ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「ThinkPad X」最新記事一覧

最高級ミッドレンジクライアント
徹底比較:Windows 10最強ノートPCはどちら? ThinkPad X1 Carbon vs. Dell XPS 13
よく似た製品があふれるクライアントPC市場。その中で最高級ミッドレンジクライアントPC市場に属する「ThinkPad X1 Carbon」と「XPS 13」を比較してみた。どちらが優れているのだろう。(2016/7/10)

Adobe RGBカバー率100%:
レノボ、「ThinkPad X1 Yoga」の有機ELディスプレイモデルを2016年夏に発売 約32万円から
「ThinkPad X1 Yoga」の有機ELディスプレイモデルが、いよいよ登場する見通しだ。標準構成モデルの直販価格は約32万円(税別)となる。(2016/6/30)

要素別に比べてみた
徹底比較: Surface Pro 4 vs. ThinkPad X1 Tablet、比べて分かった最強タブレットの“選ばれる理由”
市場で最高級のハードウェアといわれるWindows 10タブレット「Surface Pro 4」。似ているデザインの「ThinkPad X1 Tablet」は、Surface Pro 4と比べて、優れているのだろうか。(2016/6/19)

ほとんど無敵の「Windows10」搭載2-in-1デバイス
Surface Proユーザーの嫉妬が怖い? 「ThinkPad X1 Tablet」に熱視線が集まるワケ
「ThinkPad X1 Tablet」は、構造、パフォーマンス、ユーティリティーのどれもビジネスユーザー向けにぴったりな2-in-1だ。(2016/6/12)

ThinkPadの弱点も改善なるか
徹底レビュー:いろんな意味でMacBookに対抗できる唯一のWindowsノート「ThinkPad X1 Carbon」(2016)に迫る
強力なスペック、美しいビジュアル、丈夫なデザインを兼ね備えたLenovoの「ThinkPad X1 Carbon」は、市場に出回っている中でも最高のビジネス向け薄型軽量クライアントノートPCの1つだ。 (2016/5/29)

「ThinkPad X1 Yoga/Tablet」まとめて1カ月無料モニター&Windows 10移行支援ワークショップ参加者募集中(3社限定)
ご応募いただいた中から抽選で3社の方を対象に、Windows 10移行支援のワークショップ開催と「ThinkPad X1 Yoga/Tablet」(1社につき各1台)を無料で1カ月間お試しいただけるモニターキャンペーンを実施中です。また、モニター期間終了後、モニターのご感想・コメントをいただいた方の中で希望される方には、お貸し出しした機種を1台プレゼントいたします。(2016/5/24)

ディスプレイ回転でキーボードが変形:
“Yogaスタイルで自由を手に入れた” 14型の2in1モデル「ThinkPad X1 Yoga」の実力を探る
ThinkPad X1シリーズに、ディスプレイが360度回転する2in1スタイルの「Yoga」が加わった。ThinkPad X1 Carbon譲りの薄型軽量ボディーでありながら、マルチなスタイルで使えるのがメリットだ。(2016/5/17)

その価格に見合った価値はあるのか
徹底レビュー:あらゆる面で最高級の「ThinkPad X1 Yoga」に納得できるのは誰?
数多あるノートPCのほとんどが「なんかあれに似ている」というスタイルと性能に足並みをそろえる中、数少ない独自性を保っているのがThinkPadシリーズだ。その最新シリーズのコンバーチブルモデルも個性を保っているだろうか。(2016/4/30)

X1 Carbon(第4世代)ロードテスト第1回:
第4世代「ThinkPad X1 Carbon」の改善点を第3世代ユーザーが確かめる
現在、第3世代の「ThinkPad X1 Carbon」を使っている筆者が、2016年に登場した第4世代を数カ月間に渡りレビューすることになった。まずは、新世代の「改善点」を見ていこう。(2016/4/28)

「KY」を解決したThinkPad X1――究極のビジネスツール「Think X1」ファミリー発表会(後編)
Lenovoの「Think」製品は、ビジネスツールとして進化を続けている。日本で開発された「ThinkPad X1」シリーズは、ビジネス上の「KY」を解決しているらしい。でも、どうやって……?(2016/2/16)

レノボ、2in1ノート「ThinkPad X1 Yoga」が米沢市ふるさと納税返礼品に採用
レノボ・ジャパンは、同社製最新ノートPC「ThinkPad X1 Yoga」3モデルが米沢市ふるさと納税返礼品に採用されたと発表した。(2016/2/12)

レノボ、「X1」シリーズ4製品 プロジェクターや3Dカメラを拡張できるWindowsタブレット「ThinkPad X1 Tablet」など
レノボ・ジャパンが「ThinkPad X1 Tablet」など「X1ファミリー」4製品を発表。日本市場で人気の高い軽量モデルを拡充する。(2016/2/10)

モビリティとイノベーションで働き方を変革――究極のビジネスツール「Think X1」ファミリー発表会(前編)
ThinkPadは、Lenovoを象徴する製品だ。そのプレミアムモデルである「ThinkPad X1」シリーズの2016年モデルは、私たちに「新しい働き方」を提案すべく生まれてきた。その背景を、レノボ・ジャパンの留目社長のプレゼンテーションから探っていこう。(2016/2/10)

レノボ、使い勝手を向上したプレミアムユーザー向け「ThinkPad X1アクセサリー」など発売
レノボ・ジャパンが、新機能を備える新しいアクセサリーを発表、同日より販売を開始した。(2016/2/9)

2016年PC/タブレット春モデル:
タブレット、Yoga、クラムシェル――好きなスタイルを選べる新「ThinkPad X1」ファミリー
ThinkPadのプレミアムモデル「ThinkPad X1」ファミリーがラインアップを刷新。おなじみのクラムシェルタイプに加え、モジュール機構が魅力的な12型タブレットと、Yogaスタイルの2in1が登場する。(2016/2/9)

2016年PC/タブレット春モデル:
全機種「第6世代Core i」採用でリフレッシュ――「ThinkPad T460s」「ThinkPad X260」「ThinkPad L460/560」
レノボ・ジャパンは、“伝統的な”ThinkPadの新モデルを発表した。全機種で第6世代Core iプロセッサ(Skylake)を採用したほか、「T460s」では新たなボディを採用することで薄型・軽量化を果たした。(2016/1/19)

CES 2016:
Lenovoブースを360度動画で疑似体験――新しい「ThinkPad X1ファミリー」の実機をチェック
Lenovoが最新のThinkPad X1シリーズを発表し、CES 2016で実機を展示した。盛り上がるLenovoブースを360度動画で体感してみよう。(2016/1/11)

CES 2016:
Lenovo、3Dカメラなどを追加搭載できる12型タブレット「ThinkPad X1 Tablet」
ThinkPad X1ファミリーに12型タブレットが登場。ピコプロジェクターや3Dカメラといった機能を追加できるモジュラー設計が特徴だ。(2016/1/5)

CES 2016:
Lenovo、有機LEDディスプレイを採用した14型コンバーチブルPC「ThinkPad X1 YOGA」
厚さ約17ミリの有機LEDディスプレイ採用コンバーチブルPCが登場。(2016/1/5)

LTE対応:
14型で世界最薄最軽量「ThinkPad X1 Carbon」の新モデルが登場
Lenovoは、「ThinkPad X1 Carbon」の新型モデルを発表した。14型ノートPCで世界最軽量をうたう。(2016/1/5)

「ThinkPad X1 Tablet」(899ドル)は3Dカメラやプロジェクターにもなるモジュラー式タブレット
Lenovoが、12インチのハイブリッドタブレット「ThinkPad X1 Tablet」を2月に899ドルで発売する。フルサイズのキーボードが付属しており、3Dカメラやプロジェクター、バッテリーの別売モジュールを追加できる。(2016/1/4)

米沢市のふるさと納税返礼品に「ThinkPad X1 Carbon」「LAVIE Direct HZ」など5機種が採用
山形県米沢市の“ふるさと納税”返礼品として「ThinkPad X1 Carbon」「LAVIE Direct HZ」など5機種が採用された。(2015/11/19)

ふるさと納税特典「ThinkPad」に第2弾 前回は1日で応募締め切り
「ふるさと納税」の特典として「ThinkPad X1 Carbon」を贈る取り組みの第2弾をスタートした。4月に募集した第1弾では、1日で応募を締め切るほどの人気だったという。(2015/5/20)

レノボ、米沢市“ふるさと納税”返礼品の第2弾「ThinkPad X1 Carbon」を提供開始――200台限定
レノボ・ジャパンは、山形県米沢市の「ふるさと納税」返礼品の第2弾を発表、「ThinkPad X1 Carbon」の申し込みをスタートした。(2015/5/20)

先進の「X1 Carbon」と王道の「X250」
なぜ「ThinkPad Xシリーズ」はビジネスで選ばれ続けるモバイルノートPCなのか?
処理性能、使い勝手、堅牢性、薄型軽量、長時間バッテリー駆動、セキュリティ――ビジネスモバイルノートPCにはさまざまな要素が求められるが、これらを高次元に満たすモデルと言えば、レノボ・ジャパンの「ThinkPad X」シリーズが有力候補に挙げられる。(2015/5/14)

よし納税するか 米沢市のふるさと納税返礼に「ThinkPad X1 Carbon」や「ThinkPad X250」など採用
そこそこの納税額が必要だけどね……。(2015/4/13)

それぞれ限定100台、納税急げ:
米沢市、ふるさと納税返礼品に「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X250」「LaVie Direct HZ」などを採用
3月にあった市長の発言通り、米沢市はふるさと納税返礼品としてThinkPadシリーズとLaVieシリーズを採用した。対象はそれぞれ100台限定となる(13日12時39分追記)。(2015/4/13)

注目ノートPC詳細レビュー:
“物理ボタン”TrackPointを備えた王道コンパクトモバイル──「ThinkPad X250」
CarbonやHelixと新世代モバイルノートPCが登場するThinkPadシリーズだが、正統進化系となるのは、やはり「X250」だ。その“由緒正しい”実力をチェックする。(2015/3/17)

日本未発表の外付け“重箱”ユニットも:
写真で見る「ThinkPad X250」「ThinkPad Helix」「ThinkPad YOGA 12」、そして「Think STACK」
第5世代Coreプロセッサー・ファミリーを採用したThinkPad新モデル。従来ボディを継承するモデルがある一方で、薄く軽く変身したモデルもある。その姿を発表会場からリポートする。(2015/2/11)

これは確かに作るのが大変そうだ:
緊急フォトレビュー! 「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」の天板“編み込み柄”をチェックする
限定500台しか作らないという日本だけのプレミアムなモデルが、米沢の地で現在鋭意生産中だ。その詳細な姿を、テスト生産の機材を使って紹介する。(2015/2/10)

2015年PC春モデル:
“Broadwell”全面採用で処理能力とバッテリー駆動時間が改善──「ThinkPad X/T/W/L」シリーズ
“伝統的正統派”ThinkPad各シリーズは、多くのモデルで従来のフォルムを継承しつつ、第5世代Coreプロセッサー・ファミリーを採用して性能を向上させた。(2015/2/10)

みんながこのキーボードを待っていた! :
6段配列とTrackPoint物理ボタンが復活した「ThinkPad X1 Carbon」の心地よさを試す
電光石火の変わり身だ。5段+タッチスクリーンのAdaptiveキーボードを搭載した従来モデルの発表から1年、ThinkPad X1 Carbonが早くもモデルチェンジした。(2015/2/3)

「ThinkPad X1 Carbon」新モデルは物理ファンクションキー復活 NECの工場で作った限定版も
「ThinkPad X1 Carbon」の新モデルは物理ファンクションキーとトラックパッドの独立クリックボタンが復活。NECの工場でのCTO生産開始を記念した限定版「Japan Limited Edition」も。(2015/1/14)

ユーザーのフィードバックに応えて改善:
レノボ、6段配列を復活させた「ThinkPad X1 Carbon」日本出荷
最上段に物理キーを搭載し、左右のクリックボタンが独立したX1 Carbonが“復活”した。あわせて、グラフィックスにRadeonを採用する「E550」「E450」も登場する。(2015/1/14)

“シリアルナンバー001”を購入できるキャンペーンも:
レノボ、“米沢工場製ThinkPad”記念モデル「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」
ボディに“Japan Limited Edition”だけのデザインを施したThinkPadが限定500台で登場する。“001”号機購入と米沢事業所イベント参加のチャンスも。(2015/1/14)

レノボ、計2名に“ThinkPad X1 Carbon”が当たるスーパーフォーミュラ応援コンテスト
レノボは、同社チームが参戦する「スーパーフォーミュラ」第4戦〜第7戦を応援するコンテスト「LENOVO TEAM IMPUL PHOTO/応援CONTEST」を開催する。(2014/8/21)

変わらず、変わるThinkPadの姿:
「新しいThinkPad X1 Carbon」開発チームに聞く、“あのキーボード”に込めた意図
「新しいThinkPad X1 Carbon」は、先代よりボディを薄型軽量化するとともに、2560×1440液晶、新Adaptiveキーボードを搭載するなど大きな変化を遂げた。この変化の意図とは。ThinkPadシリーズの開発担当エンジニアに開発背景を聞いた。(2014/3/28)

「ThinkPad X240s」ロードテスト:
第1回 じわじわ実感する「ThinkPad X=ビジネスPCの本命」の実力
ThinkPad X240sを使い始めて数カ月。すでに外出時には欠かせない存在になり、やはりすばらしいモバイルノートPCであることを日々実感している。改めて「ビジネスPCの本命」と思える部分、そしてそのPCが“ビジネスPCかどうかを見極めるポイント”を1つ教えよう。(2014/2/26)

2014年PC&タブレット春モデル:
高解像度な注目モデル続々、ハイスペック8型タブ“ThinkPad 8”、第2世代“X1 Carbon”など──レノボ「ThinkPad」新モデル
レノボ・ジャパンがビジネス向けモデル「ThinkPad」シリーズの新モデルを発表。1920×1200解像度の8型タブレット「ThinkPad 8」、2540×1440解像度の14型プレミアムノート「ThinkPad X1 Carbon」、360度回転ヒンジの「ThinkPad Yoga」の3シリーズを投入する。(2014/1/28)

2014年PC春モデル:
第2世代は2560×1440液晶に! 14型1.34キロ、最大14時間動作の“極薄プレミアム”Ultrabook──「新しいThinkPad X1 Carbon」
上級志向なユーザー向けのプレミアム極薄モバイル「ThinkPad X1 Carbon」が第2世代に生まれ変わった。薄型軽量デザインの特徴はそのままに、新提案のキーボード「Adaptiveキーボード」を採用。2560×1440解像度の高精細IPS液晶を採用する構成も選択できる。(2014/1/28)

2014 International CES:
Lenovoブースで「Miix 2.8純正キーボード」を見た
ThinkPad X1 Carbonの「可変式ファンクションキー」や“4K”対応“Anroid”ディスプレイ、そして、Miix 2.8用の純正キーボードを紹介しよう。(2014/1/17)

2014 International CES:
Unveiledで「ThinkPad 8」と「New ThinkPad X1 Carbon」を使ってみた
2014 CESの公式イベント「CES Unveiled」が1月5日(現地時間)に開催した。そこで登場した注目製品をLenovoの新製品を中心に紹介しよう。(2014/1/6)

2014 International CES:
Lenovo、第2世代「ThinkPad X1 Carbon」1月下旬投入──2560×1440ディスプレイ+新キーボード搭載
Lenovoより、薄型プレミアムThinkPad「ThinkPad X1 Carbon(第2世代)」が登場する。約1.3キロの軽量ボディに14型の高精細IPS液晶ディスプレイ+新キーボードを採用。発売は2014年1月下旬を予定する。(2014/1/6)

2013年PC秋冬モデル:
スリムボディに第4世代Coreを搭載したビジネスモバイルの新鋭機――「ThinkPad X240」
12.5型ワイドの「ThinkPad X240」は、厚さ約20ミリの薄型ボディにHaswell世代のCore i7/Core i5を搭載し、長時間駆動を実現したビジネスモバイルの新モデルだ。(2013/10/16)

ThinkPad X1 Carbonロードテスト:
第8回 ThinkPadキーボードのキーマップをカスタマイズする
ThinkPad X1 Carbonのキーボードにも、ちょっと気に入らない部分はある。それならちょっと変更してしまえばいいのである。(2013/10/10)

ThinkPad X1 Carbonロードテスト:
第7回 ThinkPadファンが「X1 Carbonのキーボード」に感心したところ
ThinkPadを選ぶ理由の1つに「キーボード」がある。改めてじっくり使って分かったThinkPad X1 Carbonのキーボードのよさをピックアップしてみた。(2013/9/26)

ThinkPad X1 Carbonロードテスト:
第6回 ThinkPadの「6列プレシジションキーボード」を改めて考える
前回は長年のThinkPadユーザー兼ファンとして7列配列について思うところを書いた。今回はThinkPad X1 Carbonが搭載する6列キーボードを改めて確かめてみる。「あくまでThinkPadキーボードに惚れている個人的な意見」なことはご容赦いただきたい。(2013/9/11)

最新PC速攻レビュー:
「ThinkPad X240s」――スリム軽量ボディ+Haswell世代に進化した“頼れる”ビジネスモバイルPC
“ビジネス”モバイルPC「ThinkPad X200」シリーズが、Haswell化+デザインチェンジで一新された。フルHDモデルの後日投入予定もさることながら、まずは先行販売したスタンダードモデルをチェックしよう。(2013/9/4)

PC USER 週間ベスト10:
夏休みは“自作PC熱”が高まる?(2013年7月15日〜7月21日)
先週のアクセスランキングでは、アキバのPCパーツショップ情報、Nexus 7対抗の新型Androidタブレット、新ボディのThinkPad Xシリーズなどに注目が集まりました。(2013/7/22)

大幅デザインチェンジ、厚さ17.7ミリの薄型ボディに:
写真で見る「ThinkPad X240s」
待っていましたよ、という人も多そうな12.5型モバイルの新モデル「ThinkPad X240s」が登場。高解像度オプションは……あれ? となるが、ひとまず厚さ17.7ミリの薄型ボディにフルデザインチェンジした外観をじっくりねっとり眺めてみよう。(2013/7/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。