ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サービス業」最新記事一覧

Over the AI ―― AIの向こう側に(10):
外交する人工知能 〜 理想的な国境を、超空間の中に作る
今回取り上げる人工知能技術は、「サポートベクターマシン(SVM)」です。サポートベクターマシンがどんな技術なのかは、国境問題を使って考えると実に分かりやすくなります。そこで、「江端がお隣の半島に亡命した場合、“北”と“南”のどちらの国民になるのか」という想定の下、サポートベクターマシンを解説してみます。(2017/4/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
実は怖い、インド便のトイレ
航空会社のトラブルが相次いでいる。男性が警察に引きずり出されたり、母親がベビーカーを奪われたり。いずれも米国の航空会社で起きたわけだが、客室乗務員によると「インド便で深刻な問題がある」という。どういうことかというと……。(2017/4/27)

沖縄モノづくり新時代(8):
沖縄の交通課題の救世主となるか!? 自動走行バスへの大きな期待と開発の現状
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第8回では、自動車を使えない高齢者や身体の不自由な方の移動手段として、その可能性が注目されるバスの「自動走行化」に向けた取り組みを、試乗体験の感想を交えて紹介する。(2017/4/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIが働かないと私たちは貧しくなる
人口減少による著しい人手不足が今後も加速していく可能性が高い日本。このままでは、あらゆる業界で過労問題が発生するだろう。「AIが仕事を奪う」という心配をしている場合ではない。AIに働いてもらわなければ経済(社会)が回らなくなるという事態になりかねないのだ。(2017/4/13)

脱税、粉飾決算、偽装……:
“コンプラ違反”倒産、16年度は減少 好景気が影響
「コンプライアンス違反」による倒産、2016年度の傾向は?――東京商工リサーチ調べ。(2017/4/10)

コグニティブ技術で銀行の業務変革を支援する「Smart Branch」、日本IBMから
日本IBMは、コグニティブ技術を活用し、銀行の業務変革の支援を強化。営業店を起点とした業務変革を支援する「Smart Branch」と、新たなビジネスモデルの創出を支援するデータ活用の場「IBM データ・オン・クラウド」を発表した。(2017/4/10)

目的の共有がカギ:
デジタル化で“生き生き”接客 町のクルマ屋さんの事例
デジタルテクノロジーをうまく使いこなせば、業務を効率化し、サービスを向上させることができる。しかし、導入しただけで全てがうまくいくわけではない。大切なのは、明確な目的と、その目的を会社全体に浸透させることだ。埼玉県で自動車整備などを手掛ける杉戸自動車の場合は……。(2017/4/6)

「世界が驚くニッポン!」炎上 あまりの持ち上げぶりに日本人が驚いた!?
外国人向けに日本の魅力を発信するために経済産業省がまとめた冊子に非難が集まっている。(2017/4/4)

クールジャパン戦略の一環:
経産省の冊子「世界が驚くニッポン!」に非難の声
経済産業省発表の「世界が驚くニッポン!」に非難が集まっている。日本の伝統工芸や職人の技を紹介・分析する内容で、匠の精神が中高生の部活動にまで根付いていると称賛。一方、Web上には「謙虚さをアピールするのはもはや謙虚じゃない」という声も。(2017/4/3)

スピン経済の歩き方:
日本社会の「効率化」が結局、「人のがんばり」に落ち着く理由
「欧米に比べて、日本企業の生産性は低い」といった話をよく聞くようになった。効率化を図っている企業は多いのに、なぜ生産性は上がらないのか。その背景に、結局のところ「人のがんばり」に頼っている部分があるからではないだろうか。(2017/3/14)

Couchbase導入事例
NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由
配送サービス業を営むDoddleは、データ接続性が不安定な店舗や約600人のサービスマンが持つモバイル端末とデータを送受信する必要があった。同社がMicrosoft SQL ServerからCouchbaseに移行した理由とは?(2017/3/10)

東京商工リサーチ調べ:
老舗企業の苦戦続く 6年連続で倒産企業の3割超占める
東京商工リサーチが、2016年の老舗企業と新興企業の倒産件数を発表した。(2017/3/9)

リテールテック2017:
お、クッキーのいい香りが……ってこれデジタルサイネージかよ!
リコーは、「リテールテック2017」において、デジタルサイネージの表示と連動した芳香(香り)を出す「香りサイネージ」を参考出展した。今後テスト導入を進めながら、正式な商品化を図りたい考え。(2017/3/7)

震災から6年:
「3.11」関連の倒産件数、約2000件
東日本大震災による影響で倒産した企業は累計で1951件――帝国データバンク調べ。(2017/3/6)

ソムリエ、リハビリ…… ソフトバンク「ペッパー」、AIソフト連携で活躍広げる
ソフトバンクのロボット「ペッパー」が、AIベンチャーによるソフトウエアを組み込むことで活躍の場を広げている。(2017/3/2)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
GLM設立秘話(前編):「和製テスラ」になれるか、京都発EVベンチャーの苦闘
京都発の電気自動車(EV)ベンチャー・GLM。その創業から、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」開発の苦闘、そして「パリモーターショー2016」でのスーパーカーコンセプト「GLM G4」の発表に至るまでの秘話を前後編でお送りする。(2017/3/1)

PR:動き出した官公庁 AIやIoTで社会が変わるための“秘策”とは?
(2017/3/1)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(23):
宮古島編:青い空! 白い砂!――首都圏の仕事をビーチでリモートワークするという、うっとりするような選択肢
沖縄県にある離島の1つ宮古島が、エンジニアのテレワークを応援している。美しい海がある観光地では、どんな働き方ができるだろうか。(2017/2/24)

厚労省調査:
男女間賃金格差、過去最少 16年 正規・非正規の格差も
男女間の賃金格差と、正規・非正規の賃金格差が過去最少を更新した――厚生労働省調べ。(2017/2/23)

フリックケア/日進精機 金型みまもりサービス:
介護から製造現場へ――月額5000円で開始できる金型の予知保全サービス
フリックケアと日進精機は金型異常の予兆を検知できる「フリックケア金型みまもりサービス」を共同開発。2017年2月14日から提供を開始すると発表した。(2017/2/23)

Microsoft Focus:
街のラーメン屋でも導入できる “月額3万円のAIロボット”の働きぶりは
AIやロボットというと、「大企業が多額の投資をして使うもの」というイメージがあるが、2017年はそれが覆るかもしれない。街の小さな店舗でも気軽に導入できる月額3万円のAIロボットが注目を集めている。(2017/2/18)

マネーの達人:
プレミアムフライデーで生活はどう変わる?
2017年2月24日の金曜日から「プレミアムフライデー」が始まります。「月末最後の金曜日をいつもと違う豊かさを楽しむ日にしよう」という官民一体の取り組みですが、果たして私たちの生活に大きな変化は現れるのでしょうか。(2017/2/17)

禁止の会社は77.2%:
社員の副業を認めている企業は2割、ダメな理由は?
就業規則で社員の副業・兼業を認めている企業はどのくらいあるのだろうか。リクルートキャリアの調査によると、「容認している」と答えたのは22.6%だった。(2017/2/15)

外国人が活躍:
月給10万円でも「日本で働きたい」
少子高齢化が進む中、人手不足が深刻化する介護現場で、外国人の活躍が目立ち始めている。現場で働く外国人は日々何を感じ、どんな将来像を夢見ているのだろうか。(2017/2/13)

NTT Com、VR活用支援サービスをスタート H.I.S.が先行導入
VRコンテンツの企画や制作、配信、効果測定までをワンストップで提供し、企業のVR活用を支援するソリューションを発表。H.I.S.の先行導入事例では、顧客満足度や成約率の向上などが期待されるという。(2017/2/10)

賞与の増加など影響:
16年の実質賃金、0.7%増で5年ぶりプラス 厚労省
厚生労働省が2月6日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、実質賃金が5年ぶりに増加していたことが分かった。(2017/2/6)

収入面の不満や、独立準備が理由:
起業家のうち約3割が「副業起業」
起業家のうち、「副業起業」(会社などに勤務しながら副業として起業すること)をした人の割合は27.5%――日本政策金融公庫調べ。(2017/2/3)

月商500万円以上は1割:
起業家の4割が月商30万円未満
起業家の42.1%が月商30万円未満――日本政策金融公庫調べ。(2017/1/31)

視点:
デジタル時代の新規事業着想法――IoT/AI/Fintechを「目的」とせず「手段」と捉えよ
デジタル新技術を活用した新規事業開発をいまやらなければ時代に取り残されると危機感を抱いている企業も多いだろう。しかし、自らの優れた経営資源を最大限活かすことを原点に着想することを決して忘れてはならない。(2017/1/30)

過去最高を更新:
外国人労働者、初の100万人超え 前年比19%増
2016年10月末時点での外国人労働者の数は、前年比19%増の108万3769人――厚生労働省が発表。(2017/1/27)

ロボデックス:
広義のロボット活用拡大へ、加速するRRI
ロボデックス開催に合わせて実施されたロボデックスカンファレンス「世界に革命を起こす!日本のロボット新戦略とは」では、開催記念講演としてロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)事務局長の久保智彰氏が登壇。「ロボット革命とIoTによる製造ビジネス変革に向けて」をテーマに同協議会のIoTおよびロボット利活用推進を目指した取り組みを紹介した。(2017/1/27)

デジタルマーケティングの認識高まる 「既に成果」は37.0%――富士通総研調べ
富士通総研の調査によると、35.3%の企業がデジタルマーケティングに取り組んでいるが、デジタル化の認識は業種により差があり、成果を挙げているのは37.0%にとどまることが分かった。(2017/1/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
飲食店の全面禁煙は仕方ないのか
政府は、東京オリンピックに向けて飲食店の全面禁煙(喫煙室の設置は可)を目指すなど、諸外国(先進国)並みの受動喫煙対策を実施しようとしている。飲食店などからは反対意見が相次いでいるが、今回のタイミングを逃してしまうと、本格的な受動喫煙対策の導入は困難とも言われている。国会審議の行方に目が離せない。(2017/1/25)

Engineered Systemsを“日本品質”で提供できる理由:
PR:長年蓄えた独自ノウハウを凝集 Oracle Exadataの導入から活用までをワンストップで支援するNEC
日本国内における「Oracle Exadata」の導入推進において大きな存在感を放つNEC。2012年に取り扱いを開始して以来、さまざまな業種/業界に170台以上を導入してきた同社のエキスパートらに最新の活用事例や取り組みを聞いた。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/1/25)

ジェネシス IoT活用CXレポート:
カスタマーエクスペリエンスの成熟に向けたIoT導入に後れ
ジェネシスは、アジア太平洋地域を対象にした「2016年版 IoTを活用したカスタマーエクスペリエンス(CX)に関するレポート」を発表した。(2017/1/25)

自然エネルギー:
100%再エネ企業が18社、日本の消費電力の1割に
企業が事業を通じて消費する電力は、地球上の消費電力のうち約半分を占める。再生可能エネルギーだけで企業活動をまかなおうとする取り組み「RE100」の意義は大きい。RE100は2017年1月17日、100%の目標に達した企業が18社に及んだと発表。日本企業の姿はあるだろうか。(2017/1/23)

トップは:
社長に聞く、2017年に注目している企業は?
あなたが注目している会社はどこですか? 従業員10人以上の企業経営者に聞いたところ……。(2017/1/18)

「違法な時間外労働が約44%の事業場で確認」 厚労省が長時間労働に関する監督指導結果を公表
脳・心臓疾患を発症した労働者が、その直近6カ月間平均で月92時間の時間外労働を課されていた事例も。(2017/1/18)

鈴村道場(5):
“シンの”トヨタ生産方式とは? 実践事例から学ぶ経営改善の決め手
「トヨタ生産方式」は、生産という言葉が使われていることもあって「生産業務の現場改善のための手法」と誤解されていることが多い。しかし実際には、事業活動全般に適用できることから企業の経営改善に役立っている。トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏が、実践事例を基に、“シンの”トヨタ生産方式について解説する。(2017/1/17)

働き方改革の1つ:
プレミアムフライデーって本当にできるの?
経済産業省と経団連、業界団体などは、毎月末の金曜日に早めの退社を促し、個人消費を喚起する取り組み「プレミアムフライデー」を2月24日から実施する。停滞する個人消費の拡大とライフスタイルの変革を目指す。(2017/1/16)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
小売業の未来を米ロボットレストランに見た
今、米国・サンフランシスコで人気のある、ビジネスマンなどにサラダを売るファストフード店をご存じでしょうか? 実は「ロボットレストラン」として話題を集めているのです。ここから日本の小売業の未来が見えてきました。(2017/1/7)

リード研所長が聞く:
マーケティングと営業の溝を埋めるため「本物のABM」の話をしよう――庭山一郎(シンフォニーマーケティング)
新刊『究極のBtoBマーケティング ABM(アカウントベースドマーケティング)』を上梓した庭山一郎氏。B2B企業のマーケターに伝えたいABMの本質とは?(2017/1/6)

製造業IoT:
IoTを活用したカスタマーエクスペリエンスに関する調査結果を発表
ジェネシスは、「2016年版 IoTを活用したカスタマーエクスペリエンス(CX)に関するレポート」を発表した。日本の回答者の81%はCXの改善が有効だと考えているが、実際にCXにIoTを活用している企業は4%だった。(2017/1/6)

国内事業の状況を説明:
レッドハットはOpenStackのマネージドプライベートクラウドを推進、Red Hat on Azureではマイクロソフトと共同パートナープログラム
レッドハット日本法人は、次年度の重点活動について、OpenStackのマネージドプライベートクラウドの推進、Red Hat on Azureにおけるマイクロソフトと共同パートナープログラム展開などを説明した。(2016/12/28)

クラウドでも、3つの技術を既存のスキルで適材適所に使う:
PR:ちょっと待って! そのHadoop、NoSQL、RDBMSの使い分けは正しいの? 最適解をオラクルのビッグデータ製品開発者に聞いた
「HadoopやNoSQL、RDBMSの使い分けをコストだけで判断してはならない」と米オラクルでビッグデータ製品を担当するジャン・ピエール・ダイク氏は警告する。システムの性能やセキュリティの要件を見極めたうえでコストを考慮し、適材適所で使い分けるのが正解だ。[ビッグデータ][Big Data](2016/12/20)

沖縄モノづくり新時代(7):
イルカ、クラゲ……美ら海水族館の話? いえ、ロボットの名前です――「沖縄海洋ロボコン2016」レポート
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第7回では、いつもとは少し視点を変えて海中のロボット競技「沖縄海洋ロボコン」の模様をお届けする。(2016/12/20)

BIMで変わる建設業の未来(3):
米国の最新現場に見る、テクノロジーで変革する建設業の今
BIMを筆頭に、建設業界に関連する最新技術の活用状況の現在と、今後の展望について解説していく本連載。第3回ではBIMやICTの登場で変化しつつある米国の最新現場の様子を紹介しながら、今後の建設プロセスの展望を探る。(2016/12/19)

キャズム理論が進化している:
GEに学ぶ、日本企業の「これから」
「キャズム理論」と聞くと、「ウチの会社でその考え方を活用するのは難しいのでは?」と思う人が多いのでは。キャズム理論は誕生から25年が経っているが、例えばGEのような大企業でも活用され始めているのだ。具体的にいうと……。(2016/12/16)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
ローソンが「あきこちゃん」に期待するワケ
ローソンが半年前から提供しているチャットボット「ローソンクルー♪あきこちゃん」。どんな効果が出ているのか。その他、同社はAIをどのように活用しているのか。AIジャーナリストの湯川鶴章氏が、ローソンにおけるAIの活用状況について取材した。(2016/12/13)

いまさら聞けない第4次産業革命(9):
国家間バトルはもう十分、加速する政府の枠組み作り
製造業の産業構造を大きく変えるといわれている「第4次産業革命」。本連載では、第4次産業革命で起きていることや、必要となることについて分かりやすくお伝えしていきます。第9回はここのところまた激しくなってきた「第4次産業革命による国家間連携」についてあらためてまとめたいと思います。(2016/12/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。