70000形「GSE」2018年3月登場
伝統のオレンジを復刻した美しい車体、無料Wi-Fiと電源も配備。ロマンスカー乗務員専用制服も一新。(2017/12/5)

トランプ大統領訪日、駅のコインロッカーが一時閉鎖へ ハロウィーンや三連休重なる 各鉄道の閉鎖計画は
テロ対策の一環とはいえネットでは不満を漏らす声も。鉄道会社に閉鎖計画を取材しました。(2017/10/26)

「スーパースターセール」:
ジェットスター、中部発着便をセールで「片道6円」に
LCC「ジェットスター」が、中部国際空港を発着する国内・国際線の航空券が片道6円になる「スーパースターセール」を10月17〜22日に実施する。(2017/10/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
伊丹空港アクセス線が再起動 空港連絡鉄道の現状と展望
阪急電鉄が伊丹空港乗り入れに積極的な姿勢を見せた。鉄道路線建設が停滞する中で、有望株は空港連絡鉄道だ。地方空港の空港連絡鉄道計画の動向を振り返ってみよう。(2017/9/22)

成果着実に:
社内にイノベーションの風土を JALの若手が働き掛け
日本航空(JAL)の若手社員が中心となって取り組む「イノベーションラボ」とは一体どのようなものだろうか?(2017/9/14)

あの会社のこの商品:
カンロで売れている「グミッツェル」、開発秘話を聞いてきた
キャンディやグミでおなじみのカンロが、ヒトツブカンロという直営店を展開しているのをご存じだろうか? ヒトツブカンロでは、スーパーやコンビニでは売っていないカンロ商品を扱っていて、一番の売れ筋は「グミッツェル」。グミでありながら外がパリッとした独特の食感は、どのようにして生まれたのか。担当者に聞いた。(2017/8/30)

国内大手航空会社との差は顕著:
国内線LCCのWebサイト、ユーザビリティ1位は「バニラ・エア」
トライベック・ストラテジーは、国内線を運航する格安航空会社(LCC)4社の公式Webサイトを対象に実施したユーザビリティ評価の結果を発表した。(2017/8/4)

東京の地下鉄が全線乗り放題の「Tokyo Subway Ticket」、7月から羽田空港でもANA利用者に販売
地下鉄沿線の施設で割引を受けられる、「ちかとく」サービスにも対応。(2017/6/22)

日本航空、国内線の機内Wi-Fiを期限なしで無料に
(2017/6/21)

JAL、国内線での機内ネット接続をずっと無料に
利用しやすくなります。(2017/6/21)

「国内線唯一」:
JAL、国内線の機内ネット接続を無料化
JALは国内線で提供している機内インターネット接続サービスを無料化する。(2017/6/20)

格安航空のPeach、ビットコイン決済導入へ
日本国内の航空会社がビットコイン決済サービスを導入するのは初めてという。(2017/5/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東海道貨物支線の旅客列車運行計画はどうなった?
東海道本線の東京〜横浜間と並行する東海道貨物支線を貨客併用化する構想がある。協議会発足から約17年。まだ整備に着手されていない。この路線の進捗(しんちょく)はどうなっているのか。(2017/5/19)

出資比率を67.0%に:
ANA、LCCのピーチを子会社化
ANAがLCCのピーチを子会社化。(2017/2/24)

人工知能がリアルタイム翻訳「KDDI AI翻訳」登場 ディープラーニング活用
AIを活用したリアルタイム翻訳アプリ「KDDI AI翻訳」と、オペレーターがタブレット画面越しに通訳してくれる「KDDI TV通訳」を、KDDIが法人向けに提供。(2017/2/15)

成功の鍵は社外クラウド─自社システム間の強固なデータサービス基盤:
PR:全日本空輸が国際線予約サービスのデータ提供基盤に「Oracle Exadata」を採用 国際線のインバウンド予約が増加
全日本空輸は先頃、増加が続くインバウンド需要への対応強化などを目的に、業界標準のクラウドサービスを利用して国際線予約システムを大きく刷新した。このシステムの実現で鍵となる社内外のデータ提供基盤に採用されたのが、高いデータ処理能力を備える「Oracle Exadata」である。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/2/1)

外国人客は1割増:
成田空港の国際線客数、外国人が初の日本人超え 16年
2016年に成田空港の国際線を利用した外国人旅客数が、初めて日本人を上回った。(2017/1/26)

国内線の機内Wi-Fiが無料で使い放題 JALがキャンペーン 2月1日から
国内線の機内Wi-Fiを無料で使えるキャンペーンを日本航空(JAL)が始める。期間は2月1日〜8月31日まで。(2017/1/25)

Engineered Systemsを“日本品質”で提供できる理由:
PR:長年蓄えた独自ノウハウを凝集 Oracle Exadataの導入から活用までをワンストップで支援するNEC
日本国内における「Oracle Exadata」の導入推進において大きな存在感を放つNEC。2012年に取り扱いを開始して以来、さまざまな業種/業界に170台以上を導入してきた同社のエキスパートらに最新の活用事例や取り組みを聞いた。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/1/25)

羽田空港、ハウステンボスの狙い:
ロボット普及のカギは「まず使って試すこと」
日本空港ビルデングとハウステンボスがサービスロボットの活用事例について語った。(2017/1/23)

ANA、3月21日からC-3PO仕様の国内線就航 特別塗装機にはCA専用エプロンに専用ヘッドレストカバーなど
CAさん着用のエプロンがめちゃくちゃかわいい。(2017/1/20)

製造業IoT:
日本の航空大手に燃費効率を向上させるソリューションを提供
GEアビエーションは、全日本空輸と「フライト・アナリティクス」契約を締結した。飛行データを分析し、燃費効率の向上を図る航空業界向けデジタル・ソリューションを、日本市場に初めて提供する。(2017/1/5)

京急蒲田、羽田国内線ターミナルなど5駅にホームドア導入へ 2020年度までに
京急電鉄が、2020年度までに京急蒲田駅、京急川崎駅、横浜駅、上大岡駅、羽田空港国内線ターミナル駅にホームドアを設置すると発表。(2016/12/22)

ロボット開発ニュース:
羽田空港がサービスロボットの価値を世界に発信、参加17社は実力を見せられるか
日本空港ビルデングは、サービスロボットの技術検証を行うプロジェクト「Haneda Robotics Lab(ハネダ ロボティクス ラボ)」に参加するロボットを公開。清掃、移動支援、案内という3つのカテゴリーで総計17社のロボットが参加する。2016年12月15日〜2017年2月13日にかけて、羽田空港国内線第2旅客ターミナルの出発ロビーで実施する計画だ。(2016/12/15)

目的地がどこか不明な航空券「どこかにマイル」、JALが6000マイルで提供
羽田空港から日本国内の“どこか”の空港に、通常の半分以下の6000マイルで行ける「どこかにマイル」を、JALが12月に始める。(2016/11/30)

未完の大器と、進化の片りんと――新型MacBook Proに感じる「新時代への期待」
新型MacBook Proの本命である「Touch Bar付き」の出荷が始まる。ノートPC分野におけるAppleの次世代への提案は、実際に使ってみてどうなのか。それを見ていきたい。(2016/11/17)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(15):
北海道編:ハドソンを覚えていますか?――年収、家賃、IT企業
北海道の生活は自然との闘いなのか、IT企業やエンジニアの求人はあるのか?――U&Iターンの理想と現実をお届けする本連載、北海道編のスタートです。(2016/10/21)

スマホを使ってマイルがたまる「ANA Phone」、ソフトバンクのMVNOとして提供
SBパートナーズが、スマートフォンの利用に応じてANAのマイルがたまる「ANA Phone」を12月上旬に提供する。月額2700円または1700円の通話定額サービスや、月間2GB〜30GBのデータ定額サービスを用意。端末は「Xperia XZ」を提供する。(2016/10/12)

年間7500万人にロボットサービス、羽田空港で「案内ロボット」など3分野を公募
羽田空港が「案内」「移動支援」「清掃」の3分野を対象としたロボットの実証実験を開始する。ロボットは公募にて募集する。(2016/9/21)

航空機の搭乗手続き確認、厳格化へ 新千歳のすり抜け事件受け国交省が指示 「損害賠償」も警告
新千歳空港で起きた乗客のすり抜け事件を受け、国交省が搭乗手続き確認の厳格化などを航空会社・空港に指示。(2016/9/13)

日立、羽田空港で人型ロボットの接客実験を開始
日立製作所と日立ビルシステムは、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」EMIEW3」が利用客の問いかけに応えて空港施設や店舗情報などを案内する実証実験を羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開始した。(2016/9/5)

「物価が激安の国」タイでお金を気にせず自分の誕生日を祝うといくらかかるのか? - PR
友達もいない、恋人もいない。でもせっかくの誕生日をいつもと同じように過ごすのは嫌だ。そこで自分へのプレゼント、ということで豪華に過ごしてみようと思う。(2016/8/23)

ANA、羽田空港でトラブル 28便が荷物載せず出発 コンベア故障が原因 乗客への告知は到着後
お盆の羽田空港でトラブル。12日に羽田空港を出発したANAの国内線の一部の便が、乗客から預かった荷物を搭載せず出発した。乗客へのアナウンスは到着後だったという。(2016/8/12)

羽田発の飛行機で荷物未搭載のトラブルが複数発生 原因はベルトコンベアのセンサー故障 各社の対応は
ANA、AIR DO、ソラシドエア、スターフライヤーなどで遅延および荷物搭載のトラブルが発生しています。(2016/8/12)

京急電鉄が全トンネル区間を携帯電話利用可能エリアに 8月8日から工事を開始
2017年度以降、順次利用できるように。(2016/8/5)

新千歳空港で不法侵入事案 女性1人が金属探知機を通過せずクリーンエリアへ、国内線に大きな影響
12時13分ころに事案が発生し、15時10分に国内線の運航が再開しました。(2016/8/5)

“Oracleユーザーにとって当たり前”のデータ連携技術とは? 【後編】:
PR:リアルタイムデータ連携、ビッグデータ活用の領域でも普及が進むOracle GoldenGate
Oracle Databaseの無停止アップグレードにおける採用事例で注目を集めるOracle GoldenGateだが、より鮮度の高い情報を求めるさまざまな企業において活用が進んでいる。先進企業における活用例と、同ツールのノウハウを豊富に蓄積したパートナー企業の声を紹介する。[ビッグデータ][高可用性/災害対策][Data Integration](2016/7/11)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(5):
岡山編:立ち乗客3人で「すげー満員じゃあ」――岡山の交通、住宅、生活事情
都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝える本連載。岡山編第2回は、交通事情や住宅情報など、移住検討者が気になる情報をセキララにレポートする。(2016/7/6)

FM:
照明で動くビーコン、施設内の位置情報サービス活用を手軽に
施設に位置情報を活用したサービスを導入する際に有効なビーコン。しかし電池の交換や電源の確保などの手間はなるべく抑えたい。こうしたニーズを見込み、大日本印刷は電池の交換や充電が不要な「DNPソーラー電池式Bluetoothビーコン」を開発した。(2016/7/4)

福岡空港にも乗り入れ フィンエアー、アジア就航の倍増狙う
先月、フィンランド航空(フィンエアー)が福岡〜ヘルシンキ路線を就航した。この背景にはアジア市場の積極的なビジネス拡大があるという。(2016/6/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。