ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マイレージ/ポイント制度」最新記事一覧

ファミマとサークルKサンクスでポイントカードをTカードに統合? コンビニ側は「決まったらお知らせする」
Rポイントカードはどうなるんだ。(2016/8/25)

リアル店舗で楽天ポイントたまる「楽天ポイントカード」、JCB加盟店に対応
「楽天ポイントカード」がJCB加盟店に対応。加盟店が申し込めば、JCBの決済端末で楽天スーパーポイントを扱える。(2016/8/8)

ドコモとTBSがハッカソンイベントを開催――最優秀賞は賞金100万円
NTTドコモとTBSが、スマホアプリやサービスのハッカソンイベントを開催。テーマは「たまる!つかえる!テレビとポイントサービスが創る未来の世界!」。最優秀賞には賞金100万円が贈られ、優秀作品のサービス化も検討する。(2016/8/4)

電力自由化で勝者になるための条件(4):
小売電気事業者のサービス戦略、低価格や割引だけでは長続きしない
電力会社に対抗する安い料金を設定して、さらにガスや通信とセット割引を実施する事業者が増えている。しかし電力会社が価格を引き下げ、新しい料金プランも開始した。ポイントサービスを付加する戦略にも限界がある。地産地消型の小売モデルのような、料金以外のサービス戦略が重要だ。(2016/8/3)

将来的には業界横断での利用も視野に:
HAROiD、テレビの共通ポイントサービス「CHARiN」を本格始動
HAROiDは、テレビやWebでポイントが貯まる新サービス「CHARiN(チャリン)」を2016年7月30日から提供開始すると発表した。(2016/7/29)

「NAVITIME」アプリでも「ナビタイムマイレージ」開始――電車の混雑緩和でポイント付与
ナビタイムジャパンは、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」でプレミアムコース会員を対象とした「ナビタイムマイレージ」を提供開始。登録された降車駅の一駅前から歩く「ひと駅歩こう」や「電車混雑リポート」への投稿などでポイントがたまる。(2016/7/13)

財布にあふれるポイントカードをアプリに集約「スマホサイフ」
各社のポイントカードやスタンプカードを1つのアプリに集約できる「スマホサイフ」がCCCマーケティングから7月20日にリリースされる。(2016/6/29)

ポンポン押すニャ! 猫のイラスト入りハンコ「押すネコ」 インク内蔵タイプで手軽に使えそう!
お店のスタンプカード用にも。(2016/6/29)

各種ポイントカードをスマホに登録してお財布すっきり アプリ「スマホサイフ」が財布に優しそう
ポイントカードが増えてお財布パンパン、なんて事態を防げるかも。(2016/6/28)

「dポイント」の各種カードが「おサイフケータイ」に対応――6月10日から
NTTドコモの「dポイントカード」「dカード」「dカード GOLD」の番号をおサイフケータイ対応スマートフォンに設定すると、カードやアプリを利用せずにポイントを利用可能になる。(2016/6/8)

オートバックスセブンが「2800万人」の顧客データを分析できた理由
1980年代から会員カードの発行を始め、1990年代にポイント制度を導入するなど、顧客の属性や購買行動を基にしたマーケティング活動を早くから始めてきたオートバックスセブン。近年は約2800万人のデータを分析しているが、分析精度を高める取り組みとともに、データ分析基盤の整備も行ってきた。(2016/6/1)

SIM通:
マイラー必携!パケット節約でANAマイルがたまる「MILEAGE SIM」
ソネットは、格安SIMの新サービス「MILEAGE SIM」を発表した。ANAマイレージクラブと提携し、毎月20マイルに加え、残ったパケットデータ300MBごとに10マイルがたまる。(2016/4/14)

消費者の行動を深く分析
顧客に最適化した「おもてなし」を実現する、流通小売業界の新しい武器とは?
流通小売業界のビジネスにおける舵を握るのは、今や企業ではなく「顧客の行動パターン」に変わりつつある。POSデータやポイントカードなどから得られたデータを顧客分析につなげ、サービスの質を高める方法とは?(2016/3/29)

NAVITIMEドライブサポーター、音声操作でナビタイムマイレージが当たるキャンペーン
ナビタイムジャパンは、カーナビゲーションアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」でキャンペーンを実施。「ボイスコントロール」を使って応募した中から抽選で「ナビタイムマイレージ」1000ポイントをプレゼントする。(2016/3/29)

余った通信量に応じてANAのマイルがたまる――ソネット、「MILEAGE SIM」を発売
ソネットが3月25日に「MILEAGE SIM」を発売する。ANAマイレージクラブと連携しており、余った通信量300MBごとに10マイルがたまる。プランは3.5GBと7GBの2種類。(2016/3/24)

LINE、「クーポン」「ポイントカード」をスタート
(2016/3/24)

たまったポイントで番組観覧などのチャンス:
日本テレビ子会社、テレビやWeb、イベント横断のポイントサービスを開始
HAROiDは、テレビやWeb、イベント横断のエンターテインメント連動型ポイントサービス「CHARiN」を発表した。(2016/2/26)

SIM通:
IIJmioでマイルが貯まる!IIJ、ANAマイレージモールと提携
IIJは「ANAマイレージモール」と提携し、IIJmioのプランに応じたマイルを毎月付与するサービスを開始する。(2016/2/26)

IIJmio、新規契約と毎月の利用でANAのマイルがたまる特典
ANAマイレージモールで「IIJmio」を契約すると、200マイルがたまるほか、毎月のプランに応じてマイルを付与する。(2016/2/10)

電力供給サービス:
北の大地でJリーグチームが電力を販売、地産地消の核に
Jリーグチームのコンサドーレ札幌などを運営するコンサドーレは、地域ポイントカード「EZOCA」を運営するリージョナルマーケティングや新電力のF-Powerとともに、電力販売に参入する。(2016/1/22)

電力供給サービス:
電気料金が安くなれば電力会社を変更する割合、利用者の6割を超える
広告代理店の博報堂が電力の小売自由化をテーマに実施したアンケート調査によると、電気料金が安くなれば電力会社を変更する意向がある人は6割を超えた。新しいサービスで利用意向が最も高いのは長期契約による割引メニューで、ガスとのセット割引やポイントサービスの関心度も高い。(2016/1/19)

電気料金の新プラン検証シリーズ(8):
1000万の顧客を守れ、独自ポイントで勝負する中部電力
2016年4月から始まる電力の小売全面自由化に向け、中部電力が4月からの新料金プランを発表した。既存の中部電力管内の顧客向けの料金で、従来料金より最大5%程度割安になるという。独自のポイントサービスを活用して、現在抱える約1000万の顧客のつなぎとめに注力する。(2016/1/14)

電力供給サービス:
広島カープが勝つとポイントがたまる、中国電力が電力自由化で新サービス
中国電力は電力の小売全面自由化とともに開始するポイントサービスにおいて、広島東洋カープと提携する。電力料金の支払いなどに加え、カープの試合結果に応じてさらにポイントたまるサービスなどを提供する。地域密着型のサービスを強化して、顧客確保につなげる狙いだ。(2016/1/12)

東電の電気料金1000円ごとに5ポイント Tポイント・Pontaで受け取り
東京電力のポイントサービスの詳細が判明。電気料金1000円ごとにポイントが貯まり、TポイントかPontaで受け取れる。(2016/1/7)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター太田編):
2016年はWindows 10 Mobileとポイントサービスの動向に注目!
MVNOとSIMロックフリースマホが大きな注目を集めた2015年。多くのメーカーが市場に参入し、機種ごとの差別化が難しくなる中でも印象に残った製品とサービスを2016年も引き続き注目したい。(2015/12/25)

石野純也のMobile Eye(11月9日〜20日):
ドコモが「dポイント」開始――au、ソフトバンクのポイントサービスとの違いは?
NTTドコモが12月から新たなポイントサービス「dポイント」の提供を開始する。先行して展開している「au WALLET」と、ソフトバンクの「Tポイント」とは何が違うのか? 3社の違いを読み解いていく。(2015/11/21)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモがポイントサービスを拡充して、お得感をアピール――プラスティックカードで「ドコモユーザー」の再認識を狙う
12月1日、「ドコモポイント」が「dポイント」に生まれ変わる。11月11日の発表会後、NTTドコモの加藤社長が報道陣との囲み取材に応じた。(2015/11/20)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
普段の買い物でも利用可能に、キャリアのポイントが相次いでリニューアルした理由
スマホのポイントプログラムが大きく変化している。キャリア各社が相次いでポイントプログラムをリニューアルしている背景には何があるのだろうか。(2015/11/19)

共通ポイントとしての勝算は:
カード回帰はiPhoneの影響? ドコモ加藤社長への「dポイント」「dカード」質疑応答&囲み取材
ドコモのポイント制度始まって以来の大幅リニューアルとなる「dポイント/dカード」。共通ポイントサービスに参入するドコモ加藤社長に、数多くの質問が飛んだ。(2015/11/12)

毎月の料金にも使える:
「dポイント」「dカード」12月スタート “ローソンで6%、マックで8%お得”の先にあるもの
ドコモユーザーだけのポイント制度から、リアルでもネットでもたまる・使える共通ポイントへ。その狙いとは。(2015/11/12)

顧客の再訪を促進するO2Oツールに:
「LINE@」に無料でデジタルポイントカードを発行できる機能を追加
LINEは、公開型アカウント「LINE@(ラインアット)」において、無料でデジタルポイントカードを発行・管理できる「LINE ショップカード」機能の提供を開始した。(2015/10/22)

Tポイント・ジャパン 北村氏に聞く(後編):
Tポイント×ソフトバンクのシナジー効果は?――モバイル連携と今後の課題を聞く
IT系サービスとポイントサービスの連携が強まってきており、その波はモバイル業界にも押し寄せている。Tポイント・ジャパン北村副社長のインタビュー後編では、ソフトバンクとの連携やふるさとスマホなど、モバイル関連の話題を中心に聞いた。(2015/10/19)

電力供給サービス:
ソフトバンクの2600店で4月から電力を販売、携帯電話とセット割引
東京電力とソフトバンクは2016年4月から共同販売を開始することで合意した。全国2600店のソフトバンクショップや東京電力のウェブサービスを販売チャネルに利用して、電力と携帯電話を組み合わせた共同商品を提供する。割安なセット価格やポイントサービスで顧客を引きつける。(2015/10/7)

Tポイント・ジャパン 北村氏に聞く(前編):
日常生活の支出すべてに「Tポイント」を――Tポイント・ジャパンが推進する“ドミナント”戦略
IT系サービスとポイントサービスの連携が強まってきており、モバイル業界でも通信キャリアがポイントサービスを強化している。今回は、ソフトバンクと連携しているTポイントに焦点を当て、Tポイント・ジャパン 取締役副社長の北村和彦氏に戦略を聞いた。(2015/9/14)

ポイント・マイレージの年間発行額、2020年度に1兆円突破へ
野村総合研究所は9月10日、企業が1年間に発行するポイント・マイレージを現金換算した「年間最少発行額」を発表した。(2015/9/10)

ご一緒に“おでん”いかがですか 2:
コンビニがめでたく“結婚”するには? 2つの高い壁
このところコンビニ再編の動きが活発化しているが、よく考えるとコンビニ再編のカンフル剤にも足かせにもなるものがある。それは各社が展開するプライベートブランドと、提携しているポイントカードだ。経営統合した場合、これらはどうなるのだろうか。(2015/9/10)

電力供給サービス:
「ENEOSでんき」を東京電力の管内で、ガソリンと共通に「Tポイント」も
石油最大手のJX日鉱日石エネルギーが2016年4月から開始する「ENEOSでんき」に、共通ポイントサービスの「Tポイント」を導入する。東京電力の管内でガソリンとセット割引も実施して、従来のガソリン販売で獲得したTポイントの利用者を中心に家庭向けの電力小売を拡大する戦略だ。(2015/8/19)

走行距離に応じてポイントがたまる――「ナビタイムマイレージ」が登場
カーナビアプリ「カーナビタイム」「NAVITIMEドライブサポーター」のプレミアムコース会員を対象としたポイント制度「ナビタイムマイレージ」が登場。第1弾はジー・プランの「Gポイント」と連携する。(2015/8/6)

旭屋書店、Tポイントサービスを導入 10月から
旭屋書店は大阪府大阪市に本社を置く書店。大阪府を中心に国内17店舗、香港で1店舗を展開している。(2015/7/29)

リアル店舗でネットで使えるポイントがたまる iPadレジ「ユビレジ」、楽天ポイントサービスと連携
iPadを使ったPOSレジ「ユビレジ」が楽天のポイントサービスと連携。リアル店舗でポイントをためたり使ったりできる。(2015/7/22)

雨の日の電車利用でポイント付与 東急が期間限定で 共通ポイントカードも発行開始
東急が「TOKYUポイント」の普及に向けて共通ポイントカードの発行を開始。雨の日に電車を利用するとポイントがもらえる日本初のキャンペーンも行う。(2015/7/22)

電力供給サービス:
電力とガスにも「楽天スーパーポイント」、小売自由化で提携拡大
インターネットを使ったサービスと組み合わせてエネルギー事業の拡大を図る楽天がLPガス事業者と提携する。開発中のHEMSを利用した新サービスを展開して、電力とガスを合わせて顧客を獲得する計画だ。全国に9977万人の会員を擁するポイントプログラムを生かして電力会社に対抗する。(2015/7/16)

実質無料! 「たびのたね」のポイントサービス導入記念キャンペーンが太っ腹すぎる
期間中に購入したコンテンツの合計金額(税込)を全額ポイントで返還する(最大2万円分)。(2015/7/11)

どれがおトクにためて使える?:
徹底比較! ドコモ・au・ソフトバンクのポイントプログラム
ここ最近、携帯電話会社のポイントプログラムが「カード」を発行して、リアル店舗との結びつきを強化する動きが続いている。変化著しいドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクの3社のポイントプログラムを比較してみよう。(2015/7/9)

肉で肉を洗う仁義なき戦いが始まる! 「いきなり!ステーキ」肉マイレージ・ランキング搭載のスマホアプリを発表
肉好きのステータスアイテム。(2015/6/28)

“紙から転記”をやめたらデータ連係が爆速に 高島屋がタブレット導入で効率化
紙から転記の苦行をやめたらデータ連係が爆速に――。高島屋日本橋店が「タカシマヤポイントカード」の入会申し込み手続きを、紙からタブレットに移行した。(2015/6/19)

Apple Pay、Squareのカードリーダー対応へ ポイントカードも
手軽なモバイル決済で小規模店舗に人気のSquareのカードリーダーが、今秋NFCに対応し、Apple Payをサポートする。現行Squareリーダーのユーザーは、1台無償で入手できる。(2015/6/9)

電子ブックレット/電力供給サービス:
東京電力の小売戦略が動き出す
小売全面自由化に向けて東京電力の戦略が加速してきた。携帯電話と組み合わせた新サービスを全国展開するためにソフトバンクと提携交渉に入る一方、首都圏を中心にNTTドコモやKDDIとも協業を進めて両面作戦に挑む。全国に5000万人以上の会員を抱えるポイントサービス2社と提携することも決めた。(2015/5/27)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモがローソンと提携し、ポイントサービスを強化 ━━12月までにどれだけ提携先を増やせるかが勝負
5月13日、NTTドコモが新商品・新サービス発表会を行った。発表会終了後、加藤社長が囲み取材に応じたので、その模様をお伝えする。(2015/5/22)

電力供給サービス:
東京電力が「Tポイント」と提携、小売自由化に向け異業種連携を強化
東京電力がポイントサービス「Tポイント」と提携する。先日発表された「Ponta(ポンタ)」との提携に続くもので、東京電力のサービスを使用した場合にはTポイントもしくはPontaを選択してポイントを貯められるようになる。2016年の小売自由化に向け、異業種連携を進めて小売事業の強化を図る狙いだ。(2015/5/20)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。