ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PayPay」vs「Amazon」vs「楽天」 年末セール&キャンペーンはどこが一番話題になった?
PayPayが圧倒的でした。(2018/12/12)

設備投資が少なくても「次元の違う安定性を確保」――楽天・三木谷浩史社長と一問一答
ついに基地局の建設に着手した楽天モバイルネットワーク。親会社・楽天の三木谷浩史社長が「安全祈願祭」の終了後に報道関係者との囲み取材に応じた。(2018/12/7)

“安全”かつ“早く”設置を進める――楽天モバイルネットワークが基地局工事の安全祈願祭を開催
2019年10月のサービスインに向けて準備を進める楽天モバイルネットワーク。基地局の建設開始に先立って、同社の山田善久社長、親会社である楽天の三木谷浩史社長や工事関係者など出席のもと、安全祈願祭を開催した。合わせて、基地局設置に関する交渉や契約に携わる部署のオフィスも公開された。(2018/12/7)

注目のpaypayは:
スマホ決済、競争激化 ドコモは最大5千円、ソフトバンクは総額100億円……
スマートフォンのアプリを使って店頭などで支払いを済ませる「スマホ決済」サービスの競争が激化している。LINE(ライン)や楽天などIT系が先行していたが、今年に入ってNTTドコモが参戦。さらに10月に提供開始したソフトバンク系は、総額100億円還元という伝統芸“ばらまき”作戦を開始。スマホ決済ナンバーワンを目指す。出遅れたKDDI(au)やメルカリも巻き返しを図る。(2018/12/5)

楽天、基地局整備300億円圧縮見通し 分離プランは「追い風」
楽天の広瀬CFOは3日、産経新聞のインタビューに応じ、来年10月に参入する携帯電話事業に関し、基地局の整備費用について「5千億円以下でできる見通しが立った」と述べた。当初の計画より投資負担を約300億円圧縮する。(2018/12/4)

スマホ決済、競争激化 ソフトバンクは伝統芸“ばらまき”開始 ドコモやKDDIも参戦
「スマホ決済」サービスの競争が激化している。LINEや楽天などが先行していたが、今年に入ってNTTドコモが参戦。さらに10月に提供開始したソフトバンク系は、総額100億円還元という伝統芸“ばらまき”作戦を開始。スマホ決済ナンバーワンを目指す。(2018/12/4)

ミニストップ、12月17日から「楽天ペイ」「PayPay」「LINE Pay」に対応
ミニストップは、12月17日からスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」「PayPay」「LINE Pay」に対応。これに合わせ、各種サービスでポイントプレゼントや決済金額還元などのキャンペーンも実施する。(2018/12/3)

ミニストップがバーコード決済導入 「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」対応
ミニストップは、スマートフォンを使ったバーコード決済サービスを17日から全国の店舗に導入すると発表した。「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ(アプリ決済)」に対応する。(2018/12/3)

楽天市場、配送状況の通知に対応 ただし自社配送商品のみ
ECサイト「楽天市場」で注文した商品の配送状況をプッシュ通知する機能を追加した。(2018/11/29)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
育児でブランク14年 障がい者のシングルマザーが楽天子会社の副社長になるまで
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/11/27)

楽天ペイとローソンスマホペイが連携 セルフ決済がさらに便利に
「楽天ペイ(アプリ決済)」と「ローソンスマホペイ」が連携を開始。「ローソンスマホペイ」の支払い方法として「楽天ペイ(アプリ決済)」を選択すると自動的に支払い画面が開くため、商品の読み取りから決済の完了までのプロセスが簡素化された。(2018/11/26)

楽天モバイル、スタイラスペン内蔵スマホ「LG Q Stylus」国内先行販売 3000円割引キャンペーンも
楽天モバイルが、LGエレクトロニクス製スマートフォン「LG Q Stylus」の国内先行発売を行う。それに伴い、予約受付を開始。6.2型ディスプレイに専用のスタイラスペンを内蔵し、大容量バッテリーや防水・防塵に加え耐衝撃性能も備えている。発売を記念し、端末が3000円割引になる「LG Q Stylus発売記念キャンペーン」も開催する。(2018/11/22)

楽天モバイルが月額サービス「スマホ修理・新機種交換保証」を開始 少額負担で新機種への交換も
楽天モバイルが「スマホ修理・新機種交換保証」を開始する。端末とのセット契約時に申し込むことができる月額500円(税別)のオプションサービスで、メーカー保証ではカバーできない破損や水没などの際に無償で修理を受けることができる。修理期間中は代替機の無償貸与を行い、指定機種から少額負担での交換も行う。(2018/11/21)

IoTなど幅広い分野で活用:
楽天モバイルが5G実証実験、空撮配信や配達ロボも
楽天モバイルネットワークは15日、野球場「楽天生命パーク宮城」(仙台市)で、第5世代(5G)移動通信方式を活用し、ドローン(無人航空機)で撮影した高画質な映像を大型ビジョンに伝送するなどの実証実験を行った。(2018/11/19)

楽天、次世代スマートスタジアムに向けた5G実証実験 国内初の自動配送ロボットも活用
楽天モバイルネットワークが、楽天生命パーク宮城で5Gネットワークを活用した実証実験を実施した。国内初の自動配送ロボットによる遠隔操作や、ドローンが撮影した映像を使ったユーザー認証、360度カメラを用いた8K VRの映像配信などを行った。(2018/11/16)

ドローン映像で本人特定、注文品を配送へ 楽天、スタジアムで5G活用
楽天が、ドローンなどが撮影した映像を5Gで伝送し、遠隔地からスタジアム内の人物を特定する実験を実施した。(2018/11/16)

楽天、野球場で5G実証実験 配送ロボ遠隔操作やドローン使い顔認証
配送ロボットを遠隔操作したり、小型無人機「ドローン」で撮影した映像から顔認証を行ったりする技術を実験した。(2018/11/16)

楽天とすかいらーくが「楽天ペイ」導入で合意、宅配サービスから
楽天とすかいらーくホールディングスは、宅配サービスと飲食店へのスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」導入について基本合意書を締結。11月29日に宅配サービスで導入を開始し、2019年中頃に試験導入予定のセルフオーダー端末でも利用できるようにする。(2018/11/13)

ネットワークベンダーも公表:
“グループを挙げて”基地局設置交渉――楽天がキャリア事業の進捗を説明
子会社を通して2019年10月に携帯キャリア事業に参入する予定の楽天。その進捗(しんちょく)が明らかとなった。料金については未確定要素が多いものの、ネットワーク回りについてはある程度順調に進んでいるようだ。(2018/11/8)

KDDIとのローミングに手応え:
「準備は順調、魅力的な価格にする」――楽天副社長、携帯事業の展望語る
楽天の山田善久副社長が、2018年1〜9月期の連結決算会見に登壇。携帯電話事業の開始準備の状況を説明した。基地局設置は当初の計画よりも前倒しで終える予定という。携帯料金は「魅力的な価格を提供したい」という。(2018/11/8)

Teradata Analytics Universe 2018:
「このホテル、あなたはいくらなら予約する?」も推測――楽天トラベルのAI活用、その裏側
あなたはいつ、どこへ旅行するのか、そこにいくら払うのか――そうしたユーザーの“意図”を、AIを使って見極めようとしている企業がある。オンライン旅行予約サービス「楽天トラベル」を展開する楽天だ。(2018/11/7)

KDDI、楽天と業務提携 インフラ整備協力、サービスは競争
両社はローミング契約を結び、楽天が参入する際、KDDIが基地局などの通信設備を貸し出す。(2018/11/2)

「分離プランのトップランナー」「楽天と“協争”」「au PAY」――KDDI決算説明会で語られたこと
KDDIが2018年度第2四半期の決算を公表した。報道関係者向けの説明会で、同社の高橋誠社長は何を語ったのだろうか。(2018/11/2)

相互の強み生かす:
KDDIと楽天が提携 au網にローミング、決済・物流でも協力
KDDIと楽天が提携を発表。通信事業ではローミング接続を行う。キャッシュレス決済や、EC事業における配送でも協力する。(2018/11/1)

テーマは「協争」:
KDDIと楽天が決済・物流・通信分野における資産の相互活用で合意 楽天MNOはauネットワークにローミング
KDDI・沖縄セルラー電話(au)と楽天が、資産の相互利用で合意に至った。auは楽天の決済・物流基盤を利用する一方、楽天モバイルネットワークはモバイルネットワークのエリア整備が完了していない地域においてauのモバイル通信ネットワークをローミング利用する。(2018/11/1)

KDDIと楽天が業務提携 スマホ決済・通信で
KDDIと楽天が、決済・通信などの分野で提携する。ローミング協定を結び、KDDIは楽天のケータイ事業参入を手助けする。一方、KDDIは「楽天ペイ」などの加盟店網を活用し、スマホ決済サービスを展開する。(2018/11/1)

格安SIMの契約場所は「店舗」が66.9%、シェア上位3サービスでは80.3%に
MMD研究所は、10月29日に「2018年格安SIM契約者の契約に関する実態調査」の結果を発表。2018年1月〜9月での格安SIM契約者の割合は「Y!mobile」「楽天モバイル」「UQ mobile」が多く、契約場所は「店舗」が66.9%に。シェア上位では「店舗」が80.3%となり、理由として約半数が「対面式での契約が安心するから」と回答した。(2018/10/29)

スーパーはリアルからネットへ 参入相次ぎ競争激化 21年度に市場規模4兆円突破
異業種との競争激化など小売り・流通の事業環境が厳しさを増す中、楽天の強固な顧客基盤と西友の実店舗の運営経験という強みを武器に、成長するネットスーパー市場でシェア獲得を目指す。(2018/10/26)

今日のリサーチ:
ビジネスパーソンの1日の読書時間、7割弱が「30分未満」――楽天ブックス調べ
できるビジネスパーソンはどのくらい、どのように本を読んでいるのでしょうか。(2018/10/26)

「Amazon効果」の波 スーパー実店舗は苦戦、ネット加速
西友が楽天と組んでネット事業に乗り出すのは、実店舗のスーパーや総合スーパーが苦戦していることが背景にある。ネット通販などの台頭に加え、食品の購入も身近なコンビニエンスストアやドラッグストアの利用が進み、スーパーはじり貧を余儀なくされているのが実情だ。(2018/10/26)

楽天と西友、ネットスーパー本格始動 Amazonに対抗
「楽天西友ネットスーパー」が25日に本格始動。同日からネット専用の配送センターが稼働を始めた。成長するネットスーパー市場でシェア獲得を目指す。(2018/10/26)

楽天Koboに新型「Forma」登場 見開き表示も読みやすい8インチ画面搭載
漫画が読みやすそう。(2018/10/25)

従業員の外国籍比率2割超え:
楽天の三木谷氏、英語公用語化6年「壮大な挑戦」
楽天の三木谷浩史会長兼社長は24日、社員向けの朝会を公開し、平成24年に導入した英語を社内公用語にする取り組みについて、「準備ができておらず、とても壮大で難しい挑戦だった」と振り返った。(2018/10/25)

菅官房長官 携帯料金の大幅値下げ時期 来年10月の見通し 「もっと安いほうがいい」
菅官房長官は、「4割値下げの余地がある」と主張する携帯電話の料金について、大幅な値下げが実現する時期は「楽天が参入するあたりには変わっているのではないか」と述べ、来年10月ごろとの見通しを示した。(2018/10/23)

ファミリーマートでQR決済が利用可能に  「d払い」「LINE Pay」「PayPay」など
ファミリーマートは、11月からバーコード決済サービス「d払い」「LINE Pay」「PayPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」を一部店舗で順次開始。12月4日から全店舗で対応し、2019年1月下旬には「Alipay(支付宝)」と「WeChat Pay(微信支付)」を取扱開始する予定だ。(2018/10/19)

日本国内の広告主企業に世界有数の広告プラットフォームを提供:
楽天とAdRoll Groupが新会社「楽天アドロール」を設立
楽天とAdRoll Groupが新会社を設立。(2018/10/19)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【後編】:
元楽天副社長が作る幼小中“混在校”の武器
2002年に楽天の副社長を退任して以降、幾多の迷いを経て、本城慎之介氏が最終的に辿り着いた理想の学校。いったい、それはどんな学校なのか? その革新性や武器は何なのだろうか?(2018/10/15)

MM総研がMVNOネットワークの品質を調査 コスパ上位は楽天、IIJ、BIGLOBE
MM総研は、10月11日にMVNO10事業者、サブブランド2事業者、MNO3事業者を対象としたネットワーク品質に関する調査結果を発表。動画再生はいずれも遅延なく再生でき、コストパフォーマンスが高いのは楽天モバイル、IIJmio、BIGLOBEモバイルとなった。(2018/10/12)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省で5G周波数獲得を目指して4キャリア社長がプレゼン合戦――楽天は4G全国展開を待たずに2020年の5G投入に乗り気
総務省が「5G(第5世代移動体通信)」に関する公開ヒアリングを開催した。LTE通信事業の開始に向けて準備を進める楽天ネットワークスは、LTEネットワークの整備を待たずに5G通信サービスも開始する意向のようだ。(2018/10/12)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【前編】:
30歳で楽天を辞めた元副社長が私財を投じて学校を作る理由
かつて三木谷浩史とともに楽天を創業し、副社長を務めた本城慎之介。彼は2002年11月に30歳で楽天副社長を退社して以降、教育畑に転身した。現在は長野・軽井沢の地で幼稚園・小・中学校の混在校である「軽井沢風越学園」の開校を目指している。彼が成し遂げようとしていることの本質を探った。(2018/10/12)

起業、副業経験者は読書好き?:
ビジネスパーソンの読書時間はどのくらい? 楽天調査
起業や副業、転職経験者は、比較的本を読む傾向にあるのかもしれない。副業経験者の19%が1日1時間以上本を読むと答えた一方で、そうした経験のない人の回答は10%だった。起業・副業経験者はビジネス書を読む割合が高かったが、そうした経験のない人は漫画と同程度だった。(2018/10/10)

モバイル決済サービスの使い方:
「楽天Edy」は対応店舗の多さが魅力 ただしiPhoneで使うには工夫が必要
「楽天Edy」は老舗のモバイル決済サービス。コンビニから飲食店まで幅広い店舗で使えるのが魅力だが、iPhoneで使うには工夫が必要だ。楽天Edyの使い方や、メリット、デメリットを解説する。(2018/10/6)

今日のリサーチ:
フリマアプリで「米」や「野菜」など農作物の取引が急速に拡大──楽天調査
楽天は、フリマアプリを使った農作物の取引実態について調査しました。(2018/10/5)

ゲートを通るだけで決済 楽天とローソンがCEATECで披露
IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2018」でローソンが「ウォークスルー決済」を試験的に披露する。スマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を使用。来場者がQRコードをかざして商品を持ったままゲートを通ると、自動的に会計・決済が行われる。(2018/10/4)

楽天モバイルネットワークが「5G」実証実験を実施 ノキアの施設で
2019年10月にモバイル通信サービスを開始する予定の楽天モバイルネットワークが「5G」の実証実験を実施した。ノキアソリューションズ&ネットワークスが保有するシールドルーム内で4K動画や3DVR映像のストリーミング配信を実施したという。(2018/10/2)

「楽天モバイル」にau回線プラン登場
楽天のMVNOサービス「楽天モバイル」に、au回線を利用するプランが登場する。基本的なサービス仕様は既存のNTTドコモ回線を利用するプランと同様で料金も同額だが、一部異なる面もある。(2018/10/1)

先進的なイメージだが……:
副業をしている会社員、約半数の動機は「給料が足りない」
副業をしている会社員の約半数が、副業をする理由に「給料が足りない」を挙げた。楽天インサイトの調査で判明した。「体力に余裕がないため、副業をしない」という人も多かった。(2018/9/27)

モバイル決済サービスの使い方:
「楽天ペイ」の使い方とメリット 楽天カードユーザーは使うべき
楽天ペイは、楽天会員が利用できる決済サービスだ。楽天会員情報に登録したクレジットカードや楽天スーパーポイントを使って決済ができる。使い方やメリットを解説しよう(2018/9/25)

インフルエンサーの意見を直接活用:
楽天インサイト、インフルエンサーを活用した調査サービスを提供開始
楽天インサイトは、インフルエンサーを活用した調査サービス「R-インフルエンサー・インサイト」の提供を開始した。(2018/9/20)

メインで使っている格安SIM、「楽天モバイル」「mineo」「UQ mobile」が上位に MMD調べ
MMD研究所は、9月18日に「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表。メイン利用のMVNOシェアは11.3%、認知度は90.2%に。メインで利用している格安SIMサービス上位は「楽天モバイル」「mineo」に加え「UQ mobile」が初めて3位にランクインした。(2018/9/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。