ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天」最新記事一覧

石川温のスマホ業界新聞:
楽天に「条件付きで」1.7GHz帯の免許付与へ――2019年10月開始、料金は「楽天モバイル」と一緒
楽天の子会社「楽天モバイルネットワーク」に、1.7GHz帯を使う携帯電話サービスの免許が付与されることになった。料金プランはMVNOとしての「楽天モバイル」と同じものを使うというが、事業展開には苦難も待ち受けていそうだ。(2018/4/13)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
10代はAmazonで20代はZOZOTOWN、全体では楽天――EC利用者の傾向をジャストシステムが調査
ジャストシステムの調査から、今どきのEC利用者の傾向を紹介します。(2018/4/13)

「おつり」でコツコツ投資:
おつり投資アプリ「トラノコ」に楽天や東海東京など、出資
トラノテック(東京都港区)は4月12日、楽天キャピタルや東海東京フィナンシャル・ホールディングス、東京電力エナジーパートナーらを引受先とする第三者割当増資で資金調達を実施したと発表した。(2018/4/12)

三木谷氏がXジャンプ?:
YOSHIKI、リハーサル抜け出し「新経済サミット」に 英語の重要性語る
ファンの前に立った時は泣きそうだった――ロックバンド「X JAPAN」のリーダーで実業家でもあるYOSHIKI氏が4月11日、新経済連盟(代表理事:三木谷浩史 楽天会長兼社長)が主催する「新経済サミット2018」に出席した。(2018/4/12)

家電EC「楽天ビック」オープン ビックカメラ実店舗には「楽天スーパーポイント」導入
「楽天市場」内に、ビックカメラの実店舗の商品在庫の確認も可能な家電ECサイト「楽天ビック」がオープン。またビックカメラの実店舗に「楽天ポイントカード」を導入した。(2018/4/12)

“進次郎節”さく裂:
小泉進次郎氏が「政界と経済界」を語る 途中退出する報道陣に苦言も
自由民主党所属の衆院議員、小泉進次郎氏が4月11日、新経済連盟(代表理事:三木谷浩史 楽天会長兼社長)が主催する「新経済サミット2018」に出席し、政界と経済界が抱える課題やメディアのあり方、働き方改革などについて熱く語った。(2018/4/12)

楽天とビックカメラがECサイト「楽天ビック」オープン ビック店舗で楽天ポイントも
楽天ビックではビックカメラ実店舗の在庫確認も可能です。(2018/4/11)

ビッグデータ生かした商品開発も:
家電EC「楽天ビック」始動 “Webと実店舗の融合”でAmazon対抗
楽天とビックカメラがECサービス「楽天ビック」をスタート。スマートフォンやテレビなど計約60万商品をそろえる。両社のオンライン・オフラインの店舗運営ノウハウを融合することで、顧客満足度の高いサービスを提供する狙い。(2018/4/11)

楽天、携帯電話キャリア参入が認可 19年10月サービス開始へ
楽天が、総務大臣から携帯電話キャリア(MNO)として認可を受けたと発表した。(2018/4/9)

Mobile Weekly Top10:
ケータイを手放せない理由/楽天が携帯キャリアに
携帯電話の多くがスマートフォンになった昨今。それでも従来のフィーチャーフォン(ケータイ)を使い続ける人が少なからずいます。その背景には何があるのでしょうか。(2018/4/9)

楽天の携帯キャリア参入で気になる「料金」と「ネットワーク」
楽天モバイルネットワークに1.7GHz帯の割り当てが決定。これにより、楽天が携帯キャリアとして事業を展開できるようになった。気になるのは「料金」と「ネットワーク」だ。(2018/4/9)

楽天の「携帯キャリア」参入決定 「1.7GHz」帯で“追加条件”あり
楽天が子会社を通して申請していた「携帯キャリア」としての電波割り当てが認定された。1.7GHz帯(Band 3)を使ったLTE通信サービスを開始することになるが、“追加条件”も課された。(2018/4/6)

メガバンクは大幅ランクダウン:
「電通」人気が復活か 19年卒就職人気ランキング
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」は4月6日、2019年卒予定の学生を対象に調査した就職人気企業ランキングを発表した。航空会社や食品・消費財メーカーが人気だった一方、メガバンクなどのランクダウンが目立った。(2018/4/6)

オフラインに顧客接点を築く:
楽天がO2Oの取り組みを本格展開、「RMP-Go!Spot」の他社にない2つの強みとは?
楽天と楽天データマーケティングはO2Oソリューション「RMP-Go!Spot」を提供開始した。オフラインを含めた統合マーケティング支援を加速させる同社の取り組みについて事業責任者に聞いた。(2018/4/5)

訪日外国人客の取り込みに注力:
岩手県釜石市と楽天が連携 市内に「楽天ペイ」導入
岩手県釜石市は4月4日、楽天と地域活性に向けて包括連携協定を結んだ。市内の店舗への「楽天ペイ」の導入によるキャッシュレス化や、体験ツアーへの協力などで訪日外国人観光客の取り込みを図り、地域活性化につなげる。(2018/4/4)

蓄電・発電機器:
楽天イーグルスの本拠地、太陽光で作るCO2フリー水素を活用
プロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である「楽天生命パーク宮城」で、東芝の自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が稼働を開始。球場内のデジタルサイネージや地域ラジオ局に電力を供給する。【訂正あり】(2018/4/4)

ロボット開発ニュース:
陸上輸送を代替する無人貨物船技術の共同研究を開始
楽天技術研究所とノルウェーのMaritime Roboticsは、無人貨物船とその関連技術の共同研究を行うことで合意した。既存のトラックによる陸上輸送の課題の解決策として、無人水上艇の可能性を探求する。(2018/4/3)

「楽天技術研究所」シリコンバレーに開設 AI研究を推進
楽天は、研究機関「楽天技術研究所」の海外拠点として、米カリフォルニア州サンマテオに「楽天技術研究所 San Mateo」を4月1日付けで開設した。(2018/4/2)

楽天、出版取次3位の大阪屋栗田を買収か
出版取次3位の大阪屋栗田に楽天が追加出資し、子会社化すると日経報道。楽天は「当社から発表したものではなく、コメントは控える」としている。(2018/4/2)

楽天、携帯月額4000円 大手3社より3割超安
楽天が参入を目指している携帯電話事業の計画の概要が判明した。月額約4000円とMVNOに近い価格帯で提供し、動画配信など楽天の各種サービスと連携した割引で利用者を集める。(2018/3/30)

楽天、関西電力グループの設備を基地局設置に活用
楽天は携帯キャリア事業用の基地局設置にあたり、関西電力とそのグループが所有する送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔などの活用を決定した。(2018/3/27)

楽天、ケータイ基地局整備で関電の鉄塔借りる 東電・中電とあわせ
楽天は、携帯電話キャリア事業の基地局設置のため、関西電力グループから鉄塔などを借りると発表した。東電グループ・中電の設備も借りる予定で、数百億円規模のコスト削減につなげる。(2018/3/27)

楽天、「携帯キャリア事業」の基地局設置に中部電力の電力設備を活用へ
楽天は携帯キャリア事業用基地局の設置にあたり、中部電力の電力設備を活用するための協議を開始。送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔、建物屋上などに基地局を整備していく。(2018/3/23)

楽天カード装う偽の「カード利用お知らせメール」出回る
楽天カードからのメールを装った偽の「カード利用お知らせメール」が出回っていると、楽天カードが注意を呼び掛けている。(2018/3/23)

「もっとぎゅっと」買収:
楽天、ペット保険に参入
楽天は3月22日、ペット保険事業に参入すると発表した。3月30日付で、ペット保険を手がける「もっとぎゅっと少額短期保険」(東京都港区)を完全子会社化。社名を「楽天少額短期保険」に変更する。(2018/3/22)

化粧品メーカー5社がランクイン:
女子就活生の人気企業ランキング、1位は……
楽天みん就が女子就活生の人気企業ランキングを発表。トップ20に化粧品メーカー5社がランクイン。1位となったのは……。(2018/3/20)

SIMカード型MVNOの1位は「楽天」――総務省が2017年度第3四半期のシェアデータを公表
総務省が2017年度第3四半期(2017年12月末)における電気通信サービスの契約数及びシェアに関するデータを公表。楽天がSIMカード型MVNOサービスのシェアでトップに立ったことが判明した。(2018/3/16)

楽天LIFULL STAY、民泊の物件登録を開始 6月開設の民泊サイトに掲載
楽天グループの民泊事業会社・楽天LIFULL STAYは3月15日、日本国内の民泊物件の登録受付を開始した。登録物件は、6月15日の「住宅宿泊事業法」施行以降に開設する民泊サイト「Vacation STAY」に掲載する見込み。(2018/3/15)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
なぜいま日本で「QRコード決済」が注目を集めているのか?
LINEや楽天に加え、ドコモも参入することが決まった「QRコード決済」。国内3大メガバンクがQRコード決済で規格を統一するという報道もある。なぜ今、QRコード決済が注目を集めているのか。(2018/3/13)

格安SIMの認知度は約9割、メイン利用は「楽天モバイル」が最多 MMD調査
MMD研究所は、3月12日に「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表。格安SIMサービスの認知度は89.8%となり、メイン利用のMVNOシェアは10.1%と2017年3月の7.4%から増加。メイン利用のサービス上位は「楽天モバイル」「mineo」「OCN モバイル ONE」となっている。(2018/3/12)

好調の格安SIM、一番人気は「楽天モバイル」 MMD調査
メインで利用する携帯電話やスマートフォンでMVNO(格安SIM)を利用する人が年々増えていることがMMDLaboの調査で明らかになった。(2018/3/12)

生活者の日々変化する食の嗜好や食生活をリアルタイムに推計:
楽天レシピと博報堂DYメディアパートナーズ、食に特化したDMPの提供を開始
楽天は博報堂DYメディアパートナーズと共同で、生活者の食に特化したデータマネジメントプラットフォーム「TastechEngine」の提供を開始すると発表した。(2018/3/9)

楽天モバイル、「ZenFone Max Plus(M1)」「HTC U11 life」の取り扱いを開始
楽天モバイルが、「ZenFone Max Plus(M1)」と「HTC U11 life」の取り扱いを開始した。前者は一括2万9800円(税別)で3月8日に発売。後者は一括3万9800円(税別)で3月19日から発売する。(2018/3/8)

楽天カードで二重請求? 利用明細に誤表示 1日に起きたシステム障害とは「無関係」
「楽天カード」の一部でこのほど、同じ取引が重複して2回、利用明細に表示されるトラブルが起きた。原因は人為的ミス。1日に発生したシステム障害とは関係ないという。(2018/3/8)

楽天、東電の鉄塔に基地局 携帯電話事業 設備投資300億円軽減
楽天は携帯事業参入に伴う設備投資負担を、東電との連携や人工知能の活用による効率的な基地局の配置などで軽減する方針。(2018/3/7)

楽天、ケータイ基地局の整備で東電の「鉄塔」借りる 約300億円削減
携帯電話キャリア事業へ参入する楽天が、基地局を設置するため、東京電力グループの設備を利用する。約300億円のコストを削減できる見通し。(2018/3/6)

障害発生から6日:
楽天カードのサービス障害、完全復旧は7日朝を予定
楽天カードがシステム不具合により一時停止しているサービスの復旧見込みを発表。クレジットカードによる買い物や借り入れができない障害が3月1日に発生していたが、7日午前7時に完全復旧を予定する。(2018/3/6)

送電鉄塔などに基地局を設置――楽天が東京電力グループと設備活用で合意
「MNO」として、移動体通信事業への参入準備を進めている楽天。参入に当たっては「基地局の設置場所」の確保が不可欠だが、東京電力グループが保有する設備を活用することで設備投資を効率化することになった。(2018/3/6)

周波数割り当ての認定目指す:
楽天、携帯事業で東電グループの設備を利用 投資額を最大300億円削減
楽天がキャリア事業の開始に向け、東電グループの設備貸し出し事業を利用すると発表。関東地方(1都6県)にある約500〜1000カ所の送電鉄塔などを借り受ける。首都圏における設備投資額を100〜300億円程度削減する狙い。(2018/3/6)

楽天カードで「購入できない」など障害 データ整合性管理システムの不具合で
「楽天カード」で3月1日、一部のユーザーがショッピングできなくなるなどの障害が起きた。原因は、データの整合性を管理するシステムの不具合。(2018/3/6)

今度の「ボス電」は100万円分の楽天Edyチャージ付き――ソフトバンクとサントリー「BOSS」のコラボキャンペーン
ソフトバンクが、サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボした「ボス電当たる!」キャンペーンを実施する。北海道、東北、九州のエリアをイメージしたオリジナルデザインのスマートフォンを各10人にプレゼントするという。(2018/3/6)

楽天カード、システム不具合によるサービス一時利用停止で謝罪 一部サービス復旧で買い物はできるように
サイバー被害や個人情報の漏えいについては確認されていません。(2018/3/4)

楽天、クラウドソーシングに参入 楽天会員にアンケートなど依頼「楽天超ミニバイト」
楽天は、簡単なアンケートやデータ仕分けなどの作業を、企業が楽天会員に依頼できるクラウドソーシングサービス「楽天 超ミニバイト」の提供を始めた。(2018/3/2)

三木谷氏、「楽天コイン」構想発表 ブロックチェーン利用、ポイントなどを管理
楽天市場のポイントに「ブロックチェーン」を組み合わせ、「楽天コイン」をつくる構想を楽天の三木谷社長が明らかにした。(2018/3/1)

石野純也のMobile Eye:
端末を交換できなくなったFREETELの「とりかえ〜る」 救済措置はあるのか
POMが経営破綻し、楽天がMVNO事業、MAYA SYSTEMが端末事業を引き継いだ。一件落着を迎えたかのように見えるが、じつは「とりかえ〜る」の利用者が中ぶらりんになっている。楽天とMAYA SYSTEMの双方が、POMからとりかえ〜るを受け継いでいないためだ。(2018/2/24)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天・三木谷社長が「設備投資は6000億円で充分」と強気発言――設備投資4400億円のイー・アクセスは第4の携帯電話会社になれず
楽天の三木谷浩史CEOが、2017年度通期決算説明会で、参入を予定している携帯電話事業の設備投資計画に言及。「設備投資は6000億円で充分」と語る三木谷CEOだが、5Gの足音が聞こえてくる中、その投資額で本当に大手3社に対抗できるネットワークを構築できるのだろうか。(2018/2/23)

楽天モバイルが仙台にYogiboコラボ店をオープン 今後の店舗展開は?
楽天モバイルが2018年2月21日に「楽天モバイル 仙台駅前」をオープン。これに合わせて、今後の店舗展開についての方針を発表した。今後は専門店や量販店などの店舗を強化していく方針だ。(2018/2/21)

「問題児 三木谷浩史の育ち方」:
起業家、楽天「三木谷浩史」はいかにして生まれたか
楽天を創業し、現在も会長兼社長を務める三木谷浩史氏。綿密な取材をもとに、そのバックグラウンドをまとめたのが山川健一氏の著書「問題児 三木谷浩史の育ち方」だ。かつては不良少年だった三木谷氏はいかにして立ち直り、起業家精神を身に着けたのだろうか。(2018/2/19)

株価は「実力反映していない」:
「準備は順調」「投資は6000億円で十分」――“第4の携帯キャリア”楽天・三木谷社長の自信
楽天・三木谷浩史社長が、2月13日開いた決算会見で携帯電話事業についてコメント。「準備は順調だ」「投資は6000億円で十分」と自信を見せた。下落が続く株価についても「実力を反映していない」と強気だった。(2018/2/13)

楽天も「台湾東部地震」募金開始 楽天スーパーポイント、クレジットカードも利用可能
楽天グループが台湾東部で発生した地震の被害者支援のため募金活動を始めた。楽天銀行への口座振り込みの他、楽天スーパーポイントやクレジットカードを利用して募金できる。(2018/2/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。