ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「太陽光発電」最新記事一覧

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック
「太陽光発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

太陽光:
世界記録の効率25.04%、n型裏面電極の太陽電池セルで
トリナ・ソーラーはn型単結晶シリコンを利用した6インチの裏面電極型太陽電池セルで、世界記録の実効変換効率25.04%を達成した。(2018/2/16)

太陽光:
埼スタ最寄り駅の屋上に太陽光発電、自家消費で駅の省エネに活用
埼玉高速鉄道は埼玉スタジアム線の浦和美園駅の駅舎屋上階に、太陽光発電システムを設置導入し、発電を開始した。全量を駅構内や本社施設の電力として活用する。(2018/2/15)

太陽光:
2MWを15分で検査、太陽光発電所のドローン点検サービス
ブイキューブロボティクスがドローンを利用した太陽光発電所の点検サービスの提供を開始。2MWの発電所の場合、ホットスポットの検知や点検レポートの作成までを15分で行えるという。(2018/2/13)

太陽光:
岐阜県のゴルフ場がメガソーラーに、1.5万世帯分の電力を発電
パシフィコ・エナジーが岐阜県でゴルフ場跡地を活用した太陽光発電所を建設。出力55MWで年間発電量は約5500万kWhを見込んでいる。(2018/2/13)

電気自動車:
車載用ソーラーパネルだけでEVを走らせるには? NEDOがコストメリットを試算
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「太陽光発電システム搭載自動車検討委員会」の中間報告書を公表した。(2018/2/13)

太陽光:
2018年度の太陽光FIT価格は18円に、入札は保証金の没収ルール変更へ
資源エネルギー庁は10kW以上の太陽光発電の2018年度におけるFIT価格を18円/kWhにする方針を固めた。2MW以上を対象とする入札制度では、保証金の没収条件を緩和する。(2018/2/8)

太陽光:
雲粒子の影響も解析、日本初をうたう高精度な太陽光発電量予測サービス
ウェザーニューズは、日本で初めてという雲粒子による影響も考慮した太陽光発電量予測技術および日射量予測技術を活用したサービス「新太陽光発電量予測」の販売を開始した。(2018/2/8)

太陽光:
新制度に移行した太陽光発電、政府の2030年目標を超える導入量に
経済産業省が改正FIT法で設備認定が失効となった案件数の推定値を公表。太陽光発電については、政府が2030年の電源構成で目標としている6400万kWの導入量を、既に超える案件数が新制度に移行する見込みだ。(2018/2/7)

自然エネルギー:
「しきみ」を栽培するソーラーシェア事業、820世帯分を発電
バイテックホールディングスが宮城県で営農と太陽光発電を同時に行う「ソーラーシェアリング」を開始。貸与こうパネルの下では、仏事などに使われる「樒(しきみ)」を栽培する。(2018/2/7)

太陽光:
パネルごとに発電最適化、オムロンが高圧太陽光向けオプティマイザー
オムロンとSolarEdgeは、高圧用太陽光発電システム向けパワーオプティマイザーとパワーコンディショナーを2018年3月に発売する。SolarEdgeが得意とする、太陽光パネルごとに発電最適化する技術を搭載した製品を、オムロンの販売・アフターサービス網がサポートする。(2018/2/6)

太陽光:
NTTスマイル、太陽光を無償設置する「PPA」に数十億円の投資へ
NTTスマイルエナジーとデンカシンキは、PPA事業に関してビジネスパートナー契約を締結した。デンカシンキが提供する「フリーソーラープロジェクト」のさらなる普及拡大を狙い、NTTスマイルは太陽光発電システムのオーナーとして参画する。(2018/2/5)

太陽光:
日本最大級の“自家消費型”メガソーラー完成、塩害対策がキモに
インクメーカーのDICが茨城県の工場に、自家消費を目的に太陽光発電設備を導入。自家消費目的としては国内最大級という1.6MW(メガワット)の発電所だ。(2018/2/2)

太陽光:
ヨルダンの新規太陽光プロジェクト、三井物産が3案件目の受注
三井物産は、米国発電事業大手AES Corporationと共同で、独立系発電事業(IPP)案件を受注したと発表した。三井物産にとってヨルダンで3件目となる本案件は、出力約52メガワット(MW)の太陽光発電所を建設し、商業運転開始は2019年を予定する。(2018/2/2)

太陽光:
薄膜太陽電池の製造が簡単に、非結晶のポリマー材料を新開発
大阪大学らの研究グループは、アモルファス(結晶を作らず、乱雑に結合した状態)特性を持つ太陽電池材料の高性能化に成功。有機薄膜太陽電池の製造簡易化などへの貢献が期待できる成果という。(2018/2/1)

太陽光:
既設太陽光向けのストリング監視、SCADA未導入でも低コストに
住友電気工業は、2018年2月より既設太陽光発電所向けに、後付け可能なストリング監視ソリューションを販売開始する。SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)未導入の既設サイトでも、低コストに監視が始められることが特長だ。(2018/2/1)

太陽光:
どんな屋根にもたくさん載る、LIXILが新型太陽光パネル
LIXILは、どのような屋根形状でも大容量搭載を実現できる新ソーラーパネル「Gシリーズ」を2018年2月1日より受注開始すると発表した。18.48%の高いモジュール変換効率を実現している。(2018/1/26)

自然エネルギー:
陸上に洋上向けの大型風車、太陽光と連系するハイブリッド発電所
ジャパン・リニューアブル・エナジーと北拓は、風力発電所と太陽光発電所を併設したハイブリッド発電所の運転を開始したと発表した。約1997万kWhの年間発電量を見込む。(2018/1/17)

太陽光:
有機薄膜太陽電池の生産負荷を軽減、新しい高分子半導体の合成技術
筑波大学と物質・材料研究機構の研究グループが、有機電子光デバイス用高分子半導体を合成するための新しい合成技術の開発に成功。有機EL素子や有機薄膜太陽電池の省資源かつ低環境負荷な生産の実現に寄与するという。(2018/1/16)

太陽光:
太陽光発電所の売却額をWebと訪問で査定、セカンダリー市場に新規参入
太陽光発電所のマッチングサービスなどを運営するグッドフェローズは、太陽光発電所の訪問およびWeb査定サービスを開始。太陽光発電所のセカンダリー市場に参入する。(2018/1/15)

電力供給サービス:
「農業×太陽光」を応援できる電力プラン、0円で住宅太陽光発電の設置も
横浜環境デザインは農業と太陽光発電を両立する「ソーラーシェアリング」を応援できる電気料金プラン「ヨコハマのでんき」を展開。太陽光発電の第三者所有モデル事業も開始する。(2018/1/15)

太陽光:
太陽光の第2回入札はどうなるのか、保証金の没収条件は緩和へ
2017年に第1回が実施された太陽光発電のFIT価格を決める入札制度。第1回が低調だったことを受け、第2回の制度設計について議論が行われている。多くの事業者が辞退する要因となった、保証金の没収条件が緩和される見込みだ。(2018/1/12)

スマートホーム:
エネルギーとIoTが連携するZEH、7.25kWの太陽光パネル搭載
アキュラホームは、7.25kWの太陽光発電システムを搭載したZEH「MIRAI ZEH-NEO(ミライゼッチネオ)」の販売を開始した。AIやIoTとの連携により、最新かつ最適な住環境を実現するという。(2018/1/12)

太陽光:
高効率な太陽電池に道、半導体ナノ粒子の光電変換を解明
京都大学は半導体ナノ粒子にレーザーパルス光を照射した際の電子の動きを初めて解明。ナノ粒子の量子効果を利用した高効率な太陽電池の開発などにつながる成果だという。(2018/1/11)

太陽光:
ハウステンボスが電力小売に参入、太陽光パネルを譲渡する新プラン
ハウステンボスが電力小売事業を立ち上げ、京セラ製の太陽光発電システムが譲渡される新プラン「ハウステンボスHOME太陽光でんき」のサービスを開始した。(2018/1/11)

太陽光:
雨水でパネル汚れを落とす“水切り加工”、エクソルの新型モジュール
エクソルは、表面汚れを雨水で洗い流し発電量の低下を抑える「水切り加工」を施した50セルサイズの単結晶太陽電池モジュール「XLM50-250X」の販売を開始した。(2018/1/11)

太陽光:
2018年度のFIT価格、事業用太陽光は数円の引き下げへ
事業用太陽光発電の2018年度におけるFIT価格が見えてきた。システム費用の低下、過積載による設備利用率の向上を受け、現状の21円/kWhから数円程度の引き下げとなるのは、確実な情勢だ。(2018/1/10)

省エネビル:
ガラス一体型太陽電池を導入、旭硝子がZEB施設を建設へ
AGC旭硝子は、自社工場にネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)施設の建設を開始した。同社の省エネ・創エネ製品を活用した同施設は114.7%のエネルギー削減を達成する見込みだ。(2018/1/10)

太陽光:
太陽光O&Mをクラウドで総合支援、野原HDが新サービス
野原ホールディングスは、太陽光発電のO&M向けクラウドサービスの販売を開始する。保守拠点の一元管理や、各種資料の管理、点検履歴の作成・管理などが行える。(2018/1/9)

太陽光:
日産リーフ購入者に太陽光を無償設置、電気料金も割引きに
日産と日本エコシステムが共同キャンペーンを開始。「日産リーフ」購入者が日本エコシステムの電力小売りプランと契約すると太陽光発電を無償で設置する。(2017/12/27)

蓄電・発電機器:
メタノールで直接発電する新型燃料電池、NTTドコモの基地局を支える
NTTドコモが通信基地局に、フジクラが開発を進めている新型燃料電池を実証導入。メタノールで直接発電する世界初をうたう燃料電池だ。太陽光発電などと連携運用を行い、緊急時でも基地局を稼働できるようにする。(2017/12/22)

太陽光:
薄膜太陽電池セルで世界最高、効率22.9%を達成
ソーラーフロンティアがCIS系薄膜太陽電池のセル発電素子で、変換効率22.9%を達成。これまでの世界記録を塗り替えた。(2017/12/21)

太陽光:
住友商事、米国の太陽光事業で25年の長期売電契約
住友商事は米国ネバダ州で進めている太陽光発電事業で、同州の大手電力事業者と25年間の長期売電契約を締結した。発電した電力は、ネバダ州に拠点を置く企業などに供給される。(2017/12/20)

自然エネルギー:
岩手県で大規模ソーラーシェアリング始動、麦栽培と発電を両立
岩手県一関市で大規模なソーラーシェアリングプロジェクトが始動。リニューアブル・ジャパン、東急不動産、日本アジア投資が手掛ける事業で、太陽光発電事業と麦などの有機栽培の両立を目指す。(2017/12/19)

太陽光:
低調に終わった太陽光の第1回入札、背景に3つの理由
2017年秋に第1回が実施された太陽光発電の入札制度。落札容量の合計が募集要量の3割に満たないなど、低調な結果に。そこでJPEAは太陽光発電の開発事業者に、入札に関するアンケート調査を実施した。その結果から見えてきた、多くの事業者が入札に参加しなかった理由とは?(2017/12/18)

太陽光:
自治体負担ゼロで太陽光導入、カーポート活用の「第三者所有モデル」
ファブスコはカーポート型太陽光発電システムを利用した、第三者所有モデルの太陽光発電および電力販売事業を開始。自治体などは費用負担なく太陽光発電システムを導入でき、公共施設の災害用電源などを確保できる。(2017/12/18)

太陽光:
改正FITで転機となった太陽光発電、今後求められる視点は何か
適正な事業計画の策定、定期点検の義務化など、2017年の太陽光発電市場は改正FIT法の施行で大きな転機を迎えた。本稿では改正FIT法によって変わったポイントを振り返るとともに、今後の太陽光発電事業に求められる視点や技術を解説する。(2017/12/14)

太陽光:
水上太陽光発電で自家消費、埼玉県の工場で
太陽ホールディングスは埼玉県嵐山町にある子会社工場の隣接池に、水上太陽光発電所を開設。発電した電力は工場の運営に利用し、自家消費を行う計画だ。(2017/12/13)

太陽光:
0円で屋根に太陽光発電を設置、無料リフォームと賃料も提供
エコスタイルは施設屋根を利用した太陽光発電事業を推進する。劣化した屋根の無料塗装や無料リフォーム、電気料金の削減など、屋根を貸し出す顧客に対し、さまざまなメリットを提供する事業スキームを発表した。(2017/12/12)

太陽光:
水上太陽光で台湾進出、三井住友建設が現地法人を設立
水上太陽光発電用のフロート架台を販売している三井住友建設が、台湾に現地法人を設立。台湾では日本と同様にため池が多く、その水面を活用した太陽光発電事業が活発になっているという。(2017/12/11)

太陽光:
中型の太陽光発電向け、10kVAの壁掛けパワコン
GSユアサは壁掛けタイプの新型パワーコンディショナーの販売を開始。出力10kVAで、中型の太陽光発電に向くという。(2017/12/11)

太陽光:
発電する窓ガラス実現へ、半透明で効率10%の太陽電池
東京大学の研究グループは、半透明かつ10%のエネルギー効率を持つペロブスカイト太陽電池の開発に成功。窓ガラスなどへの利用が期待されるという。(2017/12/8)

セブンが次世代型店舗お披露目 日本初、路面型太陽光パネル導入
セブン−イレブン・ジャパンは6日、再生可能エネルギーの利用拡大へ向け、日本で初めて路面型太陽光発電パネルを導入した次世代型店舗を東京都内で公開した。(2017/12/7)

自然エネルギー:
「追尾式太陽光×田んぼ」でソーラーシェアリング、10年で投資回収
奈良県天理市で、太陽光発電事業と稲作を同時に行うソーラーシェアリングが開始する。追尾式のシステムを採用することにより、発電量の増加と太陽光パネル下部のトラクター作業を達成できた。(2017/12/7)

自然エネルギー:
ソーラーシェアリング収穫祭、開催! 太陽光パネルの下で農作物の収穫を祝う
実りの秋、これまでにない全く新しい“収穫祭”が、千葉県匝瑳市の太陽光パネルの下で催された。ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)による農作物の豊作を祝う、その名も「ソーラーシェアリング収穫祭」だ。(2017/12/8)

太陽光:
太陽光発電を池に沈める、水害時の対処指針を策定へ
NEDO、JPEA、奥地建産が太陽光発電設備の水没実験を実施。感電などの危険がある水害に遭った発電設備の点検や撤去手法の指針策定に役立てる。(2017/12/6)

スマートホーム:
日本初のZEH賃貸住宅が完成、太陽光+低圧一括受電で
日本初をうたう、ZEH基準を満たした集合賃貸住宅が静岡県伊豆市に完成した。太陽光発電システムや断熱性の高いサッシを導入した他、低圧一括受電の仕組みを活用している。(2017/12/5)

太陽光:
生産地は「太陽光パネルの下」、栽培したシイタケを販売へ
ネクストイノベーション(岡山県玉野市)は、太陽光発電所のパネル下部で栽培した椎茸の販売を開始した。太陽光パネルの下部はシイタケ栽培に最適だという。(2017/12/4)

工具要らずで取り付けできる車載ソーラーパネル
太陽工房は、車載用の太陽光発電システム「VS12-M50SPV-B115LAV」など2製品の発表を行った。(2017/12/1)

太陽光:
青森県で3つのメガソーラーが同時稼働、1万5000世帯分を発電
エクイスエナジーが青森県七戸町に開設した3カ所の太陽光発電所が稼働。1万4950世帯分に相当する年間発電量を見込んでいる。(2017/12/1)

太陽光:
食品卸のトーホー、太陽光発電で自家消費
トーホーグループ子会社のトーホー・北関東は、本社・宇都宮支店の屋上で進めていた全量自家消費用の太陽光発電設備の設置工事が11月30日に完了し、発電を開始すると発表した。(2017/11/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。