ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マイレージ/ポイント制度」最新記事一覧

人気の「昼特」廃止してまで……狙いは「ICOCA」普及 JR西、ポイントサービス導入
関西で30年以上親しまれてきたJR西の「昼間特割きっぷ」が終了する。「ICOCA」の利用を促すためだが、「昼特きっぷ」の廃止を惜しむ声も出ている。(2017/10/11)

マイナンバーカードで「図書館カード」代替 “ポイント制度”も導入
マイナンバーカード1枚で、複数の公共施設の利用者カードを代替できるサービスが始まる。「自治体ポイント」をため、地域の特産品と交換できるサービスも。(2017/9/25)

スターバックスのポイント制度「スターバックス リワード」を開始 新商品先行購入など特典をゲット
米スターバックスでは既に導入済みだった。(2017/9/20)

「深いつながり」目指す:
スターバックス、初のポイントサービス「REWARDS」開始
スターバックスが初のポイントサービスを9月20日に開始。「Star」を集めると特典が得られる。顧客との「深いつながり」を目指すという。(2017/9/19)

JR西、「ICOCA」にポイントサービス導入 2018年秋
JR西日本が、ICカード乗車券「ICOCA」で、2018年秋をめどにポイントサービスを導入すると発表した。(2017/9/7)

マーケティングでも協力:
マツキヨ全店舗がdポイント対応 18年4月から
NTTドコモとマツモトキヨシホールディングスが、ポイントサービスの分野で協業。全国のマツモトキヨシ店舗が「dポイント」に対応する。(2017/8/30)

サークルKサンクスで8月からTポイントカードが使えるように 楽天スーパーポイントは終了へ
ファミマ同様、Tポイントサービスが利用できるコンビニに。(2017/7/6)

「楽天ポイント」は終了:
サークルK・サンクス、8月から「Tポイント」に対応
サークルK・サンクスが8月1日から「Tポイント」に対応する。ファミリーマートへのブランド転換に向け、ポイントサービスを統合する狙い。「楽天スーパーポイント」は17年9月末でサービスを終了する。(2017/7/5)

マクドナルド店舗の端末がマルウェア感染、電子マネー決済に障害 4日経っても復旧できず
マクドナルドの店舗の端末の一部がマルウェアに感染し、一部の電子マネーやポイントサービスが使えない障害が続いている。(2017/6/20)

マクドナルドで電子マネーとポイントサービスに障害 復旧見込み立たず
マクドナルドの全国店舗で、「WAON」と「iD」、「dポイント」と「楽天スーパーポイント」が使えない状況が続いている。(2017/6/19)

マクドナルドで「楽天スーパーポイント」をためて使えるように オリジナルのポイントカードも無料配布
ポイントを貯めて支払いにも使えます。(2017/5/26)

マクドナルド、全店で楽天ポイント導入 支払いも可能に
6月1日から日本マクドナルドの国内全店舗(約2900店舗)で「楽天ポイントカード」が使えるように。100円ごとに1ポイントがたまり、支払いなどに利用できる。(2017/5/26)

100円で1ポイント:
マクドナルドと楽天が提携 「楽天ポイント」付与
日本マクドナルドと楽天が「楽天ポイントカード」の採用で提携。(2017/5/26)

パンチラは男のロマン 「パンチラポイントカード」なる紳士のアイテムがクラウドファンディングに登場
あくまでネタとして、紳士的に楽しみましょう。(2017/4/19)

日本郵便、再配達防止でポイントサービス 郵便局・コンビニ受け取りを促進
もらえるポイントは「Ponta ポイント」「WAON ポイント」「dポイント」「エコ・アクション・ポイント」から選べる。(2017/3/30)

「ゲーム課金でマイルがたまる」 ANAマイレージが「ガチャに優しい」と話題に その狙いは
ゲームに200円使うごとに1マイルがたまる……そんなサービス誕生のきっかけは、あのゲームアプリだった。(2017/3/22)

週刊「調査のチカラ」:
スタンプラリーにポイントカード、顧客満足度向上の決め手を調査から読む
顧客満足度の高い企業、ポイントカードやクレジットカードの保有枚数にスタンプラリー企画を成功させるコツなど、昨今のコンシューマー事情をデータから探ります。(2017/2/25)

Android向けの決済サービス「Android Pay」、日本でスタート 楽天Edyの対応店舗で支払える
楽天ポイントカードなどさまざまなポイントもためられる。(2016/12/13)

EVモードで走ればお得に:
新型「プリウスPHV」、電力会社とポイントサービス
今冬発売する「プリウスPHV」向けに、EV走行距離や自宅充電量に応じてユーザーが特典を受けられるサービスが始まる。(2016/12/5)

ドコモの「dカードプリペイド」、11月21日に申込開始
ドコモは「dカードプリペイド」の申込みを11月21日から受け付ける。前払い式カードとdポイントカードの機能を併せ持つ。dポイントやポインコぬいぐるみが抽選で当たるキャンペーンも実施する。(2016/11/17)

導入企業向けマーケティングサービスも提供:
CCCマーケティング、「スマホサイフ」に電子スタンプ機能を追加
CCCマーケティングは、各社のポイントカードを集約できるスマートフォン向けアプリ「スマホサイフ」に電子スタンプサービスを追加した。11月15日から、日比谷花壇で利用できる。(2016/11/15)

「Amazon Mastercard」のポイント還元率、最大2.5%にアップ
「Amazon Mastercard」のポイントサービスが改定。Amazon.co.jpで買い物した場合の還元率が最大2.5%にアップした。(2016/10/27)

ファミマとサークルKサンクスでポイントカードをTカードに統合? コンビニ側は「決まったらお知らせする」
Rポイントカードはどうなるんだ。(2016/8/25)

リアル店舗で楽天ポイントたまる「楽天ポイントカード」、JCB加盟店に対応
「楽天ポイントカード」がJCB加盟店に対応。加盟店が申し込めば、JCBの決済端末で楽天スーパーポイントを扱える。(2016/8/8)

ドコモとTBSがハッカソンイベントを開催――最優秀賞は賞金100万円
NTTドコモとTBSが、スマホアプリやサービスのハッカソンイベントを開催。テーマは「たまる!つかえる!テレビとポイントサービスが創る未来の世界!」。最優秀賞には賞金100万円が贈られ、優秀作品のサービス化も検討する。(2016/8/4)

電力自由化で勝者になるための条件(4):
小売電気事業者のサービス戦略、低価格や割引だけでは長続きしない
電力会社に対抗する安い料金を設定して、さらにガスや通信とセット割引を実施する事業者が増えている。しかし電力会社が価格を引き下げ、新しい料金プランも開始した。ポイントサービスを付加する戦略にも限界がある。地産地消型の小売モデルのような、料金以外のサービス戦略が重要だ。(2016/8/3)

将来的には業界横断での利用も視野に:
HAROiD、テレビの共通ポイントサービス「CHARiN」を本格始動
HAROiDは、テレビやWebでポイントが貯まる新サービス「CHARiN(チャリン)」を2016年7月30日から提供開始すると発表した。(2016/7/29)

「NAVITIME」アプリでも「ナビタイムマイレージ」開始――電車の混雑緩和でポイント付与
ナビタイムジャパンは、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」でプレミアムコース会員を対象とした「ナビタイムマイレージ」を提供開始。登録された降車駅の一駅前から歩く「ひと駅歩こう」や「電車混雑リポート」への投稿などでポイントがたまる。(2016/7/13)

財布にあふれるポイントカードをアプリに集約「スマホサイフ」
各社のポイントカードやスタンプカードを1つのアプリに集約できる「スマホサイフ」がCCCマーケティングから7月20日にリリースされる。(2016/6/29)

ポンポン押すニャ! 猫のイラスト入りハンコ「押すネコ」 インク内蔵タイプで手軽に使えそう!
お店のスタンプカード用にも。(2016/6/29)

各種ポイントカードをスマホに登録してお財布すっきり アプリ「スマホサイフ」が財布に優しそう
ポイントカードが増えてお財布パンパン、なんて事態を防げるかも。(2016/6/28)

「dポイント」の各種カードが「おサイフケータイ」に対応――6月10日から
NTTドコモの「dポイントカード」「dカード」「dカード GOLD」の番号をおサイフケータイ対応スマートフォンに設定すると、カードやアプリを利用せずにポイントを利用可能になる。(2016/6/8)

オートバックスセブンが「2800万人」の顧客データを分析できた理由
1980年代から会員カードの発行を始め、1990年代にポイント制度を導入するなど、顧客の属性や購買行動を基にしたマーケティング活動を早くから始めてきたオートバックスセブン。近年は約2800万人のデータを分析しているが、分析精度を高める取り組みとともに、データ分析基盤の整備も行ってきた。(2016/6/1)

SIM通:
マイラー必携!パケット節約でANAマイルがたまる「MILEAGE SIM」
ソネットは、格安SIMの新サービス「MILEAGE SIM」を発表した。ANAマイレージクラブと提携し、毎月20マイルに加え、残ったパケットデータ300MBごとに10マイルがたまる。(2016/4/14)

消費者の行動を深く分析
顧客に最適化した「おもてなし」を実現する、流通小売業界の新しい武器とは?
流通小売業界のビジネスにおける舵を握るのは、今や企業ではなく「顧客の行動パターン」に変わりつつある。POSデータやポイントカードなどから得られたデータを顧客分析につなげ、サービスの質を高める方法とは?(2016/3/29)

NAVITIMEドライブサポーター、音声操作でナビタイムマイレージが当たるキャンペーン
ナビタイムジャパンは、カーナビゲーションアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」でキャンペーンを実施。「ボイスコントロール」を使って応募した中から抽選で「ナビタイムマイレージ」1000ポイントをプレゼントする。(2016/3/29)

余った通信量に応じてANAのマイルがたまる――ソネット、「MILEAGE SIM」を発売
ソネットが3月25日に「MILEAGE SIM」を発売する。ANAマイレージクラブと連携しており、余った通信量300MBごとに10マイルがたまる。プランは3.5GBと7GBの2種類。(2016/3/24)

LINE、「クーポン」「ポイントカード」をスタート
(2016/3/24)

たまったポイントで番組観覧などのチャンス:
日本テレビ子会社、テレビやWeb、イベント横断のポイントサービスを開始
HAROiDは、テレビやWeb、イベント横断のエンターテインメント連動型ポイントサービス「CHARiN」を発表した。(2016/2/26)

SIM通:
IIJmioでマイルが貯まる!IIJ、ANAマイレージモールと提携
IIJは「ANAマイレージモール」と提携し、IIJmioのプランに応じたマイルを毎月付与するサービスを開始する。(2016/2/26)

IIJmio、新規契約と毎月の利用でANAのマイルがたまる特典
ANAマイレージモールで「IIJmio」を契約すると、200マイルがたまるほか、毎月のプランに応じてマイルを付与する。(2016/2/10)

電力供給サービス:
北の大地でJリーグチームが電力を販売、地産地消の核に
Jリーグチームのコンサドーレ札幌などを運営するコンサドーレは、地域ポイントカード「EZOCA」を運営するリージョナルマーケティングや新電力のF-Powerとともに、電力販売に参入する。(2016/1/22)

電力供給サービス:
電気料金が安くなれば電力会社を変更する割合、利用者の6割を超える
広告代理店の博報堂が電力の小売自由化をテーマに実施したアンケート調査によると、電気料金が安くなれば電力会社を変更する意向がある人は6割を超えた。新しいサービスで利用意向が最も高いのは長期契約による割引メニューで、ガスとのセット割引やポイントサービスの関心度も高い。(2016/1/19)

電気料金の新プラン検証シリーズ(8):
1000万の顧客を守れ、独自ポイントで勝負する中部電力
2016年4月から始まる電力の小売全面自由化に向け、中部電力が4月からの新料金プランを発表した。既存の中部電力管内の顧客向けの料金で、従来料金より最大5%程度割安になるという。独自のポイントサービスを活用して、現在抱える約1000万の顧客のつなぎとめに注力する。(2016/1/14)

電力供給サービス:
広島カープが勝つとポイントがたまる、中国電力が電力自由化で新サービス
中国電力は電力の小売全面自由化とともに開始するポイントサービスにおいて、広島東洋カープと提携する。電力料金の支払いなどに加え、カープの試合結果に応じてさらにポイントたまるサービスなどを提供する。地域密着型のサービスを強化して、顧客確保につなげる狙いだ。(2016/1/12)

東電の電気料金1000円ごとに5ポイント Tポイント・Pontaで受け取り
東京電力のポイントサービスの詳細が判明。電気料金1000円ごとにポイントが貯まり、TポイントかPontaで受け取れる。(2016/1/7)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター太田編):
2016年はWindows 10 Mobileとポイントサービスの動向に注目!
MVNOとSIMロックフリースマホが大きな注目を集めた2015年。多くのメーカーが市場に参入し、機種ごとの差別化が難しくなる中でも印象に残った製品とサービスを2016年も引き続き注目したい。(2015/12/25)

石野純也のMobile Eye(11月9日〜20日):
ドコモが「dポイント」開始――au、ソフトバンクのポイントサービスとの違いは?
NTTドコモが12月から新たなポイントサービス「dポイント」の提供を開始する。先行して展開している「au WALLET」と、ソフトバンクの「Tポイント」とは何が違うのか? 3社の違いを読み解いていく。(2015/11/21)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモがポイントサービスを拡充して、お得感をアピール――プラスティックカードで「ドコモユーザー」の再認識を狙う
12月1日、「ドコモポイント」が「dポイント」に生まれ変わる。11月11日の発表会後、NTTドコモの加藤社長が報道陣との囲み取材に応じた。(2015/11/20)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
普段の買い物でも利用可能に、キャリアのポイントが相次いでリニューアルした理由
スマホのポイントプログラムが大きく変化している。キャリア各社が相次いでポイントプログラムをリニューアルしている背景には何があるのだろうか。(2015/11/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。