ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ミニストップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミニストップ」に関する情報が集まったページです。

20%還元スタートの「PayPay」で早速買い物をしてみた 意外な戸惑いも
総額100億円を還元するという「PayPay」の大規模なキャンペーンが、12月4日9時にスタートした。PayPayアプリでは何ができるのか。また本当に20%還元されたのか。初期設定から買い物の様子までレポートする。(2018/12/4)

ミニストップ、12月17日から「楽天ペイ」「PayPay」「LINE Pay」に対応
ミニストップは、12月17日からスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」「PayPay」「LINE Pay」に対応。これに合わせ、各種サービスでポイントプレゼントや決済金額還元などのキャンペーンも実施する。(2018/12/3)

ミニストップがバーコード決済導入 「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」対応
ミニストップは、スマートフォンを使ったバーコード決済サービスを17日から全国の店舗に導入すると発表した。「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ(アプリ決済)」に対応する。(2018/12/3)

100億円還元でナンバーワンの決済サービスへ PayPayが大攻勢を開始
「ユーザー数と店舗数の双方でナンバーワンを目指す」。PayPayの中山一郎CEOは、そう高々と宣言する。ソフトバンクグループの資金力を生かし、ユーザーに総額100億円相当ものPayPayボーナス(電子マネー)を還元する、大規模なキャンペーンを打つ。(2018/11/22)

夏目友人帳「ニャンコ先生」の一番くじが登場 キッチンをテーマにした両手鍋やグラスがかわいい
食いしん坊なニャンコ先生らしいセレクト。(2018/11/13)

ビルの跡地に突如出現:
爆笑問題の田中も働いていたミニストップが“日本最小級”のサイズになっていた
東京都杉並区に“日本最小級”のミニストップが出現した。なぜ、このような小さな店舗が営業をしているのだろうか。調べてみると意外と歴史のある店舗だということが分かった。(2018/11/7)

「カードキャプターさくら」の“コスメ一番くじ”が登場 はにゃーんなコスメグッズが当たりますわ
コスメパレット、ボディーパウダー、リップグロスなどが全16種類。(2018/10/30)

「第4のチョコ」も登場:
人口減少も関係なし 拡大するチョコレート消費 販売好調の理由は
チョコレートの販売が好調だ。販売金額は過去10年ほぼ右肩上がりに伸びており、人口減などによる市場の縮小懸念もどこ吹く風だ。今秋には「第4のチョコ」ともいわれる、目にも鮮やかなピンク色の「ルビーチョコ」が登場するなど話題にも事欠かない。チョコの1人当たりの年間消費量は2.16キロに増大。商機と見たメーカー側は増産に乗り出し、コンビニ各社も品ぞろえ強化に動いている。(2018/10/10)

ミニストップにミニオンのハロウィーンタルトが登場 かわいくおいしいバナナチョコ味
10月17日からは全国のイオンリテールで発売!(2018/10/2)

アプリを使うとゆうパックが180円引きに 「ゆうパックスマホ割」スタート
ゆうパックがスマホアプリ対応に。(2018/9/27)

海外渡航時のデータ通信 何がおトク?(レンタルWi-Fi・プリペイドSIM編)
夏休みで海外渡航が増えるこの時期、気になるのが海外での通信手段。とりわけSNSを使うならデータ通信をどうするかは悩みどころだ。そこでこの記事では、レンタルWi-Fiサービスや海外用プリペイドSIMを紹介する。(2018/8/11)

続々増える「モバイル決済」 どんなものがある?(非接触編)
最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、おサイフケータイやNFCを使った「非接触決済」の方法を紹介する。(2018/7/20)

静脈認証:
「手のひら」だけで決済 イオン、実証実験スタートへ
イオンフィナンシャルサービスは7月12日、生体認証技術である「手のひら静脈認証」を活用したカードレス決済の実証実験を9月に始めると発表した。(2018/7/13)

手のひら認証で決済、手ぶらで買い物 ミニストップで実証実験
ミニストップの一部店舗で、手のひら認証で決済を行う実証実験を9月に始める。イオンのクレジットカード決済に富士通の生体認証技術を活用する。(2018/7/12)

ミニストップからチョコミントシュークリーム 期間限定で発売
チョコミント好きな方にはたまらない。(2018/6/26)

オンラインストアで購入した服も店舗で受け取れば送料無料 ユニクロとジーユーが提供 受け取り時に試着も可能
ユニクロが、ユニクロやジーユーのオンラインストアで購入した商品の受け取り場所をそれぞれの店舗に指定すると、送料が無料になる「店舗受取り」サービスを始めた。受け取り時に試着も可能で、合わなければ返品やサイズ交換もできる。(2018/4/3)

Microsoft Focus:
流通を科学し、建設現場を見える化する――DXを支えるクラウドの力
小売業と建設業の現場で、デジタルトランスフォーメーション(DX)のプラットフォームとして「Microsoft Azure」が採用された。それぞれの特徴から、Azure活用の可能性を探ってみる。(2018/3/17)

デノンから「グラブル」コラボのワイヤレスヘッドフォン登場、レアアイテムのシリアルコード付き
デノンが「グランブルーファンタジー」とコラボしたワイヤレスヘッドフォンを発売。キャラクターの録り下ろし音声ガイダンスを収録したほか、ゲームで使えるレアアイテムのシリアルコードが付属する。(2018/1/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
「忖度御膳」空振りのうわさから考える、ファミマの“迷い”
ファミリーマートが発売した「忖度御膳」の売れ行きが悪いのではないか? とネット上で話題になっている。もともと数量限定であり、販売不振が本当だとしても、同社にとって大きなダメージにはならないだろう。しかしながら今回の一件は、曲がり角を迎えたコンビニビジネスの現状を浮き彫りにしたという点で非常に興味深い。(2017/12/20)

8カ月で20万DL、満足度90% 無料送金アプリ「Kyash」好調の要因
無料の個人間送金アプリ「Kyash」が好調だ。ユーザーは手数料なしで送金ができるほか、たまったお金で買い物もできる。Kyashの現状と今後の展開を、鷹取真一社長が明かした。(2017/12/14)

アップルPickUp!:
知らないと損をするApple Pay最新情報
iPhoneユーザーは要チェック!(2017/12/12)

お風呂に入ってまったりほっこり 夏目友人帳「ニャンコ先生」の一番くじが登場
テーマは湯けむり温泉旅。(2017/12/7)

「新たな日本食の提案」:
ミニストップ、韓国で「松屋監修牛めし弁当」限定発売
ミニストップが「松屋監修牛めし弁当」を韓国ミニストップで限定発売。「新たな日本食を提案する」という。(2017/11/22)

イオングループで1月から成人向け雑誌の販売取りやめ 家族連れや東京五輪に向け配慮
イオン傘下のコンビニ「ミニストップ」でも千葉市で先行して販売を止めることが21日に発表されていました。(2017/11/22)

千葉市の要請きっかけ:
ミニストップ、成人向け雑誌の取り扱い中止 全国で
ミニストップは成人向け雑誌の取り扱いを国内全店で中止する。(2017/11/21)

ミニストップ、成人誌の取扱を中止へ 先行的に千葉市から 2018年元旦から全店舗で
千葉市の働きかけをきっかけに判断に至ったと説明。(2017/11/21)

「チロルチョコ きなこもち」がドリンクに ミニストップに登場
飲むきなこもち、爆誕。(2017/10/26)

クルマに“駐車禁止”貼り紙、ネットで物議 ミニストップが謝罪
ミニストップが、駐車場のクルマに貼り紙をしたところ、ネット上で物議に。長時間駐車への注意喚起のために、店側が用意したクルマだったという。(2017/8/8)

車に「タイヤロック中」「はずしてほしかったら4万ください」 ミニストップ、物議かもした“無断駐車対策”めぐり謝罪
車は店が用意したものだった。(2017/8/8)

仙台市交通局が「ジョジョ」デザインicscaを発売ッ! 数量限定で8月5日から先行販売開始
仙台市で使えるICカード乗車券です。(2017/7/16)

蓄電・発電機器:
ミニストップが燃料電池を導入、京セラの業務用SOFCの効果を検証
コンビニエンスストアのミニストップは、千葉市の店舗に京セラ製の固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムを実証導入し、省エネ性能などを検証する。エネルギー効率がよく、CO2排出量が少ないというメリットがある燃料電池。これまでは「エネファーム」などの家庭向けが中心だったが、業務用に店舗や施設へ導入する動きが進みつつある。(2017/7/4)

日本郵便でシステム障害 「メルカリ」「ヤフオク」連携新サービスで発送できない問題
日本郵便は20日に始めたばかりの新サービス「e発送サービス」で28日から不具合。ローソン店舗の端末「Loppi」を利用した送り状の印刷ができない状態に。(2017/6/30)

ITライフch:
宛名書き不要!フリマ・オークションアプリが日本郵便新サービスと連携で発送や受け取りが便利に
日本郵便は、フリマアプリなどとのシステム連携による新サービス「e発送サービス」の提供を開始。各アプリなどが配送料金の一部を負担、サービスによっては、差出元と郵送先が氏名や住所を知らせることなく、商品を配送できる。(2017/6/29)

水曜インタビュー劇場(シャリシャリ公演):
だからミニストップの「ハロハロ」は売れている、知られざる“実験力”
ミニストップの「ハロハロ」が売れている。1995年に発売したロングセラー商品で、今年は7種類も投入する。同社は過去最高の売り上げを狙っているが、どのような人が購入しているのか。また、どのようにして開発しているのか。その舞台裏に迫った。(2017/6/21)

日本郵便、フリマ配送を簡単・割安に 「メルカリ」「ヤフオク!」などと新サービス
フリーマーケットアプリやネットオークションサイトで利用できる新配送サービスを日本郵便がスタートする。(2017/6/19)

みたらし団子×かき氷×ソフトクリーム 「ハロハロみたらし団子」登場
のりとあられをトッピング。(2017/4/26)

コンビニ大手5社、全商品に電子タグ レジ・棚卸し業務を効率化
経産省は「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定。2025年までに、コンビニ大手5社の全商品、年間約1000億個に電子タグを取り付けるという。(2017/4/18)

経産省、コンビニのセルフレジ化を推進 大手5社の全店舗へ2025年までに導入
人手不足など、小売業のさまざまな課題の克服を目指す施策。(2017/4/18)

「もしもし、私、仮面女子」 新作予約特典にメンバーからのお礼電話で「話せるアイドル」に
VRを楽しんでさらにお話もできちゃうだと!(2017/4/14)

がっつりお肉と少な目ご飯 ミニストップのダイエット弁当が一般人には理解できない領域へ
バランスも配置もおかしい。(2017/4/8)

オレンジのメガ盛り! ミニストップからオレンジ果肉をそのままのっけた棒アイスが発売
ミニストップの「贅沢なアイス」第2弾。(2017/3/23)

爬虫類や小動物が大集合! 関西圏初上陸の展示会「神戸レプタイルズワールド」 4月15日、16日に開催
ムツゴロウさんの特別ステージもあります。(2017/3/23)

水曜インタビュー劇場(飲む公演):
「必要な一杯をどうぞ」世界初の機械にゴクリ
いま必要なサプリメントを自動的につくってくれる――。そんな未来感が漂うマシーンが、まもなく登場しそうだ。その名は「healthServer(ヘルスサーバ)」。このマシーンの何がスゴいかというと……。(2017/2/15)

水曜インタビュー劇場(冷たい公演):
ソフトクリームの日世が、唯一無二であるワケ
ソフトクリームの総合メーカー「日世」をご存じだろうか。1951年にソフトクリームを導入した企業で、業界シェアはトップ。ナンバーワンだけでなく、オンリーワンでもあるのだ。どういう意味か。同社のマーケティング担当者に話を聞いたところ……。(2017/2/8)

水曜インタビュー劇場(編集公演):
大正14年の時刻表に、何が書かれていたのか
「紙の時刻表? 昔はよく使っていたけれど、最近は見なくなった」という人も多いのでは。ネットを使えば手軽に分かるようになったが、紙の時刻表はこれまでどのようなピンチがあったのか。『JTB時刻表』の大内編集長に聞いたところ……。(2017/2/1)

水曜インタビュー劇場(編集公演):
なぜ時刻表に“謎ダイヤ”が存在するのか
鉄道の時刻表を調べる際、スマホで検索している人が多いだろうが、実は紙の時刻表をじっくり見ると、興味深い情報がたくさんある。例えば、実際に走っていない特急が走っていることも。どういうことか。『JTB時刻表』の大内編集長に、謎ダイヤの真相を聞いた。(2017/1/25)

プリンをまるまる1個入れちゃった中華まん「まるごとプリンまん」 ミニストップから登場!
ハフハフして食べたい。(2017/1/19)

水曜インタビュー劇場(とじる公演):
ホッチキスの「マックス」が手を広げた秘密
ホッチキスメーカーの「マックス」をご存じだろうか。「毎日のように使っているけれど、メーカー名なんていちいち確認しないよ」という人がいるかもしれないが、この会社……とじて、とじて、とじまくって売り上げを伸ばしてきたのだ。どいうことかというと……。(2017/1/18)

水曜インタビュー劇場(駒公演):
売れない時代に、UPQのバイクが好調な理由
家電ベンチャー「UPQ」が発売したバイクが、よく売れている。折り畳むことができる電動の原付バイクは、なぜ消費者に支持されたのか。同社の中澤CEOに、その理由を聞いたところ……。(2017/1/11)

水曜インタビュー劇場(風車公演):
小さな会社の「台風発電」が、くるくる回る日
「台風接近中」と聞くと、ほとんどの人が「建物の中でじっとしておこう」と思うはずだが、暴風を追い求めている人がいる。風力発電を開発しているチャレナジーの清水CEOだ。台風の強い風を使って、どのように発電するかというと……。(2017/1/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。