ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「岡崎宏司のクルマ DE トリップ」最新記事一覧

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
優しさ、鋭さ、激しさ、そして美しさ――マクラーレン MP4-12C
マクラーレンMP-4 12Cは、スーパースポーツカーの新たな歴史を切り開こうとしています。かといって、腕に覚えのある人しか近づけない……、そんな偏ったスポーツカーでもありません。(2013/6/3)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
BMW 3シリーズ、数多くのバリエ−ション展開が魅力的
最近のBMWの進化、進歩には素晴らしいものがあります。それは、BMWの屋台骨を支える3シリーズにもむろん当てはまります。(2013/4/1)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
レクサスISプロトタイプをロサンゼルスで試乗
次期レクサス ISのプロトタイプ試乗会がロサンゼルスで行われました。「国際試乗会」であり、さまざまな国から多数のジャーナリストが招待される異色ずくめな試乗会です。(2013/2/1)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
「本物の騎士」を想起させるBMW 640i グラン クーペ
最近のBMWは本当にカッコいい。特に6シリーズは、カブリオレもクーペもいいのですが、「その上をいく!」と思ったのがグラン クーペです。(2012/12/10)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
上質な仕上がりはさすが、アウディ A1スポーツバック
A1 Sportback――いかにもアウディらしいオシャレぶりですね。4枚のドアを持つスポーツバックは、2ドアのA1よりも大きく見えます。(2012/11/12)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
マツダ CX-5、ディーゼルと4WDの組み合わせに大満足
4WDとディーゼルエンジンを組み合わせたこのモデルは、走りもいいし、快適性も高いし、燃費もいいし……と3拍子揃っていたのです。(2012/10/16)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
スバル レガシィ B4 DIT、その走りの実力は一級品
2リッターの水平対向4気筒直噴ターボエンジンは非常に強力です。当然ですが、その速さはハンパなものではありません。かなり攻め込んでも素直な身のこなしは破綻しません。(2012/10/5)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
都会が似合うSUV、レンジローバー イヴォーク
レンジローバーを名乗る以上、オフロード性能に一級のものをもっているのは当然ですが、イヴォークから「土の匂い」はまったくしません。イヴォークがもっとも似合うのは都会です。(2012/9/4)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
ちょっと怖いくらいにタフ「BMW X6 M」
BMW X6 Mは、見るからにタフそうです。それもハンパじゃありません。しかし、粗さは感じさせず、身のこなしも乗り味も上質に仕上がっているのです。(2012/8/17)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
フェラーリFF、とても新鮮に感じるシューティングブレーク的ルックス
今までにも4シーターのフェラーリはありました。でも、「まともに4人乗れる「4シーター」はこれが初めてです。(2012/7/2)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
トヨタ86、FRスポーツに興味があるなら試乗すべきクルマ
日本車では、久しぶりの本格派後輪駆動スポーツ車「トヨタ 86」の仕上がりは素晴らしい。FISCOや一般道で乗りましたが、ほんと、楽しいクルマです!(2012/6/15)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
売れて当たり前、人気車になって当たり前――トヨタ アクア
アクアのインプレッションは、端的に言ってカッコいいし、気持ちよく走るし、運転はしやすいし、燃費はいいし……。日常的にはまったく力不足を感じません。(2012/5/28)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
「スポーツ」の名に恥じないパフォーマンスの持ち主――スイフトスポーツ
「小粒だが、ピリリと辛い」そんなたとえが当てはまります。コンパクトなスポーツ車を探している方、ぜひ、一度ステアリングを握ってみてください。(2012/4/16)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
マツダ RX-8の最終モデル「SPIRIT R」――高回転域での滑らかな回転感はロータリーならでは
マツダのラインアップから、ロータリーエンジン車が姿を消すことに。でも、マツダがロータリーをやめることは考えられません。一時的に姿を消すだけのことだと思います。(2012/4/2)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
ローマで出合った、名前も知らないマイクロカー
smartと初代チンクェチェントを除く4台は、どれも僕の知らないクルマばかりです。ローマの人に聞けば分かるのでしょうか?(2012/3/21)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
ローマで見かけたsmartならではの駐車必殺技
smartって、ほんとうに表情豊かなクルマですね。表情豊かという点ではローマは世界でも有数の街ですが、そんなローマの街にもまったく負けていません。(2012/3/12)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
世界でいちばん多く「smart」を見かける街、ローマ
欧州の大都市では、smartはもはや珍しい存在ではありませんが、それにしてもローマでの活躍ぶりは、断然ほかをリードしています。ローマで撮ったsmartの表情を紹介します。(2012/2/21)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
BMW Japan 30周年記念イベントレポート、MINI編
2011年末に千葉県にある袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで開催されたBMW Japan 30周年記念イベント。今回はMINI編を写真でレポートします。(2012/1/24)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
BMW1シリーズをサーキットで試乗、素晴らしい実力の持ち主
BMWの日本法人設立30周年記念イベントに参加しました。新型1シリーズにサーキットで試乗できるというプレゼントもあるイベントでした。(2012/1/12)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
欧州のライバルたちを抜いた? レクサスGS F SPORTSプロトタイプ
過日、富士スピードウェイでプロトタイプの試乗会がありましたが、構内の一般通路、特殊路、そして本コースで、新型GSの実力の高さを十分体験できました。(2011/12/15)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
全身に光と風を浴びて……満足度が高いベンツ SLK
ほんの少しボディサイズが大きくなったベンツSLK。にもかかわらず「SLにも負けない!」くらいの強い存在感を抱きます。オープンエアモータリングは、ほんとうに気持がいいですよ。(2011/12/2)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
間違いなく“ポルシェの走り”を楽しめる「カイエンS ハイブリッド」
ポルシェのハイブリッドカーはカイエンからスタートしました。モーターと組み合わせたことで、システム最高出力/最大トルクは、380馬力/580ニュートンメートルにまで引き上げられています。(2011/11/9)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
レクサスLFAで横浜の街を走ったら?
みなとみらい地区のホテルを拠点に横浜の街をLFAで走りました。今日の報告は「街乗りでどうだったか?」にのみ焦点を当てます。(2011/10/25)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
日産リーフと2週間を過ごして
世界初の本格的量産EV「日産リーフ」に7月中旬から8月頭まで試乗しました。今回の長期試乗を通じて、いちばん「ひどい!」と思ったのは……。(2011/10/3)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
フェラーリに捧ぐ「アバルト 695 トリブート フェラーリ」
アバルトとフェラーリの名を同時に名乗ってしまった「アバルト 695 トリブート フェラーリ」。アバルトだって熱狂的なファンを持つブランドですから、フェラーリってやっぱり特別中の特別なんでしょうね。(2011/9/20)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
乗り味、走り味を上質に仕上げた「プリウスα 7人乗り」
プリウスαは、僕の目には従来型よりカッコよく見えます。しかし、外見的には5人乗りも7人乗りも同じですが、中身は大きく異なっています。(2011/9/5)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
ガヤルドがベイビーだなんて、そんな……!
「ガヤルド LP560−4」は「ベイビー・ランボ」と呼ばれている。5.2リットル560馬力のV10を積んでいるのに……だ。今回は「ガヤルド LP560−4 スパイダー」を試乗。(2011/7/19)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
タフなクルマ――SLRマクラーレンロードスター
2007年に登場したSLRマクラーレンロードスターは、ハンパな気持では付き合えない「タフなクルマ」だ。助手席に女性は招かない方がいい……。(2011/6/27)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
「弾けるような」走りと速さ――メルセデス・ベンツSLS AMG
メルセデス・ベンツ 300SLから「ガルウイング」というアイコンを受け継いだSLS AMG。スーパースポーツカーとして、徹底的に基本性能にこだわっています。(2011/6/13)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
陶酔の世界が待ち受けている「フェラーリ458イタリア」
スペックを告げられると、「俺じゃ運転できない!」と思ってしまうかもしれない。しかし、ATモードで町を流せば、乗り心地もよくリラックスできる。もちろん「戦闘モード」にスイッチオンすると……。(2011/6/1)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
ルノー・メガーヌRS、「ホットハッチ」の呼び名がふさわしい
ルノー・スポールは、本当に刺激的なクルマを送り出してきます。メガーヌRSもハンパな気持ちでは付き合えない……そんなインパクトがあります。(2011/5/9)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
“速さ”には何の不満もない「フィアット500TwinAir」
搭載するのは排気量875ccのターボ付き2気筒エンジン。2気筒といえば、心配なのは音と振動ですが、これにはバランスシャフトで対応しています。(2011/4/9)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
カッコよさも目立ち度も満点――トヨタ FJクルーザー
「こんなカッコいいクルマ、どうして日本で売らないのだろう」見るたびにそう思っていたFJクルーザーが国内でも発売になりました。環境に優しいクルマとはいえませんが、こんなクルマもアリです。(2011/2/7)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
Smart edは、「2台目のクルマ」として魅力的
SmartのEV版「Smart ed」。市販に向けて国内で実証テストを行うことが正式に発表されました。新しい時代のクルマは「それらしく斬新で、スタイリッシュでなければ……」と思っているのですが、Smart edはその条件を満たしています。(2011/1/6)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
プリウス プラグインハイブリッドと2週間を過ごして
PHV(プラグインハイブリッド)車を次世代を担うクルマの第一候補に挙げる専門家は少なくありません。最近、そんなPHV車に乗りました。プリウスPHVのプロトタイプ車です。(2010/11/1)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
シンプルにカッコいい!―ホンダ CR-Z
いろいろなものが均質化する方向に向かっているいま、われわれ消費者がもっとも望むものは、心地よい使い勝手と心惹かれるデザインでしょう。ホンダCR-Zにはそれがあると僕は思っています。(2010/8/5)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
カッコいいルックスと使いやすいサイズ感――三菱RVR
8年ぶりに復活した三菱RVR。クロスオーバーが続々登場している中で、“元祖”となる3代目RVRは乗用車とSUVとのクロスオーバーになった。先代とキャラクターに違いがあっても、違和感は見当たらない。(2010/7/2)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
フランクフルトのポルシェたち
いかにもデキそうなビジネスマンが、タイは着けたまま、スーツの上着だけ脱いで、ダーク系911のステアリングを握る……。相当、カッコいいです。(2010/5/31)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
小手先だけのチューニングではない新型ゴルフR
自動車ジャーナリスト・岡崎宏司氏がフォルクスワーゲン「ゴルフR」をチェック。新型ゴルフRは、本格派のスポーツハッチです。(2010/5/10)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
仕上がりがいい、トヨタ マークX
自動車ジャーナリスト・岡崎宏司氏がトヨタの新型「マークX」をチェック。ルックスも走りも、非常に高い点数を付けています。(2010/1/8)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
レクサス待望のヒット作「HS250h」の魅力を探る
レクサス初のハイブリッド専用車で、販売も好調な「HS250h」。高級車らしい塗装の美しさや遊び心のあるインテリア、パワフルな走りを、自動車ジャーナリスト・岡崎宏司氏がチェックしました。(2009/10/8)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
ルックスの洗練度、インパクトはなかなか――ボルボ XC60
自動車ジャーナリスト・岡崎宏司氏が担当する本コラム。3回目のテーマは、デザインの洗練度を増したボルボ XC60。エクステリア&インテリアを中心に、その魅力を紹介します。(2009/9/17)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
そのクルマ、人気につき――3代目プリウスの魅力に迫る
自動車ジャーナリスト・岡崎宏司氏が執筆&撮影する本コラム。2回目のテーマは、売れに売れているトヨタ自動車「プリウス」です。エクステリア&インテリアから、その魅力を探っていきましょう。(2009/7/29)

新連載・岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
GT-Rのハイスペックモデル「Spec V」に、一般道で乗ってみる
自動車ジャーナリスト・岡崎宏司氏のコラムがスタート。。記念すべき、第一回目のテーマは「日産 GT-R」。その中でも、驚愕のスペックを誇る最強グレード「Spec V」の公道インプレッションをお伝えいたします。クルマのもつ世界観を独自の視点で撮影した写真にもご注目。(2009/7/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。