ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「太陽光発電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック
「太陽光発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

太陽光:
蓄電池の購入を検討する理由、第1位は「太陽光のFIT期間が終了するため」
グッドフェローズが同社の蓄電池の見積もりサイトを利用するユーザーに緊急アンケート調査を実施。蓄蓄電池の導入を検討した理由の第1位は、「太陽光発電の固定価格買取期間(FIT期間)が終了するため」だったという。(2018/12/19)

太陽光:
停電時に太陽光発電の自立運転を使ったか? 静岡県がアンケート調査
静岡県は台風24号による大規模停電発生時における、県内の住宅太陽光発電設備(自立運転機能)の利用実態について調査を実施。自宅で停電があったユーザーのうち、自立運転機能を有しているにもかかわらず、機能を利用できなかったユーザーは18%を占めた。(2018/12/14)

太陽光:
故障していないのに売電量が減少、太陽光発電所における雑草対策の意義
稼働から数年経過した太陽光発電所では、予期せぬさまざまなトラブルが発生することも。そのうちの1つで、故障に直結はしないものの、発電量に大きく影響を与える要因として注意したいのが“雑草”だ。(2018/12/13)

太陽光:
静岡県が太陽光の導入モデルガイドライン公表、10kW以上を対象に
静岡県が県内の市町に設置する太陽光発電設備についての、モデルガイドラインを公表。各市町のガイドライン作成の支援と、太陽光発電の導入に関するトラブルを防ぐのが狙いだ。(2018/12/12)

太陽光:
太陽光発電を導入する公立小中校、全国で30%を突破
文部科学省が公立学校施設における再エネ設備の導入状況を公表。小中学校における太陽光発電設備の設置率は2018年度に30%を突破した。(2018/12/12)

太陽光:
蓄電池で自家消費を促進、“卒FIT太陽光”を見据えたサービスを実証
九州電力と三井物産は“卒FIT”を迎える住宅太陽光発電が登場することを見越し、蓄電池を用いて電力の自家消費を促し、住宅の電気料金を低減するサービスの実証実験を開始する。(2018/12/11)

太陽光:
スバルが工場の遊水池にメガソーラー、自家消費型で最大級
自動車メーカーのSUBARUが群馬県の工場に太陽光発電を導入。自家消費型としては国内最大級という5MWのメガソーラーで、工場にCO2排出量削減に活用する。(2018/12/11)

自然エネルギー:
太陽光の“発電事業者”による新団体「ASPEn」誕生、その設立の狙いとは?
再生可能エネルギーの主力電源化がうたわれる一方で、太陽光発電には社会との共生など新たな課題も顕在化してきている。こうしたなか、中小規模の発電事業者を中心とする全国組織「一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn/アスペン)」が誕生。発電事業者による組織を立ち上げた狙いとは? 設立シンポジウムの様子をレポートする。(2018/12/10)

自然エネルギー:
花王が「CO2ゼロ工場」を実現、太陽光+非化石証書で
花王が愛媛工場においてCO2排出量ゼロを達成。工場に導入した太陽光発電設備と非化石証書を使用した電気を調達することで達成した。(2018/12/7)

太陽光:
経産省が未稼働太陽光へのFIT改正案を修正、減額の適用期限に猶予
一定の条件に基づいて買い取り価格を減額するという、太陽光発電の未稼働案件に対するFIT制度の改正案について、経済産業省が一部の内容を修正すると発表。2019年3月31日までとしていた系統連系工事の着工申し込みの受領期限を延長し、猶予期間を設けた形だ。(2018/12/6)

自然エネルギー:
目指す再エネ比率ごとに3つの料金プラン、自家消費太陽光とセットでコストも削減
エコスタイルが「RE100」などに取り組む企業向けに、再エネ比率を高められる電力プランを発表。このプランと自家消費型太陽光発電を組み合わせることで、再エネ比率の向上とコスト削減を両立できるという。(2018/12/6)

自然エネルギー:
パナソニック、「再エネ100%」のリサイクル工場を実現
パナソニックが兵庫県にある同社の家電リサイクル工場において、再生可能エネルギー由来電力100%による事業運営を実現。太陽光発電の活用やグリーン電力プランによる調達の他、非化石証書を活用して実現した。(2018/11/28)

太陽光:
FIT改正で8割以上の太陽光案件が「脱落」の可能性、JPEAが経産省に修正要望
太陽光発電の一部の未稼働案件について、買い取り価格の減額措置などを行う経産省のFIT改正方針について、太陽光発電協会が声明を発表。多くの案件が開発断念に追い込まれるとして、7つの修正要望を公表した。(2018/11/27)

太陽光:
2つに分離する高圧向け太陽光パワコン、安川電機が販売開始
安川電機が高圧向け太陽光発電用パワーコンディショナー新製品の販売を開始。出力65kW、1000V対応のパワーコンディショナーで、分散設置にも対応する。(2018/11/26)

太陽光:
風速55m/sと積雪1.5mに対応する太陽光架台、リープトンが販売
リープトンエナジーが野立て太陽光発電向け架台の新製品を発表。耐積雪は最大150cm、耐風圧は最大55m/s(メートル毎秒)を実現した。(2018/11/26)

省エネ機器:
再エネの利用効率を高める「直流送電」、三菱電機が事業を本格展開
三菱電機が建設を進めていた、直流送電システムの製品開発・検証施設が完成。洋上風力発電や太陽光発電等との連系が容易で、再生可能エネルギーの利用効率を高められる直流送電システム事業を本格的に展開する。(2018/11/21)

太陽光:
2030年度の太陽光普及率は9.7%、“卒FIT”の割合は47%に
調査会社の富士経済が住宅太陽光発電やオール電化住宅に関する調査結果を発表。2030年度の住宅分野における太陽光普及率は9.7%で、“卒FIT”を迎える住宅の割合は47%にのぼると予測した。(2018/11/20)

蓄電・発電機器:
57%省スペース化した新型パワコン、オムロンが住宅太陽光向けに
オムロンが住宅太陽光発電向けの新型パワコンを発表。従来比57%の省スペース設計が特徴で、高効率な太陽光パネルの導入ニーズにも対応する。(2018/11/20)

ソーラーシェアリング入門(6):
ソーラーシェアリング事業の壁、「ファイナンス」の手法について考える
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの事業化に際して課題になることが多い「ファイナンス」の手法について解説する。(2018/11/26)

自然エネルギー:
自家消費型の太陽光を推進、 “エネルギー地産地消”を目指す神奈川県の取り組み
2030年度までに県内の電力消費量の45%を太陽光などの分散電源で賄う目標を掲げる神奈川県。特に近年注力しているのが自家消費型の太陽光発電の推進だ。その取り組みについて、産業労働局産業部エネルギー課 副課長の柳田聡子氏にお話を伺った。(2018/11/19)

太陽光:
“卒FIT太陽光”の一般認知度は4割、売電先の一番人気は「民間企業」
昭和シェル石油とソーラーフロンティアは、“卒FIT”を迎える住宅太陽光発電の登場が迫る中、発電者(プロデューサー)であると同時に消費者(コンシューマー)でもある「電力プロシューマー」に関するアンケート調査を実施。2019年12月以降、住宅太陽光の売電先が広がることなどに関しての認知度は4割程度だった。(2018/11/15)

太陽光:
太陽光発電の災害による損害を補償、ネクストエナジーが高圧案件にも提供
ネクストエナジー・アンド・リソースは、同社太陽光発電システムの購入と同時に付帯する「産業用自然災害補償制度」を高圧案件にも拡大した。太陽光発電システムの購入金額を限度額として、太陽光発電システムの損害による修繕費用を補償する。(2018/11/14)

自然エネルギー:
“卒FIT太陽光”事業に参入のNTTスマイル、蓄電用「エコめがね」も新開発
太陽光発電の遠隔監視サービス「エコめがね」などを展開するNTTスマイルエナジーは、卒FIT太陽光の余剰電力買い取り事業に参入。この他、蓄電池向けのエコめがねなど、複数の新事業の開発に取り組む計画だ。(2018/11/14)

太陽光:
アルプス電気の工場新棟、1MWの太陽光発電を自家消費
アルプス電気は、新たに建設した「古川第二工場」の新棟に、自家消費向けの1MWの太陽光発電設備を導入。この他さまざまな省エネ設備などの導入により、温室効果ガスを50%削減できるという。(2018/11/13)

太陽光:
停電を経験の住宅太陽光ユーザー、3割が非常用電源の機能を認知せず
「タイナビ総研」を運営するグッドフェローズが、全国の住宅太陽光発電ユーザーにアンケートを実施。停電を経験したユーザーのうち、約3割が非常用電源として利用できることを知らなかったという。(2018/11/13)

太陽光:
“卒FIT太陽光”の余剰電力を8円で買い取り、Web上で蓄電池販売も
シェアリングエネルギー(東京都品川区)が住宅太陽光発電の余剰電力買い取りサービスを発表。“卒FIT”を迎える設備を対象に、税込み8円/kWhで買い取りを行う。併せて日本初という蓄電池のWeb販売も実施する。(2018/11/12)

「経年増価」の街づくり:
「シェアする街」で資産価値を向上 エネルギー、土地、防災など共有で アキュラホーム
住み続けることで資産価値が高まっていく「経年増価」の街づくりが動き出した。木造注文住宅を手がけるアキュラホーム(東京都新宿区)が“シェアする街”として10月20日から前期分譲24戸の販売を始めた「ヒルサイドテラス若葉台」(同稲城市)だ。全棟に搭載した太陽光発電で得た売電収入を街の維持管理費として運用するエネルギーのシェアのほか、土地や防災、育児なども共有する。住民同士のコミュニティーを自然と育む仕掛けを作ることで景観や住環境の維持向上を促す。(2018/11/12)

太陽光:
丸紅も“卒FIT太陽光”の買い取り参入、「再エネのプラットフォーマーを目指す」
丸紅新電力がベンチャー企業のパネイルと新会社「丸紅ソーラートレーディング」を設立。“卒FIT”を迎える住宅太陽光発電の余剰電力買い取りサービスを開始した。(2018/11/8)

自然エネルギー:
「再エネ+蓄電+水素」の新型システム、太陽光を72時間にわたり安定供給
東北大学と前川製作所は、蓄電および水素貯蔵システムを組み合わせた「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」の実証で、72時間にわたって太陽光発電の電力を安定供給することに成功した。(2018/11/6)

太陽光:
太陽光を自営線と自己託送で“地産地消”、千葉県の大型リゾート施設で
リソルホールディングスが千葉県にある自社の大型複合リゾート施設に、再生可能エネルギーの地産地消システムを導入。自営線と自己託送を活用し、太陽光発電の電力を全て自家消費するという。(2018/11/5)

ソーラーシェアリング入門(5):
ソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイント
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイントについて解説する。(2018/11/5)

エネルギー管理:
EVの蓄電池と太陽光をまとめて最適化、新しいエネマネ技術
三菱電機は電気自動車や蓄電池などの蓄電設備と、太陽光発電などの発電設備を組み合わせて管理する新しいエネルギーマネジメントシステムを開発。電気料金単価の変動に連動してEVの充放電スケジュールと太陽光などの発電設備の運転を最適化することで、建物の電力コストを削減できるという。(2018/11/1)

自然エネルギー:
ソーラーシェアリングの普及を後押し、神奈川県が事業支援プランを公募
神奈川県は太陽光発電と農業を両立するソーラーシェアリング事業の普及に向けて、民間事業者から事業を支援するサービスためのプランの募集を開始した。(2018/10/31)

太陽光:
独立電源として使える、可搬型の「太陽光+蓄電池」
太陽電池と蓄電池を組み合わせた可搬型の独立電源システムが登場。さまざまな出力に対応し、価格は税込み12万9800円。(2018/10/31)

太陽光:
有機薄膜太陽電池を高性能化、フッ素原子を使う新型アクセプターユニット
大阪大学らの研究グループがフッ素原子を導入した新しいアクセプターユニットの開発の開発に成功。有機薄膜太陽電池の高性能化などにつながる成果だという。(2018/10/31)

太陽光:
北海道地震による大停電、85%の住宅太陽光ユーザーが自立運転を活用
太陽光発電協会は2018年9月に発生した北海道地震に伴う大規模停電で、住宅太陽光発電の自立運転機能がどれほど活用されたなどを調査。約85%が自立運転機能を利用し「停電時に有効に活用できた」との声が寄せられたという。(2018/10/30)

ソーラーシェアリング入門(4):
数年で大きな変化、ソーラーシェアリングを巡る政策動向
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングを巡る日本の政策動向について解説する。(2018/10/29)

太陽光:
狙うは卒FITの住宅太陽光、蓄電池の月額運用サービス登場
2019年に向けて、“卒FIT”を迎える住宅太陽光を見据えたサービス開発が加速している。伊藤忠商事と東京電力ホールディングス傘下のTRENDEらは、AIを活用した家庭向け蓄電システムと、蓄電池と太陽光発電の利用を前提とした専用電気料金プランを発表した。(2018/10/26)

自然エネルギー:
再エネを直流で無駄なく活用、金沢工業大が“生活”実証
金沢工業大学は再生可能エネルギーで発電した電力を「直流」のまま、効率よく活用するシステムの構築と実証実験に取り組んでいる。キャンパス内の太陽光発電と蓄電設備を設置したコテージで、実際に被験者が生活を行いながら実証を進めているという。(2018/10/25)

太陽光:
立入検査でFIT認定取り消しも、低圧太陽光の安全規制を強化
経済産業省 資源エネルギー庁は、50kW未満の低圧太陽光発電に対する安全規制を強化する方針を示した。電気事業法に基づく技術基準に適合していないと思われる案件については、立入検査などを実施する方針だ。(2018/10/24)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(6):
雑草対策に使うその前に、太陽光発電事業者が知っておきたい農薬知識
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、運用課題の一つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は雑草対策に利用される、農薬についての基礎知識について解説する。(2018/10/22)

IT活用:
太陽光の電力をブロックチェーンで直接売買、関電や三菱UFJらが実証
関西電力や三菱UFJ銀行らが太陽光発電の余剰電力を、ブロックチェーンを活用して直接取り引きする実証実験に着手。売買価格を決定できる、新たな取り引きプラットフォームの構築を目指すという。(2018/10/19)

医療機器ニュース:
超薄型有機太陽電池で駆動する、皮膚貼り付け型心電計測デバイス
理化学研究所は、超薄型有機太陽電池で駆動する「皮膚貼り付け型心電計測デバイス」を発表した。消費電力や装着時の負荷を気にせずに、連続的に生体情報を取得できる。(2018/10/17)

太陽光:
太陽光発電の“長期未稼働案件”、FIT価格を引き下げる方針に
資源エネルギー庁は、FIT初期に認定を取得した太陽光発電の長期未稼働案件に対し、買取価格の減額などを行う方針を示した。(2018/10/17)

太陽光:
九州電力が太陽光発電の出力制御を決定、10月13日に43万kWが対象
九州電力が離島以外では国内初となる再生可能エネルギー電源への出力制御を指示。10月13日に、43万kWの再生性可能エネルギー電源を対象に出力制御を実施する。(2018/10/12)

太陽光:
太陽光の“未稼働案件”は30GW以上に、FIT認定量は既に30年目標超え
FIT価格を議論する「調達価格算等算定委員会」で、2018年3月末時点における太陽光発電などの導入量が公開された。改正FIT法に移行した認定容量は約70.1GWで、未稼働案件は30GW以上残っていることが明らかになった。(2018/10/11)

太陽光:
単機で容量3200kW、1500V対応の太陽光パワコンを新発売
東芝三菱電機産業システム(TMEIC)が、1500V対応の単機容量3200kWの太陽光発電システム用屋外型パワーコンディショナ(PCS)を発表。2019年1月から販売を開始する。(2018/10/10)

太陽光:
次世代太陽電池につながる、ビスマス系の高性能光応答素子の開発に成功
大阪大学の研究グループが、価格、低毒性、安定性に優れた硫化ビスマスの成膜プロセスを開発し、高性能光応答素子の作製に成功。次世代太陽電池材料の開発につながる成果という。(2018/10/9)

太陽光:
災害で損傷した太陽光発電所、発電損失リスクを残さない再生手法とは?
さまざまな災害によってダメージを受けた太陽光発電所では、太陽光パネルなど設備の交換が必要になる場合もある。しかし、目視で確認できる部分だけを交換するだけでは、将来の発電損失のリスクを見逃す可能性も。(2018/10/5)

太陽光:
伸縮性のある有機薄膜太陽電池、世界最高の効率10.5%を達成
理化学研究所などの研究グループが、発電効率10.5%のフレキシブルな超薄型有機太陽電池の開発に成功。されにこれを用いた、「皮膚貼付け型心電計測デバイス」の開発にも成功した。(2018/10/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。