ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「魚眼レンズ」最新記事一覧

建設×VR:
いまさら聞けないVRの基礎ーー2D/3Dとの関係性
建築土木分野での活用が広がっているVR(バーチャルリアリティ)技術。一方、そもそものVRのやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の仕組み、これらを活用してくいく上での注意点などについては、意外と知られていないのではないだろうか。本稿ではこうしたVRの基礎的な部分について解説する。(2016/11/10)

「ET 2016」開催直前取材:
カメラを置くだけ? バッテリー駆動の監視システム
2016年11月16〜18日、パシフィコ横浜で「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」が開催される。EE Times Japan/MONOistでは、同展示会の開催に先駆けて、出展社企業に展示する内容の事前取材を進めている。今回は、東芝情報システムに話を聞いた。(2016/11/10)

PR:全天周って何? Outdoor Recorderってどういうこと? カシオの「EX-FR200」で遊んでみた
カシオ計算機の「Outdoor Recorder EX-FR200」というカメラが面白いと荻窪圭さんから教わり、どこがどう面白いのか、全天周が撮れるとはどういうことなのか、実際に公園で体験してみました。(2016/9/21)

PR:魚眼レンズや2台同時接続でさらに楽しい! カシオの「EX-FR200」はこんなに遊べる
カシオ計算機のOutdoor Recorderのラインアップに、魚眼レンズを搭載し、前方180度や全天周が収められる「EX-FR200」が登場。2台同時接続などを実際に試してみると、とにかく面白いのだ。(2016/9/16)

富士フイルム、コンパクトなミラーレス一眼「FUJIFILM X-A3」を発表
富士フイルムから、女性ユーザーの自撮りニーズにも応えるコンパクトなミラーレス一眼「FUJIFILM X-A3」が登場。10月6日に発売する。(2016/8/25)

4K動画が撮れる全天球カメラ「Galaxy Gear 360」7月15日発売
サムスン電子ジャパンが、360度の写真や動画を撮れる「Galaxy Gear 360」を7月15日に発売。Galaxy端末やHMD「Gear VR」で撮影したコンテンツを視聴できる。(2016/7/14)

そろそろ持っとく? モニター付きのアクションカム4モデルを撮り比べ(映像編)
行楽シーズンも近づき、面白い映像や写真が撮れるアクションカムにも興味がわく季節。今買うならどれがいいか、手軽に使えるモニターがセットになったコンパクトなモデル、HERO4 Silver、HDR-AS50、WG-M2、EX-FR100の4モデルを比較する。(2016/4/20)

Facebook、360度動画撮影カメラシステム「Surround 360」をオープンソースで公開へ
動画に注力するFacebookが、360度動画を撮影するためのカメラシステム「Surround 360」を発表した。ポストプロダクションツールを含むシステム構築に必要なデータを今夏GitHubでオープンソースで公開する計画だ。(2016/4/13)

プロはCP+ 2016をどう見たか 荻窪圭、三井公一が気になった製品を紹介
例年多くの人でにぎわう、写真とカメラのイベント「CP+ 2016」。普段から製品レビューなどでカメラやレンズ、アクセサリー類に触れているプロは、展示のどこに目を引かれたのか。初日を終えた25日の夜に話を聞いた。(2016/2/26)

Mobile World Congress 2016:
Xperiaは「インテリジェンス」を持つコミュニケーションツールへ――Xperia“第3章”の幕開け
Xperiaの「究極の集大成」こと「Xperia Z5」シリーズの発表から約5カ月。コミュケーションの道具として、スマホ・タブレットの枠を超えたXperiaの“第3章”が始まる。そのキーワードは「インテリジェンス」だ。(2016/2/26)

Samsung、球形のVRビデオカメラ「Gear 360」
Samsungが、VR HMD向けの360度動画/静止画を手軽に撮影できるコンパクトなVRカメラ「Gear 360」を発表した。Galaxy S6などでモニタリング/制御できる。(2016/2/22)

これ1台でバッチリ:
PR:アプリ特盛りの東芝「dynabook T75/U」は新生活の相棒にピッタリ!
東芝から2016年の春モデル「dynabook T75/U」が登場した。新モデルには便利で楽しいアプリや初心者にも動画で分かりやすいヘルプナビ、そして使うのが楽しくなる魅力の装備が盛りだくさん。春からの新生活はdynabookと共に迎えよう。(2016/2/18)

3つのレンズでスマホ写真を面白く! サンワ「400-CAM034」
(2016/2/12)

火星の砂丘をバックに自撮り、探索開始1228日目のキュリオシティが余裕を見せる
任せてください。火星は庭です。(2016/2/4)

UNiCASE、リアルストア全店で写真撮影が楽しくなるカメラグッズ体験イベントを開催
UNiCASEは、リアルストア全店でスマートフォン用カメラグッズを使った写真撮影の体験イベントを開催。魚眼レンズやワイドレンズ、マクロレンズなどを用意している。(2015/8/4)

“ウェアラブル”の今:
第38回 操作不要のZero UI 重要なのは「リモコン」と「プログラム」
ユーザーインタフェースがない、Zero UIの世界では、センサーとなるウェアラブルデバイスのような機器と、そこから得られる情報を元にさまざまな判断と動作を行うプログラムが重要になる。(2015/7/25)

PR:これぞ新世代の携帯電話!――LINEもできる「AQUOS ケータイ SH-06G」ってどんなケータイ?
スマホにしたいけどケータイの使い勝手も捨てがたい。でもスマホみたいにLINEやfacebookを使ってみたい……。そんな声に応えるのが、シャープの新世代ケータイ「AQUOS ケータイ SH-06G」なのだ。(2015/7/17)

交換レンズ百景:
独特の広さや歪みを楽しみたくなる魚眼レンズ――オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」
魚眼レンズと聞くと、特殊な用途にしか使えないと思いがちだが、F1.8と非常に明るくレンズ前2.5センチまで寄れるこのレンズは、誇張されるパースやデフォルメ効果、独特のボケを生かした面白い写真が撮れる。(2015/6/17)

超堅牢iPhoneケースから、猫の餌やり器まで:
COMPUTEX TAIPEI 2015で見つけた“変わり種“ガジェットを総チェック!
COMPUTEX TAIPEI 2015では、スマホ関連の “変わり種”ガジェットがたくさん出品された。筆者が独断と偏見で選んだ、気になるアイテムを一挙にご紹介する。(2015/6/9)

省エネ機器:
「明るい」と感じる感覚を利用、制御技術で照明電力を6割削減
オフィスビルの消費電力の3分の1を占める照明設備。大林組はこうした照明機器による電力消費を大きく削減できる照明制御システムの開発を進めている。制御に「人が感じる明るさ感」を利用しているのがポイントで、照明機器の日中の消費電力を約60%削減できるという。(2015/6/4)

マイクロフォーサーズ用大口径魚眼レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」を発売
オリンパスが、開放F値1.8を実現した魚眼レンズを発表した。一般的なF2.8の魚眼レンズより1.3段も明るいのが大きな特徴だ。(2015/5/12)

ソニー、35ミリフルサイズ対応のEマウントレンズ2本とコンバーター2種を発表
ソニーがCP+ 2015に参考出展していた広角単焦点レンズ2本を正式発表。「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA(SEL35F14Z)」と「FE 28mm F2(SEL28F20)」および専用のコンバーターレンズ2種が発売される。(2015/4/6)

誠侍のcaseplayアクセサリーレビュー連載:
PR:写真がうまくなる?「ZTYLUS Camera Case」とリボルバーレンズアタッチメントを体験セヨ
これは英会話を磨き、メンズエステで体も磨いた……次はなんだろな〜と考えた時「やっぱりさりげなく演出する小物じゃね?」と思った40代男性――「誠侍」がいろんなガジェットアクセサリー体験する連載企画です。(2015/3/11)

PR:これがウワサの“次世代ケータイ”「AQUOS K」 いつもの使い勝手でスマート体験
スマホを使ってみたいけど、いつものケータイから乗り換えるにも大変そう――そんなアナタにおすすめなのが、シャープの次世代ケータイ「AQUOS K」なのです。(2015/3/2)

週刊デジ押し:
30秒で分かる360度撮影カメラ「RICOH THETA m15」の魅力
動画で話題の製品を紹介する「週刊デジモノ押しの逸品」。その魅力に、思わず欲しくなってしまうかも!?(2015/2/14)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
くっきり画質にパノラマ機能が充実! ハイエンドな「Nexus 6」のカメラ機能をアプリと一緒に徹底チェック
ワイモバイルの「Nexus 6」は、1300万画素の高画質カメラとシンプルながらも機能が充実したカメラアプリに注目だ。(2015/1/27)

『ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル』の舞台裏:
「強敵」と書いて「とも(友)」と読む、まさに王道の展開〜「リアルロボットバトル 2014」密着取材リポート(後編)
2mの巨大ロボットが本気で殴り合う、2014年年末特番「ロボット日本一決定戦! リアルロボットバトル」の舞台裏に潜入。テレビには映らなかった、「強敵」と書いて「とも(友)」と読む、まさに王道の展開とは。(2015/1/15)

組み込み開発ニュース:
監視カメラも4K解像度越え、パナソニックが全方位ネットワークカメラ新製品
パナソニックが監視用全方位ネットワークカメラの新製品を発売する。4K以上の解像度をもち、さまざまな撮影モードに対応する。(2015/1/7)

R25スマホ情報局:
2014年で一番ヒットしたスマホ撮影グッズ
イベントが増え、なにかとスマホで撮影する機会が増える年末年始。スマホカメラをさらに楽しむため、2014年に人気を集めたスマホ撮影グッズを教えてもらいました。(2014/12/12)

ものづくりNEXT↑2014:
医療だけじゃない! 設備老朽化対策でオリンパスの工業用内視鏡が活躍
オリンパスは「ものづくりNEXT↑2014 メンテナンス・テクノショー」に出展し、工業用内視鏡などを含む産業用検査機器を紹介した。(2014/11/18)

3分の動画が作成可能:
全天球カメラ「RICOH THETA」に動画撮影対応の新モデル
周囲のすべてを撮影できるカメラ「RICOH THETA」に、動画撮影が可能な新モデルが登場。APIとSDKを提供し、THETAを活用するアプリなども作成可能になる。【発表会情報、写真追加】(2014/10/28)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第57回 「Hyperlapse from Instagram」でハイパーラプス動画を楽しもう
Instagramがリリースした「Hyperlapse」というアプリが面白い。簡単にきれいな“早送り動画”が撮れるのだ。(2014/9/9)

2秒でレンズを切り替えられるiPhoneカメラ化キット「ZTYLUS」を動画でチェック!
iPhoneが小型デジカメになるレンズ搭載ケース「ZTYLUS」。魚眼や広角など4種類のレンズを、回転させて切り替えられる。(2014/9/2)

海の中にミクさんが! MMD映像で「プラネタリウムを海にしてみた」が圧巻
プラネタリウムを貸しきって全天周水中表現に挑戦したそうです。(2014/8/18)

クリップが大きいのでほとんどのスマホで使えます:
スマホでも魚眼やワイドが楽しめる――「iPhone・スマホ用 クリップ型 カメラレンズキット」
上海問屋がスマートフォンのカメラに取り付けるレンズを発売した。価格は1299円。(2014/8/13)

もっと写真を楽しみたい人に贈る、レンズやフィルターが付いたiPhoneケース5選
iPhoneで写真を撮るのが好きな人も多いと思います。そんな人に、さらに創作意欲をかき立てるレンズ付きのケースをご紹介します。(2014/8/12)

ピーワーク、スマホなどのカメラに向けたレンズを発売――ワイド、マクロ、魚眼の3種類が付属
スマートフォンやタブレットなどのカメラに外から取り付けられるレンズが登場。ワイドレンズ、マクロレンズ、魚眼レンズの3種類が使える。(2014/7/29)

光学52倍ズームレンズ搭載の「PENTAX XG-1」発表
35ミリフィルム換算で広角24ミリから超望遠1248ミリまでの高倍率ズームレンズを搭載したオールラウンドなコンパクトデジカメ「PENTAX XG-1」が登場。8月8日から販売する。(2014/7/15)

「PEN mini E-PM2」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

セットでお得:
直径64ミリはだてじゃない――「モバイルカメラ用 レンズ&ホルダーセット」
上海問屋が、スマホ用のカメラレンズ2種と三脚に取り付け可能なホルダーを発売した。価格は7499円。(2014/4/4)

3月29日〜30日:
UNiCASE全店でスマートフォン向けカメラグッズの体感イベント開催
UNiCASE全店で、3月29日と30日に、カメラレンズや三脚などスマートフォン向けカメラグッズの体感イベントが開催される。(2014/3/28)

長期試用リポート:
「OLYMPUS OM-D E-M10」第1回――魚眼ボディーキャップレンズを試す
目の前の風景をすっぽりと写せる魚眼レンズ。興味はあるけど手が出ない。そんな人に最適な超薄型軽量の魚眼ボディーキャップレンズを、最新ミラーレス「OM-D E-M10」で使ってみよう。(2014/3/17)

集める楽しみ(危険)あり:
ここから選ぶ! スマートフォン対応カメラキット
望遠からマクロ撮影、はては、望遠鏡から顕微鏡まで、スマートフォン撮影術の世界が広がる“沼”があなたを待っている! (2014/3/14)

増税前に買いたい10万円クラスのレンズをプロカメラマンがピックアップ!(その1)
4月の増税前に「欲しいし買えないこともないけれど、気軽に買える値段でもない」10万円前後で、なおかつ、実用性の高いレンズをプロカメラマンがピックアップ、作例とともに紹介する。(2014/3/14)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第44回 「KLYP+」とレンズでiPhoneカメラを大拡張
「KLPY+」は、イタリアのカメラ用品ブランド「マンフロット」が発売したiPhoneカメラ拡張キット兼ケース、みたいな製品。これが合体ロボみたいな過剰感ありまくりで楽しいのだ。(2014/2/25)

アユート、簡単に着脱できる魚眼&12倍望遠のiPhone 5s/5用オプションレンズを発売
アユートから、iPhone 5s/5用オプションレンズとして魚眼レンズタイプ「CD-F」と12倍望遠レンズタイプ「CD1220IP5」の2製品が登場。(2014/2/17)

1800万画素センサー搭載のエントリーEOS 「EOS Kiss X70」
キヤノンがデジタル一眼レフのエントリーモデル「EOS Kiss X70」を発売する。使いやすさはそのままに、センサーの高画素化や背面液晶のサイズアップなど基本性能を大幅に向上させた。(2014/2/12)

“魚眼”なボディーキャップレンズ、オリンパス「BCL-0980」
オリンパスが“ボディーキャップレンズ”に広角撮影用の「BCL-0980」“9mm F8.0 Fisheye”を追加した。(2014/1/29)

キビキビ使える手のひらEOS、キヤノン「EOS M2」
キヤノンのミラーレス「EOS M2」を試用した。外観の変化には乏しいが、AFを含めた使用感という意味では先代より長足の進歩を遂げており、エクスキューズなしに検討の選択肢に入れることができる。(2014/1/27)

Qlixから4つの異なる撮影を楽しめるiPhone専用カメラレンズが登場
Qlixは、米olloclip製のiPhone専用カメラレンズ「olloclip 4 in 1」を発売。魚眼・ワイド・10倍マクロ・15倍マクロを1つのレンズで利用可能だ。(2013/12/3)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。