ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サントリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サントリー」に関する情報が集まったページです。

「クラフトボス」が開拓:
好調「ペットボトルコーヒー」市場、まだまだ伸びる?
サントリーが2017年に発売したペットボトルコーヒー「クラフトボス」をきっかけに、「ちびちびと飲む」ニーズに対応したコーヒー商品が増え、市場は急速に拡大している。新たな市場はさらに拡大しそうだ。(2018/6/14)

「忍者女子高生」からすべてが始まった:
PR:テレビCMで有名なサントリーが、Web動画広告にチカラを入れるワケ
テレビCM界をリードし続けてきたサントリー食品インターナショナルが、ネット動画にチカラを入れている。再生回数が800万回を超えた動画がある一方で、十数万回にとどまったものもある。その違いはどこにあるのか。また、多くの人に見てもらうためにどのような工夫をしているのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/16)

サントリー「白州12年」「響17年」販売休止へ ウイスキー人気で熟成した原酒が不足
「白州12年」は6月頃から、「響17年」は9月頃から販売休止になる見込みです。(2018/5/15)

“ビールの代わり”だけじゃない:
「透明なノンアルビール」サントリーが投入 “昼のオフィス”需要創出へ
サントリーが「透明なノンアルビールテイスト飲料」をコンビニ限定で6月19日に発売。職場でも気兼ねなく飲用できる「透明」かつ「ペットボトル容器」を採用し、“ビールの代わり”にとどまらない飲用シーンを提供する。(2018/5/11)

階層型ストレージをオールフラッシュに集約
サントリーがオールフラッシュでコスト削減 「ストレージ階層化はもう無意味」
サントリーグループが、国内各社の基幹システムを支えるインフラにオールフラッシュストレージシステムを採用した。選定をどう進め、どのような効果を得ているのか。(2018/5/11)

特選ブックレットガイド:
進化するデジタルモールド、高品質な試作や小ロット生産がモノづくりを革新する
3Dプリンタで出力した樹脂型を用いた加工技術「デジタルモールド」について取り上げた過去の展示会レポート記事と、サントリーMONOZUKURIエキスパートによる活用事例をあわせて紹介する。(2018/4/20)

サントリー「クラフトボス」に「ブラウン」登場 ブラック・ラテに続いて
仕事が捗りそうだ!(2018/4/19)

東京駅の自販機で「売り切れ」続々発生も「頑張れ!」「もっとやれ」の声 背景にサントリーグループの残業代未払い問題
ブラック企業ユニオンや、順法闘争に参加しているジャパンビバレッジの社員にも話を聞きました。(2018/4/19)

ストラタシス Objet Eden 260VS|事例:
サントリー、ペットボトル容器の試作リードタイム短縮に3Dプリンタを活用
サントリーMONOZUKURIエキスパートは、清涼飲料用ペットボトル容器の試作開発において、StratasysのPolyJet方式3Dプリンタ「Objet Eden 260VS」を採用。3Dプリンタ製樹脂型を用いた加工技術「デジタルモールド」による試作のリードタイム短縮に乗り出し、ペットボトル容器の試作評価期間の大幅短縮に成功したという。(2018/3/9)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタでペットボトル容器の試作を内製化、最短で3日に
ストラタシス・ジャパンのPolyJet方式3Dプリンタ「Objet Eden 260VS」を、サントリーMONOZUKURIエキスパートが清涼飲料用のペットボトル容器開発に採用した。同プリンタにより、サントリーは試作期間を1カ月半から最短3日と大幅に短縮している。(2018/3/7)

今度の「ボス電」は100万円分の楽天Edyチャージ付き――ソフトバンクとサントリー「BOSS」のコラボキャンペーン
ソフトバンクが、サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボした「ボス電当たる!」キャンペーンを実施する。北海道、東北、九州のエリアをイメージしたオリジナルデザインのスマートフォンを各10人にプレゼントするという。(2018/3/6)

時間かかる?:
サントリー、“大政奉還”まだ早い? 創業家出身の51歳副社長に課されたハードルとは
サントリーのトップ人事で“大政奉還”はあるのか。(2018/2/1)

バレンタインの期間限定:
「チョコと一緒」がおすすめ 牛乳で割る「ボス」新商品の味は?
サントリー食品インターナショナルは1月23日、濃縮タイプのコーヒー「ボス ラテベース」の期間限定商品「ティラミスショコラ」を発売。ロッテ「ガーナチョコレート」と一緒に食べるのがおすすめだという。(2018/1/23)

Twitterの流行「ストロングゼロ文学」 サントリーの反応、売り上げへの影響は
サントリーHD広報部に取材しました。(2018/1/19)

「僕たち、オールフリー」 香取慎吾&稲垣吾郎、サントリー新CM起用にファンから歓喜の声
めでたい!(2017/11/28)

18年4月から:
サントリー、業務用ビール類を10年ぶりに値上げ
サントリーは、業務用のビール類やチューハイの一部を2018年4月1日から値上げする。(2017/11/21)

透明な紅茶はこうして作る サントリーが「プレミアムモーニングティー」の仕組みを公開
透明なミルクティーの理由も解説。(2017/11/1)

CAE事例:
おいしいと安全の関係式は? サントリーによるスパコンとCFDを用いた品質向上
食品の安全とおいしさはトレードオフの関係にある。サントリーは製造工程において安全とおいしさに深く関係するレトルト殺菌機の内部状態をCFDで検証するとともに、スパコンのFOCUSを利用して設計変更の検討を行った。(2017/10/27)

透明ミルクティーは「仕事中にミルクティーを飲むと怒られる層向けに作られた」? うわさの真相をサントリーに聞く
実際はそういった意図のもとに作られたものではないということです。(2017/10/3)

サントリー「阿蘇の天然水」、熊本地震以来1年5カ月ぶりの販売再開へ
「サントリー天然水」シリーズの3種類がようやくそろう。(2017/9/19)

乳成分まで透明に……!? サントリーが「透明なミルクティー」新発売
今までで一番驚きの透明飲料かも。(2017/9/10)

1993年の「初代ボスジャン」を提供してくれる人、サントリーが急募 復刻版を前に本社に現物が一着もない
デザインが懐かしい……!(2017/8/11)

サントリー、ペプシコーラなど一部商品にプラスチック片が混入したとして自主回収
「ペプシストロング5.0GV」や「POPメロンソーダ」なども。(2017/7/29)

カクテルの新商品投入:
テキーラを気軽に飲みやすく サントリーが提案強化
サントリースピリッツは、テキーラの飲み方提案を強化。「ショットグラスで飲む」「飲みにくい」という印象から、日常的に飲みやすいイメージに転換を狙う。9月26日にテキーラベースのカクテルの新商品「サウザクーラー」を発売する。(2017/7/21)

「お酒飲みながらしゃぶるのがうみゃあで」 サントリー「コックゥ〜ん!」CMに「下品」「下ネタ」と批判相次ぎ公開中止へ
「女性をバカにしすぎ」という意見も。(2017/7/7)

「黒ラベル」なども買える:
Amazon、「ダッシュボタン」拡充 1000種以上に対応
アマゾンジャパンが、「Dash Button」のラインアップを拡充。約70種類のブランドが追加され、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」など計1000種類以上の商品が選択可能になった。(2017/6/28)

恒例「サントリー南アルプスの天然水」で作ったかき氷が山梨県北杜市内で期間限定販売
その名も「南アルプスの天然水かき氷」。(2017/6/10)

「ボス ラテベース スイートメープル」:
女性の朝食需要を狙え サントリーがカルビーと共同開発
サントリーとカルビーが「ボス ラテベース スイートメープル」を共同開発。カルビーの主力商品「フルグラ」とコラボし、女性消費者の“朝”を狙う。(2017/5/24)

優れたアニメコラボを表彰する「アニものづくりアワード」 総合グランプリは「サントリー天然水×君の名は。」
「浮世絵木版画 初音ミク」「北斗の拳キャラになれるアプリ」「美少女AIに罵倒されるサービス」なども。(2017/5/20)

エネルギー管理:
日清食品とサントリー、共同配送で「年間CO2排出量を約50トン削減」
日清食品とサントリーホールディングスは2017年6月中旬から、北海道・帯広エリアへの商品配送の一部を共同で配送すると発表した。両社合計で年間のCO2排出量を約50トン削減可能という。(2017/4/28)

ブランド担当者に聞く:
出荷停止も…… 「ヨーグリーナ」開発の舞台裏で何があったのか
ミネラルウオーター市場でトップを走るサントリー「天然水」シリーズ。大ヒットしたフレーバーウオーター「ヨーグリーナ」の商品開発や販売の裏側には、さまざまなハードルがあった。ブランド戦略を担当する糸瀬大祐さんに開発の経緯や当時の思いを聞いた。(2017/3/24)

デスクワークのお供に:
缶じゃない「BOSS」“ちびちび”需要に合う?
サントリーの缶コーヒー「BOSS」の新シリーズ「クラフトボス」が4月に発売される。若いITワーカーをターゲットに、長時間のデスクワークのお供として最適な味わいに仕上げたというが……。試してみた。(2017/3/22)

コーヒー焙煎工場新設も発表:
サントリー、地域限定「BOSS」拡大 東北などで今春
サントリー食品インターナショナルは今春、缶コーヒー「BOSS」の地域限定3商品(東北・北海道・九州)を発売する。コーヒー飲料事業の競争力強化のため、コーヒー豆焙煎の新工場計画も発表した。(2017/2/21)

全社員型(後編):
サントリーに学ぶ、タレマネ最前線
従業員の能力を生かすシステム「タレントマネジメント」を導入する企業が増えてきた。日本企業をみると「全社員型」を試みているところが多いが、具体的にどのようなことを行っているのか。前回の大和証券グループ本社に続き、今回はサントリーホールディングスの事例をご紹介する。(2016/12/2)

自分の顔を世紀末なキャラにしてヒャッハー! サントリーの謎キャンペーン「北斗の宴」が始動
おまえも北斗の拳キャラにしてやろうか〜!(2016/11/15)

フルーツや植物の「発酵」を音に 資生堂主催のアート展でサントリーが異彩を放つ
発酵をテーマにしたアート作品が、資生堂主催のイベントで展示されている。(2016/10/31)

星6つ! サントリー「澄みわたる梅酒」をレビュー!
今回選んだのはサントリースピリッツの「澄みわたる梅酒」(842円/税込、店頭価格)です。(2016/10/21)

星7つ! サントリー「ペプシスペシャル レモンミント」をレビュー!
今回選んだのはサントリー食品インターナショナルの「ペプシスペシャル レモンミント」(116円/税込、店頭価格)です。(2016/10/6)

サントリーグループ、BPOで「ロボティック・プロセス・オートメーション」を採用
サントリーグループは、IBMとのBPO契約の更改で「ロボティック・プロセス・オートメーション」を採用し、経理業務の自動処理を進める。(2016/9/9)

サントリーから「桃の天然水」「ルーツアロマブラック」が復活 9月24日からセブン&アイ各店舗で
サントリー独自の技術を活用。(2016/8/30)

コンビニコーヒーに対抗 サントリー「プレボス」新商品は苦みやコクを強化
サントリー食品インターナショナルは、「プレミアムボスシリーズ」の新商品「リミテッド」を発売する。(2016/8/23)

星7つ! サントリー「ボス デカフェブラック」をレビュー!
今回選んだのはサントリーフーズの「ボス デカフェブラック」(129円/税別、希望小売価格)です。(2016/8/8)

星9つ! サントリー「特茶 カフェインゼロ」をレビュー!
今回選んだのはサントリー食品インターナショナルの「特茶 カフェインゼロ」(170円/税別、希望小売価格)です。(2016/8/5)

星6つ! サントリー「ペプシストロング5.0GV〈ゼロ〉」をレビュー!
今回選んだのはサントリーフーズの「ペプシストロング5.0GV〈ゼロ〉」(91円/税込、店頭価格)です。(2016/6/27)

「おそ松さん」限定動画も! サントリー「オールフリーと楽しむ、この夏イチオシ物語」、6つ子の告知動画もあるよ!
オールフリーが似合う。(2016/6/22)

過去最高益のサントリーを支える緑茶「伊右衛門」、夏の味にリニューアル
サントリーの緑茶「伊右衛門」が夏の味にリニューアルする。(2016/6/6)

星8つ! サントリー「グリーン ダ・カ・ラ」をレビュー!
今回選んだのはサントリーフーズの「グリーン ダ・カ・ラ」(91円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/30)

サントリー、ファーストキッチンをウェンディーズに売却へ
サントリーがファーストキッチンの全株式をウェンディーズ・ジャパンに売却する方針という。(2016/5/23)

シャーベット絶対うまい ヨーグリーナと朝摘みオレンジがレジャーに使える冷凍対応ボトルで登場
サントリーさん、ナイスです。(2016/4/19)

星7つ! サントリー「C.C.スポーツ」をレビュー!
今回選んだのはサントリーの「C.C.スポーツ」(89円/税込、店頭価格)だ。(2016/4/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。