ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Optimus Vu」最新記事一覧

gooスマホ部:
LINEの友達削除について
LINEで友だちを削除しても、その人からのトークは受信できるのでしょうか。(2014/12/19)

「L-06D JOJO」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「Optimus Vu L-06D」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「Optimus G L-01E」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):
もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。(2014/3/18)

ドコモ、「L-06D JOJO」ほかLG製スマホ1機種のソフトウェアアップデート
ドコモは、LG製スマホ「L-06D JOJO」「Optimus Vu L-06D」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。(2013/11/5)

PCや他社スマホでも利用可能:
「ドコモメール」提供開始――機種ごとの対応スケジュールや利用方法も案内
ドコモの新しいキャリアメールサービス「ドコモメール」が、10月24日9時から提供開始された。ドコモは機種ごとの対応スケジュールや利用方法などを案内している。(2013/10/24)

片手で持ちやすい?:
ちょっとだけ写真で見る「Xperia Z Ultra」
6.4インチの大画面と6.5ミリの薄さが目を引く「Xperia Z Ultra」。日本での発売は未定だが、スマートフォンとタブレットの中間に位置する“ファブレット”として期待が集まる。その見どころをちょっとだけ紹介しよう。(2013/7/19)

Mobile World Congress 2013:
「Nexus 4」や最新のOptimusシリーズを展示するLGブース
LGエレクトロニクスのブースでは、Android 4.2を搭載するGoogleの「Nexus 4」やOptimusシリーズの最新ラインアップを中心に展示。各種家電との連携機能も紹介されていた。(2013/3/1)

読者が決める「買って良かったスマホ・ケータイ」結果発表 その良い点・悪い点とは
多種多様な機種が発売されているスマートフォン。ユーザーはどんなスマホを購入して「良かった」と思っているのか、また悪かったと感じる点はどこなのか。アンケート結果から人気端末の傾向を見てみました。(2013/2/1)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第4回 バッテリー容量が大きいモデルは? 卓上ホルダは利用できる?
スマートフォン2012年秋冬モデルの機能やスペックを横並びで比較する本コーナー。第4回では、26機種のバッテリー容量、連続待受時間・通話時間、卓上ホルダの有無などを調べた。(2013/1/29)

2013 International CES:
新製品から変わり種まで――CESで見たモバイルデバイス約40機種を一挙紹介
1月8日〜11日に開催されたCESでは、さまざまなスマートフォンやタブレットが展示された。海外の展示会ということで、日本ではなかなか見られないデバイスも多数見られた。注目の新製品から変わり種まで、会場で気になったモバイル機器を一挙に紹介しよう。(2013/1/19)

2013 International CES:
「Optimus G」「Optimus Vu II」の独自機能、「Nexus 4」を紹介――LGブース
LGブースでは、「Optimus G」や「Optimus Vu II」などスマートフォンのハイエンドモデルを展示し、新機能や操作性を中心としたデモを行っていた。(2013/1/12)

ITmediaスタッフが選ぶ、2012年の“注目ケータイ&トピック”(編集部田中編):
ジョジョ、透明、IGZO、ひと目惚れ――差別化が難しい中で“スゴ味”を感じたスマホたち
2012年は数多くのスマートフォンが登場した一方で、スマートフォンの差別化の難しさも感じさせられた。そんな中で筆者にとって特に印象の強かったモデルをピックアップしてみた。(2012/12/29)

防水・防塵のLTE対応7インチ:
写真で解説する「AQUOS PAD SHT21」
auが発売予定の「AQUOS PAD SHT21」は、7インチのIGZO液晶を搭載したシャープ製のAndroidタブレット。防水・防塵仕様のボディは幅106ミリとスリムで、約280グラムと軽量なのが特徴だ。(2012/11/13)

ドコモ、ARROWS X F-10DやL-06D JOJOなど4機種のソフトウェア更新を実施
ドコモのスマートフォン「ARROWS X F-10D」「L-06D JOJO」と、iモードケータイ「SH-03D」「SH-05D」の不具合を修正するソフトウェア更新が開始された。(2012/11/12)

パーツも日本仕様:
クアッドコアでUIも進化 さらに“小技”を効かせた「Optimus G」の開発背景
ドコモから発売された「Optimus G L-01E」は、ハイスペックなグローバルモデルとしてだけでなく、ワンセグ&NOTTV、赤外線、FeliCaと国内サービスにもフル対応しているLGの意欲作。その開発背景を担当者に聞いた。(2012/10/29)

ドコモ、「Optimus Vu」「MEDIAS TAB」のソフト更新を開始
NTTドコモは、LGエレ製の「Optimus Vu L-06D」と「L-02C」、NECカシオ製の「MEDIAS TAB N-06D」のソフトウェア更新を開始した。(2012/10/29)

写真と動画で解説する「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」
従来よりも液晶の消費電力を抑えられることを特長とする「IGZO液晶」を搭載した「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」。発表会場ではSH-10DやSH-09Dと消費電力を比較するデモも実施していた。ハードウェアスペックや使い勝手も、夏モデルからさらに向上している。(2012/10/12)

withシリーズ:
佐藤卓デザイン監修 内も外もスタイリッシュなXiスマホ――「Optimus LIFE L-02E」
LGエレクトロニクス製の「Optimus LIFE L-02E」は、デザイナーの佐藤卓氏が端末デザインを監修したモデル。外観デザインだけでなく、カラーバリエーションに合わせたUIやコンテンツを収録した。(2012/10/11)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第8回 ベンチマークスコアが高い/起動が速いAndroidスマホは?
スマートフォンのCPUやグラフィックなどの性能を客観的に測れるツールとしてベンチマークアプリが提供されている。そこで今回は「Quadrant Professional Edition」と「Vellamo」アプリを使い、スコアを比較してみた。あわせて起動時間も調べた。(2012/10/8)

「Hulu」がAndroidスマートフォンに対応――アニメ作品も追加配信
フールージャパンLLCのオンライン動画配信サービス「Hulu」が、Android 4.0以降を搭載した2012春夏モデルのスマートフォンに対応。また「ポケットモンスター」や「夏目友人帳」などのアニメ作品もさらに追加配信する。(2012/10/4)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第7回 Android 26機種の通信速度を計測――高速な機種はどれ?
LTEやWiMAXなどの次世代通信サービスに対応するスマートフォンが続々と登場しており、夏モデルでは特にドコモのXiに対応する機種が増えた。実際の通信速度はどれくらいか? 9月上旬に都内で26機種を検証した。(2012/9/28)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第6回 バッテリーが持つAndroidスマホは?――28機種を比較
スマホのバッテリー容量は公開されているが、容量が大きいからといって必ずしもバッテリーが長持ちするとは限らない。そこで、Androidスマホ28機種で、YouTube動画を再生し続けるテストを実施し、どれだけ持つのかを確認した。(2012/9/25)

ナントカ5には負けない:
スペック勝負の“直球ど真ん中”スマホ――「Optimus G」に見るLGの本気度
LGエレクトロニクスがドコモの秋モデル「Optimus G L-01E」についての製品説明会を開催。Snapdragon S4 Proを搭載した世界初の端末であると同時に、防水やおサイフ、ワンセグ、NOTTVなど国内向け機能にも対応する。(2012/9/18)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第5回 持ち心地に優れたモデルは?――Android 28機種を採点
スマートフォンの持ち心地はスペックからは計れないが、毎日手にすることを考えると軽視できない項目だ。そこで今回は、各社の夏モデルを手にして、丸み、細さ、薄さ、軽さ、片手での操作性を検証した。(2012/9/13)

NTTドコモに聞く「L-06D JOJO」:
第5部 「役員とケンカしてクビになってもいい」――暗闇の荒野を切り開いた開発陣の“覚悟”
いよいよ最終回となったジョジョスマホのインタビュー。今回はジョジョの名ゼリフを使った予測変換、2巻までをプリインストールしたジョジョコミック、擬音やセリフと合成できるジョジョカメラ、そして今後の意気込みを聞いた。(2012/9/12)

石野純也のMobile Eye(8月27日〜9月7日):
秋モデルをタイムリーにそろえたドコモ/日本投入も期待の「Xperia V」「GALAXY Note II」
夏モデルが出そろってまだ間もない中、ドコモから早くも秋モデルが発表された。海外ではドイツで開催されたIFAでもSamsungやSony Mobileが新機種を発表。NokiaやMotorolaの新モデルもお目見えした。今回はドコモの秋モデルを中心に、この2週間で発表された新機種を振り返りたい。(2012/9/8)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第4回 大容量バッテリーを備えている機種は? 卓上ホルダは使える?
スマートフォンを使う上で気になるバッテリーの持ち。Android夏モデルの比較レビュー第4回では、バッテリーの容量、連続待受時間、連続通話時間、卓上ホルダ対応/同梱の有無をまとめた。(2012/9/5)

NTTドコモに聞く「L-06D JOJO」:
第4部 それは“スタンド能力”を持った携帯電話――ようこそ……ジョジョスマホの世界へ
ジョジョスマホの第一印象として「デザインが控えめだなぁ」と思った人もいるかもしれないが、この端末の醍醐味は、多数の登場人物やスタンドが登場するコンテンツにある。インタビューの第4部では、コンテンツにまつわるこだわりを聞いた。(2012/9/4)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第3回 ディスプレイのスペックは何が違う?――Android 27機種を比較
ドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイル、ウィルコムの夏スマホを比較するコーナー。第3回では「ディスプレイ」に焦点を当て、各機種のスペックなどを調べた。(2012/8/31)

ふぉーんなハナシ:
最高に「買い!」ってやつだアアアアア!――ジョジョスマホを購入してきた
いよいよ発売されたジョジョスマホこと「L-06D JOJO」。18日の予約完了後、首を長くして待っていた方も多いのではないだろうか。筆者もその1人だ。当日は開店直後に購入ッ!とまではいかなかったが、さっそく購入してきた。(2012/8/30)

写真で解説する「Optimus G L-01E」
28日に発表されたドコモ秋モデルで唯一のNEXTシリーズ端末が、LG製の「Optimus G L-01E」だ。クアッドコアCPUにHD表示のIPS液晶、そして大容量メモリを搭載した。Xiのほか、NOTTVやおサイフや赤外線にも対応している。(2012/8/29)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第1回 小型で軽い機種は?――Android夏モデル27機種のサイズと重さを比較【改訂版】
いよいよ出そろった2012年夏モデル。本コーナーでは、各キャリアから発表されたスマートフォンの新機種を横並びで比較していく。第1回はサイズと重さに焦点を当てた。なお、この記事は6月15日に掲載したものをベースに、端末スペックで変更があったところを修正している。(2012/8/28)

ミヤビックス、「Optimus Vu L-06D」「L-06D JOJO」用の高級レザーケースを発売
ミヤビックスは、NTTドコモのスマートフォン「Optimus Vu L-06D」および「L-06D JOJO」に対応した高級レザーケースを4種発売した。(2012/8/24)

「L-06D JOJO」、8月30日発売が正式決定 オンラインショップでは1500台を販売
ドコモは「L-06D JOJO」を8月30日に発売すると正式に発表した。オンラインショップでは30日に750台、翌々日の9月1日750台の計1500台を販売する。(2012/8/24)

NTTドコモに聞く「L-06D JOJO」:
第3部 「増産は絶対にできない」けどプロモーション、容赦せん!――ジョジョスマホの伝え方
ジョジョスマホ「L-06D JOJO」は予約開始と同時に、多くの店舗で開店前から完売状態になるなど注目を集めている。それだけに、1万5000台という少なさが気になる。今回はプロモーションに対する考えや、ジョジョ愛が高じて他部署から参加した鹿島氏に焦点を当てた。(2012/8/24)

5インチまではスマートフォン:
多様化するディスプレイサイズ ドコモのスマホ戦略に迫る
ドコモはこの夏、さまざまなディスプレイサイズのAndroidスマートフォンをラインアップした。ドコモは端末サイズの多様性についてどのような戦略を描いているのか? 担当者に聞いた。(2012/8/21)

NTTドコモに聞く「L-06D JOJO」:
第2部 iPhoneとは違う「スゴ味」があるッ!――ジョジョスマホがLG製の理由
ジョジョスマホ「L-06D JOJO」の製造メーカーはLGエレクトロニクスだが、「なぜ日本メーカーではないのか?」と疑問に思った人も多いのではないだろうか。ベースモデルのOptimus Vuも特殊な形状に分類されるだが、なぜこのモデルを採用したのか。(2012/8/21)

「L-06D JOJO」の予価が案内――量販店での一括価格は8万4000円
8月30日の発売を予定している「L-06D JOJO」の予価が案内されている。都内量販店では、新規と機種変更の一括価格が8万4000円となる予定だ。(2012/8/20)

ふぉーんなハナシ:
「ありがとう」……それしか言う言葉がみつからない――ジョジョスマホの事前予約に行ってきた
いよいよ予約受付が始まったジョジョスマホ「L-06D JOJO」。朝4時半という微妙な?時間帯に地元のドコモショップへ訪れた筆者だったが……。予約の一部始終をリポートする。(2012/8/18)

NTTドコモに聞く「L-06D JOJO」:
第1部 「納得」は全てに優先する!――“奇跡”から始まったジョジョスマホ
8月18日から事前予約を開始し、8月30日に発売を予定している“ジョジョスマホ”こと「L-06D JOJO」。「商品化できたのは奇跡」と話すほどのドラマがあった同モデルは、どのような経緯で開発したのか。ドコモの“奇妙な3人”に話を聞いた。第1部では企画とデザインに焦点を当てる。(2012/8/17)

開発陣に聞く「Xperia GX SO-04D」(後編):
正統進化を果たした「Xperia GX SO-04D」の次に期待するもの
ディスプレイ、チップ、カメラ、通信サービスなどで、現在求められる最高峰のスペックを手に入れた「Xperia GX SO-04D」。インタビューの後編では、機能や使い勝手を中心に、マーケティング担当の中田氏に話を聞いた。(2012/8/15)

8月11日と12日に体験イベント:
渋谷で“ジョジョスマホ”に触って限定ポストカードをゲット
「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボしたスマートフォン「L-06D JOJO」の体験イベントが、8月11日と12日に渋谷で開催される。ジョジョ語入力ゲーム「JOJO GO BATTLE」で勝利すると、限定ポストカードがもらえるチャレンジイベントなども行う。(2012/8/10)

「Optimus Vu L-06D」「REGZA Phone T-02D」発売、一括で8万円台前半と6万円台後半
ドコモのスマートフォン「Optimus Vu L-06D」と「REGZA Phone T-02D」が店頭に並んだ。一括価格はOptimus Vuが8万円台前半、REGZA Phoneが6万円台後半と案内されていた。(2012/8/8)

「JOJO GO BATTLE」も開催ィィィ!:
「L-06D JOJO」の全容がプロモーションサイトで徐々に明らかに
「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボしたスマートフォン「L-06D JOJO」の機能やコンテンツの詳細が、プロモーションサイトで公開されている。さらに、荒木飛呂彦氏の描き下ろしグッズが手に入るチャンスのあるキャンペーンも実施されているッ!(2012/8/6)

5インチXGA液晶搭載のXiスマホ「Optimus Vu L-06D」、8月3日に発売
4:3比率の5インチXGA液晶を搭載したLG製の「Optimus Vu L-06D」が、8月3日に発売される。(2012/8/1)

LG夏モデルが食べられる!福岡にできた期間限定カフェ「Optimus Cafe @ palomagrill」に行ってきた【レポート】
LGエレクトロニクス・ジャパンが福岡・今泉にて2012年7月21日(土)〜8月19日(日)まで期間限定で行っているカフェ「Optimus cafe@palomagrill」に来店してみました。(2012/8/1)

限定1万5000台:
「L-06D JOJO」の事前予約、8月18日にスタート
ドコモは、「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボした「L-06D JOJO」の事前予約を8月18日に開始する。5インチディスプレイの「Optimus Vu」をベースに、豊富なコンテンツを搭載した。(2012/7/27)

LGエレクトロニクス、向井理を起用した「Optimus Vu L-06D」のテレビCMを放映
LGエレクトロニクス・ジャパンは、NTTドコモ向けの夏モデル「Optimus Vu L-06D」の販売に伴い、向井理を起用したTVCMを7月28日より全国放映する。(2012/7/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。