ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「OCN」最新記事一覧

FREETELが「OCNモバイルONE」音声SIMをセット販売 端末が最大1万円引きに
AYA SYSTEMは、FREETELブランドのスマートフォンと「OCNモバイルONE」の音声対応SIMを同時契約すると特別価格で端末を購入できる販売プランをスタート。「REI 2 Dual」が1万9800円(税別、以下同)、「RAIJIN」が1万4800円、「Priori 5」が8800円となる。(2018/4/17)

OCN モバイル ONE、無料の「MUSICカウントフリー」を期間限定で提供
NTTコムは、OCN モバイル ONEで「MUSICカウントフリー」をトライアルで提供。6サービスが対象で、カウントフリー自体に料金はかからない。期間は4月18日から7月23日まで。(2018/4/11)

PR:「完全かけ放題まではいらない」人に朗報 契約キャリア以外のかけ放題も選べる時代に
春の新生活や歓送迎会シーズンは電話連絡の機会が多く、高い通話料が気になって電話をかけること自体がストレスになることも。でも、完全かけ放題は高いから利用したくない……。そんな人にオススメなのが、「OCNでんわキャリアフリー」だ。(2018/3/28)

OCN モバイル ONEは「低速最強」? NTTコムが通信品質向上の施策を説明
NTTコミュニケーションズが3月22日、「OCN モバイル ONE」の通信品質向上の取り組みについて解説した。その1つが「バースト転送」で、低速時にも150KBまでなら高速で通信ができる。パケットの再送を抑える「TCPの最適化」も行っている。(2018/3/23)

格安SIMの総合満足度1位は「mineo」、利用率上位15サービスの満足度は約7割
MMD研究所は、3月19日に「2018年3月格安SIMサービスの満足度調査」の結果を発表。利用率上位15サービスの満足度は71.3%となり、サービス別の満足度は1位が「mineo」、2位が「IIJmio」、3位が「OCN モバイル ONE」となった。(2018/3/19)

格安SIMの認知度は約9割、メイン利用は「楽天モバイル」が最多 MMD調査
MMD研究所は、3月12日に「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表。格安SIMサービスの認知度は89.8%となり、メイン利用のMVNOシェアは10.1%と2017年3月の7.4%から増加。メイン利用のサービス上位は「楽天モバイル」「mineo」「OCN モバイル ONE」となっている。(2018/3/12)

gooSimsellerでメーカー認定整備済「iPhone 6s」発売 限定特価で一括2万9800円(税別)から
NTTレゾナントは、1月25日に通販サイト「goo Simseller」でメーカー認定整備済のiPhoneと「OCN モバイル ONE」のセット販売を開始。らくらくセットの一括購入価格は、iPhone 6s(16GB)が3万6800円(税別、以下同)、iPhone 6s(64GB)が4万9800円で、16GBモデルは台数限定で2万9800円で提供する。(2018/2/8)

PR:格安SIM「OCN モバイル ONE」が安心できる10の理由
格安SIMに乗り換えたいけど、「通話料が高い」「店舗が少ない」「サポートが不十分」といった不安を抱いている人は多いだろう。そんな人にオススメしたいのが「OCN モバイル ONE」。その理由とは?(2017/10/3)

抜本的な防止策はあるのか
沈黙のGoogleと過熱するメディア、2017年8月世界的ネットワーク障害の全貌をまとめた
2017年8月25日、Googleによるネットワーク誤設定に起因し、OCNを含む複数のAS(自律システム)で大規模な通信障害が発生した。障害当時、何が起こったかを時系列で整理し、一連の騒動を考察する。(2017/9/29)

格安SIMをメインで使っている人は8.5%、サービスは「楽天モバイル」「mineo」「OCN モバイル ONE」が上位
MMD研究所は、9月21日に「2017年9月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表。メイン利用のMVNOシェアは前年の5.8%から8.5%となり、メインで利用している格安SIMサービスは「楽天モバイル」「mineo」「OCN モバイル ONE」が上位となった。(2017/9/21)

「OCN モバイル ONE」が混雑時の通信速度を改善 9月27日から順次開始
NTTコミュニケーションズは、モバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」の通信速度を改善する取り組みを実施。同社が持つトラフィックコントロール装置の機能を活用し、動画など大容量の通信時にデータ送受信のペースを最適化してネットワークの混雑を緩和する。(2017/9/7)

NTTコム、LINE上で格安SIMの疑問に回答 AIエンジン「COTOHA」を活用
NTTコムが、LINE公式アカウントにAIエンジン「COTOHA」を活用。格安SIMやOCN モバイル ONEについてサポートする機能を8月31日から提供している。オリジナルキャラクター「リス太」と会話ができる。(2017/9/1)

“ちょうどいいかけ放題”を目指す:
よく電話をする3人に月額850円でかけ放題 OCN モバイル ONEの「トップ3かけ放題」
NTTコムが、よく電話をかける上位3人までの通話料が無料となる「トップ3かけ放題」を9月1日に提供する。10分かけ放題と組み合わせられる「かけ放題ダブル」も提供。同社は“ちょうどいいかけ放題”を目指す。(2017/8/30)

ネット各所で通信障害 Webサービスやスマホアプリがつながりづらい状態に
OCNは「海外の経路不安定事象」と説明。(2017/8/25)

NTTコム、「OCNでんわ10分かけ放題」を他社にも開放 月額1000円
NTTコミュニケーションズが、OCN モバイル ONE向けの10分かけ放題サービスを他社に開放。「OCNでんわ キャリアフリー 10分かけ放題」を9月1日から提供する。月額料金は1000円(税別)。(2017/8/24)

メモリとストレージを増量 gooの4型スマホ「g06+」、OCNのSIMセットで7800円
NTTレゾナントが、スマートフォンの新製品「g06+」を発売。「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットで7800円。「g06」からメモリやストレージを増量させた。(2017/7/31)

ゲオ、中古iPhone 5sが4800円(税別)になるキャンペーン
ゲオは、中古のiPhone 5sと格安SIMパッケージ「ゲオ×OCN SIM」の音声通信プランを同時購入すると端末代金が4800円(税別)になるキャンペーンを実施。全国77店舗で6月30日まで行う。(2017/6/27)

トリニティが「NuAns NEO」Wチャンスキャンペーンを開催 「OCNモバイル ONE」新規契約が条件
トリニティが、「NuAns NEO」「NuAns NEO[Reloaded]」購入者を対象とするプレゼントキャンペーンを実施する。特設サイトから「OCN モバイル ONE」を新規契約した上で、「NuAnsオンラインストア」で本体を購入することが条件だ。(2017/6/19)

ITライフch:
順調に拡大する裏に潜むMVNO市場の問題とは? MMD研究所 第5回MVNO勉強会
MMD研究所は、メディアを対象にしたMVNO勉強会を開催した。ゲストに迎えた「OCN モバイル ONE」「mineo」「イオンモバイル」「LINEモバイル」の各代表者が、各社の日頃の取り組みを説明したほか、質疑応答を行った。(2017/6/15)

NTTコムがドコモの顧客システムと連携 「OCN モバイル ONE」開通が最短約10分に
NTTコミュニケーションズは、NTTドコモの顧客システムとのオンライン連携による利用開始までの大幅な時間短縮について発表。「OCN モバイル ONE」の即日開通の待ち時間が最短約10分となる。(2017/4/20)

SIM通:
音声通話も格安の時代に!「OCNでんわ」をNifMoが導入へ
NTTコミュニケーションズは、ドコモ回線を用いたMVNO各社に向け、自社の音声通話サービス「OCNでんわ」の卸提供を行うと発表した。すでにニフティのMVNO「NifMo」で導入が予定されている。(2017/3/2)

NTTレゾナント、1万円代のVoLTE対応エントリースマホ「Tommy」販売開始
NTTレゾナントの通販サービス「goo Simseller」において、Wiko(ウイコウ)のSIMフリースマホ「Tommy」の販売を開始した。販売価格は「OCN モバイル ONE」のSIMカードとのセットで1万3200円(税別)となる。(2017/2/22)

SIM通:
OCN モバイル ONEに大容量の新コースが登場!
OCN モバイル ONEは、家族で通信容量をシェアできる20GB/月コースと30GB/月コースを新設。これまでは10GB/月が最大だったが、さらに大容量のコースが2つ追加される。また、現行の5GB/月コースは価格はそのままで1GB増量される。(2017/2/17)

NTTコム、MVNO向けに「OCNでんわ」の卸提供を開始
NTTコミュニケーションズは、MVNO向けに「OCNでんわ」の卸サービスを提供開始。品質を落とさず、安価な通話を利用者に提供できるようになる。(2017/2/14)

「OCN モバイル ONE」のかけ放題オプションが10分に拡大
「OCN モバイル ONE」の音声対応SIM向け提供している月額850円(税別)のかけ放題オプションがリニューアル。通話時間を10分に拡大し、新たに「OCNでんわ 10分かけ放題オプション」として提供する。(2017/1/30)

「OCN モバイル ONE」に20GB、30GBのコースを追加 5GB→6GB増量も
NTTコムが、OCN モバイル ONEに20GBと30GBの大容量コースを新設。家族でシェアをするのに向いている。SIM追加時の事務手数料を無料にするキャンペーンも行う。(2017/1/24)

SIM通:
銚子電鉄の存続を「OCNモバイルONE」を使って支援とは?
銚子電鉄では、「スマートフォンを利用することで地域の足を守る」という新たな取り組みを開始した。銚電倶楽部のWebサイトからOCNモバイルONEを契約することで、利用料金の一部を銚子電鉄が行うプロジェクトの資金として活用できるという。(2016/12/29)

ゲオ、OCN&UQ mobileの格安SIMカードを「1円」で販売 全国1068店舗で12月1日から
ゲオは、12月1日から全国のゲオ、ゲオモバイル1068店舗で「OCN モバイル ONE」「UQ mobile」の格安SIMカードを1円(税別)で販売する。それぞれ1人3枚まで購入可能だ。(2016/11/29)

トリニティ、「NuAns NEO トリプルキャンペーン」開始 最大1万2000円をキャッシュバック
トリニティは、Windows 10 Mobileスマートフォン「NuAns NEO」の購入や「OCN モバイル ONE」契約者へ最大1万2000円をキャッシュバックする「NuAns NEO トリプルキャンペーン」をスタートした。(2016/11/14)

SIM通:
OCNモバイルONE、通話料半額「OCNでんわ」発表!かけ放題オプションも
「OCNモバイルONE」のSIM向けに、国内の通話料金が10円/30秒になる「OCNでんわ」を開始した。また、5分以内の国内通話であれば何回かけても月額850円の定額で利用できる「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」も提供する。(2016/10/20)

MMD研が「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施 サービス利用率は14.7%
MMD研究所は「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施した。利用率は14.7%で、契約プランは音声プランが53.8%、データプランが46.2%。メインで利用しているのは「楽天モバイル」「OCNモバイルONE」「IIJmio」となった。(2016/10/6)

NTTコム、通話料が10円/30秒になる「OCNでんわ」を開始
NTTコムが「OCN モバイル ONE」利用者向けに「OCNでんわ」を開始。アプリを利用するとプレフィックス番号が付加され、通話料が通常の半額になる。「5分かけ放題オプション」の対象時間を10分にするキャンペーンも実施する。(2016/10/3)

「OCN モバイル ONE プリペイド」がセブン-イレブンのチャージに対応
プリペイド方式のSIMカード「OCN モバイル ONE プリペイド」が、全国約1万9000店のセブン-イレブン店舗でチャージ可能に。チャージ用IDを1つ購入するともう1つもらえるキャンペーンも実施する。(2016/9/26)

OCN モバイル ONE、トラブル時に端末を修理・交換する月額500円の「あんしん補償」提供開始
「OCN モバイル ONE」は、端末の故障・画面割れなどのトラブル発生時に修理・交換などを行う端末補償サービスを10月3日に開始する。(2016/9/23)

ゼロから分かる格安SIM:
PR:第16回 ターボOFFでも快適、通話もお得に使える――格安SIM「OCN モバイル ONE」の魅力に迫る
格安SIMサービスの中でも特に人気を集めている「OCN モバイル ONE」。9月から「バースト転送」も提供しており、ターボOFFでもより快適に利用できる。日次と月次のプランや、音声通話をお得に使えるオプションなど、きめ細かなサービス設計が魅力だ。(提供:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社)(2016/9/12)

「OCN モバイル ONE」のバースト転送機能、9月6日に提供開始
延期になっていた「OCN モバイル ONE」の「バースト転送機能」が、9月6日から正式に提供される。低速通信の状態でも、150KB以内のデータなら高速で送受信できる。(2016/9/2)

ビックカメラ、「ビック光 powered by OCN」を提供――BIC モバイル ONEとのセット割も
ビックカメラは、NTT東日本・西日本の光回線サービスとOCNのプロバイダサービスを組み合わせた「ビック光 powered by OCN」を9月1日に提供開始。併せてJCBギフトカードを最大1万8000円分プレゼントするスタートダッシュキャンペーンも行う。(2016/8/30)

SIM通:
月額850円!「OCN モバイル ONE 5分かけ放題」、8月1日受付開始
NTTコミュニケーションズは、「OCN モバイル ONE」の音声対応SIM向けに、通話定額オプション「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」を提供開始すると発表した。月額850円で1回5分以内の通話が何度でも利用できる。(2016/8/12)

NTTレゾナント、デュアルSIM対応の「Moto G4 Plus」をgooSimsellerで販売 SIM込みで3万5800円
LTEとW-CDMAの同時待ち受けに対応するモトローラのAndroidスマートフォンがgooSimsellerに登場。「OCN モバイル ONE」のSIMカードをセットにして、3万5800円で販売する。(2016/8/2)

「HTC Desire 626」とSIMセット、2万9800円から1万9800円に値下げ
兼松コミュニケーションズは、8月1日に「HTC Desire 626」と「OCNモバイルONEパッケージ」をセットにした「HTCプレミアムパック by OCN」を1万9800円(税別)で数量限定で販売開始した。(2016/8/1)

「OCN モバイル ONE」、国内通話が5分かけ放題のサービスを提供
NTTコムが、「OCN モバイル ONE」の通話SIM向けに、国内の通話が5分かけ放題となるサービスを提供する。受付は8月1日から。あわせて、音声SIMを月額700円割り引くキャンペーンも実施する。(2016/7/26)

「OCN モバイル ONE」、無料Wi-Fiスポットを正式サービス化――全国約8万2000カ所に拡大
NTTコミュニケーションズは、「OCN モバイル ONE」の利用者が無料で接続できるWi-Fiスポットを正式サービス化する。スポット数を全国約8万2000カ所に拡大し、接続用のID/パスワード発行の簡素化も行う。(2016/6/24)

SIM通:
OCNモバイル ONE、速度規制時の読み込み高速化を発表
NTTコミュニケーションズは、「OCNモバイル ONE」において、通信速度制限下での読み込みを快適化する「バースト転送機能」の提供について発表した。また、新規契約ユーザーを対象にした、データ容量増量キャンペーンの実施も発表した。(2016/6/16)

「OCN モバイル ONE」、通信開始時の速度を向上する「バースト転送機能」提供開始
NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」は、6月16日から通信開始時の一定量のみ高速通信が可能となる「バースト転送機能」を提供開始。また、合計12GB以上の追加容量がもらえる「データ増量キャンペーン」も行う。(2016/6/1)

OCN モバイル ONE、熊本地震の被災者に5GBのデータ容量を無償提供
NTTコムが、「OCN モバイル ONE」の全コースにて、熊本地震の被災者に5GBのデータ容量を無償提供する。対象となるのは、災害救助法が適用された地域の居住者。(2016/4/21)

「OCN モバイル ONE」は“ネコの会社”より安心感がある!?――マツコ・デラックスさん
「OCN モバイル ONE」の新CM「マツコ式部」編が、2月19日からオンエアされる。都内で開催された発表会では、マツコさんがOCN モバイル ONEの良さを語った。(2016/2/17)

「BIC SIM」を始めた経緯、OCNを加えた理由は?――ビックカメラに聞く 格安SIM戦略
ビックカメラのSIMといえば「BIC SIM」が有名だが、サービスは「IIJmio」と同じ。なぜ最初のパートナーにIIJを選んだのか。そして2015年12月から追加した「BIC モバイル ONE」の狙いは? ビックカメラの担当者に格安SIMの戦略を聞いた。(2016/2/3)

NTT Com、マルウェア通信の自動遮断サービスを無償提供
個人および法人の「OCN」ユーザー向けに国内ISPでは初めて提供するという。(2016/2/1)

SIM通:
ビックカメラから「BIC モバイル ONE powered by OCN」登場
ビックカメラは、ビックカメラグループオリジナルSIMカードとして、音声通話機能付の「BIC モバイル ONE powerd by OCN」の提供を開始すると発表した。(2015/12/22)

防水対応スマホ「Moto G」(第3世代)、goo Simsellerで先行販売スタート
NTTレゾナントは、IPX7準拠の防水性能を備えたAndroidスマートフォン「Moto G」(第3世代)の先行販売を開始した。価格は「OCN モバイル ONE」の音声対応SIMパッケージ付で2万4800円(税別)となる。(2015/12/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。