ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Gガイド」最新記事一覧

KDDI、「EZアプリ」の配信と3G端末の国際ローミングを2018年3月に終了
3Gフィーチャーフォン向けの「EZアプリ」、3G対応端末の国際ローミング「グローバルパスポート」を2018年3月31日に終了する。(2016/4/28)

マスメディアとWeb広告の相乗効果を最大化する:
電通が「STADIA(β版)」を開発、ユーザーのマスメディアへの接触行動を特定して最適な広告配信
電通は2016年3月4日、マスメディアとウェブ広告の相乗効果を最大化する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA(β版)」(スタジア・ベータ版)を開発したと発表した。(2016/3/4)

マクセル、iVスロット搭載のBDレコーダー“アイヴィブルー”の新製品2機種発売――新番組自動録画対応に
日立マクセルが“アイヴィブルー”の新製品「BIV-TW1000」「BIV-WS1100」を発表した。リムーバブルHDD「iV」のスロットを搭載、ダビングなども対応する。(2016/2/16)

アニメでも:
ドラマの見逃しをなくす「ドラ丸」搭載、シャープがBDレコーダー新製品を発表
シャープはBlu-ray Discレコーダーの新製品7機種8モデルを2月から順次発売する。連続ドラマやアニメの見逃しを防ぐ「ドラ丸」機能を新たに搭載した“ドラマ丸録りレコーダー”だ。(2015/1/15)

CEATEC JAPAN 2014:
見たい番組はまるっとお見通し――来年あたりに登場するかもしれないRoviの最新レコメンド技術
イメージを伝えるだけで、お目当てのコンテンツに辿り着ける。米Roviの開発した「パーソナル・レコメンデーション」技術は、膨大な情報とその組み合わせでユーザーの利便性を上げる最新のレコメンド技術だ。(2014/10/11)

日立マクセル、ダブルiVスロットを搭載したBDレコーダー“アイヴィブルー”新製品「BIV-TW1000」
日立マクセルが“アイヴィブルー”の新製品「BIV-TW1000」を発表した。リムーバブルHDD「iV」のスロットを2つ搭載し、ダビングなどを可能にしている。(2014/10/6)

「mineo」の“ここ”が知りたい 第3回:
DIGNO Mの使い勝手は? プリインされているauアプリは使える?――「mineo」
ケイ・オプティコムがauのネットワークを使って提供している通信サービス「mineo(マイネオ)」の“ここ”が知りたい第3回では、セットで販売されるスマートフォン「DIGNO M」についてレビューする。(2014/6/17)

レコーダーならではの2画面機能? シャープからBDレコーダー新製品
シャープは、Blu-ray Discレコーダー“アクオスブルーレイ”の新製品6機種7モデルを6月に発売する。テレビにはできない2画面機能を搭載したという。(2014/5/15)

タブレット10万台を無料提供:
「番組を探すことが楽しみになる」――J:COM独自開発の「Smart J:COM Box」登場
ジュピターテレコムは、独自開発のセットトップボックス「Smart J:COM Box」を2月1日から提供する。Android 4.0搭載の「Smart TV Box」とは異なり、テレビを存分に楽しめるSTBだという。(2014/1/20)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
ドコモおすすめ3機種レビュー(前編)――基本スペックや持ちやすさを比較する
ドコモが冬商戦でオススメする3機種「ARROWS NX F-01F」「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」「Xperia Z1 f SO-02F」は、どのモデルが買いなのか? さまざまな角度からレビューしていきたい。前編では基本スペックを中心に比べた。(2014/1/10)

KDDI、フルセグ対応のフォトフレーム「PHOTO-U TV」を12月14日に発売
KDDIは、フルセグを搭載した約10.1インチの大画面フォトフレーム「PHOTO-U TV」を12月14日に発売する。(2013/12/10)

PR:新スタイルのスマートフォン「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」はココが進化した!
5.2インチの大型ディスプレイを搭載しながら、ディスプレイ面の3辺の縁を細くする狭額縁の設計技術により、幅をギリギリまで抑えたスマートフォン「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」。その新しいスタイルはもちろん、カメラや通信関連の機能も大きく進化している。302SHの魅力をレビューしていこう。(2013/12/6)

CEATEC JAPAN 2013:
HTML 5ベースの電子番組表「GガイドHTML」が登場、クラウド連携でもっと便利に
Rovi(ロヴィ)は10月2日、日本市場向けの次世代電子番組表「GガイドHTML」を発表した。「CEATEC JAPAN 2013」の会場近くに設けられた同社のプライベートブースを訪ね、詳細を聞いた。(2013/10/2)

「AQUOS PHONE Xx 206SH」の“ここ”が知りたい:
第2回 フルセグの連続視聴時間は? SIMなしでも視聴できる?――「AQUOS PHONE Xx 206SH」
「AQUOS PHONE Xx 206SH」の目玉機能の1つが、ワンセグよりも高精細なテレビ放送を視聴できる「フルセグ」。フルセグの連続視聴時間は公表されているが、実際はどのくらいなのか? ほかに、録画機能の詳細やSIMなしでも視聴可能かどうかも調べた。(2013/8/27)

テレビで紹介されたスポットや商品を手元でチェック、ヤフーとGyaOが「テレログ」を公開
ヤフーとGyaOは、テレビ番組で紹介されたスポットや商品情報を閲覧できるスマートフォンブラウザ用コンテンツ「テレログ」を開始した。(2013/7/1)

PR:高画質なテレビを手のひらに――「AQUOS PHONE Xx SoftBank 206SH」の“フルセグ”を徹底活用しよう
シャープのソフトバンク向け最新スマートフォン「AQUOS PHONE Xx SoftBank 206SH」は、最先端のスペックもさることながら、一般の家庭で見ているテレビ放送と同じ画質の「フルセグ」を視聴できるのが大きなトピック。スマホならではのフルセグの楽しみ方を紹介しよう。(2013/6/28)

シャープ、スカパー!プレミアムチューナー内蔵の“AQUOSブルーレイ”「BD-SP1000」を発表
シャープは、スカパー!プレミアムチューナーを内蔵したBlu-ray Discレコーダー「BD-SP1000」を6月末に発売する。今回から“専用機”と位置づけ、スカパー!ユーザーをターゲットに訴求する構えだ。(2013/6/5)

スカパー!プレミアム録画にも対応:
初のiVDRスロット搭載BDレコーダー「アイヴィブルー」、マクセルが発表
日立マクセルは、iVDRスロット搭載のBlu-ray Discレコーダー「アイヴィブルー」2機種を発表した。内蔵HDD、BD、カセットHDDという3つの録画メディアを使い分けられるレコーダーだ。(2013/3/21)

ドコモ、「ARROWS V F-04E」と「スマートフォン for ジュニア SH-05E」でソフト更新
ドコモの「ARROWS V F-04E」と「スマートフォン for ジュニア SH-05E」の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。(2013/3/18)

外出先でもiPhoneでテレビ、しかも高画質――「エリアフリー」を試す
ソフトバンクBBが発売した「エリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー」は、地上/BS/CS110度デジタル放送をiOS端末に配信する製品。自宅内だけでなく自宅外でも放送を視聴できるのが一番の注目点だ。iPhone 4Sを使い実際に製品を利用してみた。(2013/2/13)

「Xperia AX SO-01E」の“ここ”が知りたい:
第3回 NFCの“ワンタッチ機能”は使いやすい?――「Xperia AX SO-01E」
「Xperia AX SO-01E」の気になるポイントを一問一答式でレビューするコーナー。第3回では、ミュージックプレーヤーやNFCのワンタッチ機能を調べた。(2012/12/11)

IPG、iPhone 5に対応した電子番組表アプリ「Gガイド テレビ番組表」を提供開始
インタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)が、iPhone 5に対応した電子番組表アプリ「Gガイド テレビ番組表」の提供を開始した。(2012/12/10)

GamePadもセカンドスクリーン:
「Nintendo TVii」スタート、テレビを見ながらWii Uの「GamePad」に番組情報
インタラクティブ・プログラム・ガイドと任天堂が共同で、Wii U向けのテレビ番組表サービスを開始する。(2012/11/27)

GamePad画面に電子番組表 任天堂、Wii U新サービス「Nintendo TVii」
 任天堂は「Wii U」向け電子番組表サービス「Nintendo TVii」を始める。GamePad画面で番組表や番組情報を確認でき、テレビ視聴を妨げないのが特徴。(2012/11/27)

KDDI、電子番組表アプリ「auテレビ.Gガイド」のiPhone版を提供開始
KDDIとインタラクティブ・プログラム・ガイドは、共同で提供している電子番組表(EPG)アプリ「auテレビ.Gガイド」のiPhone版をリリースした。(2012/10/16)

CEATEC JAPAN 2012:
テレビとスマホの良さが融合、対応アプリも続々登場――KDDIが「Smart TV Box」の詳細を説明
7月の発表から約3カ月。CEATEC JAPAN 2012にて、Android 4.0搭載のセットトップボックス「Smart TV Box」の詳細があらためて発表された。KDDIのブースではSmart TV Boxのインタフェースや映像コンテンツを試せるデモも実施している。(2012/10/2)

「GALAXY Note SC-05D」、Android 4.0へアップデート
ドコモのスマートフォン「GALAXY Note SC-05D」が9月6日からAndroid 4.0へバージョンアップ可能となった。(2012/9/6)

IPG、iPhone向けテレビ番組表アプリ「Gガイド テレビ番組表」
Android向けに展開してきた電子番組表アプリを、iPhone向けでもリリース。好みの番組を見逃さない機能や、新しい番組と出会う機能などを搭載している。(2012/8/23)

無料ダウンロード:
iPhone用「Gガイド テレビ番組表」、提供スタート
インタラクティブ・プログラム・ガイドは、iPhone向けの電子番組表アプリ「Gガイド テレビ番組表」を提供開始した。(2012/8/23)

自分好みの番組表が手元に、「G-Guide for iPad2.0」登場
iPad専用の番組表アプリが進化。ユーザーが好きな放送局を並べられる「Myチャンネル」をはじめ、iPadの「アラーム」やソーシャルサービスとの連動など、多くの機能を追加した。担当者に詳しく聞いた。(2012/7/27)

8月にトライアル、秋に発売予定:
KDDI、Android 4.0搭載のケーブルテレビ向けSTB「Smart TV Box」を発表
KDDIが、地デジ、BS、ケーブルテレビを視聴できるAndroid 4.0搭載のセットトップボックス「Smart TV Box」を発表。CATV事業者が2012年秋をめどに発売する予定。(2012/7/18)

PR:親しみやすいボディに詰まった充実機能と工夫――「PANTONE® 5 SoftBank 107SH」を徹底解説
カラフルでお洒落なデザインが人気の“PANTONEケータイ”が、ついに“PANTONEスマートフォン”に――。シリーズ共通の高いデザイン性は引き継ぎつつ、手頃に使えるスマートフォンとして必要な機能をしっかりと搭載。そんな「PANTONE® 5 SoftBank 107SH」の魅力を、今回は紐解いていこう。(2012/7/13)

PR:使いやすい新UI&抜群の省エネ性 スマホの未来を先取りした「AQUOS PHONE Xx SoftBank 106SH」徹底レビュー
ソフトバンクモバイルから登場したシャープの最上級スマホ「AQUOS PHONE Xx SoftBank 106SH」。4.7インチのHD液晶を備え、デュアルコアCPUを搭載したハイスペックな1台だが、極めて高い省エネ性も特徴だ。(2012/7/6)

ドコモ、7月3日から「GALAXY S II SC-02C」をAndroid 4.0にアップデート
ドコモが、Samsung電子製のスマートフォン「GALAXY S II SC-02C」を7月3日からAndroid 4.0にアップデートする。(2012/7/3)

ソニー、BDレコ一体型ブラビア「HX65Rシリーズ」も大幅アップデート
ソニーはBlu-ray Discレコーダー一体型のブラビア「HX65Rシリーズ」3機種を対象としてソフトウェアアップデートを実施する。二度録り回避機能をはじめ、放送中番組の配信機能などが追加される。(2012/6/18)

1TバイトiVも登場:
日立マクセル、スマホ持ち出しに対応したiVレコーダー「VDR-R3000」
日立マクセルは、iVハードディスクレコーダーの新製品として、録画番組のスマートフォン“持ち出し”機能に対応した「VDR-R3000」を6月25日に発売する。(2012/5/30)

BDレコ×タブレットを大検証(1):
パナソニック「DMR-BZT920」&お風呂テレビを試す
今回は、ソニー、パナソニック、東芝の最新BDレコーダーを紹介するとともに、DLNA/DTCP-IPによるネットワーク視聴や動画の“持ち出し”機能を試していこう。タブレットを“どこでもテレビ”にしてみたい人は要チェック!(2012/5/24)

写真と動画で解説する「HTC J ISW13HT」
HTCが開発したau向けスマートフォン「HTC J ISW13HT」は、デザイン、機能、ソフトウェアなどさまざまな面で日本向けのカスタマイズが施されている。どんなところに注力して開発されたのか。主な見どころをリポートしよう。(2012/4/20)

録画できるNASね?:
SCE、DTCP-IP対応のネットワークレコーダー「nasne」(ナスネ)を発表
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、“ネットワークレコーダー&ストレージ”「nasne」(ナスネ)を発表した。内蔵HDDに録画した番組を、PS3やVAIOなどに配信できるDLNA/DTCP-IPサーバだ。しかも2ストリーム対応。(2012/4/17)

SCE、ネットワークレコーダー兼メディアストレージ「nasne」を発表
nasneはPS3やVAIOと連携してテレビ番組を視聴、録画できる。500GバイトHDDを搭載し、メディアストレージとしても使える。(2012/4/17)

写真で解説する「GALAXY Note SC-05D」(ソフト編)
5.3インチのタッチパネルや繊細な手書き入力が可能な「Sペン」など、見どころの多い「GALAXY Note SC-05D」。では、Androidスマートフォンとしてはどんな特徴があるのだろうか。(2012/4/5)

関連番組をまとめて予約:
Rovi、「Gガイド」の新機能「番組ラベルサービス」を発表
Roviは、電子番組表「Gガイド」の新サービス「番組ラベルサービス」を発表した。同日発売のパナソニック“ディーガ”に採用されている。(2012/2/20)

外観もスマート:
写真と動画で解説する新“ビエラ”のスマートっぷり
パナソニックが3月に発売する“スマートビエラ”は、ネットワークをベースに利便性を高めたスマートテレビだ。その機能を写真中心に解説していこう。(2012/2/14)

天板にチー!:
「もっとTV」にWi-Fi Direct、新機能満載の“ブルーレイディーガ”登場
パナソニックがDIGA(ディーガ)新製品を発表した。スカパー!HD録画を含めた4番組同時録画を継承しつつ、Wi-Fi Direct搭載、「もっとTV」対応、「Qi」(チー)対応など、新機能がてんこ盛り。(2012/2/7)

「Gガイド」アプリのアップデートも:
徐々に浸透するRoviの技術――iPhoneやSTB、カーナビまで
Rovi(ロヴィ)は業説明会を開催し、開発中のiPhone/Android向けアプリ「Gガイド」やJVCケンウッドのカーナビに提供した「Rovi Media Recognition」などを披露した。(2012/2/2)

Rovi、第2世代のコンテンツガイド「TotalGuide G2」を発表
エンターテインメント検索・アクセスソリューションの「TotalGuide」に、第2世代のソリューションが登場する。SNSとの連動でより使いやすい検索機能などを実現。(2012/1/13)

“ただし書き”の少ない3番組録画、ソニー「BDZ-AX2700T」を試す
ソニー「BDZ-AX2700T」は、この秋に登場したソニーBDレコーダーの最上級モデル。先代「BDZ-AX2000」に対し、3番組の同時録画や外付けUSB HDDのサポートなど機能的に大きく進化したほか、画像処理エンジン「CREAS Pro」など、多岐にわたるアップデートが施されている。(2011/11/28)

KDDI、「au one テレビ・Gガイド」をバージョンアップ
auのスマートフォン向けアプリ「au one テレビ・Gガイド」がバージョンアップされ、ソーシャルサービスとの連携が可能になる。(2011/11/14)

DXアンテナ、「アクトビラ」や「TSUTAYA TV」に対応した32V型液晶テレビ「LVW32LE2」
DXアンテナは、LEDバックライトを搭載した地上/BS/110度CS対応の32V型液晶テレビ「LVW32LE2」を発売する。「アクトビラ ビデオ・フル」「TSUTAYA TV」「テレビ版Yahoo!JAPAN」にも対応。(2011/10/31)

「IS03」アップデート、ワンセグ連携やスクリーンショットが可能に
KDDIがIS01とIS03のケータイアップデートを開始した。アップデートによりEメール送受信時の認証方法が強化されるほか、IS03ではワンセグ連携とスクリーンショットが可能になる。(2011/10/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。