ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VOCALOID」最新記事一覧

ボーカロイドキーボード開発秘話インタビュー:
「私にもできる」から「声のコスプレ」まで ボカロキーボードの可能性
12月に発売されるボーカロイドキーボードの開発者インタビュー後半。多様化するVOCALOIDの世界に、ボーカロイドキーボードはどんな変化をもたらすのか。(2017/11/18)

マストドンつまみ食い日記:
ボカロ丼、Pleromaを始める
だが、まだ置き換えるほどではないそうだ。(2017/11/14)

ボーカロイドキーボード開発秘話インタビュー:
電子の歌姫誕生から10年 初音ミクが「キーボード」になった理由
2007年8月31日の誕生から10年。VOCALOID「初音ミク」が、キーボードになりました。(2017/11/12)

マストドンつまみ食い日記:
ボカロ丼のコンピレーションCD、ボーマスで発売
ボーマスというのはVOCALOIDオンリーイベントのことです。(2017/11/6)

ハーパーコリンズ・ジャパンが創刊:
新ボカロレーベル創刊 ヒット曲の小説・漫画を電子配信
ハーパーコリンズ・ジャパンが電子配信レーベル「キャラクター・ボーカル・ノベル」「キャラクター・ボーカル・コミック」を創刊。ボーカロイド楽曲のノベライズ・コミカライズを電子書籍として配信する。第1弾は小説版「悪ノ娘」。(2017/11/1)

ものになるモノ、ならないモノ(74):
ボーカロイド教育版と「プログラミング的思考」は“AIリテラシー”を育むか
文部科学省が小学生向けの「プログラミング教育」で使い出した「プログラミング的思考」とは何なのか。国算理社といった既存教科で養えるものなのか。AI時代を見据えた教育はどうあるべきか。本稿では、音楽の授業における「ボーカロイド教育版」の利用例なども紹介しつつ、10年後、20年後の日本を担う小学生向けのプログラミング教育について考えてみたい。(2017/9/14)

立ちどまるよふりむくよ:
初音ミクの「ボカロキーボード」を弾いてわかった これはヤマハ「ショルキー」の復活だ
ヤマハの「ショルキー」覚えていますか?(2017/9/2)

“ボカロ曲っぽい歌詞”AIで自動生成 「むげんミクうた」公開
「ボカロ曲」の歌詞を学んだAIが、“ボカロ曲っぽい歌詞”をひたすら作り続けるサービス「むげんミクうた」が登場した。(2017/9/1)

ミクさんたちの“歌を演奏” ボーカロイド音源内蔵キーボードがヤマハから登場
標準で「VY1」、有料オプションで初音ミク、Megpoid、IA、結月ゆかりのライブラリが利用可能。4人中1人分は無料で追加できます。(2017/8/31)

“歌声を演奏する”「ボーカロイドキーボード」12月発売 試作7年、ヤマハ実現
キーボードで演奏したメロディーに合わせ、VOCALOIDが歌う「ボーカロイドキーボード」が12月発売。オリジナル曲を歌ってもらうことも可能。(2017/8/31)

初音ミクがiPhoneで自由自在に歌う ヤマハMobile VOCALOID EditorとGarageBandで歌ってもらった
初音ミクとiPhoneの誕生から10年、ヤマハのiOS用VOCALOIDアプリ「Mobile VOCALOID Editor」が発売されて2年半。ついに初音ミクがやってきた。(2017/8/31)

ボーカロイド「初音ミク」が生誕10周年 読売新聞朝刊に見開き広告を掲載
おめでとうございます。(2017/8/31)

「似ている」指摘から4年:
千葉市、市章を「初音ミク」に 「似てる」縁で1日限定
千葉市が、ボーカロイド「初音ミク」とコラボした特別デザインの市章を、8月31日に1日限定で千葉市公式サイトに表示する。(2017/8/24)

マストドンつまみ食い日記:
ラマーズP作ボカロ曲「テレホタイム」のマストドンとfriends.nico讃歌っぷりがすごい
VOCALOIDの音街ウナが繰り返す中毒性の高いフレーズと、frinds.nico住人ならニヤニヤしっぱなしの歌詞が特徴だ。(2017/7/31)

ボーカロイドのパロディで生まれた「重音テト」、商用製品の権利保護のため商標化へ 同人での使用はこれまで通り
エイプリルフールネタで生まれたキャラクターがついにここまで。(2017/7/3)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンのVSTプラグインという奇策、ついに公開
ボカロ曲を作りながらタイムラインを見る。それで音楽制作ははかどるのか?(2017/6/26)

ニコニコ超会議2017:
“ボカロ絵師”作品展を見てきた MVイラストから原画まで「初音ミク」が集結
イラストレーターのかんざきひろさん、redjuiceさん、三輪士郎さんが描いた初音ミクが集結する「ボカロ絵師作品展」が、ニコニコ超会議2017に登場。(2017/5/1)

ボカロ曲の歌詞を通じて英語・数学を学習 「ボカロで覚える参考書」第2弾発売
中学3年間分の要点を、関連した歌詞から覚えられる。(2017/2/21)

「ボカロで覚える参考書」に続編 「中学数学」「英単語」発売
「ハッピーシンセサイザー」の英語カバー曲や「一触即発☆禅ガール」の替え歌で学べる「ボカロで覚える 中学英単語/中学数学」を、学研プラスが発売。(2017/2/21)

曲作り学べる「ボーカロイド教育版」ヤマハが発表 小中学校向けに
「VOCALOID」を小中学校の音楽教育向けに改良し、楽曲制作を学べるデジタル教材「ボーカロイド教育版」をヤマハが発売へ。(2017/1/18)

でんぱ組・夢眠ねむさんの歌声を再現したボーカロイド発売 本人の音声を使った素材音源を約130種収録
同時発売の「VOCALOID4 Library 兎眠りおん」と歌声を切り替える機能を搭載。(2016/12/28)

10代のボカロ人気にかげり? 2016年「年代別カラオケランキング」をJOYSOUNDが発表
若い世代に「シュガーソングとビターステップ」が大人気! 「海の声」も世代問わず幅広い人気を見せました。(2016/12/22)

ボーカロイド“初音ミク”と太鼓芸能集団の“鼓童”がコラボ! スペシャルライブでミクさんの“鼓童”を感じろ
2020年東京オリンピックに向けてのスペシャルライブとのこと。(2016/11/27)

ミクさんの“背中”がついに! ボカロファンが透過スクリーンへの両面投影に成功
両面の映像が干渉しないように投影しているため、両側から自然に見えます。(2016/11/7)

最新英語男声ボカロ「CYBER SONGMAN」に人間歌うマンが挑んでみた
ヤマハが米国男声VOCALOIDを出してきたので、英語曲を歌うシンガーとして戦いを挑んでみたのだが。(2016/11/2)

ボーカロイドの未来はどうなる? 「つま恋」最後のボーカロイド大会リポート
今年いっぱいで営業終了となる「つま恋」リゾートでボカロファンイベント「ボーカロイド大会」が行われた。「ボカロ未来予想」が語られるなどの企画が。(2016/11/2)

男性ネイティブの英語ボーカロイド「サイバーソングマン」登場 ざらつきのあるラフな声も表現
ボーカロイド公式ショップでダウンロード販売中。(2016/11/1)

痛車でレース出場へ! ボーカロイド「結月ゆかり」公認レースチームが出資を募集中
「レーシングゆかり」かわいい。(2016/10/28)

CEATEC 2016:
「ココロボ」が歌うロボット掃除機に進化、家族の伝言も歌いながら伝える
シャープは、「CEATEC JAPAN 2016」において、ロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」の新たな開発コンセプトを展示。ヤマハの音声合成技術「VOCALOID(ボーカロイド)」とのコラボレーションによって「歌う家電」になっていた。(2016/10/6)

シャープのロボット掃除機「COCOROBO」がボカロと融合 “しゃべる掃除機”から“うたう掃除機”へと超進化!
どこまで進化するんだCOCOROBO……!(2016/10/4)

CEATEC JAPAN 2016:
「♪ご飯? お風呂? 私?」――“ボカロ曲”歌うロボット掃除機「COCOROBO」、シャープが開発
VOCALOID曲を歌うロボット掃除機「COCOROBO」を、シャープがCEATEC JAPAN 2016に出展。ユーザーの気分を読み取って選曲するほか、自動作曲機能も搭載予定。(2016/10/3)

ボーカロイドがすてきなお靴に変身! Super Groupiesより、初音ミクたちのパンプスが登場
ボカロと一緒にお散歩しよう。(2016/9/1)

「初音ミク」新バージョン「V4X」発売 シャウトからささやきまで表現豊かに
歌声合成ソフト「初音ミク V4X」が登場。VOCALOID 4に対応し、声に吐息や声質の変化を加える独自拡張「E.V.E.C.」を搭載する。(2016/8/31)

小林幸子、人気ボカロ曲「ロミオとシンデレラ」のMVに出演! シンデレラに憧れる初音ミクを演じる
かっこよくてかわいい。(2016/8/19)

海外でも広がるボカロ ドイツのボカロ事情を探る
ポップカルチャーとして受け入られるAHS、ハイカルチャー分野で注目される初音ミク。ドイツのボカロ事情を紹介します。(2016/7/1)

滋賀の伝統的な盆踊り「江州音頭」をボカロ曲に 盆踊りならぬ「盆ダンス」7月開催へ
滋賀県大津市で7月に開催される「びわ湖大津マザレ祭り」で、「江州音頭」のボカロ版「江州盆ダンス」が公開される。(2016/6/28)

前代未聞! 「ボカロPV付き」参考書13万部の大ヒット 中学生の心つかんだ学研の戦略
「ボカロPV付き」という前代未聞の学習参考書が異例の大ヒットを記録している。「全体的に“中二病”になるよう作った」というその中身は。(2016/6/27)

ボーカロイド・結月ゆかりの等身大フィギュアが登場 スピーカー内蔵で歌やトークも可能!
お値段なんと128万円。(2016/6/24)

「ボカロで覚える参考書」異例のヒット 1カ月で10万部突破 
人気VOCALOID曲の替え歌で学べる中学生向け学習参考書「ボカロで覚える」シリーズが10万部を突破。「教育業界で異例の大ヒット」という。(2016/6/3)

「すんなり頭に入る」 ボカロで覚える参考書、発売1カ月で10万部超え
ボーカロイド曲で勉強ができる参考書「ボカロで覚える」シリーズが発売から1カ月で累計発行部数10万部を超えた。(2016/6/3)

大阪でゲーム・アニメ・ボカロ曲の吹奏楽演奏会 マクロスF、ベヨネッタ、二ノ国、素晴らしきニャン生など
関西の吹奏楽団「Another World Fantasia」による第一回定期演奏会「アニメとゲームの吹奏楽」が6月12日に開催。(2016/5/25)

小学生が“ボカロ”で作曲? 教育向け「VOCALOID」で音楽の授業が変わる
小中学校へのタブレット導入が進むなか、ヤマハが小中学校向け教育パッケージ「VOCALOID Education」を開発している。楽譜が読めない子供でも、タブレットで手軽に作曲でき、創作活動の楽しさを味わえるという。(2016/5/23)

授業に“ボカロ作曲”を取り入れた高校 課題「初音ミクに校歌を歌わせなさい」
IT教育のやり方について、教育現場では議論がたえない。そんな中、生徒に興味関心を持ってもらうために、授業に“ボカロ作曲”を取り入れた高校があるという。(2016/5/19)

初音ミクのXperiaコラボ再び ユーザーにオリジナル曲プレゼント
初音ミクとXperiaのコラボが再び。ボカロPが製作したオリジナル楽曲をXperiaユーザーにプレゼントする。(2016/5/12)

「VOCALOIDで自動作曲」ボカロネット、9月で終了
歌詞を入力するだけでお手軽自動作曲できるボカロネットサービスが開始から2年で終了する。(2016/5/10)

「ニコニコ超会議2016」開幕 「ボカロ歌舞伎」「超刀剣」など ネットと伝統文化が融合
「ニコニコ超会議2016」が千葉・幕張メッセで開幕した。初音ミクと歌舞伎がコラボするなど、ネットカルチャーと伝統文化を融合した出展が目立つ。(2016/4/29)

ニコニコ超会議2016:
「歌舞伎はもともと庶民の娯楽」――伝統とネットカルチャーの融合、ボカロ原作「超歌舞伎」の見どころ
ボーカロイド曲を原作とした新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」が「ニコニコ超会議2016」で上演される。中村獅童さんと初音ミクが共演し、デジタル演出を駆使した舞台の企画意図や見どころを聞いた。(2016/4/28)

ボカロで勉強する時代! 曲に乗せて中学歴史や理科の要点を覚えられる参考書 4月22日登場!
テストのときに鼻歌でるかも。(2016/4/19)

「ボカロで覚える中学歴史/中学理科」発売 「千本桜」など替え歌10曲のPV収録
「千本桜」などのボカロ曲の替え歌で学べる「ボカロで覚える中学歴史/中学理科」を、学研プラスが発売する。(2016/4/18)

小林幸子、ボカロ曲との出会い語る これまでになかった音楽に「打ちのめされた」
ゲスト出演するCS映画番組の収録現場で語った。(2016/4/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。