ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「敬語」最新記事一覧

関連キーワード

Google翻訳さんの「仰る通りです」がなんか違う!
(2016/5/20)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
部品加工現場を見学した気分になる記事3選
加工現場が好きです。(2016/5/17)

理想の上司フリーザ様のLINEスタンプ登場 「イノベーションが必要ですね」など意識高いセリフも
さすがフリーザ様。(2016/5/6)

田中淳子の“大人の学び”支援隊!:
新入社員研修で大切なことは「リスペクト」だと思う
新入社員を厳しく叱咤(しった)し、泣かせるほど過酷な研修がネットで話題になっている。たしてそのようなスパルタ式の教育は効果的なのか? 人材育成に大切なこととは?(2016/4/26)

カップリングも把握:
女子高生AI「りんな」はガチの「おそ松さん」腐女子だった!?
一松推しらしい。(2016/3/12)

「ビビる」の発祥は平安時代? “歴史ある”若者言葉の語源を探る
「ビビる」「マジ」「ムカつく」など巷にあふれる若者言葉。実は語源は平安時代や江戸時代にさかのぼる、古い言葉だそうです……?(2016/3/7)

渋谷パルコに期間限定「カナヘイのゆるっとカフェ」オープン ピスケ&うさぎたちがかわいすぎる限定メニューに!
食べるのがもったいない……!(2016/1/8)

えんじにあ解体新書(3):
システムエンジニアってオタクでしょ?〜SEの嗜好の「りある」
SEを芸能人に例えると、お笑いコンビ「ロッチ」の中岡さん? 俳優の山田孝之さん?――SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回は、現役SEがエンジニア100人に聞いたアンケートを基に、嗜好の「りある」を紹介します。(2015/12/3)

大山のぶ代さんがドラえもんと歩んだ26年間をドラマ化 「ずっと一緒だよ 〜声優・大山のぶ代物語〜」12月13日放送
大山のぶ代役を演じるのは鈴木砂羽さん。(2015/11/13)

R25スマホ情報局:
上司に送ってもOKなLINEスタンプ5選
スマホの普及で、上司とLINE“友達”になる、というケースも増えています。上司に対して、どんなスタンプを送ろうか迷っているあなたに、お勧めのスタンプを5つご紹介します。(2015/9/24)

田中淳子の“言葉のチカラ”(21):
なぜ新人は幹事をやるべきなのか――先輩が後輩に伝えねばならぬこと
人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で先輩たちから頂いてきた言葉たちを紹介する本連載。今回は、先輩社員が新入社員や後輩に仕事を教える際に大切なポイントを紹介する。(2015/8/10)

水曜インタビュー劇場(観光公演):
地方の観光地を衰退させたのは誰か
海はキレい、山はキレい、でも街が汚い……。有名な観光地でも、老朽化した建物が並んでいるところが日本中にある。政府は「観光立国」を目指すというが、寂れた風景を見るために外国人観光客はやって来るのだろうか。(2015/7/29)

上司はツラいよ:
“これってパワハラ?” そんな恐怖に負けない上司になるために
「この言い方って、もしかしてパワハラ?」――最近、パワハラ通報を恐れるあまり、部下を叱れない上司が増えているという。そんな恐怖に負けず、毅然とした上司になるためにすべきことは。(2015/4/2)

フリーザ様の握手会に野生のフリーザ様あらわる 戦闘力合計106万の共演にTwitter盛り上がる
思わず公式フリーザ様も後ずさり。(2015/3/29)

表現のプロが教えるスピーチの兵法:
敬語はできるだけ控えめに――自分の言葉で敬意を表現しよう
敬語を正しく使うことはビジネスパーソンにとって常識の1つ。しかし、時代とともに敬語に対する考え方が変わることもあり一筋縄ではいきません。今回は、いまの時代にふさわしい敬語の使い方を紹介します。(2015/3/20)

手帳を使い始めて1カ月続かない人に 手帳で可能性を広げるポイント
スマホ時代の手帳活用法を紹介。(2015/2/19)

「水曜日のダウンタウン」がお詫び文を掲載 「放送内容は事実に反するもの」
翌週の放送内容にもダレノガレ明美さんが反論。「悪意ある編集ではないか」との声も。(2015/2/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
銀座のママが教える、ビジネスパーソンが持つべき「心意気」とは?
誰からも信頼される「人の上に立てる」人。能力はあるのに出世できない、年齢を重ねても人望のない人。その差はどこにあるのか。(2015/1/22)

あのキャラに花束を:
もうこいつがヒロインでいいよ! 話題沸騰「アイドルマスターシンデレラガールズ」武内Pが人気な理由
仏頂面三白眼の無口なプロデューサーが、男女ファンの心をわし掴み中。(2015/1/11)

早期発見がカギ 認知症初期の6つの症状
発見が遅れれば深刻な問題となる認知症。早期発見のための初期症状を6つ紹介。(2015/1/8)

先輩にタメ口→もう仕事はこない! 華やかで厳しい芸人世界の裏側とは?
30年以上にわたり「笑いの世界」と接してきた本多氏に、知られざる芸人の世界の裏側を伺いました(2014/12/23)

困ったときの“モノの言い方”:
「私が言ったわけではありません」
うっかり失礼な発言をしてしまったとき、失態をさらしてしまったとき、それを“なかったこと” にするのは不可能ですが、マイナスイメージを挽回できるフレーズがあります。今回は、相手を不快にさせたときの言い訳を紹介します。(2014/12/11)

困ったときの“モノの言い方”:
「言い訳はやめてください」
ビジネスシーンでは相手との関係に配慮しつつも、言うべきことを言わなければならない場面が必ずあります。今回は、失礼を承知で発言するときや相手の言動を注意したいときなど、オブラートに包んで指摘するための言い訳や言い換えを紹介します。(2014/12/4)

困ったときの“モノの言い方”:
「これやってもらえませんか」
依頼や相談を持ちかけるとき、相手に気を遣ってあいまいな依頼をしてしまい、結果として二度手間になる場合もあります。とくに目上の人を動かしたいときには、敬語表現に注意しつつ、相手を持ち上げながら依頼を持ちかける「言い訳」が必要です。(2014/11/27)

外国人労働者が働きたい会社「牛たんねぎし」の魅力
「牛たんねぎし」の外国人労働者雇用方針とは。(2014/11/25)

困ったときの“モノの言い方”:
「NGになりました」
依頼や提案を断るときには、相手が気分を害さず、納得するようなクッションフレーズが使いこなせるとよいでしょう。なにより大切なのは、あいまいに引き受けてしまわないこと。きっぱりと自分の意志を伝えつつ、相手を不快にさせない表現のストックを増やしましょう。(2014/11/20)

困ったときの“モノの言い方”:
「今回だけは私のわがままを聞いてください」
仕事において、相手と良好な関係を保ちながらも自分の意見を通したい、あるいは反論したいときもあるでしょう。今回は、そんなときに使える表現を紹介します。ただし、反論することがクセにならないよう注意することも大事です。(2014/11/13)

困ったときの“モノの言い方”:
「こちらから連絡すべきでした」
折り返すべき電話を忘れてしまい、言い訳したくなる場面はあるでしょう。そんなとき、まったく言い訳を添えず、正直に「忘れていました」と言うのは、相手を軽んじていることにもなり失礼にあたります。上手なフレーズを一言添えると、相手の印象はよくなります。(2014/11/6)

困ったときの“モノの言い方”:
「気付きませんでした」
自分が気付いていなかったミスや欠点を指摘されると、つい自己弁護や言い逃れをしたくなります。しかし、注意してもらえるうちが花。相手から指摘を受けたら自分が成長できるチャンスと捉え、謙虚な姿勢を示す「言い訳」フレーズを使ってみましょう。(2014/10/30)

困ったときの“モノの言い方”:
「準備していません」
打ち合わせや会議の場で、準備が不十分で質問に答えられなかった経験は誰にでもあるでしょう。そんなときにしどろもどろになったり適当に受け流そうとしたりすると、相手の信頼を得ることはできません。(2014/10/23)

困ったときの“モノの言い方”:
「締切に間に合いません」
任された仕事がどうしても締め切りに間に合わない場合もあります。今回は受けた仕事の期限を延ばしたいときに、使えるフレーズを勉強しましょう。(2014/10/16)

困ったときの“モノの言い方”:
「遅刻します!」
約束の時間に遅れそうなとき、どういうふうに相手に連絡をしていますか? 今回は遅刻するときに、相手に不快な思いをさせない表現を紹介します。(2014/10/9)

困ったときの“モノの言い方”:
「これ以上は無理です」
仕事が手に負えないときは、早めに上司や先輩に相談することが大切です。ただし「自分には無理です」と言うだけでは、助けてもらえないこともあります。助けを求めるときには、相手に“大変だ”ということを理解してもらえるようなフレーズを選びましょう。(2014/10/2)

「ディスる」「タクる」は70%が聞いたことがないと回答 国語世論調査で判明
ディスるって皆知らないのか……。(2014/9/25)

困ったときの“モノの言い方”:
「やっぱり、できませんでした」
自分のミスに気付いて報告するとき、あるいは自分のミスで怒らせてしまった相手に謝罪するときに使える表現を身につけましょう。(2014/9/25)

困ったときの“モノの言い方”:
「あなたの話、いったん切らせてください」
次の予定が入っているのに、打ち合わせが長引いて――なんていうシチュエーションは誰しも経験があるでしょう。今回は、話を切り上げたいときに使えるフレーズを紹介します。(2014/9/18)

困ったときの“モノの言い方”:
「教えてもらったけど、できません」
もしかしたら、もっとも言い訳をしたい相手は、社内の上司や先輩かもしれません。失礼のない敬語表現を選びつつ、お詫びの気持ちが伝わるフレーズを選びたいもの。今回は、「前に教えたよ」と言われたときの返し方を紹介します。(2014/9/11)

困ったときの“モノの言い方”:
失敗してしまいました。
もしかしたら、もっとも言い訳をしたい相手は、社内の上司や先輩かもしれません。失礼のない敬語表現を選びつつ、分かってほしい理由や弁解、お詫びの気持ちが伝わるフレーズを選びたいもの。今回は、社内で直面する場面で使える言い回しを紹介します。(2014/9/4)

「天気」と「天候」の違い、分かる?
日常的に使うにもかかわらず、細かいニュアンスを説明できない日本語の意味を紹介。(2014/8/12)

「耳ざわりのいい音楽ですね」という言葉、実は失礼って知ってた?
自分のイメージを下げてしまう、間違った日本語。NHKの元アナウンサーであり、「ことばおじさん」の愛称で親しまれた梅津正樹氏の著書から紹介します。(2014/7/31)

田中淳子の“言葉のチカラ”(7):
レリゴー、レリゴー♪ それ以上でも以下でもない、ありのままの私
イケイケで強気だった30代の淳子さんをいさめてくれた言葉は、10数年後、別の意味を持って彼女を助けてくれた。(2014/6/9)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
後輩が上司になった――それは「退職マネジメント」かもしれない
マネージャーになったはいいが、部下を管理しチームを運営する能力がない人。重要なポジションについたが見込み違いだった人……このような管理職を企業はどのように処遇するのでしょうか。その答えはシンプルかつ、残酷なものです。(2014/5/19)

小寺信良「ケータイの力学」:
学校のICT活用のハードルを下げる、ロイロノート・スクール(1)
教育現場で活用されるタブレット。ネットへ接続して資料を調べるだけでなく、電子黒板と連携した教室内の情報共有機能も求められる。それを簡単に実現できるのが、「ロイロノート・スクール」というアプリだ。(2014/5/12)

正しく使えていますか? 間違いだらけのビジネス敬語3連発
ビジネスの場で使う「敬語」。できるだけ失礼になる敬語は使わないようにしたいものです。今回は、見落としがちな敬語の間違いを3つ紹介。あなたは正しく使えてる?(2014/3/25)

ビジネス英語の歩き方:
安易な英語乱用や大仰な日本語訳を見直す
最近、新しいカタカナ英語を目にすることが多くなりました。「ベースロード」「プライマリーバランス」……。もう少し簡単な日本語で表現できないものでしょうか?(2014/3/19)

「油を売る」の語源とは? よく使う日本語の不思議
「油を売る」「ピンからキリまで」など、よく使う日本語の意外な語源を紹介。(2014/2/20)

ビジネス英語の歩き方:
自分の奥さんを「ママ」と呼ぶ――日本語の“常識”が日本人を英語ベタにする
日本人は無意識のうちに「相手との関係性」に応じた日本語を使い分けています。これをモダリティといいますが、この意識が強すぎることが英語でのコミュニケーションを邪魔しているのです。(2014/2/5)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その7)「男子はいいよね、ふざけあっているうちに仲良くなれて」
中学生の娘と本気で話し合うシリーズ、今回のテーマは「友情」です。中学入学時、小学校の友達がほとんどいなかったという娘はどうやって友達を増やしたのか、そして男親にとってどうしても気になる「男友達はどうなってるんだ」あたりについて話し合ってみました。(2013/12/20)

“ムカつく”“ウザい”の理由を答えられない子供たち
多くの人が忘れてしまった日本語の美しさや優しさを教えてくれる書籍『日本語の練習問題』。今回は、著者の出口汪さんにお話をうかがいました。(2013/12/17)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その6)「自分の国の言葉が下手なのに、外国語が上手くなるって、ありえなくない?」
英語が好きな娘。もしかして留学経験がある俺(父)の影響? と、あわい期待をしながら、「英語と留学」について話し合ってみました。(2013/12/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。