ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第24回 寝落ちしても大丈夫、サックリ充電で間に合うLaVie Zの「高速充電」機能
LaVie Z(IGZOモデル)は、超高解像度+軽量&スリムだが、バッテリー動作時間はそこそこ。ただ、1時間で約80%まで充電できる高速充電機能が便利だ。朝起きてから充電しても、出勤時間までに十分間に合う……かもしれない。(2014/3/31)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第23回 2560×1440解像度スゴイ……格段に作業効率が上がる「超高解像度ディスプレイ」
ウルトラ軽量に加え、「超高解像度ディスプレイ」もLaVie Z(IGZOモデル)の魅力だ。今回はこのディスプレイの使い勝手と応用方法を考えてみた。(2014/3/27)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第22回 「パネルオープンパワーオン」機能で即作業、改めてLaVie Zの便利さを知る
第2世代のLaVie Zは、徹底した軽さと「2560×1440ドットの超高解像度ディスプレイ」が業務効率を高める大きなポイント。ディスプレイ周りの使い勝手では、“ここも便利”な細かいポイントもいくつかある。(2014/3/10)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第21回 「チョウのように舞える」機動力──出張に最適、やはり軽さは正義だ
795グラムの超軽量PC「LaVie Z」は、ただでさえ荷物が多い出張・取材時にピッタリのモバイルマシンだ。海外取材で、さらにその機動力の高さを体感できた。(2014/3/5)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第20回 複数のMicrosoftアカウントを応用──仕事/プライベート環境を切り分けてみる
軽量+超高解像度なLaVie Zは1台でメインマシンとして活躍できる実力を持っているが、オフィスではもっと高性能なマシンも併用したい人も多いだろう。今回は複数台のマシンを使い分けるシーンを想定し、Microsoftアカウントを応用する使い方を考察する。(2014/2/25)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第19回 LaVie Zは“初期作業”も軽快──OneDrive連携「手間なし環境引っ越し」を試す
ウルトラ軽量ノート「LaVie Z」は、最新OSの搭載によりクラウドサービスとの連携がしやすく、メインマシンとして当然、サブマシンとしての使い勝手もとてもよい。今回はことさらLaVie Zだから軽快というわけではないが、Windows 8.1ならではの新PCへの環境引っ越しを実践しよう。(2014/2/21)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第18回 思わず笑いがこみ上げる「超軽」ボディ、第2世代「LaVie Z」の魅力を再確認
モバイル機器は、やはり「軽」くなければ。2014年度の業務メインPCとして「LaVie GタイプZ」へ乗り換えた筆者が、1.3キロの“重かった”旧マシンを思い出しつつ、第2世代「LaVie Z」の魅力・ポイントを再確認する。(2014/2/5)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第17回 「UEFI設定」を追い込めば、起動時間はもっと速くなる?
LaVie Zおよび直販モデルのLaVie GタイプZはWindows 8/UEFIネイティブモードに最適化されており、高速でセキュアなブート体験ができることが分かった。今回は設定を具体的にチェックし、可能なら高速化を試みる。(2013/7/12)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第16回 UEFIって何? LaVie Zで改めておさらい
同一仕様のLaVie G タイプZにおける、Windows 8搭載モデルとWindows 7搭載モデルの起動速度対決はWindows 8モデルが圧勝だった。今回はその理由の1つである「UEFI」に注目してみた。(2013/6/14)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第15回 Windows 8は起動が速い……のはなぜか その理由を探る
Windows 8の起動が速い理由はいろいろあるが、その1つに「高速スタートアップ」という機能がある。この機能の導入でなぜ速くなるのかを探ろう。(2013/4/22)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第14回 Windows 8は起動が速い……のは本当か? 実際に計測して確かめてみた
LaVie Zの2013年春モデルはWindows 8モデルのみだが、Windows 7モデルも直販のLaVie GタイプZで在庫限りの販売が行われている。ほぼ同じ仕様のWindows 8と7でパフォーマンスはどう違うか、今回は起動時間を比較しよう。(2013/4/12)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第13回 Windows 8は低消費電力? 実際に計測して確かめてみた
同仕様のLaVie Zは「Windows 8モデル」のほうがバッテリーが長持ちすることが分かった。今回はPC本体の消費電力性能をねっちり計測し、その結果の根拠を探ろう。(2013/2/27)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第12回 Windows 8で「バッテリーが長持ちするようになる」のは本当か
同一仕様のWindows 8モデルとWindows 7モデル比較の第2弾。前回は性能面でのWindows 8モデルにアドバンテージがあることが分かったが、バッテリー実動作時間はどうなのかを比べてみたZ!(2013/2/20)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第11回 なぜWindows 8は「速い」のか 新旧LaVie Zのパフォーマンスをガチ比較(基本性能編)
「Windows 8なLaVie Zはすごく速くなった!」と言い続けているが、実際のところWindows 7の旧モデルに比べてどれだけ速いのかきちんと比べたくなった。というわけでWindows 7モデルも用意して、ベンチマークテストで比較してみたZ!(2013/2/5)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第10回 タッチパネルなしで大丈夫か?
LaVie Zはタッチパネル非搭載。ただ、Windows 8独特のタッチ操作向けジェスチャーは内蔵するタッチパッド「NXパッド」で代用できる。大丈夫です、問題ないです。(2013/2/1)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第9回 “なんだかメンドー”を解消する「Windows 8便利ショートカット」7選
Windows 8になってパワーアップしたLaVie Zだが、Windows 8はこれまでとちょっとだけ使い勝手が異なる部分がある。ここでは、タッチパネルを備えないLaVie ZでもWindows 8を便利に使う方法を考えてみたい。(2013/1/22)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第8回 Windows 8刷新で驚いた超速レスポンス──「まるでジェットスクランダーを装着した」ようだZ!
軽っ……! うわ、速っ……?! Windows 8に刷新したLaVie Zは、超速レスポンスの快適マシンに生まれ変わっていた。(2012/12/20)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第7回 LaVie GタイプZを“ノングレア”化、さらに海外で見せびらかしてきたZ!
今回はスペシャルに軽量なLaVie GタイプZを海外(韓国)へ持って行き、世界に日本の最新テクノロジーを見せびらかしてきた。また、Bluetoothマウスやノングレアフィルムはどれが合うかも検証する。(2012/10/16)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第6回 LaVie GタイプZの通信手段とポート数を考察するZ!
取り出すたびに「はぁ〜〜」と思わずうっとりしてしまうこの軽さ……。本格的に使用して2週間以上たつが、まだ取り出した時のこのフワッっとした感覚は新鮮。今回はモバイル利用に必須となる「通信手段の確保」を考えるZ!(ゼ〜ット!と読んでください)(2012/10/12)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第5回 LaVie GタイプZを新幹線&遠征に持っていったZ!
スケジュールの誤算から、いきなりLaVie GタイプZを実戦に本格投入することになった。……この切羽詰まった状況で、なおさらこの軽さがより身にしみたのだった。なぜかテンションも上がりまくりだZ!(ゼ〜ット!と読んでください)(2012/10/4)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第4回 クラウドでかしこくデータ同期──Ultrabookを「すぐ実践投入OK」にする方法
いよいよLaVie Zを実戦投入する。といっても昨今はクラウドサービスを使えばその事前準備がさほど面倒ではなくなった。複数台のPC、スマホ、タブレットを使い分けるなら、こうするとラクだ。(2012/9/28)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第3回 「メモリ4Gバイト固定」の件、そして“あれ”ができるかを試す
「か、軽い……」あまりに月並みで普通すぎて恐縮だが、まず出てくる感想としてはこれしかない。とにかく軽いLaVie Z、もといLaVie G タイプZ。手に入れたからにはいろんなところへ持ち出してみなければならないが、まずはアレを試してみた。(2012/9/13)

LaVie Zにマボロシのカラバリ なんと虹色:
東京・大阪で「LaVie Z」販売開始イベント──ロンドン五輪メダリストも脱帽「か、軽っ」
NECのスペシャルUltrabook「LaVie Z」のタッチ&トライイベントが東京・大阪の2会場で開催。東京会場にはロンドンオリンピック銅メダリストの立石諒選手も来場し、LaVie Zの「軽さ」に驚いていた。(2012/8/24)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第2回 Core i7モデルとCore i5モデル、買うならどっち?
8月23日に出荷がはじまった13.3型で超軽量875グラムの「LaVie Z」。Core i7搭載とCore i5搭載の2種類があるが、さてどちらにしよう。それぞれをベンチマークテストで比較してみた。(2012/8/23)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第1回 LaVie Zの発熱はどう? サーモグラフィでチェック
超軽量で薄型のスペシャルUltrabook「LaVie Z」、そんなに薄くて「熱」は大丈夫か?──ということで、ほぼ製品版評価機の温度をサーモグラフィ装置でチェックしてみた。(2012/8/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。