ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シェアリングエコノミー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シェアリングエコノミー」に関する情報が集まったページです。

視点:
「創造生産性」の高い豊かな社会――ありものを使い倒して、お客さま起点の価値を創出
日本中で、新たな価値が量産され、それが輸出されている。こんな世界観を実現したい。(2018/5/21)

社長は元Jリーグ練習生 :
駐車場シェアakippaが「IoTパーキング」開始 狙いは?
akippaがIoTの技術を活用したゲート式駐車場管理システム「シェアゲート」を発表。駐車場のオーナー企業向けのシステムで、駐車場シェアリングサービスの効率化が狙い。オフィスビル、商業施設、ホテルなどに導入する。(2018/5/9)

セブン、コンビニで受け取れる口座不要の送金サービス きょうから
セブン銀行などが、企業→個人宛の送金をATMやコンビニ店頭で受け取れる送金サービスをスタートした。(2018/5/7)

24時間利用可能:
セブン‐イレブン、ATMとレジで送金受け取り可能に 国内初、口座介さず
企業の個人宛て送金をセブン‐イレブンのレジとセブン銀行のATMで受け取れるサービスが始まる。銀行口座を介さずに取引できるのが特徴。(2018/5/2)

企業の専門人材ニーズに応える“人財シェアリング”プラットフォーム「SAP Fieldglass」、SAPジャパンが国内販売を開始
SAPジャパンが、企業の専門人材に対するニーズに応えるソリューションとして、企業と人財をマッチングする“人財のシェアリングプラットフォーム”を提供するクラウドベースのサービス「SAP Fieldglass」の販売を開始した。(2018/4/18)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
“業界首位”へあと一歩、駐車場シェアサービス「akippa」に迫る脅威
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/4/17)

視点:
新興国における破壊的イノベーション
経済成長や安い労働力を背景とした従来型新興国ビジネスから、未来構想型の新興国ビジネスへシフトしていくべきである。(2018/4/16)

機械学習、予測分析、行動解析を組み込む
Airbnb、技術が可能にするユーザーとホストの間での信頼構築
ユーザーとホストの間で宿泊施設の仲介をするAirbnbにとってそれぞれの信頼関係をどう構築するかがビジネスの基本となる。シェアリングエコノミーを実現するための技術活用とは?(2018/4/16)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
自動運転で変わるクルマの未来を「移動のプラットフォーム」でリードしたい――IDOM 執行役員 北島昇氏
自動運転の普及で移動がサービス化する時代に向け、「車のプラットフォーム」を「移動のプラットフォーム」に変えたいと語るIDOM 新規事業・人事・広報管掌 執行役員の北島昇氏。その時代を見据えた新規事業開発や組織風土変革のコツとは?(2018/4/13)

地方活性化のファクターに:
「民泊がない地域は価値を下げる」 星野リゾート代表
星野リゾートの星野佳路代表は、民泊をはじめとするシェアリングエコノミーについて、地方経済の活性化にとって重要な要素だと強調した。(2018/4/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
「民泊」解禁目前 “先輩”国で起きているトンデモ事件とは
6月の住宅宿泊事業法(民泊法)の施行を目前に控え、民泊に関するニュースをよく聞くようになった。民泊をすでに導入している“先輩”国で起きている出来事とは……(2018/4/5)

石原卓児社長インタビュー:
70周年“ブランドのコメ兵”が直面した「2つの危機」
中古ブランド品リユースでトップを走るコメ兵。今年で70周年を迎えた同社は、「2つの危機」に直面した。危機的状況をどう乗り越えたのか。石原卓児社長にインタビューした。(2018/4/3)

“日本が知らない”海外のIT:
会議は”場所”が大事だった? IT化で「リアルな場」求める声も
ドイツ・ベルリン発の会議室レンタルサービス「Spacebase」は、憂鬱な会議を有意義なものに変えてくれるのか。(2018/3/27)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
お花見は嫌だけど「インドア花見」なら行きたいというインサイト──スペースマーケット調査
桜シーズン到来で心躍る今日この頃ですが、「混雑する」「寒い」「花粉症」など、花見嫌いも少なくないようで……。(2018/3/26)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナー:
深刻化する一方のサイバー攻撃は防げるのか 最新の対抗手段とは
ITmedia エンタープライズが、2017年11月に開催した「ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナー」で、セキュリティベンダー各社が最新のインシデント対応ソリューションを紹介した。(2018/4/20)

視点:
未来構想とテクノロジーから考える「新しいイノベーション」
イノベーションを起こしやすい時代になっている。発想を豊かにするためには、一産業に限らず横断的な視座で4つの枠組みで考えていくことが有効である。(2018/2/26)

“いま”が分かるビジネス塾:
縮小するクリーニング店 打開策は?
クリーニング店のビジネスが厳しい状況に追い込まれている。直接的な原因はコインランドリーの増加だが、状況はもう少し複雑だ。労働者の賃金やライフスタイルの変化など、複数の要因が絡み合っている。そしてシェアリングエコノミーの台頭がこの状況を加速させる可能性が高まっている。(2018/1/24)

「活用すべき」「問題点多い」:
企業の副業・兼業解禁はチャンス? 時期尚早?
政府が進める働き方改革の中で、多様な働き方の一環として、企業の副業・兼業解禁が注目を集めている。(2018/1/18)

「副業解禁」メリットと課題 「スキル獲得の手段に」×「監督責任不明が問題」
企業の副業・兼業解禁が注目を集めている。従業員が離職せずに別の職につけ、スキルや経験を積むことが、企業にとってもプラスになる一方、関連の制度整備の遅れが問題になっている。(2018/1/16)

シェアリングエコノミーでイベント開催時の駐車場不足を解消 浜松市とタイムズ24などが共同実証へ
タイムズ24、損保ジャパン日本興亜、浜松市は共同で、イベント開催時に一時的に増加する駐車場需要に対応するため、シェアリングエコノミーの手法を活用した駐車場シェアリングの実証実験を行う。(2018/1/10)

地域活性化伝道師が語る:
「地方は不利」――そんな常識を覆す手段はあるのだ
2017年は地方創生政策がスタートして3年が経過。計画ではなく実績が問われるようになりました。従来のように人口だけでどうにか地方を保持しようとするのではなく、新たな地方の持続可能な仕組みを考えるというテーマに地方創生はシフトしていくはずです。そうした中で地方は何をすべきでしょうか。(2018/1/1)

“いま”が分かるビジネス塾:
受動喫煙防止法の廃案が逆に飲食店を苦しめる?
厚生労働省が受動喫煙防止法案を骨抜きにする代替案の検討を開始するなど、同法案が事実上の廃案となる可能性が出てきた。飲食店の経営を守るというのが建前だが、一連の動きは、別な形で外食産業に影響を与える可能性がある。それはデリバリービジネスの急拡大である。(2017/12/28)

LINE、自転車シェア事業に参入
LINEは12月20日、自転車シェア事業に参入することを発表した。(2017/12/20)

2018年はデジタルネイティブ企業(DNE)への変革の年――IDC、2018年の国内IT市場の主要10項目を予測
IDC Japanによると、2018年はデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じてデジタルネイティブ企業(DNE)への変革過程になるとし、企業が生き残るための鍵は、新たなITを強力に生かせるかにかかっているという。(2017/12/15)

MONOist IoT Forum 東京(2):
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ
EE Times Japan、MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。同セミナーのIoTテクノロジートラックの模様をレポートする。(2017/12/13)

特集・ミライのクルマ:
“食べる”ための自動運転技術 「ロボット農機」は農業を救えるか
2020年に向けて盛り上がる自動運転技術。公道を走るクルマだけでなく、閉じられた空間(農地)を走る農業機械にも自動運転レベルがあるのをご存じだろうか。(2017/12/12)

ET2017 特別講演レポート:
坂村健氏が見る中国シェアリングエコノミーの拡大とIoTの真価
「Embedded Technology 2017」「IoT Technology 2017」の特別講演に、東洋大学教授の坂村健氏が登壇。「オープンIoTで広がる未来、IoTからIoSへ」をテーマに、オープンIoTの考え方から実現のためのフレームワークアーキテクチャ、実践に向けての取り組みになどについて説明した。(2017/12/11)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
累積赤字約50億円 ネット印刷「ラクスル」“攻めの姿勢”は実るか
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/11/24)

うぉぉぉ 2000万円スポーツカー「メルセデスAMG GT S」がニッポンレンタカーに 6時間6万円から
F1セーフティカーでおなじみの、あの「メルセデスAMG GT S」がニッポンレンタカーで借りられるように。(2017/11/13)

データ管理の「真実」と「誤解」:
PR:「取りあえずデータを蓄積」は誤り――ビジネスの拡大を実現する「360度データ管理」とは
データは保護から管理する時代へ。2017年9月に米国ラスベガスで開催された「Veritas Vision 2017」では、デジタル変革へ向かう次世代データ管理の方向性が示された。2017年12月1日開催の「Veritas Vision Solution Day - Tokyo」では、新しいソリューションがより詳しく紹介される。注目のイベントの見どころを聞いた。(2017/11/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
加速する「電気飛行機」開発 空の移動はこう変わる
電気飛行機に関するプロジェクトが相次いで立ち上がっている。電気飛行機はコストが安く騒音がほとんどないという画期的な特徴を持っており、実用化が進めば空のタクシー化を一気に促すことになる。ウーバーのような予約システムが、タクシーだけでなくエアラインともシームレスにつながる可能性が高まってきた。(2017/11/9)

“全員野球”で取り組むデータ活用
Airbnbはこのツールで超高速な意思決定を実現、「データ民主化」とは
民泊サービスのAirbnbは、起業当初からデータの価値を認識していた。同社は、データを「民主化」するツールを構築し、トレーニングを考案した。その結果、従業員はデータサイエンティストへと変貌を遂げた。(2017/11/1)

人工知能ニュース:
人工知能「Watson」の無期限試用が可能に、日本IBMがビジネス利用の拡大を強化
日本IBMは、AIの活用に関するユーザーイベント「AI Business Forum TOKYO」を開催し、同社が展開する人工知能「Watson」の価値と先進事例について紹介。同時に「Watson」を含むクラウドサービスを無期限で試用できる「IBM Cloud ライト・アカウント」の開始についても発表した。(2017/10/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
グーグル&Uberつぶしのトヨタ・タクシー
現在開催中の「第45回 東京モーターショー」。その見どころについて業界関係者から何度も聞かれたが、その説明が面倒だった。自動運転車や固体電池のクルマとかなら「ああそうですか」で終わるのだが、今回はタクシーなのだ。(2017/10/30)

新規事業に次々と「挑む」:
本当に変えるべきは「社内文化」――IDOMの挑戦
新規事業を次々にスタートしているIDOM。いかにして“挑戦する”体制を整え、新たなスタートを切ったのか?(2017/10/20)

CEATEC2017:
「Connected Industries」でCEATECも変わり、JEITAも変わる
「CEATEC JAPAN 2017」の基調講演にJEITA会長でパナソニック 取締役会長の長榮周作氏が登壇。「超スマート社会『Society 5.0』に向けて」をテーマに、「CEATEC JAPAN」の変化と、世界のトレンドに対するJEITAやパナソニックの取り組みについて紹介した。(2017/10/19)

法人・個人・レンタカーに対応:
ドコモ、カーシェアリング事業に参入 中期計画の一環
NTTドコモが、カーシェアリングサービス「dカーシェア」を11月8日に開始する。「企業とのカーシェア」「個人とのカーシェア」「レンタカー」の3つの利用形態に対応した点が特徴。中期計画「beyond宣言」の一環という。(2017/10/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
シンギュラリティに向け勝ち残る企業とは――人生140年時代の今、中堅こそ起業を
2045年に訪れると予測されている「シンギュラリティ」。人工知能が人類を超越する時代に生き残ることができるのはどのような企業、そして人なのだろうか。(2017/10/18)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
累積赤字59億円のエコ配、”自転車操業”なのに期待される理由
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/16)

「LINEデリマ」との競合にも自信:
上陸から1年 社長が語る「UberEATS」好調の舞台裏
フードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバー イーツ)」が日本でのサービス開始から1周年を迎えた。1周年を記念した記者会見に、Uber Japanの高橋正巳社長が登壇。好調の要因と他社サービスとの違いについて語った。(2017/10/2)

情報通信白書2017を読み解く(前編):
「第4次産業革命」に抵抗感? 調査で分かった日本の製造業の本音
IoTやAIなどを活用する「第4次産業革命」の動きが活発化している。しかし、国内外の企業を調査したアンケートでは、日本の製造業はこの革命に積極的な姿勢を見せているとは言い難い。いわば、第4次産業革命に対してやや及び腰になっているといえる。(2017/9/25)

視点:
「2027年の消費者」〜多様化×音声・対話AIが及ぼすインパクト
これからの10年間は、デジタル化への対応に加え、消費者の変化も見据えた対応、すなわちこれまでのビジネスモデルそのものの革新が求められる。(2017/9/12)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
配車アプリ「全国タクシー」のJapanTaxi、1.1億円の赤字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/11)

「押入れに眠る15兆円を見える化」──ドコモ、宅配収納サービスに参入 トランクと業務提携で
ドコモが宅配収納ベンチャーのトランクと業務提携。「dリビング」内でサービスを提供開始する。(2017/9/7)

和田憲一郎の電動化新時代!(25):
日系自動車メーカーの戦力逐次投入は何をもたらすのか
フランスや英国で2040年までにガソリンエンジン車・ディーゼルエンジン車の販売を禁止する方針を政府が示した。欧州自動車メーカーは反対する様子もなく、既に織り込み済みに見える。一方、日系自動車メーカーは当面1〜2車種の電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)を投入する様子見の戦略だ。あえて後手とするのは望ましいのか。(2017/9/4)

「デジタル変革」目指す:
三井住友FG、新ビジネスに向け“飛び込み歓迎”の新拠点
三井住友FGが、新規事業開発に向けたビジネス拠点を東京・渋谷にオープンした。外部企業からビジネスパーソンを招き、セミナーやハッカソンなどを定期的に開催する。有望なアイデアを持つ人材を見いだし、新ビジネスの創出に向けたアイデアを得る狙い。(2017/9/1)

事業戦略に沿って選択と集中:
SOMPOホールディングスは、機械学習/AI、クラウドをどう活用しようとしているか
SOMPOホールディングスは、2016年にSOMPO Digital Labを東京とシリコンバレーに設立、これを実働部隊としてデジタル戦略の具体化を急いでいる。その裏には保険業界が根本的な変革を迎えつつあるとの危機感があるという。SOMPOホールディングスのチーフ・データサイエンティスト、中林紀彦氏がAWS Summit 2017で行った講演から、同社の取り組みを探る。(2017/8/29)

モビリティサービス:
トヨタがカーシェア事業に本腰、2017年秋からハワイの販売店でサービス開始
トヨタ自動車は、同社販売店向けのカーシェア事業用アプリを開発したと発表した。2017年7月から米国ハワイ州の販売店であるServcoと試験的な運用を開始しており、同年後半には同州ホノルルで一般顧客向けのカーシェア事業を始める。(2017/8/17)

目からうろこの行政サポート活用術:
政策を知り、それを実現するための補助金を知る――IT投資を後押しするアベノミクス
日本の未来の成長のために、IT投資は欠かせない――。そんな思いがアベノミクスの成長戦略には盛り込まれている。具体的な数値目標まで掲げており、政府は何が何でも実現させる意気込みだ。そのために、助成金や補助金も用意している。これを活用しない手はない。(2017/8/17)

気鋭のマーケティング学者と「ネスカフェ アンバサダー」仕掛け人が語る:
「マーケティング4.0」とは結局どういうことなのか?
「マーケティング4.0」とは何か。本稿では、首都大学東京大学院准教授の水越康介氏とネスレ日本の津田匡保氏の講演から、その概念と実践について探る。【更新】(2017/8/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。