ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドットコムバブル」最新記事一覧

Apple Special Event現地リポート:
iPhone 7(仮)の発表を控えるAppleイベント会場を偵察
新型iPhoneの登場がウワサされるAppleスペシャルイベントが日本時間8日午前2時から開始される。会場の様子を一足先にリポート。(2016/9/7)

部内アイドル度調査はNo.1だった:
業界記者がつづる「故・秋草直之氏の思い出」
IT産業の未来を的確に予測し、IoTも17年前に先取り。「変化することで起こるリスクよりも、変化しないことで起こるリスクの方が大きい。もし迷うならば、変化を選べ」と、富士通にイノベーション体質を植え付けてきた元富士通社長・会長の秋草直之氏が6月18日に逝去した。(2016/8/10)

卓球台が売れなければシリコンバレーが衰退する
卓球台がなければIT企業ではない。そしてシリコンバレーでは、卓球台の売れ行きが減少しているという。(2016/5/24)

頭脳放談:
第191回 AIブームがやってきた?
将棋や囲碁の対戦でコンピュータが勝利するなど、人工知能(AI)に関する話題が新聞をにぎわせている。さまざまな分野での応用が発表され、1980年代に続く、AIブームを巻き起こしている。はてさて、今度のAIブームはモノになるのだろうか?(2016/4/27)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015:
会社は小さいが、夢はでかい! 倒産の危機から回復、そして宇宙へ
小さな企業ながら航空機部品製造や宇宙ベンチャーとのコラボレーションなどを行う由紀精密。倒産の危機からのV字回復や、新たな挑戦を続けるわけを語った。(2015/12/25)

滞りなく完了した超巨大案件:
FreescaleとNXPの合併から学ぶべきこと(後編)
2015年12月7日に、NXP SemiconductorsとFreescale Semiconductorの合併が滞りなく完了した。両社は合併を発表した当初から、今回の合併が順調に進むと自信をみせていた。ある業界アナリストは「最も難しい合併は、Avago TechnologiesとBroadcomだろう」と述べている。(2015/12/9)

CIOがビジネス向けモバイルアプリ開発で留意すべきこと
“モバイルファースト”バブルに踊らされないための4つのルール
IT企業の最高情報責任者(CIO)は、“モバイルファースト”指向の企業に広がる熱狂的な動きに踊らされることなく、モバイルアプリ開発にはバランスのとれたアプローチをとるべきだ。(2015/11/19)

@IT 15周年企画「編集長対談」:
インターネット黎明期からエンタープライズITの主導権争いに至るまで、そしてIT活用の今後は――
2000年5月22日にサイトオープンした@IT。15周年の記念企画として、これまでのITの変遷を振り返り、今後のIT活用を占う。(2015/10/26)

プログラマーは“適職”ではなかった:
PR:さまざまな仕事を経験して本当の“適職”を見つけたエンジニアの新たな目標
プログラマーに向いていると思っていた。プログラマーになろうとして回り道をした。その道程は、本当の“適職”を見つけるための旅だった。(2015/10/20)

日本型セキュリティの現実と理想:
第4回 常時接続から始まったセキュリティ対策の“無間地獄”
連日のようにセキュリティの事故や事件が取り上げられ、守る側と攻める側との“いたちごっこ”の状態が続いている。なぜ、このような事態になったのか。今回はインターネットの歴史からひも解いてみたい。(2015/8/13)

日経平均、ITバブル期超え 18年半ぶり水準
6月24日午前の東京株式市場で、日経平均株価がITバブル期の最高値を超えた。(2015/6/24)

@IT、サイトオープン15周年:
「変わらないもの」が変えていく、テクノロジ、人、社会
15年前の今日、2000年5月22日の早朝にサイトオープンした@IT。これからの15年、何が変わり、何が変わらないのか。(2015/5/22)

ビジネスニュース オピニオン:
「IoT市場は不確定要素が多い」、マッキンゼーとGSAが報告
McKinsey & Company(マッキンゼー・アンド・カンパニー)と半導体の業界団体であるGlobal Semiconductor Alliance(GSA)が、IoTに関するリポートを共同で発表した。リポートでは、「不確定要素が多いIoT市場では、半導体メーカーは“保険”的な戦略を取るべきだ」と指摘している。(2015/5/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
SDN(Software-Defined Network)に乗り遅れたCisco
ネットワークの未来がソフトウェアによって定義されることはほぼ確実だ。だがCiscoはこの動きに乗り遅れていると市場関係者は指摘する。(2015/4/23)

人間がお金をコントロールできない2つの要因
人々が「お金の賢い使い方」に習熟しない原因とは。(2014/11/18)

情シスの横顔:
社内システムは“作って終わり”ではない 楽天・荒川さん
10年以上も前から楽天の経理関連システムを支え続けてきた荒川鏡子さんは、多くの社員が使うシステムだからこそユーザー視点が何よりも重要だと話す。(2014/8/12)

CIO〜CMO〜CDO:
CMOは舞台の袖へ? 代役のCDOが登壇?
この10年間、CIOに変わり、企業の救世主的な存在として脚光を浴びてきたのがCMOです。しかし、どうやら、このCMOも次の10年間(5年間?)に向けて、かつてCIOとCMOが演じた交代劇のCIO的なポジションになろうとしています。新しい役の名前はCDO(Chief Digital Officer)と言います。(2014/7/16)

週末アップルPickUp!:
アップルストアの歴史を振り返ってみる
好調なアップルのリテール事業。アップルストアが拡大を続けられる理由はなんだろう?(2014/6/15)

8つの“強い事業”で持続的成長狙う:
三菱電機、2020年度売上高5兆円/営業利益率8%以上の新経営目標を発表
三菱電機は2014年5月19日、都内で経営戦略説明会を開催し、「パワーデバイス」「空調システム」「電力システム」などの8事業を強化し、2020年度(2021年3月期)までに売上高5兆円、営業利益率8%以上の達成を目指す新経営目標を打ち出した。(2014/5/19)

転機をチャンスに変えた瞬間(21)〜フードエディター 小竹貴子:
ワクワクが原動力〜「計画された偶発性」を地でいくキャリアの築き方
専業主婦から未経験でWebディレクターへ、そして創業当時のクックパッドに入社し、執行役となり上場を経験。「計画された偶発性」を活用してキャリアを築いた、フードエディター小竹貴子氏の転機をチャンスに変えた瞬間とは。(2014/4/24)

入門クラウドファンディング:
劇的に進展するクラウドファンディングの“今”
クラウドファンディングは古くからある資金調達手法ですが、なぜ今改めて注目されているのでしょうか? それには、大きく分けて2つの時代背景があります。(2014/4/4)

PR:進化するCIOの役割──システム管理責任者から企業戦略の担い手へ
日本マイクロソフトは「ビジネス トランスフォーメーションを実現するクラウド」をテーマに「Microsoft CIO Seminar」を開催。企業競争力を高めるためのIT活用や、CIOに求められる役割について、大手企業のCIOとともにディスカッションを行った。(2014/3/31)

産業用機器 基礎解説:
いまさら聞けない産業用ロボット入門〔前編〕
日本は「ロボット大国」とも呼ばれていますが、その根幹を支えているのが「産業用ロボット」です。それは世界の産業用ロボット市場で圧倒的に日本企業がシェアを握っているからです。では、この産業用ロボットについてあなたはどれくらい知っていますか? 今やあらゆるモノの製造に欠かせない産業用ロボットの本質と基礎を解説します。(2014/3/10)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
CMMIレベル5を取得 受託開発の信念を愚直に貫くシステム情報
業界平均を大きく上回る営業利益率約8%を上げる受託ソフト開発会社、システム情報。その強みの裏側に迫る。(2014/1/28)

自分戦略2014(1):
エンジニアよ、空を見よ
@IT自分戦略研究所は今年、設立(約)10周年を迎えた。環境がめまぐるしいスピードで変化しているいま、エンジニアは何を考え、何をすべきなのか。@ITゆかりの方々、カッコいいエンジニアの皆さんにお話を伺った。(2014/1/6)

人はどうして起業をするのか?
月商1億円のベンチャー企業を立ち上げた渡邊健太郎氏の著書で、「なぜ起業をするのか」というテーマの小説『ベンチャーズ☆ハイ』を紹介。(2013/12/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
自分自身のキャリアを客観的に把握――キャリアを生かして問題にチャレンジ
いま市場で必要とされているのはどのような人材なのか。技術だけでなく、管理能力や人柄などを総合的に判断されるという。あなたは求められる人材だろうか。(2013/12/25)

こうして離職率は28%から4%に改善された――サイボウズ青野社長に聞く“これからの働き方”
優秀な人材に、いかに長く活躍してもらうか――。これはIT業界の抱える大きな課題の一つだ。そんな中、28%に達していた離職率を4%にまで改善したのがサイボウズ。この成功の裏には、多様なワークスタイルを認める制度があった。この制度が生まれる背景やプロセスとは?(2013/12/27)

六本木の夜景を眺めながら:
働く男女の「資産運用コトハジメ」、堅実な人生に必要なお金はいくら?
東京・六本木にある日興アセットマネジメントのセミナールームに20〜40代の男女50名が集まって、人生を楽しく過ごすために必要なお金との付き合い方を学んだ。(2013/12/20)

ビジネスニュース 企業動向:
「分割で電子計測へのR&D投資は増える」――なぜ、アジレントは会社分割するのか
2014年11月に、電子計測事業とライフサイエンス/化学分析事業とで会社分割することを決定したアジレント・テクノロジー。両事業共に2桁を超える営業利益率を確保しながら、なぜ、このタイミングで会社分割を行うのか。アジレント日本法人社長の梅島正明氏に会社分割の経営判断に至った理由、狙いなどを聞いた。(2013/11/28)

働くこと、生きること(後編):
起業して「社長」になってもすぐに譲る、なぜ?――実業家・作野裕樹氏
実業家の作野裕樹氏は起業しても、すぐに「社長職」を他人に譲ってきた。多くの人は「社長」に憧れるものだが、なぜ作野氏はそんなことをするのか。その理由は……。(2013/10/11)

時代の変化に合った働き方:
上場は考えず、非正規雇用全廃。牧場経営へ――異端のIT企業家、リンク岡田元治社長に聞く
株式は公開しない。正規雇用を守る。リンクの岡田社長は「当たり前のことをやれば、自然かつシンプルに『やるべきこと』が見えて来る」と話す。(2013/9/27)

JEPAセミナーリポート:
eBookJapanの電子書籍販売手法とは
2010年代にオープンした多くの電子書店と比べると、2000年に立ち上がったeBookJapanはもはや老舗の電子書店と言える。なぜ同社はこれほど早く、そして今日まで電子書店を運営できたのか。(2013/8/12)

若きリーダーが読んでおきたい1冊:
トップ自らが進退をかけて挑む――起業家
今やサイバーエージェントの中核事業となった「アメーバ」。その陰には藤田社長が現場で指揮をとるという強烈なコミットメントがあった。(2013/7/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
極端な「自前主義」が会社を壊す――「何をやるか」ではなく「誰とやるか」で物事は決まる!
ビジネスの構想にこだわりすぎて、自分が目指すべきビジネス、やりたいことを実現するのに必要な「人」は誰なのか、という視点を欠いていないだろうか。一人でできることには限りがある。(2013/7/4)

相場英雄の時事日想:
それはいつか来た道……新たな投資尺度でみる“バブルの証拠”
乱高下を繰り返しながらも、東京株式市場の出来高が膨らんでいる。ただ、活況の影で気がかりな事象も現れ始めている。投資家が個別銘柄の売買を決める際の「尺度」について、危うい一面が出始めているのだ。 (2013/6/20)

気になる住宅ローン金利の上昇。どのように付き合えばいいの?
大手銀行は、5月に引き続き6月も住宅ローン金利の引き上げを決定しました。金利の上昇は、住宅ローン返済額にどの程度影響するのでしょうか? 検証してみました。(2013/6/13)

クラウドファースト時代に考えるITインフラ選定のツボ【前編】
オンプレミス、ホスティング……従来型インフラのメリット/デメリットをおさらい
多様なITインフラ形態が存在する中で、どれを選べばいいのか。特にクラウドの登場によって、ITインフラの選定基準は大きく変わろうとしている。前編では、オンプレミス、ハウジング、ホスティングを比較する。(2013/5/28)

“雇われない生き方”を阻む壁とは――古市憲寿氏インタビュー
気鋭の社会学者・古市憲寿に、新刊『僕たちの前途』についてのインタビューを行った。(2013/3/19)

相場英雄の時事日想:
株高企画が急増する影で、“総強気モード”がヤバい
週刊誌の中吊り広告や経済誌などで株高特集が目に付くようになった。安倍首相が主導するアベノミクスで市況は活況を呈しているが、いまのような“総強気モード”でいいのだろうか。(2013/3/14)

NTT DATA Innovation Conference 2013リポート:
IT投資の効果を実感するには首尾一貫した取り組みが重要
IT投資効果が実感できる正のスパイラルへの移行のためには、システムやプロセス、人、組織など首尾一貫した取り組みの実現と、成長のための新規IT投資拡大が必要。(2013/3/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功のトリセツ
ラグジュアリーな空間に放り込まれても、普段の感覚を見失わない人間だけが人生とお金との対決において最終的に勝利できる。ましてやリーダーには、さらにシビアな金銭感覚が求められる。(2013/2/21)

藤田正美の時事日想:
ブラックマンデーから25年、我々は誤った教訓を引き出してしまったのか?
1987年10月19日、ニューヨーク証券取引所でダウ平均は508ポイントも下落した。それから25年を機に英エコノミスト誌最新号に載った記事によると、この大暴落から誤った教訓を引き出したことが、世界経済を苦境に陥れた最大の原因であるという。(2012/10/22)

ビジネスニュース 業界動向:
「Windows 8」は、PC市場の救世主となるのか
タブレット端末やスマートフォンが急速に普及する中、何とか勢いを盛り返したいPC市場。まもなく発売となるMicrosoftの「Windows 8」は、その大きな原動力となるのだろうか。(2012/10/17)

ビジネスニュース 業界動向:
HPとLenovo、PC市場トップの座をめぐりデッドヒートに
2012年第3四半期のPCの出荷台数において、Hewlett-Packard(HP)とLenovoが首位を争っているという。長引く低迷が懸念されているPC市場だが、回復の兆しも見えている。(2012/10/16)

2012年の世界PC出荷台数、11年ぶりに前年割れ──iSuppli予測
IHS iSuppliは、2012年通年の世界PC出荷台数が前年比1.2%減の3億4870万台になるとの予測を発表した。前年割れになるのは、2001年にいわゆる「ドットコムバブル」がはじけて以来のことという。(2012/10/11)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(5):
営業vs.開発の対立をなくす、「SE=営業=PM」という理想形
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/7/9)

ビジネスニュース 企業動向:
Intelの成長は右肩上がり、2013年には組み込み市場で躍進か
これまで、PC分野以外の事業でいまひとつ成果を挙げられずにいたIntelだが、2013年までには組み込み向け製品分野において大幅な成長が予測されるという。(2012/6/27)

新連載スタート・これからのことがよく分かるコラム:
2012年の転職市場はどうなる? 雇用環境をひも解けば“今”が見えてきた
景気はいまひとつパッとしないが、2012年の転職市場はどうなっているのだろうか。そこでリクナビNEXTの黒田真行編集長が現状を分析するとともに、今後のトレンドについても予測した。(2012/3/30)

セキュリティ・ダークナイト(8):
攻撃はまるでレーザービーム
2011年に話題となった標的型攻撃は「人」という弱点ををねらい打ちにしました。では、この手の攻撃は、人に教育さえしておけば防げるものなのでしょうか?(編集部)(2011/12/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。