ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「共和党」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「共和党」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「透明化強く促す」:
FBの中国企業との利用者データ共有、米議会幹部が強く反発
米議会幹部らは、Facebookが中国企業4社とも利用者データの共有契約を結んでいたと公表したことを受け、同社を強く批判した。(2018/6/7)

米議会上院、6月11日施行予定の「ネット中立性」規則撤廃を撤回する議案を可決
米連邦通信委員会(現地時間)FCC)が6月11日に施行予定の「ネット中立性」規則撤廃に関し、上院で撤回を求める投票が行われ、僅差で可決した。(2018/5/17)

空港並みセキュリティにうんざり:
トランプタワーの「不人気」、火災で死亡の美術商が露呈
トランプタワーで起きた火災によって亡くなったトッド・ブラスナーさん(67)は、火元となった同タワーの高級マンションに20年来住んでいた。トランプ氏が2016年の大統領選に出馬表明して以来、美術ディーラーのブラスナーさんにとって、住み慣れたこのビルが、耐えがたい場所へと変わってしまっていた。(2018/4/17)

「シリア攻撃後、ロシアのトロールが2000%増」──米国防総省
米連邦政府が英仏と共同で13日に行ったシリアへの空爆後、「ロシアのトロール(が2000%増加した」と米国防総省が発表した。「トロール」は、ロシア政府による虚偽プロパガンダを指すようだ。(2018/4/16)

プリンセスの人物設定めぐり物議、「中絶、ビザ無し、組合労働者も……」 ディズニーに「多様性」を求める声の真実
「ディズニープリンセスが“多様性を反映していない”」とやり玉に挙げられ、米国で物議に。トランプ大統領の長男も議論に参加。さらに、英国ディズニーが「性別で給与を差別している」と騒ぎになり……。(2018/4/13)

FacebookのザッカーバーグCEO、初公聴会を無難に乗り切る
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは初の議会公聴会を無難に切り抜けた。約4時間にわたる公聴会で、ユーザー保護についての厳しい(ときには的はずれな)質問に答え、システムの改善を約束した。(2018/4/11)

Facebook、社会を分断するような問題広告に認可制度、ページの“身元確認”も 選挙介入対策で
Facebookが、ロシアによる米大統領選への介入のような問題の再発防止対策の一環として、社会を分断するような問題広告(issue ads)の広告審査を厳しくし、問題広告ラベルと広告主情報の明示を義務付ける。また、フォロワーの多いページの審査を6月から実施する。(2018/4/8)

Facebookの5000万人の個人情報、トランプ陣営が不正利用か
Facebookのユーザー、約5000万人の個人情報を、2016年の米大統領選でドナルド・トランプ陣営がキャンペーンに利用していたとNew York TimesとGuardianが報じ、波紋を呼んでいる。Facebookは記事が出る前日、復数の関係者アカウントを停止したと発表した。(2018/3/19)

ホワイトハウスがゲームの暴力性を訴える動画公開 → NPO団体が「ゲームの美しさ」を切り取った動画を公開し反論
ホワイトハウスの動画が物議を醸していました。(2018/3/16)

「わが国の防衛の第一線だ」:
トランプ米大統領、国境の壁試作品を視察
トランプ米大統領がカリフォルニア州のメキシコ国境を訪れ、不法移民や麻薬の密輸を防ぐため建設すると公約している壁の試作品を視察した。(2018/3/14)

Apple、iPhoneバッテリー交換で返金を検討
Appleは旧型iPhoneのバッテリーを正規料金で交換したユーザーに返金を検討している。(2018/2/8)

iPhone「バッテリーと性能問題」で米当局が調査
Appleが旧型iPhoneを意図的に減速させていた問題で、米司法省と証券取引委員会が現在調査中だ。(2018/2/1)

FCC、「ネット中立性」規定の廃止を決定 「法廷や議会で戦う」と反対派
米連邦通信委員会(FCC)は12月14日の投票で「ネット中立性」規定の廃止案を承認した。TwitterやFacebookなど影響を受ける企業が参加するネット中立性支持団体は「法廷や議会で戦う」としている。(2017/12/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ゲリラ・ジャーナリスト」が日本に上陸する日
米国で「ゲリラ・ジャーナリスト」が話題になっていることをご存じだろうか。ジャーナリストの手法とは呼べない無茶苦茶なやり方で、大手メディアの記者などを標的にして、トンデモな映像を公開している。もしゲリラ・ジャーナリストが日本に上陸したら……。(2017/12/14)

トランプ大統領のTwitter、一時消える Twitter社員の“うっかり”か“意図的”か 現在調査中
米Twitter社が調査結果として報告しています。(2017/11/3)

死亡者が増え続けている:
米大統領、「国家の恥」オピオイド乱用に衛生非常事態を宣言
トランプ米大統領は、医療用鎮痛剤「オピオイド」の乱用に関する「全国的な公衆衛生の非常事態」を宣言した。(2017/10/27)

ITはみ出しコラム:
日本も安心できない? 米大統領選のロシア干渉疑惑にみる「ネット情報工作の現在」
SNSの規約を守って巧妙に行われた情報操作が、徐々に明らかになってきました。(2017/10/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は大丈夫なのか 米大使館を苦しめている「音響兵器」
キューバで起きた奇怪なニュースが話題になっている。キューバに駐在する米大使館員の多くが体調不良を訴えていて、その原因が「音波」ではないかと指摘されているのだ。音波による攻撃とは一体どんなものなのかというと……。(2017/10/5)

ラスベガス銃乱射事件の全貌 容疑者は「カジノ好きの裕福な64歳白人男性」
米国史上最悪の銃乱射事件が起きた。だがその動機は謎のままだ。(2017/10/3)

元CIA工作員がTwitter買収を目指し資金調達を開始 狙いはトランプ大統領のツイート阻止
クラウドファンディングサイトGoFundMeで。だが達成したとしても……。(2017/8/24)

「トランプ政権では起こり得る」:
米デフォルトリスク、トランプ政権の混乱で「正夢」も
米政府の債務不履行(デフォルト)リスクに対し、金融市場の懸念が表面化しつつある。(2017/8/18)

「大統領の衝動は誰も抑えられない」:
バージニア州衝突、大統領の対応巡り政権幹部の辞任に発展も
米バージニア州で白人至上主義団体と反対派が衝突した事件でトランプ米大統領の対応に批判が集まっている問題は、今後政権幹部の辞任にも発展する可能性がある。(2017/8/17)

変わりつつある状況:
米ネット企業、ヘイトスピーチと言論の自由の板挟み
米ネット企業はヘイトスピーチなど社会的に問題のある投稿への監視強化を求められる一方、言論の自由を守る必要性もあり、板挟みになっている。(2017/8/16)

文化的な対立改めて鮮明に:
Google「メモ職員」解雇に揺れるシリコンバレー
Googleが会社の女性雇用方針を批判するメモを書いた男性技術者を解雇したことを受け、シリコンバレーでは文化的な対立が改めて鮮明になっている。(2017/8/10)

寄付と脅迫:
英難病乳児の命は誰の手に SNS論争が世界で過熱
英国の難病を患う乳児の尊厳死を巡る問題がソーシャルメディアで過熱しており、ある一家族の悲劇だったものが、世界的な論争の的へと姿を変えている。(2017/8/2)

政治の不透明感強い:
日経平均動かず、7月値幅バブル後最小 政治と業績の板挟み
7月の日経平均株価は、月間の値幅(高値と安値の差)が344円23銭にとどまった。1986年1月(260円83銭)以来、31年半ぶりの小ささだ。(2017/8/1)

「私を必要としない国になぜ仕えるのか」:
入隊禁止に揺れるトランスジェンダーの米軍人たち
トランプ米大統領は、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人々について、米軍への入隊を禁止する方針を発表した。(2017/7/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
だから世界的に「メディア不信」が広がっている
日本のネット界隈で「マスゴミ」という言葉がすっかり定着した。さまざまな調査結果をみると、既存メディアへの信頼度が低下しているようだが、海外メディアはどうなのか。日本と同じように……。(2017/7/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
欧州で加速するEVシフト トヨタへの影響は?
スウェーデンの自動車メーカー、ボルボが内燃機関のみで走行する自動車の生産を段階的に廃止する計画を明らかにした。ほぼ同じタイミングで仏国のマクロン政権が2040年までに、内燃機関を搭載した自動車の販売を禁止する方針を表明している。欧州を震源地にEVへのシフトが一気に進む可能性が出てきた。(2017/7/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプの暴言を止めることができない、お手上げの理由
トランプ大統領のトンデモ発言が続いている。身内の共和党内部からも批判が噴出しているのに、なぜ大統領は暴言を繰り返すのか。ひょっとしたら、暴言を吐き続けることができる理由があるのかもしれない。(2017/7/6)

LinkedInとZyngaの創業者が“民衆のためのロビー活動”「WTF」立ち上げ
反トランプ大統領政権のIT企業人として知られるLinkedInのリード・ホフマン会長と、ソーシャルゲーム企業Zyngaの創業者であるマーク・ピンカス氏が、民衆の声を議会に届けるためのプロジェクト「Win The Future」(略してWTF)を立ち上げた。(2017/7/5)

「米国政治の誤った面」を象徴:
米大統領が女性テレビ司会者に蔑視発言、共和党内からも批判
米トランプ大統領が、政権に批判的な発言をしたMSNBCテレビの番組司会者の女性をTwitterで攻撃、女性蔑視発言として共和党内部を含む多方面から批判を浴びている。(2017/6/30)

米有権者1億9800万人の個人情報、共和党系の情報分析会社から流出
クラウドで運営していたデータベースの設定ミスが原因で、有権者の氏名、生年月日、自宅の住所、電話番号、有権者登録情報、さらには人種や宗教といった情報までが、誰にでもアクセスできる状態になっていた。(2017/6/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
もしコミー前FBI長官が文科省の事務次官だったら
世界的リーダーの2人が疑惑の渦中にある。日本の安倍晋三首相と、米国のドナルド・トランプ大統領である。ただ両スキャンダルの展開は、大きな違いがある。どういうことかというと……。(2017/6/15)

トランプ米大統領、謎の“covfefe”ツイートで全米が大喜利
大統領が取り消したツイートをネタに米国民が遊んでいる。(2017/6/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプはクビになるのか 「ロシアゲート」を解説
トランプ大統領に絡んだ「ロシアゲート」が話題になっている。次々に新しい暴露話が出てくるので、「よく分からない」という人もいるはず。一体、何が起きているのか。トランプはクビになるのか。解説する。(2017/6/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
予想を裏切ってきたトランプは、北朝鮮を攻撃するのか
米国がシリアの空軍基地を攻撃した。現状「戦争勃発の一歩手前」になっているが、今後どのように展開するのか。また「シリアへの攻撃は、北朝鮮を意識したものだった」といった話もあるが、米国は攻撃に乗り出すのか。(2017/4/13)

海外医療技術トレンド(23):
トランプ政権下で注目される米国保健医療行政のIT戦略計画
2015年7月に掲載した連載第1回では、米国のヘルスIT戦略計画を取り上げた。2016年11月からトランプ政権が発足したが、これに合わせてあらためて米国の医療業界を所管する行政サイドのIT戦略を見ていこう。(2017/3/31)

米下院が個人情報保護規制の撤廃案を可決 大統領の署名待ちへ
オバマ前大統領時代の規制を無効化する動き、再び。(2017/3/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプは「独裁者」になりつつあるのか
「トランプ大統領は独裁的な傾向があるのではないか」といった指摘が出ている。法の支配が確立している米国では、そう簡単に暴君が生まれることはないと思うが、トランプが“独裁者”になっていく可能性はあるのだろうか。(2017/2/23)

RSA Conference:
IoTに潜むセキュリティのリスク、依然として問題に
米国で開催中の「RSA Conference」では、IoT(モノのインターネット)のセキュリティ問題について報告された。IoTにはセキュリティ問題がついて回るが、解決までの道のりは、まだ遠いようだ。(2017/2/17)

人体へのマイクロチップ埋め込み強制 予防的な禁止法案をネバダ州が審議
「人権と公衆衛生にリスク」を危惧。(2017/2/14)

支持政党や年齢で意見が真っ二つ
政府による「暗号化通信」の解読は許してもよいのか?
「連邦政府のデータセキュリティは信頼できるか」「政府は犯罪捜査の一環として、暗号化通信を解読できるべきか」。米国の意見が大きく割れている。(2017/2/10)

スターバックス、1万人の難民雇用とメキシコとの交流強化を宣言
Starbucksのハワード・シュルツ会長兼CEOが、ドナルド・トランプ米大統領による移民規制大統領令署名を受け、世界75カ国の店舗での1万人の難民雇用と“メキシコとの国境に壁ではなく橋をかける”ことを発表した。(2017/1/30)

反トランプデモ「女性たちの行進」への問題発言で公職者のソーシャル炎上相次ぐ
トランプ「暴言の時代」到来。抗議デモはトランプ支持者の多い州でも起きている。(2017/1/26)

トランプ大統領、「ネット中立性」に批判的なFCC新委員長指名
オバマ政権が推進した「ネット中立性」はトランプ政権でいったいどうなるのか?(2017/1/24)

ロシア大統領「オバマ政権の挑発には乗らない」、トランプ氏「プーチン氏が賢いと知ってた」
米オバマ政権が29日に発表したロシアへの制裁措置を受け、ロシアのプーチン大統領は対抗措置を取らず、次期トランプ政権と露米関係を修復していくと語り、トランプ氏は「プーチン氏がとても賢いことは以前から知っていた」とツイートした。(2017/1/2)

米連邦政府、ロシアが大統領選に介入したとして情報員追放などの制裁発表
米連邦政府のバラク・オバマ大統領が、ロシア政府が先の米大統領選にサイバー攻撃などで介入したとして制裁措置を発表した。情報員の国外退去や関連施設の閉鎖、ロシア情報機関の技術情報の開示などを実施する。(2016/12/30)

Facebookとマーク・ザッカーバーグCEOの2016年を振り返る
人工知能(AI)の採用や米大統領選への影響などで何かと注目を集めた今年のFacebookを、海外速報部が振り返ります。(2016/12/26)

TwitterのドーシーCEOがトランプ氏懇談会に招待されなかった理由は?
米次期大統領のドナルド・トランプ氏が14日に開催したIT大手のトップとの懇談会にTwitterのジャック・ドーシーCEOが招かれなかったのは、Twitterがトランプ氏の選挙キャンペーンチームとの契約で要求されたヒラリー・クリントン氏を攻撃する絵文字の掲載を拒否したからだとPOLITICOが報じた。(2016/12/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。